競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

カフェブリッツ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
水曜午前に記載した展望記事です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338590.html

東京は大雨になりました。日曜日もかなり影響しそう、というか雨がやまない可能性があります。
穴党といっても道悪巧者がどこにかくれているかは、まったく見当もつかず、走法が比較的道悪向きに見えても、馬場状態はいつも同じわけではなく、キタサンやキセキではありませんが程度によってまったく不発に終わることもあります。ひとついえることは原則逃げ馬に注意ということと慣れているかは重要と思っています。また苦にしない馬があまりいない場合は得てして地力に序列が変わらない場合もると思っています。今週は東京ホース関係とビッグレッド関係に注目しています。

ということで、個人的情報もあり今日もレース見物をできる状況ではないこともあり、見物?料程度に買います。

◆キャピタルS
人気のないほうから、個人的な趣味でカフェブリッツ、道悪は実績あるコスモイグナーツ、アンノートル、サトノ3頭出し、レッドヴェイロン、ソーグリッタリングあたりまで、と思っています。馬券は見物料なので個人的趣味のカフェとコスモの単複だけにするつもりです。全部人気系で決まったら当然全滅ですが・・・。ちなみにビッグレッドの2頭は馬主といううより道悪が不利にならないと考えたからです。

◆銀嶺S
マイネルラック、タガノアム(軽量)、ブルベアイリーデ(地力)に注意と思います。

◆日曜日展望
・ジャパンカップ
雨の影響がありそうです。また現状外枠ですが先行力、騎手の動向や腕でジナンボー(道悪、本格化?)、ダンビュライト(先行力、過去に一線級と互角)、スワーヴリチャード(走りごろ?)、ルックトゥワイス(パンパンより時間がかかる馬場のほうが上位と差がなさそう)、エタリオウ(騎手動向、脚質)、ムイトオブリガード(騎手動向)あたりに注目しています。現状では馬券はジナンボー、ダンビュライト、ルック、エタリオウの単複と連のボックスと思っています。

・京阪杯
人気薄では内枠のアポロノシンザン、パラダイスガーデン、フミノムーンに注意と思っています。人気の実力上位馬にまぎれて残ったり、内からなだれ込んでくれれば、と思っています。

・オータムリーフ
展望の記載と変わっていません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月23日(土)13時32分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:11月20日PM0時15分
天気予報を見たら、どれくらいかはわかりませんが東京は土日は雨が降るようです。
馬場状態に注意と思います。


一般的には時間的に中途半端な時間ですが、この時間くらいしか空いていなかったので掲載します。
個人的なことですが、身内に色々あり現状は競馬どころではない状況ですが、一応1年の中でも大きなレースなので当初から考えていた展望を記載します。また週末は若干時間ができるので少しだけ買うかもしれません。

◆ジャパンC
登録段階ですがざっと見たところ、重賞未勝利馬が5頭もいて、G1勝ち馬は5頭だけ、しかも今年になりG1で馬券に絡んだ馬はドバイで2着の1回だけというメンバーです。また外国馬がゼロで史上初らしいのですが、前にもそんな感じのメンバーを見たように記憶していたのですが、それは個人的な印象で必ず1頭は外国馬は出走していたみたいで、正直驚きました。

ただ外国人騎手はごっそり来日、これにモレイラやレーン、ボウマン(11月20日PM1時01分追加)が加わればほぼレース名を世界オールスタージョッキーカップにしてもいいくらいかも、と思います。欧州がオフとはいえ、賞金が高額なせいでしょうか?

それからご存知の通り香港は開催自体が危ぶまれています。詳細は事情通ではないので知りませんが、現状どのようになるか予想が難しい事態で、仮に開催ができる話になっていたとしても、ひっくり返る可能性もあると思っています。

現在の評価でいえば日本のトップホースの多くが香港に出走予定のようで、これからどうなるか?と思っています。

あとは多少流派があるようでですが、1頭をのぞいてほとんどの馬が大手生産牧場系の生産馬で、さらにこのコースではスペシャリストである栗東・友道厩舎が5頭出し、さらに今年はレースの冠名にもなるディープインパクトの馬主・金子氏の馬が4頭出しの予定です。

香港に行かない、残った日本の実力馬のうち距離的な問題もあるので一概にはいえませんが、このレースでも面白そうな馬も一部は避けるように?他のレースに出走した印象です。

と考えれば、レース名やメンバーなど、前述事情を考慮すると、金子氏、友道厩舎、大手生産者の一番のメインどころの馬(結構いますが・・・)が確実に少なくとも1頭は馬券に絡むのでは・と考えています。(ワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキ)

当初は金子氏・友道厩舎の3頭のみ先週に記載しましたが、騎手の動向などでエタリオウ、タイセイトレイルも侮れないと考えています。

またスワーヴリチャードは頭まではどうかと思いますが、馬券に絡む可能性は十分と思います。

好調な馬、嵌った馬、騎手の手腕が冴えた馬など、その馬の持つ本来の潜在能力よりも今回与えられた条件や状況、タイミングなどで思わぬ馬の台頭もあり得る感じで極論をいえばどの馬も馬券に絡む可能性ありというふうに思っています。むしろこの秋のG1の中ではきわめて難解なレースかもしれません。ただ強いていえば前述のように友道・金子氏コンビが絡むのでは?と考えています。

◆京阪杯
今回は実力はそこそこの馬も複数いるようですが、このレースも毎年厄介なレースという印象です。強いのがいる時はあっさり、ですが混戦になると差しが決まり始めた京都の最終週ですから、なだれ込み型の馬には注意と思います。ほとんどは展開に左右されると考えています。またコース形態上こんな馬場状態でもスムーズならやはり内枠に利があると思いますが、直線は多分外が伸びると思うので、騎手の瞬間的な判断も大きいと思っています。

具体的にはいつも記載している、個人的な法則・京都⇔函館の法則、賞金加算、人気薄が重なった馬をシンプルに単複で狙いたいと考えています。
個別では出走してくれば人気になりそうな馬ではモズスーパーフレア、リナーテ、ナックビーナスあたり、穴ではダイメイフジ、カラクレナイ、大穴ではパラダイスガーデン、いつも追いかけているフミノムーンあたりに注目しています。

◆キャピタルS
登録段階ですがサトノの里見氏の馬が複数出走する可能性があり注意と思います。穴では大きな根拠はありませんが、先日記載したとおり超大穴になりそうですがカフェブリッツに注意と思っています。

◆オータムリーフS
春に行われて当初から評判の高い馬が多く、レース自体も結構熾烈になり、その後も出走馬の一部が活躍している天保山Sに出走したスズカコーズライン、ヌーディーカラーに注目と思っています。また実力馬のコウエイエンブレムは地方に転出しましたが、再度中央に転入して、このレースで復帰予定のようですが、どのような経緯が不明ですが何か意味や目的があると思っています。仮に出走してくればここは復帰初戦であり年齢的にもゆっくり仕上げることは考えにくく、どのような走りをみせるか注目しています。

◆ベゴニア賞
先日から触れていますが、史上まれに見る次走以降好走馬を量産している10月15日代替開催の東京で行われた芝2000の新馬戦出走馬・レッドライデンに注意と思います。先日の東スポ杯2歳Sでは同様のマイネルデステリョはダメでしたが、相手が強すぎた感じもあり今回は特に注意と思います。

◆ウェルカムS
ケンホファヴァルトが出走してくれば、マークしだいですが東京は渋太いという印象がありすんなり逃げれば注意と思います。

また時間があれば掲載しますが少なくとも土日までは難しそうです。また馬券も買えたら、買うくらいに考えています。かなり人気薄も多く、仮に人気でもいつものようにここのところも不調なので不発にはご注意ください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月20日(水)AM11時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ