競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:ゴージャスランチ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日は重賞は時計も速く、ペースは速すぎで想定とはまったく違い完全に不発でした。ラインも結局ゴール前でつかまり3着と勝ちを期待していたので個人的には不発でした。G1デイですが状況から反面教師として参考にしたほうがいいかもしれません。

◆秋華賞
ほとんどの予想家や関係者が◎を他の穴馬にしても事実上はアーモンドアイでしょうがない、と感じているようです。
ただ外枠にどうしても逃げたい馬が入り、小回り、直線短く平坦、開幕間もない軽い馬場であり、またアーモンドは揉まれ強いのかがまだ不明です。地力では他を圧倒していと思うので、まだ能力に奥がありそうな馬、先行か内目を進む差し馬、など逆転でkる条件は限定されると思います。ここで浮上するのは騎手の手腕かもしれません。また展開とそのような位置取りであれ経済コースを進めるかが鍵のような気がします。あとは出走権をなるべく早めに確保できてここに照準を合わせてきたことも重要と思います。
特に賞金が足りているのにトライアルを使い、大負けしなかった馬(レース条件は違いますが過去でいえばホクトベのようなパターン)には人気にかかわらず注意と思います。
◎軸アーモンドアイ
○ゴージャスランチ
条件はクリアーしていませんが、いつも能力は高いのでは?と感じる馬で、いつか一発ありそうです。
▲ハーレムライン
賞金が足りているのにトライアルに出走して掲示板でした。新馬でRライラックに完敗ですが、秋になり馬体が大きく成長している可能性もあります。おそらく最低人気圏ですがAアイやRライラック以外とはそんな大きな差はない可能性もあります。中山マイルの内枠で勝っているのでごちゃつくのも大丈夫そうで注意です。
★サラキア
これもトライアルで浮上した馬ですが、能力もありそうで、京都の2000が向き沿そうと感じます。
△トーセンブレス
穴の指名が今回多いと感じました。柴田善騎手から乗り替わった藤岡祐騎手が関東までお追いきり遠征です。私見ですが動きがよく見えました。
△ランドネ
内で先行しそうで残る可能性十分と思います。
△パイオニハバイオ
フラットな馬ですが持久力勝負に強そうで展開次第ですが、内枠は有利そうです。柴田善騎手の動向もあり注意と思います。

◆信越S
トウショウの2頭に注意ですが、特にトウショウピスト、あとは地力も含めスターオブペルシャに、軽斤量馬ではアンフィトルテに注目と考えています。大穴ではウインソワレ、あとはこの条件ならアポロノシンザンに注意と思っています。大穴のウインは複少々で中心はトウショウP、スター、アンフィ、アポロで組み立て、トウショウDからもスター、アポロあたりには押さえたいと思っています。
あとは点数がかさむのでひかえたいところですがミュゼエイリアンは今回ハンデが恵まれているように思え気にはなっています。

◆オクトーバーS
一般オープンでは実力馬の両マイネルはともに58キロで、新進のアドマイヤアルバ、スティッフェリオが人気ですが、この2頭では4歳馬で来春賞金が減額するスティのほうが有力と思います。仮に買うとしたらスティからワイドで両マイネルに少々。
※スティは降級はもう終わっていました。失礼致しました。いずれにしても北海道でのレベルの高いレースを経験したということで先々期待している馬なのでこの馬を軸に買うつもりです。(PM0時40分)


◆神奈川新聞杯
グランドボヌールに注意で、仮に買うとしたらニシノウララ、ティルナノーグにワイド少々。

◆藤森S
まず難しいと思いますが、シルバードリームの複少々。まともに考えればヤマニンアンプリメが有力と思っています。

◆寺泊特別
これも難しいと思いますが、マイネルサイルーンとダイシンサクセスの複少々。中穴ではショウナンサスケは地力があり注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(日)AM11時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※一部急いだため誤字脱字が多く部分的に修正してあります。(12時30分ころ)

遅くなりましたが、3日開催と他の用事などとの兼ね合いでメインなど限定したレースのみです。
◆ローズS
オークス上位馬が出ないこと、北海道で1000万クラスを勝利した馬がいないこと、かろうじて比較的このレースにリンクしている新潟の三面川特別上位馬が出ていることなどから人気の差ほど実力の差はないと考えています。穴党の贔屓目かもしれませんが・・・。G1出走権のない馬がメイチ勝負とみました。

物差しとしてはノーブルカリナンという馬がいますが、この馬は春のエルフィンS2着以降すべてこのレースの出走馬と一緒に出走しています。これをある程度参考にしたいと思います。エルフィンSの勝ち馬は桜花賞7着、オークス4着とその後も活躍しています。
また斤量との兼ね合いで観察していましたが、今年は昨年より夏場52キロ出走の3歳牝馬の上位が現段階では少なかった、という印象で春までの活躍馬への過信は禁物で、夏以降実力を付けた馬、本格化し始めた馬にも注意だと思っています。

理由の一部はフリーMで。

◎ゴージャスランチ
段々と強くなってレース振りに幅も出てきている印象。
○サトノワルキューレ
賞金は不足していませんが、ここは凡走が許されない状況です。距離がどうか?
▲ウスベニノキミ
前走は敗戦ですが1000万特別です。前走内容からここはメイチの権利取りと考えています。
★カンタービレ
何といってもルメール騎乗から勝負気配が伝わります。G1で完敗した流れから賞金は足りていますがここはメイチ?
△トーセンブレス
△センテリュオ
△レオコックブルー
超大穴ですが前述の力関係や中京での人気薄での勝利を考えると以前より力をつけてきている可能性があると考えています。浜中騎手のひそかに期待している一頭と個人的には考えています。

◆夙川特別
シルクとタガノが内目の枠でそれぞれ2頭出しです。牝馬なので内枠は必ずしも有利とは思いませんが、当然人気薄のタガノ2頭を狙いたいと思っています。特にゲートが開かないとわかりませんが逃げる可能性のある人気薄のほうのタガノヴェルリーの前残りには注意と思っています。一概にいえませんが、条件戦は私達ファンは馬券に絡むことが重要ですが、馬は勝つか、5着以内に入るかが最優先課題と個人的に思っているので有力馬でも勝てない場合は無理をしない場合もあるのでは?と思っています。(個人的見解です)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月16日(日)AM10時45分くらいです。

このページのトップヘ