競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:ラインスピリット

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
小倉競馬が通常開催することに決まりました。小倉の馬場状態や風の状態は何時くらいから悪化、変化するのかきわめて読みにくい状況になっています。

他場はあまり天候状態はほぼ良好のようです。
◆アイビスSS(アップ2分後に◎と★を入れ替えました)
展望に書いたとおりメンバー、条件など多くが比較が難しい組み合せです。勝負気配や各馬の条件で考えるしかなさそうです。
◎アクティブミノル
よく最内枠に入るのを見かけますが偶然?軽視は禁物で賞金加算も必要?
○ラブカンプー
デムーロ騎手が2週連続軽量騎乗で、先週不発ということは?今後この馬もこれより有利な条件はなさそうで短ければ短いほどよさそう?
▲ダイメイプリンセス
秋山騎手がわざわざ新潟で騎乗、枠順にも恵まれ、この条件は凡走は許されない?
★ラインスピリット
いつも追いかけている馬ですが、当地実績もありG1で勝ち負けは難しそうなのでローテーションからここは勝負がかりのタイミングとみました。
△ナインテイルズ
右回り、直1000でこそという感じの馬で注意
△アペルトゥーラ
ハンデ評価は高く、この条件も実績があり軽視は禁物
△クラウンルシフェル
ローカルの短距離は、他の馬がけん制し合い有力馬が仕掛けが遅れると、こういうタイプの馬が大穴をあける?


◆クイーンS
開幕週で小回り、コーナーは比較的ゆるやか、洋芝、滞在、右回り、賞金状態、斤量などを考えます。
◎リバティハイツ
北村友騎手の軽量騎乗で注意です。過去も軽量で好走歴あり。
○ディアドラ
▲ツヅミモン
展望に書きましたが穴人気なので印を下げました。桜花賞のゴール前後の脚色からスタミナありそう。
★トーセンビクトリー
マーメイドS出走馬で、先行力、実力もあり注意
△エテルナミノル
同じくマーメイドS出走馬で、前走は勝ちに行って粘り見せ場たっぷり。外枠と前走が勝負のピークでなければ。
△ティーエスクライ
同じくマーメイドS出走馬で当時先行して特に注意、人気は全くですが前走はアグレアーブルに完勝
△ハッピーユニバンス
当地実績あり、地味ですが

◆太宰騎手に注意
日曜日は太宰騎手に注目しています。特に下記の馬に注意と思っています。
小倉
8Rプライムチョイス
10Rメイショウオオゼキ
12Rミアグア

◆ワンダーの馬
土曜日は不発でしたが山本氏のワンダーの馬に注意と思っています。
日曜日は新潟3R、小倉2R,7R、8Rに出走です。
特に小倉7Rワンダーラジャ、8Rワンダーアマービレに注意と思っています。

他途中で気付いたことなどがあれば、随時追加投稿するかもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月29日(日)AM10時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日はデルマは1頭が勝ちました。
また馬主として注意していて、POGに登録した東京5Rのラインカリーナが12番人気という人気薄ながら圧勝しました。幸先のいいスタートです。

ここのところの中途半端な不調もあり、出馬表をタテに見て、土曜日同様デルマと重賞出走で多数出走のある西山牧場も狙うつもりです。

◆ユニコーンS(本命変更)
すべてオープン競争の力比べ的な感じでみていましたが、よくよく出馬表を見ると内枠がどうかですが人気薄で面白そうな馬を見つけました。かなり潜在能力が高い可能背があると思いました。
今週はコンシェルジュ以外他の専門家の穴予想を見ていませんが、注目した馬は比較的地味な存在になっているように思います。思い切ってこの馬を本命で新たに加えて軸で買うつもりです。
相手は比較的レベルが高そうな鳳雛S上位組と青竜S上位組、そして重賞実績馬に。人気画ないので一部以外はワイドもまじえます。
穴軸◎プロスパラスデイズ
○グリム
▲コマビショウ
★ルヴァンスレーヴ
△ハーベストムーン
△グレートタイム
△リョウノテソーロ

◆函館SS(一部変更)
実は今までロードカナロア、ストレイトガール、カレンチャンなど名馬といわれるくらいの馬が出走していますが、結構苦杯を舐めているレースという印象です。ある意味特殊な条件であり、しかも季節的にここメイチというパターンが少ないのかもしれません。
サマーシリーズ第1戦ですが、これも今後のレースの叩き台にする馬や賞金加算だけが目的な馬など多様です。
一ついえることはサマーシリーズが勝負で、すでにG1以外のレースを叩いてきている馬は要注意と思います。

◎セイウンコウセイ(再度注目馬に戻します)
昨年とローテが違い、いずれの目的でもここは勝負と考えます。あとは調子が戻っているかだけと思います。
穴○ラインスピリット
もとから人気にならないうえ人気薄ほど激走するタイプで常時追いかけている馬ですが、今回はテレビでキャプテン氏も言っていましたが、前走京王杯はそうとう厳しいペースで後ろからきた上位馬とは僅差で見せ場たっぷりでした。当時単勝万馬券級の人気薄でドキドキさせてくれました。そこを叩いての挑戦で今回は注意です。しかも昨夏のようにサマーシリーズ視野であれば、最低資格の勝利もありえますが、悪くてもそこそこポイントが取れる3着以内に入りたいところと思います。
▲ナックビーナス
★ジューヌエコール
△キングハート
△ワンスインナムーン
△ダイアナへイロー

◆米子S
アメリカズカップに注目です。薄めに。

◆灘S
マイネルトゥラン、マイネルビクトリー、エンキドルのを人気薄狙います。相手は勝ち切るかどうかは別にして実力馬で降級のハイランドピークに。

小豆島(6月17日14時23分)箕面特別
ここも降級の実力馬のスズカグラーデが上位に入るとみて、相手は最近追いかけている人気薄のゼットマックイーン、ブロンズテーラーにワイドで。

◆北斗特別
内に入った実力馬クリノヤマトノオー、コース巧者クリノサンスーシ、社台2頭のうちで人気のスティッフェリオに注目ですが、くわえて穴ですがコース巧者のオリエントワークスに注意です。前記の馬とのワイドや単複で。

◆函館9R
すでに土曜に勝ったので不発の可能性もありますが、デルマオギンを狙います。相手はコスモとメイショウの各2頭出しで。

◆函館8R
こちらも上記同様で不発の可能性もありますが、デルマキセキを狙います。単と人気に馬連で。

◆東京3Rと4R
西山牧場の馬が有力なので紐穴で狙います。3Rはドミネーター、4Rは西山、島川氏がそれぞれ2頭出し、あとは穴でレディボロニヤを加えて主にワイドで。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月17日(日)AM1時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今年でPOG参戦は4年目になります。
2年にはエトルデイーニュ、レッドローゼス、サトノリュウガ、ソールスターリング(これはシェアではあまり意味ありませんが・・)を指名して一瞬シェアポイントの表彰対象の100位近くにかすりましたが、また圏外に下がり、最後のチャンスでG1の出走権がすべてとれずに残念でした。

昨年はまったく話にならずで2頭だけしか勝利できませんでした。
穴狙いなので今年もシェアポイント狙いでいきます。

今年は馬主さんで、穴でも結構走り、最近はそこそこオープンクラスでも活躍が目立つ大澤氏と吉木氏の馬を狙ってみます。
あまり色々考えても未知数な部分が多いので、現段階で今週出走かすでに厩舎に登録している馬をとりあえず7頭登録しました。未出走の馬は取り消しが可能なので、今後一部入れ替える可能性はありますが、出走にこぎつければそのままこれで勝負しようと考えています。

・現段階で登録の7頭
今週出走 ラインカリーナ
今週出走 ラインリンクス
今週出走 ノーブルペガサス
未出走 ノーブルアーレス
未出走 ノーブルオリオン
未出走 ノーブルソレイユ
未出走 ノーブルベガ

・函館開催
中央競馬の中ではとりわけ地域色が強い感があると感じています。
地元や北海道内の関係者の馬に注意です。
個人的には本来は札幌のほうが近いのでは?と思いますが、なぜか函館で激走が多い、デルマ(浅沼氏)の馬を継続的に狙います。あとは〜ジョーなどでおなじみの河内氏の馬も人気薄が多く注意と考えています。

適性ではリピーターのコースと考え、昨年からのローテーションも含め当地での実績を重視します。
さらに言えば京都で好走歴のある馬にも注意が必要と考えています。

あとは滞在の適性、さらには3歳牝馬など斤量の利も大きく関係すると考えています。

具体的には日曜日の北斗特別で降級の実力馬・クリノヤマトノオーが出走、あとは同じ馬主で当地巧者のクリノサンスーシ、あとはこれも地力のあるエフティスパークル(オークス2着のエフティマイアの仔)あたりをいずれも人気になる可能性がありますが狙ってみたいと考えています。

例年夏まではヒダカBの馬に注意と思いますが、今年はエポカドーロが皐月賞を優勝、ダービー2着と大きな宣伝効果があり再度ローカルの条件戦で宣伝する必要や効果も少ないと思われますのであまりこちらでは検討しないつもりです。

・他の開催も含めると頭数は少ないと思いますが、ラインの大澤氏にも人気にかかわらず注意したいと思っています。

・函館SS展望
開幕週は昨年も破格の時計がでました。今年も天候次第ですが大体大丈夫そうなので今年も以前のような追い込みや差しより内枠や先行・好位の馬を中心に考えたいと思います。現段階ではラインスピリット、キングハート、ダイアナへイロー、セイウンコウセイ、ジューヌエコール、ナックビーナス、ワンスインナムーンあたりに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月15日(金)AM10時43分くらいです。

このページのトップヘ