競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

チェスナットコート

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局小倉の愛知杯で騎乗予定と記載されていた田辺騎手は騎乗しないことになりました。事実上出走馬確定前にすでに違う騎手で発表されていたようです。ダミーだったのか?、減量に失敗したのか?、はたまたひと悶着あったのか?計り知れないところですが、田辺騎手は土曜は当初の予定通り小倉で騎乗の予定なので、後者の2つ、減量失敗かひと悶着ではないかと推察します。

さて枠順確定前ですが、今週の注目馬ですが、火曜日深夜(水曜日)の展望とは大きく変化していませんが、出走の可否や他レースの注目などもあり若干は違っています。そして明朝の枠順確定で変わる可能性はまだあります。

参考
火曜日深夜(水曜日)に掲載した今週の展望記事のURLは下記をご覧ください。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344225.html
今週も色々用事が立て込み、原則は後半のレースで注目馬をピンポイント中心で狙うつもりです。
◆日経新春杯
チェスナットコート、サトノガーネット

◆愛知杯
レイホーロマンス、レッドランディーニ。
後者は田辺騎手ではありませんが、斤量の問題であれば馬自体はかなり勝負気配濃厚そうです。

◆京成杯
ビターエンダー、ロールオブサンダー

◆ニューイヤーS
キャプテンペリー、キョウヘイ

◆羅生門S
スリーランディア

◆土曜日中山12R
人気になりそうですがダイワの2頭、ダイワギャバン、ダイワダグラス

◆土曜日京都12R
ナムラヘラクレス

◆土曜日小倉の田辺騎手
結局一般レースのみの騎乗になりましたが、手ぶらで帰るわけにはいかないはずで、ここは彼の騎乗馬は人気にかかわらず注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月17日(金)AM2時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週は3日間開催で、最終日はあまり立て込んでいなかったのでわりとレースも見れて一般レースの馬券も見物しながら買えましたが、それがどうなのかわかりませんが、メインは不発でした。でも例年よりはましだったので、というよりいつもはこのまま不発嵐になるのか?という状態にはなっていないので正直少しほっとしています。ただ競馬は1レースごとにリセットされるので慎重にじっくり検討していきたいとは考えています。でも蔵が建つような状況とは程遠いので、少なくともレース前は参加するレースは一戦必勝でのぞみたいとは、思っています。

フェアリーSは柴田大騎手が何の躊躇もない逃げが、他の馬に付け入る隙を与えなかったという印象です。枠順を変えて同じメンバーで戦ってもまったく違う順位になるかもしれないと思いました。ただ2着のチェーンオブラブはかなり地力を付けていると感じました。賞金も加算でき、順調なら今後が楽しみだと思いました。またシンザン記念で2着のプリンスリターンも1戦ごとに奥がもっとあるように感じました。どちらも人気になりそうな馬には見えず、クラシックのどこかで思わぬ激走をみせそうな可能性を感じました。

今週はハンデ重賞が複数ありますが、またまた元3歳馬と古馬が一緒に走りますが、斤量換算が五分五分に近づいていることもあり、狙って当てるのは結構大変だと思っています。特に明け4歳馬はハンデがどうなのか?という判断が相当困難な馬もいて、あまり深く考えるより地力や印象重視でシンプルに考えたほうが当たるかもしれないと思います。

すべて登録段階なのでもし出走してきたら、という前提で考えています。出走するか否かは、不明ですのでご承知おきください。
◆日経新春杯
オールドファンなら有名なハンデの名物レースの新春杯ですが、過去も色々あり、今の時期の固い馬場は過酷な斤量の馬は負担が大きく、再度ハンデ戦に戻ってからはの近年は比較的軽量の馬が多く出走するイメージです。前述の通り馬にはそれなりに負担がかかる環境であるという前提で考えたいと思っています。

個人的には矢作厩舎の3頭登録に注目しています。中でも賞金が足りないうえ、京都の長丁場しか活躍の場がないくらいの印象があるチェスナットコートに注目しています。矢作厩舎は父親の大井競馬の影響があるのか、ないのかハードスケジュールをする馬は意外にどこかで激走する場面を過去もよくみかけます。マラソンの川内選手ではありませんが、レースを使うことでトレーニングをしているのかもしれません。この馬も直近で長丁場のレースに連続で出走していて常識的に考えれば、大丈夫?という感じですが、ここは逆にそれも買い材料と考えています。またサトノガーネットは個人的に判断材料にしている京都⇔函館の法則に加え、中京や関西地区、滞在の北海道など近場のレースに良積が集中しているように感じます。
この2頭を中心に考えてみたいと思っています。

あと本来なら体重が軽いので話題になったメロディーレーンも、前走のレース振りから面白そうですが、当然そこそこの穴人気になりそうなのと、どうせなら掲示板に載った菊花賞レベルの距離のほうが他の馬が苦にする分、面白そうに感じました。

◆愛知杯
ここはあまり普段関西のローカルに遠征しない田辺騎手が今年は年初からお手馬でもないレッドランディーニ騎乗予定です。ダミーの可能性もありますが、もし出走がかない、騎乗が予定通りであれば狙ってみたいと思っています。人馬ともに右回りの周回コースは得意とするところに思えますし、この斤量で天気予報のように若干馬場がゆるくなれば面白そうと思います。あとは前2走に前出のチェスナットコート同様長丁場をこなしての登録となったレイホーロマンスにも注意と思っています。こちらもハンデから考えれば十分チャンスありと思います。いずれにしても開幕週の周回コースなので枠順も影響があると思うので、最終的にはその辺も考えたいと思っています。

◆京成杯
このレースは現段階ではピンポイントでビターエンダーを狙おうと考えています。
これは再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

他では昨夏の中京や福島の道悪競馬を経験したフルフラットとロールオブサンダーに注意と思っています。
これは当時は半端な道悪ではなく、出走した馬は相当な地力強化になったのでは?と思っているからです。しかもこのようなレースに出走してくるということはその局面か、その後のレースで勝っているからで、特にまだクラシックなどを考えると早い時期で、時計のかかる冬の中山の周回コース、という設定も向いている可能性を考えています。

原則は以上の3頭に絞って考えて、出走してきたら単複やワイドで少々だけ狙ってみたいと思っています。

◆ニューイヤーS
雨の影響がどれくらいあるか、という問題がありますが、個人的にはキョウヘイ、キャプテンペリー、ノーヴァレンダの3頭が出走してきたら少々だけ狙ってみようかな、と思っています。

いずれにしても木曜日に出走馬が決まり、枠順が金曜日に決まってから本格的に考えたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月15日(水)AM1時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ