競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ミツバ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
私は即PATを使っていないので帝王賞は買えませんでしたが、Gチャンネルでやっていたので観戦だけしました。個人的にレース振りで気になったのはミツバで、次走にどこか出走するのかわかりませんが、もし長い休養なしに出走してきたら注意と思いました。

あと3着に突っ込んできたノンコノユメは、恐れ入りました。
ここから先は全く個人的な想像で、全く根拠もありませんし、間違いかもしれませんので聞き流してんもらえれば幸いです。

個人的な見解では・・・・・
今年から中央競馬の賞金体系が変わり、4歳馬の賞金が半減することがなくなりました。
特に今年は4歳のダートはレベルが高く、ルヴァンスレーヴ、オメガパヒューム、チュウワウィザードらが賞金がそのままで上位にランクされています。またゴールドドリームもまだ健在、さらにはインティという新しいヒーローが今年に入ってからG2、G1を連勝して賞金を大きく上積みしました。

今まで賞金上位のノンコノユメなどはうかうかしていると賞金面で不足して交流ダート重賞に出走がかなわない可能性もでてきたのでは?と想像します。
そこで5月にあえて地方に転出したという可能性もあるのでは?と感じます。
もちろん馬齢や衰えなども考慮の上とは思いますが、その部分も考えての戦略だった可能性もあると感じました。
これから夏を越えれば、秋〜冬にかけてダートの大きなレースが沢山あります。賞金を気にして準備するより地方、特に出走枠や番組が多く組まれている南関東はそういう意味では最適なのでは?と思います。

今回もそのような部分もあり今回の帝王賞のために叩きながら、じっくり調整できた可能性があると感じました。
それでも衰えも見せ始めていたのにトップの2頭が不在とはいえ、このメンバーで3着は激走の部類だと思いました。

ちなみにノンコノユメは途中の単勝オッズはかなり違和感を感じるオッズと個人的には感じました。

ということでまったく個人的な想像で創作した物語でした。

自分で書いておきながらですが、まさかそこまで手の込んだ戦略はないですよね?

あとここのところ中央のみならず海外や地方なども含め超ハードスケジュールでまた結果が出なかった武豊騎手もそろそろ今後は大きなレースで結果を残し始めるのでは?と個人的に思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月26日(水)21時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日は平日で通常の用事もあるので朝に掲載です。
馬は地震など自然災害にひじょうに過敏だという話を以前読んだことがあります。
特に普段の厩舎ではないところで、大型の台風の強風が続いた中で相当なストレスを感じていると思っています。そのうえさらに1日延長になった流れから逃げ馬を中心に極端な脚質の馬は実力があっても本質的にもまれ弱く、臆病だったり神経質だったりする馬が多い可能性があり過信は禁物と思っています。
大雨の中で行われたスプリンターズSも道悪適性はもちろんですが、もまれたり競り合っても崩れない、メンタルも強いタフなタイプの馬が上位を独占したように個人的には感じました。台風は過ぎましたがあまり通常の人気や地力は度外視したほうがいいのかもしれません。
ということで買うとしたら、ある理由で下記の馬という感じで考えています。あまり根拠はないので複少々などほどほどにと思っています。理由はフリーMに。(といっても理由になるか疑問ですが・・)

あと珍しい現象ですが、松山騎手が白山大賞典のミツバ騎乗(当然の流れですが)のため阪神は急遽すべて乗り替わりですが、主に乗り替わる和田騎手は日曜日に中山で騎乗したのですが、本来同時に騎乗できない本日の阪神に代打騎乗になります。2場2日開催週での3日分の騎乗ということでこれも注目です。

◆阪神競馬
1Rグランプリワン
2Rメイショウクライム、スマートユニバンス
3Rビップヴァリアント、ケイティーズソレル
4Rニホンピロボーラー
5Rメイショウベリール、リアンフォール
6Rシャワーブーケ
7Rディープウォーリア、アグネススターダム
8Rサンティーニ、ビップベリンダ、エペルネ
10Rクラウンルシフェル
11Rテイエムイナズマ
12Rアンナペレンナ
※もしご覧になった方は大きな根拠はないのでくれぐれもおまり大きな参考にしないようにご注意ください。

◆白山大賞典(ナンちゃって予想)
あまり詳しくわかりませんが、7月にオーナーが亡くなったというカツゲキキトキトはこのレースは好走歴があります。ご承知と思いますが「きときと」というのは北陸地方の方言で、いきさつはともかく何かこの地方との縁を感じます。マイネルバサラはムラがありますが嵌るとかなりの地力があると思っています。実力・斤量的にもミツバVS3歳馬でしょうがない気もしますが、割り込むとしたらこの2頭と思っています。人気の有無にかかわらず注意が必要な地元の雄・吉原騎手ですが、さすがに今回の騎乗馬では難しいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月2日(火)AM8時39分くらいです。

↑このページのトップヘ