競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:メイショウケイメイ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
出走馬と騎乗騎手が確定しましたが、夏競馬ではよくありますが一部変更があったようです。
香嵐渓特別登録のクリノフウジンは残念ながら除外になったようです。
いずれにしてもどの競馬場も雨の影響が少なからずありそうです。
最初の展望とあまり変わりませんがとりあえず現段階での重賞の展望です。

・ラジオNIKKEI賞
ここのところ超ハードスケジュールの武豊騎手と北村友騎手のゴータイミングとレッドアネモスに注目と思います。
レッドは人気になりそうですが、オープン勝ちで54キロということに加え、前走2着の馬も次走で2着と、ここは勝つかどうかはともかく上位に入る確率はかなり高いと考えます。あとはビッグレッド関係でコース得意そうなマイネルサーパスと近走はさっぱりですがそのおかげかオープン勝ちがあるのに53キロのウインゼノビアに注意と思います。中でも個人的に一番注目は枠順しだいではマイネルサーパスです。

・CBC賞
軽量の3歳馬の2頭アウィルアウェイ、メイショウケイメイに注意と思います。アウィルは浜中騎手が騎乗になりました。メイショウは予定通り秋山騎手でどちらもこの斤量であればどちらかは馬券に絡む可能性はかなり高いと考えています。あとも展望どおりあっとビックリさせたショウナンアンセムとセイウンコウセイ、それから端数ハンデのアレスバローズに注意と思います。上記の中では個人的には前述の3歳馬2頭を中心に考えたいと思っています。

※そのほかのレースでの注目馬などはまた随時機会があったら掲載するつもりです。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月27日(木)20時20分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
宝塚記念はリスグラシューの強さとレーン騎手の好騎乗が印象に残りました。
後で気付きましたが、土曜日の展望でも少し触れましたが当日全く同じ条件で行われた阪神7Rと宝塚に両方騎乗した5人の騎手のうち岩田康騎手以外の4人が本番の宝塚では1〜4着に入線しました。もちろん馬や騎手の手腕、また枠順や展開なども大きな要因と思われます。そしてさらに一度事前に同じ条件で「下見」したことも好走の大きな要因のひとつに加えることができるのでは?と個人的には想像します。
特に天候や馬場状態がめまぐるしく変化するこの時期は季節的な問題もあり馬場読みもそれなりに勝負には関係あるのかもしれません。

あと他のレースで気になったのは、
6月22日(土)阪神7Rのエールショーで勝った馬も強烈な末脚で勝利しましたが、この馬はゴール後に勝った馬をはるかに上回る脚で突き抜けていきました。他では同じ土曜日の阪神8Rのメモリーコバルトで途中の仕掛けが入り負けましたが、次走は注目と思います。あと同じ土曜日の阪神・鶴橋特別で勝ったぜセルは途中でオッズにかなりの違和感がありました。

◆今週の展望
現段階での展望です。今週はまず全国的に雨が予想され馬場状態には引き続き注意と思います。

一般レースでは先日の東京ダートの富嶽賞でゴール前後の脚で個人的にかなり違和感を感じたクリノフウジンが日曜日の中京・香嵐渓特別に登録してきました。もとから中京は得意コースで出走してきたら狙ってみたいと思っています。

・ラジオNIKKEI賞
ダミーでなければ武豊騎手がわざわざ福島遠征で騎乗予定のゴータイミング、他ではサヴォワールエメ、あとはビッグレッド関係のマイネルサーパス、ウインゼノビアあたりに注目しています。

・CBC賞
穴では出走すれば軽量のメイショウケイメイに注目しています。他では前回函館で禁止薬物問題で除外になった2頭のうち函館以外では左回りに良積が集中している感のあるトウショウピストあたりに注意と思っています。そこそこ人気では葵Sはなんとか3着でしたが新潟のダリア賞でそこそこのメンバーで強い勝ち方をした印象でしかも軽量で出走予定のアウィルアウェイ、以前のダイタクヤマトのように突然一皮向けた感があるショウナンアンセム、当地でG1勝ちがあり道悪は歓迎のくちのセイウンコウセイ、端数ハンデのアレスバローズあたりに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月25日(火)AM4時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ