競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:クラスターC

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週も重賞の穴馬は不発でした。
特にコメントにおいても関屋記念では勝ち馬を完全に視野に入れない記載をしてしまいました。
どちらもハンデ戦ではなく、秋を見据えたそれなりのメンバーがそろうレースで逆に見ごたえはありました。

ちなみに両重賞とも一部の馬券種類であるタイミングでオッズに若干の違和感がありました。
特に関屋記念の勝ち馬の単勝とエルムSの馬連に感じました。

もちろん私は特別なシステムなどは入れていないのでHPで公表されている数値しか見ていないのと、ずっとオッズを見張っているわけではないので経験則で個人的に違和感を感じたことを記載しています。以前最強のランキングに登録していたころはフリーメッセージに一部記載していましたが、最近は根拠もとぼしく、結果も不発が多いので記載していません。ただもうオッズチェックをするようになってから20年近く(競馬を始めて10年が過ぎたあたりであるきっかけがありはじめました)になるので、勝手に色々想像して馬券戦略には一部使用しています。

◆クラスターC
昨日の予想で記載した展望と大きな変化はありませんが、ホッカイドウ競馬、特に田中淳厩舎の所属馬の使い方や、ちょうど昨年大きなダメージを受けた地震から1年などということも考えると、結果はともかく秋の大レースまでまだ間のある比較的メンバーが手薄な時期のこのレースで実績を残すべく、勝負度合いは強いのでは?と考えています。

ということで穴は地方のブルドッグボス、ショコラブランを狙います。馬券的にはコパの馬の人気が菜七子人気もありかぶっているので単複中心に考えています。コパとの馬連、ワイドと併用にすれば、コパと絡んだ時は複勝はつきませんが他で取れますし、コパが消えれば複勝の配当が大幅に跳ね上がるからです。

前売り段階のオッズを一部見ていましたが、大きく違和感は感じませんでしたが、しいて言えばショコラブランの一部の馬券種類のオッズに若干の違和感を感じました。ただ適正値自体がよくわからないのでこれ以上のこの件のコメントは差し控えたいと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在8月12日(月)AM9時18分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ご承知と思いますが土曜日の朝に今度はキングカメハメハが亡くなったそうです。
考えてみれば週初に札幌記念に出走予定のワグネリアンの周辺の話に触れましたが、この馬の母父でもありました。このような季節なので実際に出走にこぎつけるかはわかりませんが、昨年平成最後のダービー馬という華やかな栄冠を得たのになんという悲運が重なってしまい、驚愕しています。もし出走したら、馬券の話は棚に上げて静かに応援したいと考えています。

今週は元からピンポイントで考えていますが、日曜日も直感や個人的な趣味を重視してピンポイントで狙いたいと思っています。もしご覧になった方は「こういう変なやつもいるんだよ・・」というような按配で考えていただければありがたいです。

◆関屋記念
展望で書いた個人的注意必要馬は殆どが下からの人気順でした。(下記をご覧になればわかりますが・・・)
といいながらも今後はわかりませんが、現状では絶対的な抜けた馬や安定した地力の馬が少ない割りに大きな人気差があると感じています。実際に競馬をしてみれば人気ほど差はないのでは?と思っています。
基本的に勝負気配のありそうな人気薄をピンポイントで狙うつもりです。原則は週初からの展望で注目している馬中心です。下記はその有力な候補で何頭か(3頭くらい)の単複中心(同士のワイドも少々だけ)で馬券を買うつもりです。

・エントシャイデン
春当時は安田記念はモズAの帯同馬、追い切りではオークス馬の調教パートナーだった印象で、当時から2回叩き今回あたりが今度はこの馬がそろそろ走りごろと考えます。
・ロードクエスト
過去重賞を圧勝した条件で、左回りマイルはG1で2着も。厩舎はWコース工事の関係か栗東滞在で、本来小倉目当てかもしれませんが、乗り役が追い切りで騎乗、G2勝ちの地力もあり注意です。それからデムーロ騎手はどちらかというとマイル以下の比較的短距離の騎乗だと仕掛けたりすることがあり、そういう部分でも妙味がありそうです。
・ヤングマンパワー
新潟は過去この条件のみ5回出走して同レースで1・3・4・4着、同条件谷川岳Sで2着1回とすべて上位です。今回も脚質的にこの馬には不利になりにくい内枠で、近走の不振でまったく人気はありませんがムラの多いこのメンバーなら面白そうと考えています。
・フローレスマジック
木村厩舎は出走馬2頭とも別の調教パートナーをしたがえ新潟に事前入厩と勝負気配プンプンです。サンデーR4頭出しも絡め、ここは人気はありませんが注意と考えます。
・サンマルティン
国枝厩舎はこの馬のみ新潟に事前入厩です。この馬はこの条件は?とも思いますが、嵌れば都大路Sのようにかなりの強敵をもしのぐ地力を発揮します。特に外差しが決まってきた馬場状態も合いそうです。
・トミケンキルカス
展望では触れませんでしたが、追い切りでは妙に印象に残りました。実績も派手さもなく超人気薄で相当恵まれなければ難しそうですが、やはり気になりました。

他一般的な本来の現実的な分析だと、賞金加算したいサラキア、斤量有利で馬主4頭出しでこの条件で重賞を勝ったケイデンスコール、賞金加算+サマーマイル優勝を狙いたいミエノサクシード、サンデーの筆頭格で新潟事前入厩ののロシュフォールの4頭かな?とは感じています。

◆エルムS
こちらも現実はグリム、今度こそ賞金加算がしたいモズアトラクションが中心でリピーターのドリームキラリ、地力があり相性のいい岩田康騎手で得意の右回りの周回コースになるテーオーエナジー、あとはハイランドピークあたりまでかな?と思いますが、あえて下記の馬をピンポイントで狙います。
・マルターズアポジー
もう1頭の芝馬であるタイムフライヤーが実績、血統とも有力そうでこちらは地味ですが、最内枠とスピードでもし離した複数頭数の逃げに持ち込めれば、後続の脚の使いどころが難しくなり残る可能性十分と考えます。今回先行が多いのは騎手も承知で、無謀な競り合いがなければかえって差し馬は複数の馬のマークが必要になりどれかが残る可能性は十分と考えます。
また騎乗する菱田騎手はついでかもしれませんがわざわざ函館に出向きこの馬の調教にも騎乗しました。少なくとも冷やかしの出走ではないと考えます。
追い切りは札幌でした。失礼しました。(AM4時10分)
・モルトベーネ
ホッカイドウに移籍したこと自体がもしかしたらここに照準を合わせている可能性があり、前出の復興の話や、厩舎は12日の盛岡の交流重賞でも2頭出しとこのお盆で勝負をかけている可能性が高いと考えます。過去中央でも重賞を勝っていて昨年も出走しているのに、なぜここまで人気がないのか不思議です。
・リーゼントロック
なだれ込み型の馬で混戦になると力を出しますが、人気は殆ど関係なく、むしろ人気落ちのときのほうが好走が多いという印象です。すでに8歳で先もないということを考えれば引退しない限り今後しばらくここより適した条件はなかなか見つからないように感じます。実際今年の春に重賞で人気薄で馬券に絡んでいます。注意と思います。

◆新潟5R
新馬戦ですが、あの爆穴を2回出したミナレットの初仔が出走します。馬券はともかく注目です。

◆クラスターCなんちゃって展望
ヤングジョッキー戦とあわせて12日に行われますが、藤田菜七子騎手がどちらにも騎乗で盛り上がりそうです。地方馬では先述にもありますがホッカイドウの田中淳厩舎の2頭のうちブルドックボス、吉原騎手鞍上のショコラブランの2頭に注目しています。また中央勢はここは菜七子騎手のコパノキッキングと地力あるヤマニンアンプリメあたりを買おうと考えていますが、人気がまだわからないので軸はまだ決めていません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在8月11日(日)AM3時13分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ