競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

エイシンティンクル

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日の深夜(金曜日)掲載の「出走馬確定、枠順未確定段階での朝日杯フューチュリティS他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340459.html

多くの方は承知かもしれませんが、アーモンドアイが有馬に出走する最大の理由は「年度代表馬」争いかもしれません。現在G1を2勝している馬、または有馬を勝つと2勝になる馬がかなり出走しています。
これは3冠や海外G1制覇に次ぐ大きなタイトルである意味歴史に名を刻みます。
・・・と考えてみました。

遅くなりましたが、土曜日も少々買います。
この時期は大穴に注意と思います。
◆ターコイズS
本来はコース形状的に内枠有利と思いますが、まずはハンデ評価を考えてみました。
その中で若干恵まれたな、と個人的に感じたのはフィリアプーラ、モアナ、ディメンシオンあたりでしたが、そんなに大きな違和感はありませんでした。ただハンデは見込まれたほうが走るケースが多いと感じる時もあり、難しい判断と考えます。

またシゲルピンクダイヤは得意の距離、このメンバー、牝馬限定戦のハンデで54キロ、で勝負にならないようだと来春の大きなレースでは難しいと思いますが、今回この時期に東上した理由は、賞金加算も必要ですが、輸送慣れも含めてかもしれないと思っています。
ということは、距離が長いとはいえ、オークスで結果を残せなかった流れを考えると、輸送の今回はある程度結果を求めての可能性もあると思っています。もちろん訓練もかねての話かもしれませんが・・。
でも逆に考えると、必勝ではない可能性もあると思っています。
馬券は見物料なのでフィリアの単複、モアナとシゲルあたりのワイドで考えています。

◆タンザナイトS
展望でエイシンティンクルに注目と記載しました。その考えは大筋では変わっていません。ただ思いのほか人気になっているようです。皆同じように感じるのかもしれませんね。
ということでここもハンデを考えてみました。また先週のG1がペースの関係もありますが、思いのほか上がりがかかっていて、高速だけど、パワーも必要な馬場の可能性があると思っています。特に3週目の今週は差しも決まる可能性があり、外枠でも乗り方や展開で可能性十分と思います。ということで、総合的に考えて穴ではエントリーチケット、メイショウカズヒメという対照的な条件の2頭に注目したいと思います。

もちろん強そうなのが2頭いますが、1頭はターコイズのシゲルではありませんが、輸送慣れなど他の目的もかねて、もしくは力の衰えがあるかどちらかの可能性があると思っています。もちろん個人的な想像ですが・・・。
またもう1頭はハンデが見込まれていると感じました。先程の話ではありませんが、逆に本当に強く、ものともせずに圧勝の可能性もあると思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月14日(土)AM11時23分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
香港は日本馬の優勝ラッシュでした。
正直言うと「今がピーク?、的な感じもあり少し不安をおぼえました・・」
ただしばらくは栄華を誇りそうです。が、欧州の軟らかく力も要る馬場に今後どう対応していくか?という問題が凱旋門賞での好走を占う部分になりそうだと感じました。
ただそれもディアドラではありませんが、慣れもかなり重要なのかもしれないと思いました。
雪国の人の雪道歩きのように・・・。

あと有馬記念にアーモンドアイが出走してきました。他の方とは違う見解かもしれませんが、個人的にはもう十分強いのはわかっているので、これ以上いいのでは?というのが本音です。勝ってもそんなに価値が上がるとも思えないし、負けたらケチがつきそうだし、出走すること自体リスクを負うと思うので、なぜ?というふうに思いました。

それと無関係ではありませんが、出走が微妙になっているクレッシェンドラヴがもう1頭回避が出ないと出走が難しくなりました。知人の一口もっている馬でもあり、この舞台が一番一線級と力差が少なくなる条件と思うし、枠順や展開などで十分上位を狙える可能性があり、まだあきらめずに期待しています。また個人的にはルックトゥワイスもこの条件のほうが面白そうと感じていたので、これもまったく出走意志などがなかったようで、ひそかに残念に思っています。

まあこの話はそれくらいにしておきます。

今週も相変わらずごたくは並べますが、馬券は淡白に、と考えています。

◆朝日杯展望
この時期の2歳馬はまだ未完成と考えています。
本当に強い馬もいるかもしれませんが、もしそこまで出ない場合は完成度や成長力によって地図が塗り変わる可能性もあり、常に穴っぽい馬は狙いたいと考えています。ただどの馬にそのような要素があるかも見当もつかず難しい検討になりそうです。
ただでさえ馬券を当てるのは難しいので、それが倍加すると感じています。

現状阪神の1600はごまかしの利かない地力の試されるコースと思っています。そこに現状でトップクラスの馬が集うので、まず力のない馬が、ラッキーで勝てたり、上位に食い込むのはよほど展開などの助けがないと難しいと考えています。

ただここのところはホープフルSのG1昇格があり、この時期の命題である賞金加算と輸送慣れにおいて賞金をクリアしている馬は輸送と皐月賞と同じ条件を経験させる意味で、そちらに出走させるほうが長い目でみれば得策、という流れが少しずつ定着しきた感もあります。

今後はNHKマイル狙いや、賞金加算の馬、早熟的な馬のG1奪取目標などの陣営が勝負をかけるレースになるのでは?と個人的には想像しています。

あと今年は夏場の福島と中京が馬場が悪化したことでひじょうにタフな馬場になり、底力が試されるレースになったと思っています。今までの能力とスピードだけで好走していた馬より、そういう馬場で好走歴のある馬がそろそろ頭角を現す可能性があると個人的に期待しています。

ということで、現段階では前出の両場を経験したり、好走した馬、ウイングレイテスト、ジュンライトボルト、ペールエール、マイネルグリットあたりに注目しています。まだ2歳戦なのでここが目標の早熟タイプでも馬券に絡む可能性が十分あると思っています。

◆タンザナイトS
ここはかなり注目していますが、エイシンティンクルが距離短縮で出走してきました。どのような戦法に出るか?枠順など、まだ不明な部分や走ってみないとわからない部分もありますが、この条件ならそんなに人気にならなそうなので、単複で狙ってみようと考えています。

他のレースは条件がわかってから見物料がわりに少々だけ買おうと思っています。また直前に予想だけは少し楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12
月13日(金)AM1時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
日曜日は個人的には不発でしたが、特に秋華賞はかすりもしませんでした。
今日は再びピンポイントで。

日曜日の京都10R三年坂特別でダントツの殿り人気で2着に入ったシベリアンタイガーはいつも感じている京都⇔函館の法則にピッタリでした。時計がかかる馬場や重も苦にしないのも好走の要因だと思いますが、このパターンは穴目では盲点になりやすいと思っているので今後も注意と思います。

今日は同時開催で盛岡で地方交流重賞の南部杯も行われます。騎手の動向にも注意と思います。

木曜深夜(日付は金曜)に掲載した秋華賞他の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53334287.html

◆府中牝馬S
以前の古馬牝馬のG1がなかったころ、阪神牝馬Sが一番グレードが高く、ここに狙いをさだめる強豪牝馬が多かった、という記憶がありますが、古馬牝馬G1が2レース新設され、さらにこのレースが重賞になり格上げになり、G1に次ぐレースになったという印象です。トライアルとはいえ強い馬が複数出走して大きく紛れることはないという印象です。

今回は台風の影響や南部杯との兼ね合いもあり、馬場状態も難しそうです。さらに昨年よりメンバーが少々落ちる感じで、少々穴を狙います。(いつもですが)

当初展望ではラッキーライラックを、と書きましたが思いのほか人気になりそうです。また岩田騎手がそのまま騎乗のスカーレットカラーも同様です。安定した地力のプリモシーン以外は惑星的な馬で狙ってみます。

今回は逃げそうな2頭、エイシンティンクルと海外明けですが今回軽量で賞金が加算したいジョディーに原則ピンポイントで注目しています。相手は当初から注目のラッキーライラックと地力あるプリモシーンに注意と思います。今日の馬場は荒れていないのに大量の雨が降り、一回乾いたのに、また雨が降るという難しそうな馬場で騎手も様子見の可能性もあり、人気薄の逃げ馬には注意と思います。
もう1頭、差し馬では人気の盲点になっている感があるレッドランディーニにも注意と思います。この馬は賞金加算も必須の状況と考えています。


◆オパールS
こちらは展望と大きくは変えないつもりです。穴で狙う馬が外枠にならなかったからです。比較的人気系では大野騎手がこの馬のために遠征する?カラクレナイに注目と思っています。穴では予定通りまったく人気薄のフミノムーンとタマモブリリアンを狙います。あと他ではメイショウカズヒメ、メイソンジュニアにも注意と思っています。

◆国立特別
このレースは2頭の馬をピンポイントで狙います。中穴ではムスコローソ、大穴では展開が嵌ればという前提ですがタマモメイトウを狙うつもりです。

◆南部杯
展望どおり吉原騎手のサンライズノヴァを狙います。もちろんゴールドドリームも押さえますがまだ目標は先そうで、別の馬が勝つ可能性も十分と思っています。追い込みで脚質は不利そうですが、サンライズが最有力と考えます。あとはアルクトスも押さえたいと思っています。他では難しそうですがオールブラッシュ、ノボバカラが他の上位争いの間隙を突いて馬券に絡む可能性も十分と思います。

オッズ違和感など他に後で気付いたことがあったらまた記載するかもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(月)AM11時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ