競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

オウケンムーン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は一部は的中がありましたが、メインが全くの不発でした。
富士Sにいたってはあのメンバーですから当然かもしれませんが、すべてかすりもしませんでした。
今回の上位のメンバーはマイルCSでもそこそこ人気になりそうですが、仮にケイアイノーテックが出走してきたら中心に買おうと思っています。毎日王冠のゴール前後の脚色は個人的には相当インパクトがありました。
あと東京の新馬で勝ったタニノミッションは相当強い可能性があると感じました。

そういえばアーモンドアイのぬいぐるみが急遽G1当日に販売になり、あわてて買いましたが、直後に即一旦売り切れになったようです。オークスを勝って久しく、相当待たされたところで秋華賞当日に突然売り出したのです。

また雑誌「優駿」も秋華賞直前に3冠を取らないと括弧がつかないような大々的な特集号を発売したようです。
もちろんアーモンドアイは実力的に抜けた存在ではありますが、先を読んだような前述の諸々の内容には若干違和感を感じましたが・・。

キタサン内枠問題以来のちょっとした違和感でした。

日曜日は用事で終日忙しいうえに残高問題もあり今から決め打ちで少々だけ買います。
そうです。ごたくを並べている場合ではありません。

菊花賞も今年の牡馬のレベルから考えると、とんでもない予想になっている可能性が強い、とは思いますが、このまま突入して少々だけ(せこいですが・・)買います。

ちなみに今日見たテレビやメディアの予想で私の注目穴馬に印を打っている方は殆ど皆無でした。
皆さんも気をつけてください。

◆菊花賞
やはり基本は予定通りにします。
◎ブラストワンピース
○オウケンムーン
▲ジェネラーレウーノ
★グレイル
△コズミックフォース
△エタリオウ
△メイショウテッコン

※馬券は買ってしまいました。(少々だけ、リアルタイムでは見れませんが見物料?程度・・・)
◎から○▲★にワイド
▲★ワイド
○オウケン単複、△コズミック複

◆ブラジルC
コスモカナディアンを中心に考えています。左回り、長距離ダートが大丈夫そうなうえ、前走のハンデ決定時から思っていましたが、ハンデ設定はプロが行うので当然適正ではあると思いますが、陣営の出走の組み立てがうまいのか55キロ止まりです。同じ角度で考えると事実上同じ馬主系のマイネルオフィールにも同様の印象があり注意です。あとは多少人気になるかもしれませんがグレイトパールをもう一度狙おうと考えています。

◆大山崎特別
何走かに1回は穴をあけ、前走も穴で注目したけれど残念ながらあと一歩だったブロンズテーラーに再度注意と思います。ただこの馬勝ってしまうと上のクラスで通用するか疑問なところもあり、もう7歳なので仮に近々にJRAの競走馬としては区切りをつけている期限があるのであれば、当然勝ちに行く可能性もあると考えられます。この馬は脚を貯めれば、嵌れば突き抜ける脚もあると思っています。

相手では10Rも多頭出しなので微妙ですが、12Rもメイショウが3頭出しです。
特に12Rは最内に先行馬、外枠に自在な馬がいて、さらに2番枠に実力はともかくもう一頭メイショウがいて少なくともこの馬は最内の先行馬にとっては味方でありサポートできなくても妨害はありえません。
他の出走馬からするとおそらくレースを組み立てにくい状態ではないかと想像しています。

つまりメイショウがレースの主導権を取れる可能性もあるのでは?と想像しています。
ここは人気はありませんがメイショウが上位に絡んでくる可能性はあると思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(土)PM10時33分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日の競馬と直接関係ありませんが、秋華賞を勝ったアーモンドアイの次走はどうやらジャパンCになるような雲行きのようです。となると、ルメール騎手が騎乗であれば恵量である53キロになるので絞らなければならないということになるはずです。
ということはJC出走、ルメール騎乗であれば3歳にして今年最大の大勝負ということになりそうです。
巷ではアーモンドアイに勝った唯一の馬、ニシノウララが話題になっています。もちろんこの馬も先行力、末脚ともに見所がありそうで面白そうな存在ですが、Nウララが京王杯2歳Sに出走する時に陣営が「ファンタジーSと比べメンバーの比較的手薄なこちらを選んだ」的なコメントをしていました。
もちろんまだ2歳で当時の早熟な馬の実力の評価ではあると思いますが、そのファンタジーSの上位馬はその後はそんなに大きく目立つことはありませんでしたが、ここ最近をみると結構活躍を始めています。ファンタジーSは比較的スローに流れたので末脚の目立った馬の実力が高いと思っていましたが、1着のベルーガは先週休み明けの信越Sで3着になりました。ファンタジーS3着のアマルフィコーストは夏の函館準オープンを2着・3着に、5着のモズスーパーフレアはオープン入りして先週のオパールSで3着に入りました。
どの馬もまだ伸びしろがありそうで、このあたりもあわせて注目です。

◆富士S
重賞勝ち馬が10頭以上、昨秋のマイルCSの1・2着が出走とG3とは思えない豪華なメンバーになりました。
ただ本番をひかえ多くが休み明け、また斤量も重い馬もいて評価通りに順位が決まるとは思えない感じです。
連で責めるとひじょうに難解な感じなので、勝つかどうかはともかく勝負ががかりそうな人気薄数頭を単複で狙い撃ちしたいと思います。

まずはヤングマンパワーです。このコースは大きく凡走することのない堅実な条件です。ここ2走は馬券には絡みませんでしたが見せ場はそこそこありました。ここでだめだと他ではもっと難しそうなのでここは少なくとも上位を狙ってくると考えます。

次はデンコウアンジュです。この馬は何より賞金加算に苦しみ続けています。G1で2着や重賞勝ちがありますがすべて降級で、ここぞという勝負レースも3着になりました。ただこのコースは前出のG1で2着したり、重賞を勝った舞台でこの馬もここで勝負をかけざるを得ないと思っています。

あとは2頭の地方馬です。特にハッピーグリンは今後のこの馬の路線を左右する重要なレースではないかと個人的に想像しています。またガリバルディは中央で重賞勝ちもあり、ハンデ評価も高くここは全く人気はありませんが、ここまで人気薄になる理由は地方に転出しての出走だからでは?と感じました。枠順も内目を進み脚をためられる1番になりました。少なくとも複勝少々くらいは押さえたいと思います。

◆室町S
人気ですが前走はハイペースでしたが先行勢で唯一見せ場をつくり、京都ではほぼ例外なく好走するブルミラコロに注目です。
あとは外枠になったコウエイエンブレム、実力馬キングズガードあたりで3頭のボックスで。

◆飛翼特別
このレースだけではありませんが、これから年末にかけて新潟、福島の裏開催が続きますが、ここを主な活躍の場とするミルファームの馬には人気にかかわらず注意したいと思っています。

ここもミルファームからコース得意の馬でスノードーナツ、アーヒラと2頭出走です。あとは大外に入ったジュリーハーツに注意と考えています。それからこれは個人的な趣味ですが超大穴でトロピカルガーデンの複を少々。


◆秋嶺S
リアンヴェリテ、ルッジェーロ、ダンツゴウユウに注目しています。

◆壬生特別
穴でパルティトゥーラに注目しています。

◆菊花賞展望PART2
当初の展望どおり本命系はブラストワンピース、穴ではオウケンムーン重視は変わっていません。あと追加でいえば穴でオウケンと同厩のコズミックフォースは今回オウケンよりさらに人気がないようで、国枝師から感じる勝負気配を考えると軽視されすぎのように感じます。前走もメイチの勝負でないのは明らかのように思えましたので、オウケンが不発の場合を考えこちらも押さえようかな、と現段階では思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(土)AM11時31分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
菊花賞は日本でも数少ない3000メートル以上の平地レース(私の知るかぎり6レース)の一つで、いわゆる長距離適性が問われる部分が大きく、特に3歳馬はすべて初めてなのでやってみないとわからないレースと思っています。ただ近年は調教技術が進化して今まで活躍していた馬の地図が大きく変わることはなくなりました。
またここで勝ち負けになり、その後も活躍を続けた馬はほぼ例外なく名馬級の馬になっている、という印象があります。しかしその後鳴かず飛ばずの場合は逆にこのレースでの活躍がピークになりターフを去る馬が多いと感じています。このレースはそれだけ過酷なレースであると思っています。

それだけ消耗が大きく、ここで活躍するには心肺機能という、ある程度生まれ持った基礎的な素質が必要と考えています。
キタサンブラックのようにさらに猛調教で鍛え上げる馬もいて、馬の根本的な能力を見るにはひじょうにいい機会でもあると思っています。

今年の3歳牡馬はレベルが高いといわれていますが、一部の有力馬はやはりここを避けて、スケジュールを組んでいるようです。海外でも長距離のG1はきわめて少なく、有力外人の騎手にとっても関門のひとつなのかもしれません。

まずは近年はあまり参考になりませんし、個人的には殆ど知識もありませんが、血統、いわゆる遺伝子は大きな材料かもしれません。キタサンBの例もありますが・・、ただ母父バクシンオーはデビューからしばらくは中距離でも走っていたという記憶があります。

前置きが長くなりましたが、前日に結論を出すつもりですが、枠順だけ決まり午後から金曜日発売が行われる前の段階で大方の状況が判明した現段階での注目馬は、
本命系では
やはりブラストワーピースに注目さざるを得ません。池添騎手が前走に新潟記念の2週前くらいから繰り返し美浦に遠征して追い切りに騎乗していました。また彼はG1を勝つと断言していました。この馬でのことだと想像しています。
他エタリオウ、ジェネラーレウーノ、グレイルも紐として考えたいと思っています。
穴では個人的にはなんといってもオウケンムーンを中心に考えています。アーモンドアイ三冠で気分をよくしている国枝師が得意の事前入厩を行い、追い切りで北村宏騎手も栗東に遠征しました。ダービーを見るかぎり同厩のコズミックフォースも全く同様ですが、様々な要因を考えると私見ですがオウケンを上位にとりたいと考えています。

他穴で穴人気になりそうですがアフリカンゴールド、ユーキャンスマイル、先行のメイショウテッコンも注意が必要と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月19日(金)AM10時38分くらいです。

↑このページのトップヘ