競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

スーパーライナー

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日はそこそこ当たりもありましたが、オッズが出る前に予想や一部馬券を決めてしまい意外に人気になる馬もいて、中京8Rの他は快心の的中はありませんでした。

まずはG1と注目馬の分だけアップします。
他にあれば、またG1以外はオッズが後から出るので、フリーMも含め何かあれば追加でアップします。

◆チャンピオンズC
◎サンライズソア
週中モレイラ騎手が栗東遠征で前回記載のハードスケジュールの刈り取りに勝ちにいく競馬をすると考えます。追い切りもキビキビ走っていました。(下記参考)
○ルヴァンスレーヴ
可能性的にありえないかもしれませんが、思い切って今回は本命から外してみます。
▲アスカノハヤテ
結局意外に人気にならなかったのでここも一番目の穴で狙います。地力不足に見えますが中京18なら立ち回りひとつで上位も可能と考えます。
★ウェスタールンド
展開が向いて末脚炸裂すれば勝ちまでありそうです。
△ケイティブレイブ
本来無印と考えましたが展開的に今なら連続上位もありえそうです。追い切りでキビキビした走りでした。
△パヴェル
未知数ですが、地力はありそうです。
△アポロケンタッキー
連闘できちんと追い切りも行いました。馬場掃除のためではないと感じました。地力がありそうですが、意外ですが交流重賞2勝しかしていなくこのハードスケジュールはメイチと見ました。軽視は禁物と感じます。

※参考:モレイラ騎手のハードスケジュールに注目です。
11月14日? 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
11月23日 浦和記念にアポロケンタッキーに騎乗で着外
11月24日 京都で京都2歳Sでクラージュゲリエに騎乗して優勝
11月25日 東京でJCでサトノダイヤモンドほか騎乗で6着で着外
11月28日 兵庫ジュニアグランプリでシングルアップに騎乗(園田)も着外
11月29日 栗東でサンライズソアの追い切りに騎乗
12月1日  中山でステイヤーズSでアルバートに騎乗予定でしたが出走取り消し
12月2日  中京でチャンピオンズカップでサンライズソアに騎乗予定
12月8日 不明
12月9日 香港国際競争でリスグラシュー他に騎乗


◆豊川特別
トライン
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html
あとこちらは穴でアマルティアに注意が必要と思っています。

◆姫路特別
スーパーライナー
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300395.html

もし他のレースで面白そうな馬が見つかったら夜間発売以降に掲載します。ただいなかったこのままで。
フリーMにはその都度気付いたことを書いています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月1日(土)PM5時31分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
前走出走時に次走面白そうだと思い注目する旨記載した馬が登録どおり2頭出走してきました。いずれも日曜日のレースです。
★1頭目は豊川特別のトラインです。またこのレースでは他にアマルティアにも注目しています。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

★もう1頭は姫路特別のスーパーライナーです。騎手は変わりましたが前走全く人気薄なのにひじょうにみどころがあり継続して注目です。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300395.html

あと今週は池添騎手の関東馬の騎乗、ハードスケジュールのモレイラ騎手、岩田騎手(理由はフリーMに記載)には注意が必要と思います。それからこれは邪推かもしれませんが巷のボーナスシーズンに合わせてか毎年12月第1週と第2週は超大穴が出ることが多いと感じています。もちろん超大穴はとても買えないような成績の馬が絡むことが多く難しいのですが、大手馬主があまり力を入れていない平場のダートの短距離やハンデ戦などは特に注意が必要と思っています。あとは逃げ馬にも注意と思っています。

◆他の注目したい出走馬
人気のなさそうな馬を選んでいるので馬券に絡めるかは疑問な馬もいますが、個人的な穴の物差しにかなっている馬が中心です。他の理由の馬もいます。また人気馬、大穴で確率の低そうな馬もいますが、その都度但し書きをつけてあります。

・ステイヤーズS
多分1頭に人気が集中するので複勝と人気馬とのワイドで。穴は条件馬ですが前走出走馬が重賞で複数入着したレベルが高かった可能性がある六社特別出走馬で。もとから抜きん出た長距離のレースで格はあまり関係ないと考えました。
アルバート(人気)
コウキチョウサン
マサハヤダイヤ
メドウラーク(良馬場、長距離ということで走ってみないとわかりませんがキレや瞬発力を要求されない条件に強そうです)

・チャレンジC
下記3頭の連のボックスで。
ダッシングブレイズ(追い切りで走る様子が妙に気になりました)
マルターズアポジー(そろそろ?)
エアウインザー(人気?)

・浜松S
ハウメア(池添騎手騎乗の関東馬ですが、その前のレースの結果を見て理由はフリーMで)
クリノコマチ、トシザキミ(ともに超大穴で確率低いので注意してください)

・イルミネーションジャンプS
シゲル2頭、マイネル2頭、シンボリダルク(一部は人気?)
多頭出しと2年くらい前から目立って騎乗とペース配分が巧みと思っている平沢騎手の組み合わせです。
特にシゲルの馬は勝負気配高そうと感じました。

・中山12R
ペルソナリテ(地力はこのクラスでは本来上位と思っています。内枠で注意)
アイスフィヨルド(そこそこ人気?)

・阪神12R
内枠に個人馬主が2頭で注意
メイショウミライ
メイショウサチシオ

・中山7R
メイショウタラチ

・中山6R
ヤマタケパンチ

・中京9R
ハナザカリ

・中京8R
ダノンスパーク
ショウナンマシェリ

・中京6R
ディアボレット
ブライティアサイト

・中京5R
ジャカンドジョー
レアバード

とざっとこんな感じです。

◆チャンピオンズC展望その2
まだ夕刊紙や予想テレビなどを見ていませんが、現状巷の実力評価はルヴァンス1頭が抜きん出ているようです。特に一番時期が早く格の低そうな交流G1を叩いてここにそなえたローテーションも好感されているようです。

週初までの専門家などの穴の予想はかなりの方がアスカノロマンに流れているようです。
また個人的な見解ではそこそこ人気のサンライズの2頭は片方が先行、片方が逃げと展開次第でどちらかは馬券に絡む可能性が高いと思っています。

前回記載しましたが個人的には評判では現状2番手と思われるケイティブレイブの取捨が一番難しい判断だと思っています。

あと本来2番人気が予想されたゴールドドリームは回避しました。
他も回避が出てフルゲート割れになりそうです。もしかしたら関係者内ではかなり強いと考えている馬がいるのかもしれません。時節柄今後ダートの重賞やオープンはあるので無理をさせないということかもしれませんが、中央のG1で手当ても手厚いわけですから、大レースで上位にはいるとか、賞金加算が難しいと予想される状況であれば、他のレースで別の意味で実を取りにいくということではないか?と思っています。

★有力馬で馬券を買いたい馬は?
ということから総合的に判断すると現段階では可能性がそこそこあり馬券を買うとすればここのところハードスケジュールをこなしているモレイラ騎乗のサンライズソアが先行して自分でレースも組み立てられるので馬券的にはかなり面白いのでは?と感じています。
個人的見解ですが夏場後半〜秋口までのルメール騎手にも同様のものを感じましたが、一流騎手のハードスケジュールは先々の成果を求めての先行投資と感じています。先々週〜先週がピークと感じていたので今週以降〜来週くらいは国内外を問わず刈り取りの時期に入ったと思っています。土曜日のアルバートが仮に不発(2着〜掲示板程度)だった場合、また優勝したとしても連続でも注意が必要だと思っています。
あとは逆の展開になった時はノンコノユメあたりの出番もあるのでは?と思っています。

★個人的な穴の注目馬は?
いつもと違い穴はまだ絞れていないのが現状ですが、アスカノロマン、米国馬のパヴェルのほかに、強いていえばウェスタールンドが面白いのでは?と思っています。前回は不発でしたがあのスタミナを要す阪神2000のシリウスSで最後の脚は抜きん出ていた、と思っています。過去もG1で馬券に絡む馬は勝ち負けはともかくたまにすごい脚を披露することがあると思っています。最後方からとはいえあの時に他の追い込みの馬とは違う脚でした。エンジンは一線級なのでは?とまだ思っています。凡走の後で人気もなさそうなので印はともかく何らかの形で狙ってみたいと思っています。

付記
下記時刻の修正があります。PMと24時表示を間違えました。
(アップした時のメールが16時に最強から送信されているので証明になります。−なぜそんなどうでもいいようなことを修正したかというと予想をオリジナルで出している、ということは時間勝負なので正確に記載するためです。今回後で確認しましたが、理由は全く違いますが、たまたま有名予想家の方と一部予想が似ているレースがあり決してその予想を真似しているのではないことをご理解いただきたいためです。そのために異例ですがわざわざその件を修正・記載しました。悪しからず・・)11月30日20時33分ころ


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月30日(金)PM5時31分くらい現在11月30日(金)15時31分くらいです。(11月30日20時33分修正)

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ジャパンCはアーモンドアイの並外れた強さを見せつける機会になってしまいました。

ただ2着のキセキは相当強くなっている、と感じました。
距離的にも、時計が速くても道悪でも、逃げても差しても力を出し切ればほぼ対応でき上位に入る地力があることが証明されました。ヨーロッパの馬場などを考えればこの馬こそ凱旋門賞で好走する可能性が大きいのではないか?とも感じました。

キタサンやビワハヤヒデなどと共通、いやそれ以上の対応力をもっている可能性もあると思っています。
今後この馬の存在はひじょうに面白そうです。この2走で斤量も大丈夫そうです。

京阪杯はやはり展開とコース形態のせいか、内の馬と脚を貯めた外の差し馬がかなり有利と感じました。
まだまだ約1頭の強い馬(今回は不出走)以外は混戦が続きそうな感じです。ただ勝ったダノンスマッシュは今後斤量などが変わってどうかという点がありますが、かなり強くなる可能性があると思いました。今回で春の大レースへの出走権は大方確保できたと思いますので、来年からこの馬もそうですが、現3歳馬の賞金の半減がなくなる関係もあり、じっくり戦略を立てられれば前出の強い馬にも対抗できるかもしれないと思いました。

一般レースで狙ったプティットクルール、サンシロウ、ゼットマックイーンと狙った馬はすべて不発でした。
プティットはハンデ戦限定、サンシロウは引き続き、特に好走歴のあるの中京が始まるので要注意と思います。ゼットはできれば平場の1000万のダート短距離であれば引き続き狙ってみたいと思います。

騎手は相変わらずモレイラ騎手のハードスケジュールに注目です。
11月14日? 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
11月23日 浦和記念にアポロケンタッキーに騎乗で着外
11月24日 京都で京都2歳Sでクラージュゲリエに騎乗して優勝
11月25日 東京でJCでサトノダイヤモンドほか騎乗で6着で着外
11月28日 兵庫ジュニアグランプリでシングルアップに騎乗(園田)
12月1日 中山でステイヤーズSでアルバートに騎乗予定
12月2日  中京でチャンピオンズカップでサンライズソアに騎乗予定
12月8日 不明
12月9日 香港国際競争でリスグラシュー他に騎乗

この中で追い切りなどで遠征するかどうかも含めてよく検証したいと思っています。どこかで勝負をかけてくると思っています。

◆先週の出走馬の中の今後面白そうな注目馬
ここのところ不発ですが、先々面白そうな穴馬をレースなどの様子から発掘していきたいと思っています。
また先週の岩田騎手様子で個人的に騎手として注目していきたいと思いました。(理由はフリーMに記載します)
★フクノグリュック(土曜日東京8Rダ1600・7着)
平場レースの常連であまり目立ちませんが、先週のレースの様子で継続的にではありませんが、近々一発あるのでは?と考えています。ただ地力的に疑問な部分がありよほど勝負をかけないかぎり上位は難しいところもあり、多分人気は全くありませんが確率的にもあまり高くないと考えていますので見物料程度に考えています。また後々ずっとではなく今度激走したら、という感じで見ています。

★ハーモニーライズ(日曜日東京5Rダ1400・8着)
この馬は比較的人気になりそうですが、いい脚を使いながらも届かない、というレースもかなりあるようです。今回の追い込みの脚を見ていたら本当にすごい脚を使えるのは200メートルくらいという感じに見えました。中山のダート1200か中京の短距離ダートあたりを使ってきたら展開が向けば面白そうと思いました。脚を使える距離から中山での出走を期待しています。

◆今週の展望
★チャンピオンズC
個人的にJBCから狙っていたアスカノロマンが前走で結構好走して、穴党の注目が増えそうで全くの人気薄ではなくなりそうです。ただこのレースまともに考えるとルヴァンスレーヴ→ゴールドドリーム→勝負気配的にサンライズノヴァ→サンライズソアという感じがします。前回見事に外したら快勝したケイティは地力もあり脚質的にも有利と思いますし、前走中央場でもG1を勝ちましたが、なぜか左回りはイマイチでその後と感じています。要するに穴は紐的な相手で2〜3着に人気薄を狙う、というのがまともなやり方かもしれないと思っています。また今年はアメリカからの遠征馬にも注意と思っています。
ー追記分ー
と、書きましたがよく見たらケイティは地方の左回りは交流G1を含めけっこう勝っていました。失礼しました。
要するに中京と東京では、そして相手関係もありますが新潟も含め中央の左回りでなぜか勝ちがないというだけでした。砂の深さやバテない持久力、あとはとんがったコーナーを苦にしない感じでその条件のいくつかがそろえば回りは関係ないのかもしれません。ここのところ地方の左回りの重賞で連勝を重ねていました。中央のG1はどちらもなぜか左回りで順位はちがいますが過去は脚色的には失速しています。裏を返せば地方の深いダートでは現状ではほぼ無敵になりつつある、ということかもしれません。そして東京などで勝ちがなかったのはローテーションの関係もあるでしょうし、それ以上に右回りでの勝ち方がきわめて強い勝ち方で、それにくらべて、という程度の印象なのかもしれません。ただこの馬は今活躍のピークに来ている可能性もあり、他の有力どころは完全に照準を合わせている感じがあり、この馬の取捨が馬券的中の鍵を握っていると考えています。
なぜ今まで中央の左回りG1でダメだったのか、まだ多少時間があるのでじっくり考えたいと思います。逆に言えばこの馬も馬券に絡むようだと穴党にはほぼ全く興味がなくなる、見物レースになるというふうに考えています。(11月29日AM0時48分)


★ステイヤーズS
モレイラ騎手のアルバートが前人未踏の同一重賞4連覇がかかっているということで注目ですが、紐は全く読めない感じでJC同様に穴馬の複勝とアルバートとのワイドで買おうと思っています。

★チャレンジC
3歳馬が人気になりそうですが春に半減した賞金加算必須の4歳馬を狙いたいと思っています。トリコロールブルー、アメリカズカップ、ダンビュライトあたりは来春の大レースにむけてメイチではないかと思っています。比較的強力な逃げ馬も複数いて開幕週なのでこちらも注意と思います。そしてどちらかといえば内枠有利と考えています。

★日曜日中京・豊川特別
先々週に出走で注目のトラインが登録してきました。出走してきたら注目と思っています。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

★日曜日阪神・姫路特別
その前の週に出走して注目のスーパーライナーが登録してきました。こちらも出走してきたら注目と思っています。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300395.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月27日(火)PM11時48分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は完敗でした。一般レースの穴馬はほぼ不発でした。
また残高問題も浮上してメインのエリ女杯はわずかしか買えませんでしたが、それも完全に的外れな買い目でした。通常一般レースは比較的得意な分野で不発が多くても悪くても1日に1レースはヒットすることが多いのですが、先週は全くでした。修行のやり直しです。

特に複数回に分けて結構長々記載したメインのエリ女杯、福島記念は金曜日の枠順確定段階で自分が書いた記事を再度見て愕然としました。
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300047.html

またここのところの穴パターンがまた少し変わってきた可能性もありよくレースや背景条件などを検討してみようと思います。

それから日曜京都が象徴的でしたが外国人の騎手の動向はかなり重要なポイントになってきたと感じています。来週からはさらにムーア騎手も参戦予定で日曜京都は危うく全レースが外人騎手の勝利になるところでしたが、たびたびそんなことがありそうです。

それから逆に外人騎手人気でかぶっている馬が沈んだ時などに複勝の大穴が狙えるチャンスもあるかもと思っています。特にボーナスシーズンと関係があるのかないのか、例年11月後半〜12月中旬は大穴の季節で昨年もタガノマニカ、ゼットマックイーンなどかなりおいしい複勝がゲットできたので今年も・・と思っています。

このブログを書いているのも自分の穴パターンの検証もかねていて記録に残すことで記憶するように、と考えているところもあります。

今後馬券ははG1や重賞はよほど狙っている穴馬がいないかぎりは見物料程度は買いますが、競馬全体では一般レースの狙い撃ち方式で狙った馬にある程度絞り込んでいこうと考えています。でないとまた残高問題が浮上して余裕のある競馬が楽しめなくなると考えています。原則は人気薄の単複で勝負したいと考えています。そして狙いのレースは比較的追い込みもきく京都、阪神、中京のダートの短距離、特に平場のレース(減量騎手騎乗可)を中心に狙いたいと考えています。

◆先週出走の今後の穴の期待馬
先週自分の注目馬が出ているレースなど一部のレースを見ていて新たに浮上した注目馬をさがしてみました。
今後休養や引退の可能性もありますが、近々にもう一度出走してきたら勝負をかけてくる可能性があると思い狙ってみようと思います。
・スーパーライナー(日曜京都8R5着)
先週個人的にこの先一番面白そうだと思った馬です。
このレースは実力馬といわれる馬の人気が3頭抜けていて、他はかなり人気薄で中でもこの馬は12頭立てで10番人気(単勝220倍)でした。このまま近々再度出走すれば個人的に20数年来穴の出る条件として考えているパターンに該当すると考えています。また人気馬や上位馬はこのクラスではそれなりに通用するメンバーで時計もそれなりだったと考えています。

・メイショウナンプウ(日曜福島3R7着)
500万下のレースでした。この馬は15頭立て7番人気(単勝27倍)でした。レースでは殆ど見せ場もなく他の馬達と一緒にゴールしました。ただよくよくゴール前後の脚色を観察してみたら、かなり余力があり狙いは次走以降かもしれないと感じました。
もとから1000万からの降級馬で上のクラスでも相手なりに走っていたようです。今後中京や小倉、もしくは地元の京都、阪神で出走してきたら面白そうだと感じました。

ーあと同じレースから2頭ー
・ウォーブル(土曜福島10R三春駒特別6着)
今回も連闘で個人的な穴条件と思い注目して馬券も買いました。結果は6着で不発でした。
ただ途中向正面で一気に仕掛け先団に進出しましたが、直線で失速しました。福島では場合によっては有効な戦略ですが、レースでそれなりに負荷がかかり、仮に勝負がかりだったとしてもいい稽古にもなったのでは?と感じました。もとから小回りや右回り、また冬場でも安定した走りぶりの馬で、中山の比較的ハイレベルなミモザ賞で2着するなど、今回は凡走しましたが次走近々出走すれば要注意と思います。
・サンシロウ(土曜福島10R三春駒特別7着)
1000万からの降級馬で上のクラスでも上位の経験があります。ということでそこそこ人気でしたが7着でした。以前は左回りを中心に(特に内枠)好走例が多く、自在性もありまだまだ奥がありそうな馬です。当時ハンデ評価は54キとイマイチの評価でしたが相手なりに走るという印象があります。今回のレース振りで個人的な穴の条件に合致しました。この凡走で人気が落ちる可能性もあり穴で狙える条件になればありがたいと思っています。この馬に関しては仮に次走まで若干間が空いていても次は面白いと思っています。

◆今後のG1レースの個人的注目馬
・マイルCS
たびたび近々の記事で触れていますが穴ではケイアイノーテック、ジュールポレールの2頭に注目しています。どちらも派手さがなく人気になりにくいタイプですが一線級と比べても地力は十分足りていると思っています。また今年になって急成長してきた感もありまだ奥があるのでは?と期待しています。
有力馬では安田記念の勝ち馬・モズアスコットとサンデーR、G1レーシングの三つ巴の戦いになるのでは?と思っています。そこに両側の有力馬が所属している池江厩舎の存在も大きく関係するのでは?と思っています。また安田記念同様騎手の動向も重要なファクターになると思っています。

・ジャパンC
まだ来週ですが注目のオジュウチョウサンが有馬直行にになり話題はアーモンドアイに集中しそうです。
馬場状態次第ですがこれも以前ふれましたがミッキーロケットがメイチ勝負をかけるのでは?と思っています。秋天の走りを観察した感じでは以前の江ピファネイア(次走JC快勝)とひじょうに似ている感じに映りました。あと凱旋門賞でも逃げ粘ったオブライエン厩舎の馬も出走するようです。例年この厩舎はG1でも大量に登録しても後で辞退して実際に出走することは稀だと感じていました。今年は他国の大レースでことごとく苦杯を舐めている感じで招待レースで賞金も高額なこのレースに出走させてくるのであればかなり本気度は高い可能性があるのでは?と思っています。専属騎手のムーア騎手がどうなるのか。は私は事情通ではないのでわかりませんが、仮にもし彼が騎乗となればさらに面白いかも、と思っています。人気の有無にかかわらず注意が必要と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月12日(月)PM4時01分くらいです。

↑このページのトップヘ