競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

フミノムーン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
全くの不発ではありませんでしたが、他の事情もあり日曜日は重賞のみの予想で簡単に。
中京のレースで一部気付いたことをフリーMに記載しました。

◆根岸S
今国内のG1トライアルで事実上G2クラスのメンバーがそろうG3レースという印象です。以前秋の1200で行われテいた時と様変わりになっています。他にも個人的には阪急杯、平安S、武蔵野S、富士Sなども同様な感じだと考えています。
リステッド競争の設定前に重賞の格の見直しの方が急がれているように思いますが・・。
また関東で実施されるのに、何と関東馬は3頭のみ(うち地方転入馬が2頭)でしかも深夜現在12、14,16番人気でです。あとは関西馬12頭と地方馬1頭で有力馬はすべてその中にいると思われます。
東京の1400はマイルと違い内枠の先行馬はスムーズならかなり有利になる可能性もあると思っています。ポジション取りとペース配分の勝負になりそうです。
◎サトノファンタジーシー
岩田騎手の動向からここはメイチ勝負とみました。
○ケイアイノーテック
毎日王冠のときに余力十分に見えましたが、成長力の問題か、切れ味の問題か、いずれにしても昔のホクトベガやクロフネではありませんが、ダートで大化けする可能性ありと思います。試金石ですがこのタイミングで使うことは真剣勝負とみました。。
▲ユラノト
安定した実力があり本番では難しい可能性が高いと思いますが、ここは有力と思います。
★コパノキッキング
前走勝った柴田大騎手のにマーフィー騎手に乗り替わりですが、前走時は阪神JFと香港国際競争と同時のレースであり、また距離がどうなのか?という問題もありここは本番への試金石も兼ねているので、脚ならしではないと思っています。
△クインズサターン
ケイアイより賞金面で問題があり、チャンピオンズCでは除外対象だったというおぼえがあります。得意のコースで上位を狙ってきそうですがポジション取りが難しい枠で若干割引。
△サンライズノヴァ
東京しか走らないのでは?と思うほどの東京巧者という印象です。当然本番への叩き台と思いますが、8分仕上げ程度でもここで惨敗するようでは、と思います。まず掲示板には入るのでは?と思います。
△マテラスカイ
重賞でこのコース、距離で通用するかは走ってみないとわかりませんが、先行タイプなのに外枠がどうかですが、絡まれなければ鞍上が鞍上だけに残る可能性もありと思います。

※キタサンは条件戦ですが、過去本来内枠有利の東京の1300では外枠でも好走していて東京適性は十分と思いますが、なにぶん印が回りませんでした。来たらごめんなさい。

◆シルクロードS
何度も書いていますが特に短距離では京都と函館は成績がリンクしている馬が多く、コース形態が比較的似ているからだと思っています。また今の京都は時計がかかる荒れ馬場に近く、さらに日曜日は雪で若干馬場が湿っている可能性もあり、ハンデ戦も加えて考えれば、単純なスピード勝負にはならないと考えています。

まずその条件が一番嵌っているのは58キロがどうかですがセイウンコウセイと考えています。展望でも記載しましたが、特に池添騎手がまた追い切りに遠征しました。今回勝ち負けになるかはわかりませんが、少なくともこのレースか本場の宮記念かどちらかでメイチの勝負をかけてきそうです。
あとは人気にかかわらずなるべくBコースに変わり、コース的に比較的有利と思われる内目の枠の京都・函館好走暦のある馬を狙います。最有力なのはいつも追っかけているフミノムーンです。あとはダノンスマッシュ、キングハート、外枠ですがアンヴァルあたりです。あとは条件にはあまり関係ありませんが、賞金加算がしたいビップライブリーくらいまで。

特にフミノとキングはハンデが1キロ少なくなりました。またフミノはローテーションもかなり無理をして使ってきているのでメイチ勝負の可能性十分と考えます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月27日(日)AM2時53分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅くなりましたが土曜日も不発続きで、もしご覧になっている方がいたら今日は殆ど参考にならないと思います。
ふっと気付いたのですが、今回武豊騎手がJCはおろか京阪杯にも騎乗していない状況でした。
ちまたの話題沸騰ですが、個人的な事情で今日は簡単に。自信度はEです。

◆ジャパンカップ
アーモンドアイがここを勝てば名馬と年度代表馬、そして国民的な英雄の名誉を手に入れるということで話題沸騰です。
こういう時は印は別にして馬券はアーモンドから穴にワイドと複勝を買うパターンで少額で責めようと思います。
該当馬が馬券に絡めば、ワイドか複勝の高配当かどちらかがゲットできるからです。アーモンドがかぶっているおかげです。
狙いは穴馬ではサウンズオブアース、ウインテンダネス、ノーブルマーズです。東京の長距離重賞で連対実績があり、後の2頭は先行力もあります。頭数が少ないので外枠も多頭数よりは気にならずむしろスタートから思い切って動けるのと、被される可能性が少ないのですんなり先行できれば面白そうです。

まともに考えれば勝負気配や雰囲気などからキセキ、サトノダイヤモンド、カプリあたりがアーモンドの相手では?と思っています。騎手も当然上位を狙ってくる可能性が高いと考えています。

一応印は、
◎アーモンドアイ
○キセキ
▲サトノダイヤモンド
★カプリ
△サウンズオブアース
△ウインテンダネス
△ノーブルマーズ

◆京阪杯
ここも混戦なので連より単複で勝負します。
展望から気になっている好走は間隔を開けた時に多いフミノムーン、追い切りで気になった実力馬のダイアナへイローに加え近走は妙に間隔を詰めて使っていて後々好走馬が出ているスワンSの先行馬のキングハートにも注目です。
有力馬が上位に食い込む可能性はかなり高いと思いますが展開で紛れがある京都の1200なので外の人気馬ワンスインナムーンが強引に引っ張れば差し馬の、そのまま先行有利になれば内枠の馬の出番が人気ほど自力に差はないと思っているのでありそうです。

◆吉原騎手
1〜3Rは馬券に絡めませんでしたがそこそこの騎乗はみせています。後半に期待です。

◆ゼットマックイーン
京都7Rで出走で2ヶ月半ぶりですが、昨年1月に大穴を出して以来凡走続きです。順調に出走してくれば今回以降は暫くはそろそろの一発に期待です。

◆オータムリーフ
見物料でタイセイの2頭(特にエクレール)を単複のみで狙ってみます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月25日(日)AM11時01分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週は騎手の動向が色々あり、先々も含め面白そうです。
・モレイラ騎手
まず前回取り上げたモレイラ騎手ですが結局
前週中 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
11月23日 浦和記念にアポロケンタッキーに騎乗で着外
11月24日 京都で京都2歳Sでクラージュゲリエほか騎乗予定
11月25日 東京でJCでサトノダイヤモンドほか騎乗予定
11月28日 兵庫ジュニアCに騎乗(園田)
11月30日 不明
12月1日  中京でチャンピオンズカップでサンライズソアに騎乗予定
上記のハードスケジュールはそもそもサトノDおよび池江厩舎が関連している部分も多く、どちらかの重賞で勝負をかけると考えています。

・ルメール騎手
アーモンドアイ騎乗のために公開データどおりであれば体重を絞る必要があり、当日の日曜日も前半はあまり騎乗を控えている感もあり、相当な勝負気配を感じます。JCを勝てるかどうかはともかく、この馬に対する思いが伝わってきます。通常の強い馬、というレベルを超えた感覚で考えている感じです。

・池添騎手
今週の週中は再度関東に追い切りで遠征でした。有馬の中間発表があり、ブラストワンピースは登録馬で10位以内に入るか微妙なラインですが、内々の事情でもしかしらた出走がほぼ本決まりなのかもしれません。ブラストと同厩舎の馬が京都2歳Sに出走でその稽古をつけたようですが、もしかしたらブラストの関係もありそうです。今後有馬まで池添騎手の動向、特に大竹厩舎、もしくは関東馬に騎乗するときは要注意と思いました。

・ムーア騎手
昨年同じオブライエン厩舎の馬に騎乗時はたしか追い切りに騎乗しなかった記憶があります。しかし今年はわざわざ東京競馬場に出向いて追い切りに騎乗しました。コメントではざっくりいうと「日本の馬場は海外の一流馬でも勝つのが難しい」という内容でしたが、厩舎が今年も参戦、専属騎手が追い切りで騎乗ということです。本気度を感じました。

・吉原騎手
色々ありなかなか正式な中央競馬の騎手になれない状況ですが、今週は京都で持ち馬のほかに8鞍で騎乗です。元来関東で騎乗すると全くですが、なぜか関西圏では人気にかかわらず好走例が多く注意と思います。地方でもどの競馬場でも、テン乗りでも実力以上の成績を出す手腕がある騎手と思っています。

◆今週の注目馬
・東京7R出走のサンシロウ
早速先々週に注目ということで記載したら今週出走です。ただ少し人気になりそうです。また他に面白そうな理由もありフリーMに記載しました。
※参考
11月12日の記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300395.html

・プティットクルール
9R高雄特別に予定通り出走です。以前も田中健騎手が軽量騎乗で何度か注目していますが今回も人気薄で注意と思います。
※参考
1月20日の記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53266506.html
10月27日の記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53298638.html
11月21日の記事(今週の展望)
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

・京都7R
穴でサンライズナイトに出走で注意と思います。

・京都12R(確率低いのでご注意を)
大穴ですがジョーマイクに注意と思います。

・東京12R(確率低いのでご注意を)
これも超大穴ですがミルファームのカレンに注意と思います。一部の理由はフリーMに記載しましたが、以前新潟で怒涛の追い込みを決めて単勝万馬券を演出しました。

◆重賞・メイン
・京都2歳S
個人的には池添騎手の遠征の関係で大竹厩舎のペルソナデザインを少々買おうと思っていますが、まともならクラーシュゲリエとブレイキングドーンの勝負では?と思っています。

・キャピタルS
個人的には賞金加算ができないいままここまで追い込まれたデンコウアンジュが再度相手を落として一番得意な舞台で出走でここで走らなかったら、今後は・・・?というような状況ではないか思い単複で買おうと思っています。まともに考えたら同じく賞金の問題が解決できていない東京巧者のダイワキャグニーが軸では?と思っています。


◆日曜重賞
・ジャパンカップ
現段階では大穴はサウンズ、穴はカプリ、あとむしろ有力どころのアーモンドアイの取捨やサトノとキセキの選択で迷っています。
・京阪杯
現段階では展望どおり穴ではフミノムーンを買うつもりですが、あとダイアナへイローが妙に動きがいいように映りました。あと紐的な相手はキングH,アンヴァル、岡田氏・ノルマンディのカルヴァリオ、ナインT、ダノンSあたりと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月24日(土)AM8時02分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は全く的外れではありませんでしたが、馬券の買い方や注目馬の選択が少しずれていました。
馬券は結局ピタリ当てないとゼロなので同じことかもしれません。

◆先週出走の今後の穴の期待馬
先週自分の注目馬が出ているレースなど一部のレースを見ていて新たに浮上した注目馬をさがしてみました。
今後休養や引退の可能性もありますが、近々にもう一度出走してきたら勝負をかけてくる可能性があると思い狙ってみようと思います。
★トライン(日曜日京都8R7R【訂正:11月23日AM3時28分】芝1600出走)
ハイペースとはいえゴール前追い込んで上位に入った馬をしのぐ脚をみせました。他の馬と明らかに脚色が違いました。上位の馬よりも上がりで1秒前後速かったようです。もとは新馬を1番人気で快勝、暮れのホープフルS(G1)で競争中止になりましたが6番人気になった素質馬です。休み明けの前走はかなりの馬体減で、今回は体を戻していました。エンジン自体が違う可能性もあると思いました。今後人気は高まりそうですが、今回の順位は8着で実際のレースで上位に入るまではまだそんなに人気にならない可能性もあるので近々に出走してきたら狙ったら面白いと思いました。

◆今週のG1など重賞展望
今週はモレイラ騎手のハードスケジュールに注目しています。
週中 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
週中 不明
11月23日 浦和記念に騎乗予定
11月24日 京都で騎乗予定
11月25日 東京でJC他騎乗予定

仮に今週の追い切りで栗東に遠征するようだと、関東と関西を香港の間に挟んで行ったり来たりとかなりのハードスケジュールになります。
少なくともJC,京都2歳S、浦和記念のどれかで勝負をかけて優勝、もしくは上位に入るのではないかと考えています。追い切り遠征などの絡みを考えると、やはり賞金が高く、名誉もあるジャパンカップが彼の最大のねらいではないかと考えざるをえません。

・ジャパンカップ
残念ながら個人的に一番狙いたかったミッキーロケットが回避の予定のよで、他にも早々と不穏な事情でレイデオロが回避して有馬に回り、マカヒキも回避のようです。
それでも日本馬だけでもG1勝ち馬が6頭出走予定でメンバーがそろいました。

個人的な見解ではまずは世間的には牝馬三冠で史上最強の呼び声も高いアーモンドアイが注目しています。騎乗予定のルメール騎手は体重から考えると体を絞る必要がありコンディションや身体的な条件に細心の注意をもって準備しているのでは?と思っています。もちろん個人的にも現段階では最有力と見て馬券の軸として考えるつもりです。

他では前出のモレイラ騎手のサトノダイヤモンドに注目しています。おそらくかなり前からこのレースに照準をさだめているのでは?と考えています。

他では地力でシュヴァルグランは押さえざるを得ないと考えています。
また穴ではここで再度使ってきたサウンズオブアースに注意と思っています。
過去当該レース2着もあり、悲願の重賞制覇もあり全力でこのレースに勝負をかけてくると思っています。
特に今回は実力馬はほとんど勝ちに行く可能性が高く、思わぬ馬が上位に食い込む可能性大と思っています。

あと一番の台風の目はオブライエン厩舎のカプリ他外国馬の参戦です。

特に馬場適性がどうか?といわれているカプリですが個人的にはかなり注目しています。先行馬も多く消耗戦になったり離した逃げになる可能性もあると考えています。ご存知の通り昨年もオブライエン厩舎の馬が出走(5着)しましたがあまり見せ場はありませんでした。また例年は登録のみだったケースが多くこのレースに対する本気度はあまり感じませんでした。しかし今年はここ2〜3年の世界での快進撃にくらべ今年はBC、凱旋門賞などの大レースで惜敗続きであり、今年の出走馬はそれなりに勝負がかりと考えています。凱旋門賞でも逃げ粘り直線でも大きくバテませんでした。脚質から自分でレースを作れるので騎手の手腕もくわわれば、思わぬ好走の可能性もあると思っています。

と、それぞれの人が本命系の中で馬券の組み立てをするのでは?と思いますが、このような時にそれ以外の馬が馬券に絡むと思わぬ高配当になるケースもあると思っています。直前までによく研究しておこうと思っています。

◆ラジオ短波杯京都2歳S
スローペースになる可能性もあり未知の部分も多いですがヤマカツシシマルがスムーズに先行すれば残る可能性もあるのでは?と思っています。2歳時の中距離以上の重賞やオープンは血統馬や評判馬が人気になりますが、実際には意外に先行馬に注意と思っています。過去も穴が出るときは度々ノーマークの逃げ馬が絡んだという記憶があります。この馬の場合は前走はデータ的には全く話にならないと思いますが、個人的には超スローで参考外と思っています。その分通常での地力はほぼ未知数と思っています。


◆京阪杯(理由はフリーMに記載)
出走してくればですが、まずは穴でフミノムーンに注目しています。ムラのある馬ですがどちらかというと馬群や内を抜け出すというイメージがあり、混戦に強いという印象があります。強力な逃げ馬がいたりすると厳しい可能性がありますが、団子になるレースであればチャンスは十分あると思っています。他ではダノンスマッシュ、キングハート、カルヴァリオ、アンヴァルあたりに注意が必要と思います。

◆高雄特別
少し前に500勝ちでレース後に次走以降の注目馬として記載した触れたプティットクルールが登録してきました。地元開催のの長距離、ハンデ戦は最適な場で、以前降級前の同条件の淡路特別では50キロで3着に入り穴をあけました。先行して持ち前の渋太さを発揮すれば面白そうです。今回のハンデは51キロですが、前走の走りを見るとまったく危なげない勝ち方でかなり力をつけてきた印象もあります。勝手を知っていて相性のいい田中健騎手が騎乗すれば狙って面白そうだと思っています。
(仮にそうなった場合は以前は必要でしたが、今回は絞らなくても騎乗可能なのが逆に少し気になりますが・・)

◆プラタナス賞
手前味噌ですが個人的にPOGに登録しているラインカリーナが出走予定です。前走は比較的ハイペースを先行、さらに評判的にはそれなりの馬が複数出走でしたが3着に粘りこみました。ただ今回のレースの登録メンバーは初戦を勝ちあがった馬が大半で中には強い馬がいる可能性もあり馬券的には当然ラインカリーナを狙いますが走ってみないとわからない側面もあります。思わぬ強さを発揮する馬もいるかもしれません。見物料だけにして見て楽しもうと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月21日(水)AM5時28分くらいです。

↑このページのトップヘ