競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:グレーターロンドン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
またかなり遅れました。
この暑さで夏負けの馬にも注意ですが、なかなか判別はできませんが・・
全体の自信度はDくらい?
◆中京記念
展望での注目馬のウインガニオン、ワントゥワンは人気ですが、様々な条件が揃っている感じもあり押さえざるを得ないと考えます。
◎グレーターロンドン
賞金加算待ったなし、田辺騎手は先週は函館遠征で2着、今週も中京に遠征で勝負がかり?
○ワントゥワン
重賞でデムーロの52キロ騎乗はやはり何かありそうです。
▲フロンティア
早熟でなければ・・条件はぴったり?
★ウインガニオン
コース、季節巧者凡走は考えにくい
△ブラックムーン
地力はあり割り込む余地十分
△ムーンクレスト
人気ほど大きな差はないか?
△ロワアブソリュー
上がり馬では一番面白そう

◆函館2歳S
あくまでも見物料程度しか買いません。よく見たらコパさんが2頭だしでした。(この程度の認識です)自信度F
◎ラブミーファイン
○ナンヨーイザヨイ
軸には一番かも?
▲イチゴミルフィーユ
★ラブミーリッキー
△エムティアン
△アスターペガサス
△カルリーノ

◆福島テレビオープン
ショウナンバッハ、ゲッカコウ、タイセイサミットが有力だと思いますが、地方馬が多数参戦で実績馬や地元東北の多頭出しに注意です。
ピークトラムと岩手競馬の会田氏2頭出しのエデンロック、プリヴィレッジにも注意です。

◆潮騒特別
シンフォニア、プッシュアゲン、ラブローレル、アリア、クローソーあたりに注意ですが、穴ではレッドカーペットに注意と思っています。

◆他の主な軽量馬騎乗騎手
・中京12R
福永騎手 52 ミトノクイーン
・中京8R
津村騎手 52 ハウリング
・函館6R
菱田騎手 52 サンドクイーン

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月22日(日)AM11時10分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記分(3月30日・14時48分)
阪神10R仲春特別
ジョーマイクに注意です。あと前走芝で渋太さを見せた当初BR岡田代表の期待馬であるコスモスも入着候補で注意です。


土日忙しいので今日は早めにアップです。
炎の十番勝負で早速やらかしました。
大阪杯でマルターズアポジーを指名しましたが、もう一方の登録のダービー卿に出走となりました。
よくよく考えれば相手が全くちがい、また先を考えればもっともかもしれません。

夕方までの段階での見解で、もし他に面白そうなレースを見つけたら再度アップするつもりです。
ドバイはよくわかりませんので、明日中に自分が買う馬だけ、ナンチャって予想で一応掲載するつもりです。

◆ダービー卿チャレンジトロフィー
賞金加算が必須のグレーターロンドンが中心と考えています。特にハンデは内容的には妥当ですが地力からすると恵まれていると考えています。相手は大阪杯を回避して出走のマルターズアポジーも同等に注意です。あと穴では内目の先行馬でハンデが減ったマイネルアウラート、復調の可能性がありコース巧者のミュゼエイリアンあたりに注意です。

◆コーラルS
前回人気でこけましたが、ヤマニンアンプリメに注目です。
またこれも同様ですがコウエイエンブレムは今回は注意です。

◆二本柳騎手
木幡騎手とともに今度引退することになりました。今週の騎乗馬は一部期待できそうな馬がいますので、狙いたいところです。中山で騎乗で1Rは初出走なので見送り、3Rフクノヴァランス、4Rシモンズ、6Rマルブツインパルス、7Rドラゴンイモンの4頭ですが、特に3Rのフクノは元二本柳厩舎の馬で注意です。

◆大阪杯展望
現段階でのコメントです。
この距離得意のG1馬がそろい好メンバーです。今回どうしてもG1を勝ちたい馬や陣営、適性などからここメイチと考えられる馬に注意と考えます。特に来年から現3歳馬の降級がなくなり、今年6月に賞金が半減する4歳馬には注意です。これは出走権の問題もあり、いくら地力があっても賞金加算で疲弊する可能性があるからと考えています。

まずは穴ではトリオンフに注目です。ここ数戦の内容は完全に本格化した印象でG1でも自分の走りが出来れば面白そうです。特に瞬間的に抜け出す脚があり仕掛けしだいですが、嵌れば一流馬でも簡単には差し切れないと考えています。

あとはG1勝ち狙いでは、またも内枠を引いたヤマカツエースが一叩きしたうえベストの条件で注目です。また色々課題もあるうえ外枠が気になりますが明らかに地力上位のスワーヴリチャードは人気でも注意です。スワーブは今まで未踏の春G13連覇の可能性のある馬で最初からメイチの可能性もあります。

他は4歳馬のアルアイン、ペルシアンナイトは器用なうえ能力も高そうで前述の件も考えれば必ず押さえたいところです。

それからサトノダイヤモンドは内枠にも入り実力からいえば間違いなく上位候補です。ただこの馬はエンジンのかかりに課題があるのでは?と感じる時があり距離やコース形態に多少注文がつきそうです。阪神内回り2千よりは、本当に狙っていると思っている春天が目標では?と個人的には思っています。ただ内枠でもあり思い切った先行策などに出る可能性もあり紐では押さえたいところです。逆にここで勝つようだと本当の名馬の域かもしれません。

同じ馬主のサトノノブレスも注意です。前走スローとはいえ、ゴール前後の脚色からまだ余力がありそうでした。テレビでの池江調教師のコメントではスワーブの強さは完全に認めていた感がありこの馬が本番でスワーブを逆転することはよほどのことがない限り難しいかもしれません。ということでこの馬も紐では押さえたいところです。

ゴールドアクターは春天か宝塚狙いと思いますが、
難しいのはシュヴァルグランです。三浦騎手のJRAG1初勝利もかかっていますし、地力はご存知の通りです。ただこの馬も距離やコース適性、馬主さんの動向(当然ドバイに行っているのでは・・)などから常識的に考えれば春天をメイチで確勝を期すのでは?と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在3月30日(日)PM2時31分くらいです。

このページのトップヘ