ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記馬名記載間違い修正しました4月18日

まずご覧の方は承知と思いますが、前回記載の中で皐月のダービー優先出走権は今年から5着までになったようで、情報が古くてすみませんでした。
後で述べますが、結局連の馬券はワイド9点に絞込み買いました。
予想の段階では外しもいいところで穴が出るレースは確実に取らなければいけないスタンスなのでまた修行のやり直しです。

また天皇賞・春の最終登録馬が発表されました。強い馬もいますがなんともさみしいメンバーという印象です。
これも以前大阪杯から春天に向かうだろうと勝手な憶測で書いた馬が安田記念経由や宝塚直行、海外レース出走などに向かうようで、多様化したのは馬にとってはいいのかもしれませんが、やはり長距離のレースが敬遠されている流れがさらに強くなった感があります。これは世界的な傾向なのでしょう。
それから先週の桜花賞は予想以上にアーモンドアイの強さが際立ちました。他ではリリーノーブルとトーセンブレスがさらに力をつけてきていると感じました。オークスでは要注意だと思っています。

それにしても皐月賞は大レースとしてはきわめて珍しい展開になりました。今までの大逃レースの中でもひじょうに複雑なパターンだと感じます。長年競馬を見ていますがあまり似たレースを憶えていません。
強いてざっくり言えば、原型は典型的な2頭逃げで、原則は前残りのパターンになりました。ただ今回は馬場状態が思ったほど回復せず、さらにその中でやはりコース形状の関係もあるのかややハイペースになったので、前は残りましたが勝ち負けには加われませんでした。

某有識者のブログの予想通り一般生産馬の逃げグループにノーザンの逃げ馬が強引に絡み事実上3頭逃げになりましたが、前の2頭が予想以上に離したこと、馬場が追い込みに向かない状態だったこと、また2頭が予想以上に渋太くスピードがあったことなどから4角で反対にノーザンの馬が競り落とされ、さらに一番力とスタミナ上位のジェネラレウーノジェネラーレウーノが坂上までスピードが落ちず、好位にいた2頭以外は手も足も出なかった、とうのが本当のところではないでしょうか。

となれば実力馬に騎乗していたのは一流外人ジョッキーなどですから、その段階でターゲットは5着以内とすぐ切り替えたのでは?と感じました。勝負付けが済んでからすごい脚で突っ込んできたのはそのせいでは、と思います。

そういう意味ではサンリヴァルは先週土曜日の展望でも触れましたが、賞金を早めに加算し、その後の臨戦過程を考えれば当初からこのレースを視野に入れていたのかもしれません。(ということはよほど能力が高くなければダービーは若干割引ということになりますが・・)、そして3着のジェネラルも同様かなと思いますが、この馬はまだ奥がありそうな感じなのと、勝った戸崎騎手とともに田辺騎手の好騎乗もあると思います。ちなみに戸崎騎手は嵌ると人気の有無にかかわらずすごい騎乗をして皆をビックリさせますが、たまに圧倒的人気でもコケルという印象もあり一流どころの中ではすごく取捨が難しいと個人的には感じています。

ダービーでは当然前代稀に見るイレギュラーな皐月賞のレースを度外視して上位4〜7着の馬が再度人気になるのではと思いますが、個人的な見解では1・2着の馬ももちろん見限れませんが、展開的には3着のジェネラーレウーノには要注意と感じました。一番厳しいレースを強いられ、スピード、スタミナとも十分と感じ、自在性なども考えると侮れないのでは?と思いました。逆に有力馬は殆どがこの馬より後から行くので、ゴールまでにこの馬を交わせるか?というのが個人的な焦点であると感じています。田辺騎手は大レースでの度胸もあるので期待したいところです。

・馬券は?
今回も言い訳がましくなりますが、結論から言うと予想は完全に外れたのに一部的中してしまいました。

その経緯は、
注目した逃げ馬はあまりに人気がないので連には入れず単複のみ(複中心)で買い、印をまわした中で次に人気薄のサンリヴァル、ジェネラーレの2頭を軸にして有力の2,3番にフォーメーション、およびサンリヴァルージェネラーレのワイドと考え5点買おうと思いました。
ところが馬連では対象馬は3着の可能性も大で、今度はワイドだと配当がイマイチということで色々考えました。
そこで馬券は当初の予定通りワイドにするかわりに相手の有力馬サイドに配当妙味といいうことでステルヴィオとエポカドーロを加えてフォーメーションは2×4の8点にしてしまいました。
何とそれが逆に幸いしたというのが実際です。正直1点でも引っかかればというふうに思っていたので、自分自身この結果には驚いています。

たまたま結果的にワイドは3点とも的中ということになりましたが、そもそも印を厚くした穴馬や人気の印上位馬はすべて撃沈で、予想もほぼ完敗ということでした。

レースから数日後に知人のX氏と別件での電話のついでに皐月の話になりましたが、彼は三連複を特券以上でGETしたそうです。最初から焦点が合っていたのではないかと思います。さすがです。

さて今週末から春のG1本番の東京・京都開催ですが、東京は冬の開催からとは一変、ラチ沿いがグリーンベルトになる芝Aコースになるはずです。特に内枠と先行有利の2000で行われるフローラSは昨年のように人気はともかく実力とスピードのある馬が内枠に入ると、騎手がペース判断を誤らなければ、まず馬券に絡む可能性大と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月17日(火)PM5時35分くらいです