競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ニュージーランドT

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
私事ですが、いい意味だったらいいのですが、公私共に色々と多忙で、競馬もメインなど一部レースに絞り込んでと考えています。年末から特にこういう状態が続いています。
そのうち少しはいいこともあるかもしれません。

今週は騎手の動向など人為的な部分で少々だけ、と考えています。

ここのところ例によって入れ替えた馬が上位に来たらはずした馬も馬券に絡んだり、展望で注目したけれど予想の印ではずした馬が来たりと、ちぐはぐな状態が続いているので、もしご覧になっている方がいたらそれも考慮のうえ、色々な意味で参考にされたほうがいいかもしれないと思っています。

◆ニュージーランドT
トリッキーなコースで現状では絶対的な馬も不在と、さらにいうと将来的には別にして意外に本番に直結しないレースという印象です。なぜこの条件で実施するのか?と思うほどです。流れや枠順、有利不利などの度合いでどの馬にも上位のチャンスがありそうです。しかし意外に大荒れのことも少ないというのも大雑把な印象です。

追い切りで気になったのはグラナタス、ミッキーブラックでした。どちらも戦績では勝ち切るのはどうか?、というタイプに見えますが・・
またある理由で難しそうですがホープフルサインに注意と思います。(たいした理由ではありませんがフリーMに記載)

あとは穴党が好みそうですがアフランシールと外枠は不利そうですがコスモカレンドゥラあたりに注意と思います。

抜けた馬がいなそうなので、上記の馬の単複や上記の馬同士の連馬券で少々と思います。
ただ池添騎手が追い切りのみの騎乗で本番は横山典騎手が乗るメイショウショウブは騎手、枠順、地力などから人気ですが押さえたいところと考えています。

◆阪神牝馬S
エ女杯の古馬G1への改編や府中牝馬Sの昇格までは古馬牝馬では、ここを狙う馬もいるレースという印象でした。
今でも賞金的には重要なレースと考えています。
特に先々や秋の重賞のために賞金加算を狙う馬は全力投球と思っています。
◎は事情は不明ですがお手馬のうち、この馬に騎乗する池添騎手のサラキアに期待です。もちろん地力的にはラッキーライラックやG1で楽?に2着したミッキーチャームは無視できず、馬券はサラキア・ラッキー2頭軸の三連複で前出のミッキーC、地力がありそうなサトノワルキューレ、実績馬クロコスミア、騎手の動向でリバティハイツ、追い切りが印象に残ったミエノサクシード、格上が逆に気になるアマルフィコースト、押さえでカンタービレまで6点を買いたいと思います。他ではまず難しそうですがベルーガがここまで不人気なのが逆に妙に気になっています。余裕があれば複勝だけでも、とは思っています。

◆福島9R
ラインジェットとハードカウントの両馬に注目しています。両馬の単複とワイドあたりで。

◆福島5R
シゲルの2頭、ヤマカツリーダー、ツジスーパーサクラに注目しています。人気の度合いで馬券を少々だけ買うつもりです。

◆日曜日展望
・桜花賞
例年外差しが決まる、という印象になるころですが、今年は先週までは先行馬や内枠の馬が健闘している印象です。
騎手の動向やトライラルでの実績など力関係ははっきりしている感じですが、穴狙いなのでその辺で少々と考えています。

現段階では人気薄で追い切りで気になったのは、ノーブルスコア(前走よりはるかに良くなった印象)、フィリアプーラ、ジュランビル、プールヴィルあたりでした。あとは事前入厩のホウオウカトリーヌ、レッドアステルも注意と思います。

人気のグランアレグリア、クロノジェネシス、ダノンファンタジーは実力的に押さえざるを得ないと思っています。

問題はトライアルでまだ未完成な感じですごい脚を使ったシゲルピンクダイヤで、すでに即PAT前売りで穴人気になっているようですが、考え中です。

・大阪ハンブルクC
現段階ではデスティニーソングに注目しています。

・春雷S
現段階では人気の有無は不明ですがメイソンジュニアに注目しています。

・隅田川特別
現段階ではディアジラソルに注目しています。あとは大穴でかなり難しそうですがユメノマイホームに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月6日(土)AM3時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ドバイや大阪杯、日経賞などを見るかぎり中山記念出走馬の好走が目立ちます。もとから日程的な部分や、中山千八はスタートしてから1コーナーが近いために見た目よりも緩みのないレースになるケースが多いなど、昔はG2では最高格で種牡馬の登竜門などといわれた過去とはまた違った形でのハイレベルメンバーがそろうレースになりつつあるようです。ただ後々期待できるのは上位馬ではなく、G1級の実力馬で叩き台に使い凡走した馬ということですが・・・

◆ニュージーランドT
外枠ですがケイアイノーテックはここは凡走が許されない状況で、他はカツジ、ラムセスバローズあたりかなと思いますが、穴ではコスモイグナーツ、ゴールドギアに注意です。


◆阪神牝馬S
かつては牝馬のG1以外では最高格のレースという印象でした。府中牝馬Sが昇格して若干影が薄れましたが、その流れは健在と見てここメイチの馬と賞金加算の馬の勝負という印象です。
ここメイチ系の筆頭はリスグラシューと考えます。現状G1ではわずかに足りない、勝ちに行っても、脚をためても2〜3着という難しい馬と思っています。安定性から上位は確実と思いますが、頭というより軸にという感じで考えます。
あとは賞金加算系でジュールポレール、ラビットラン、そして穴ですがデンコウアンジュには特に注意です。
他ではミリッサ、エテルナミノルも上位候補で注意が必要と思います。

◆ひめさゆり賞
トーセンウィナー、トーセンクリーガーに注意です。

◆中山12R
ウエスタンボルトに注意です。

◆阪神12R
メイショウが2頭出し、テイエムが3頭出しで、実力もそこそこなので馬券に絡む可能性大と考えます。特に休み明けがどうかですがメイショウエイコウはデビュー戦の芝のレース以外のダート戦はすべて馬券に絡んでいてまだ底を見せていません。
メイショウエイコウからテイエム3頭に流すというのが一番効率がよさそうな感じです。

◆福島7R
ブルベアカラシナに注意です。

◆福島6R
カルトデュモンドに注意です。

◆福島3R
比較的人気どころではライムチャン、あといつも追っかけているクリノヴィクトリア、それから穴でワンダーラストという馬が面白そうです。

◆桜花賞展望
サンデー、社台RHが各3頭出し、東京ホース、シルクが各2頭出し、キャロット、G1レーシング、吉田氏が各1頭と18頭のうち名義だけでも社台系生産馬主が多くを占め、個人馬主の馬で他系生産馬はマウレアとスカーレットカラーだけという今の競馬界を象徴するようなレースになりました。
実力的にははっきり勝負付けが済んでいるように思えますが、3歳牝馬であり、よほど抜けた存在でなければ人気4頭以外も十分に上位を狙えると考えます。
まず人気どころは今後の展開も考えまだ使い込んでいないアーモンドアイを上位に考えます。あとはラッキーライラックも人気ですが押さえざるを得ないと思います。
ただあとは穴で狙います。
筆頭は前走で本格化の兆しを見せてきたトーセンブレス、あとはハーレムライン、リバティライン、アマルフィコーストあたりまでと現段階では考えています。

ランキングラベル貼るのを忘れました。
※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月7日(土)2時50分くらいです。

↑このページのトップヘ