競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ラインマッシモ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

今日は注目している馬主や共同馬主の出走馬のかなりは実力的な部分を含め勝負になりそうな感じは少ないと感じました。
また一部面白そうに思っていた馬も一部は人気になりそうです。

どちらかというと福島中心に多数出走するビッグレッド関係とミルファームの馬のほうが2歳馬以外の古馬でも面白そうな馬が出走のようです。いずれも人気になりそうな馬も少なく、もちろん様子を見ながらですがこの2つの馬主に絞って狙ってみるのもいいかもしれません。
多数いるので具体的な馬名は割愛します。

さて他の注目馬ですが、下記の馬に絞って狙ってみたいと考えています。
福島中央テレビ杯テレビュー福島賞(13時17分修正)
ラズールリッキー

◆白川郷S
コアレスキング

◆TVh杯
予定通りダイシンバルカン、デアレガーロ

◆函館4R
ラインマッシモ

◆恵山特別
ブラックイメル

◆函館9R
バンパークロップから人気系ではタンタグローリアに馬連、穴でショウナンマシェリ、テイエムソレイユ、タガノアニードにワイド。

◆福島12R
地元系馬主のグラスアクト、グラスレグナムが2頭出しで注意です。

◆福島8R
大穴でトーセンエポナ、複少々

◆郡山特別
マイネルパッセ

◆中京8R
コスタネラ

◆日曜日重賞展望2
一部理由などはフリーMに。
・ラジオNIKKEI杯
現段階で注目は前回の通りですが、特に人気ですがメイショウテッコンと穴のロード2頭、特にロードアクシスは枠順からも注意と考えています。

・CBC賞
現段階で前回の注目馬と大きな変化はありませんが、ワンスインナムーン重視は変わりませんが開幕週で外枠がどうかです。あとは注目馬の中からでは特にセカンドテーブルに注意です。あとはダイメイの2頭も紐でと考えています。それから新たに外枠ですがペイシャフェリシタにも注意です。仮にここで不発でも土曜日も函館の前半など一般レースに北所氏の馬が結構出ていて今週は注意が必要だと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月30日(土)AM9時43分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日は馬場が悪化しましたが、日曜日にどこまで回復するか、という感じでしょうか。
土曜日はタマモ、デルマ、ヒダカBすべて不発でした。
日曜日の狙い馬で異常オッズと思われる分だけ、フリーMに記載します。
今日は収録があり出るのでレースを見れないので事前に決めた馬を少々・・。

◆宝塚記念
例年どおりのパターンで、馬場は少し緩め、一線級の半数くらいが休養とここは焦点を絞って。
◎ミッキーロケット
語呂だけではなく、春天でのゴール前後の脚色で狙います。神戸新聞杯時に見せた本当の勝負にでるか、どうかです。
○キセキ
実績と走法から緩い馬場も苦にしなそうです。日経賞からここまでG1を使えませんでしたので、問題がなければ、ということと外枠がどうか、です。
▲サトノダイヤモンド
里見氏2頭出しもありますが、調子落ちでなければ、春はまだメイチではないはずで、ここで復活をかけるローテであれば勝ちに行くと考えます。
★ステファノス
枠順的にもここはずっとあと一歩だったG1での勝利を狙える、と考えます。距離はオールカマー上位で大きな問題はないと考えます。
△サトノクラウン
馬場状態で浮上の可能性があります。
△ワーザー
地力だけなら今回のメンバー随一と思います。騎手もボウマンで、問題は海外戦であるくらいで警戒です。
△ヴィヴロス
先週の佐々木氏のテレビ出演がどうしても気になります。馬券売り上げ、レース盛り上げでの出走でなければ、地力は上位です。

馬券は穴目のミッキーから馬連、ステファノスからワイドで。

◆パラダイスS
穴でタガノブルグに注意です。相手はショウナンアンセム、スターオブペルシャで。

◆UHB杯
軽量騎乗騎手でクリノスイートピーに注目です。この馬、コース実績抜群で勝鞍の3勝はすべて函館1200で他2着1回、4着1回、6着2回と殆ど上位争いに絡んでいます。相手はノルマンディー関係の馬でアリンナ、ラッシュアウト中心、他大穴でウィズアットレース、レヴァンタールに。

◆花のみちS
大穴ですがエルフィンコーブとヒダカBのキセキノケイフに注意です。単複少々とタガノヴィッターにワイド少々。

◆阪神12R
タイマツリとテイエムテツジンに注意です。

◆函館8R
ユアスイスイ、サンドスピーダー、デルマオフクロサン、大穴でサンドベージュに注意です。デルマの単、Sベージュ複と前記3頭のボックス。

◆函館3R
穴でラインマッシモ、デルマシードルに注意です。

◆函館2R
これはかなり難しいと思いますがデルマブランデーの単複少々。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月24日(日)A4時05分くらいです。

↑このページのトップヘ