競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

モズアスコット

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
個人的な事情により今日はさらに簡単に。
土曜日も簡略的な予想のうえ不発が多く個人的には不本意ですが、諸事情により今日はG1メインのみの予想だけ記載します。
◆安田記念
今週芝1600のレースは他に3鞍ありますが、ルメール騎手は3レースとも騎乗です、他は松岡騎手、戸崎騎手、石川騎手が2レースに騎乗です。
◎アーモンドアイ
○サングレーザー
狙い済ました感があり注意と思います。東京得意でG1未勝利。
▲モズアスコット
昨年の覇者、騎手が?と思いますが、南関出身の師弟コンビでここも騎乗であれば結果はともかく勝負は明らかと思います。
★ダノンプレミアム
△サクラアンプルール
昨晩も書きましたが出走自体が??と思います。今後の関係かもしれませんが速い時計も大丈夫そうで、東京マイルであれば注意と思います。
△スマートオーディン
△ステルヴィオ
注グァンチャーレ

アエロリットは得意コース、過去の実績、騎手、枠順など有利な条件が並んでいますが、前走の最後の失速が気になり、そこそこ人気で思い切ってはずします。きたらごめんなさい。

安田のオッズの違和感は単勝はモズアスコット、馬連はステルヴィオに感じました。理由、結果は不明です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月2日(日)AM2時53分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今晩(金曜)の話ですが、急に私的なことで連絡があり競馬を考えている余裕は殆どないのですが、ずっと続けていることなので簡略ですが週中に検討していたことだけ記載します。
ダービーは勝った馬など穴目の馬の単複は買っていたのですが、連は殆どサートゥルを絡めていたのですべてだめでした。
今週は武豊騎手に注目しています。重賞の騎乗馬両方に追い切りで騎乗したり、GW期間からのハードスケジュールの後なので注意と思います。昨年のルメール騎手も先月末からの和田騎手も、ハードスケジュールの後にそれなりの結果を出しているので、と思います。

◆鳴尾記念
ここは前述の件もあり武豊騎手のタニノフランケルに注意です。あとは賞金などの部分でノーブルマーズ、前走からの流れでプラチナムバレット、年初からの流れでブラックバゴ、地力のあるブラックスピネルあたりに注意と思います。

◆スレイプニルS
ここのところの流れで人気ではクイーンマンボ、穴ではサノサマー、テルペリオン、ストライクイーグル、大穴ではそろそろ結果を出したいクロスケに注意と思います。

◆由比ガ浜特別
斤量の軽い馬に注意で人気ではレノーア、穴ではスズカアーチストに注意と思います。

◆洲本特別
先日以前からの注目でまた人気薄で激走したヒルノデンハーグが今度は特別戦に出走で注意と思います。嵌れば、と思います。

※参考5月6日の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53319066.html

あと人気薄のメイショウの2頭も穴で注意です。人気ではタガノプレトリアが軸では有力と思っています。

◆東京7R
穴でエバーパッションとオノリシャスに注意と思っています。馬券の軸はモリトシラユリ、ジャンティエスあたりでしょうがないと思っています。

◆安田記念展望
日曜日にかけて検討している時間や余裕はほとんどないかもしれませんが、ここまで検討したところでは、
人気のアーモンドアイ、ダノンプレミアムのほかではモズアスコット、ロジクライ、ペルシアンナイト、サングレーザー、アエロリットあたりで考えていました。あとなぜここに?という感じも含めて8歳ですがサクラアンプルール、また大穴ですが嵌れば考えられないようなところから当時休み明けとはいえG1馬のモズアスコットを差し切ったロードクエストも侮れないと思っています。

オッズの違和感は鳴尾記念は強いていえばノーブルマーズと共同馬主で微妙ですがプラチナムバレットあたりに感じました。理由結果は不明です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月1日(土)AM2時32分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
チャンピオンズCもルヴァンスレーヴの強さが際立ちました。2〜4着の馬はそれなりの騎手が馬の能力をメイチで引き出す一番の騎乗をしたのでは?と思いましたが、軽々と抜け出し勝利しました。これから先どうなるのか?興味深々です。

豊川特別で勝ったトラインは直線一気で他の馬とはまったく違う動きで着差以上の強さをみせつけました。1000万はおろか準オープンやオープンでも通用する可能性があるかもしれないと思いました。ただ今後は人気になりそうで人気と相談になるかもしれないと思いました。

香港国際競争をご多分にもれず買おうと思っていて、追い切りや番組などを見ていますが、早速JRAの直前情報がでていたので、今日はひとことだけ。

内容を読んでいて思ったのは、たまたま他のイベント競争で香港に来ていたルメール騎手が追い切りということで騎乗馬に乗ったようです。また最近ただでさえハードスケジュールだったモレイラ騎手は土曜日の騎乗地は知りませんが、現在の地元ということで香港にリスグラシュー?(本当は多分他の有力馬?)のために追い切りに来たようです。(いずれにしてもモレイラ騎手の騎乗馬に注意します・・)

あとはさらに矢作調教師本人のモズアスコット、リスグラシュー両頭ともコメントを出していました。それからヴィブロスの友道調教師も同様に現地入りしてコメントを出していました。他の陣営は定かではありませんがこの両厩舎は少なくとも本気度が高いのでは?と感じました。

ただ天候の悪化が予想され当日は道悪になる可能性もかなり高く、クロコスミアやディアドラなど道悪巧者にもかなりチャンスがありそうです。

◆今週の国内の競馬について
今週の注目では2歳G1はあまり食指が湧きませんが、個人的には中日新聞杯のレイホーロマンスの激走に期待しています。理由はフリーMに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月5日(水)23時58分くらいです。

↑このページのトップヘ