競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

リスグラシュー

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局日曜日もまったくダメでしたが、今年もそのまま大穴の夢を見ながら、年越しになりそうです。

地方交流重賞はやはりここしばらく鋭い騎乗を見せていた吉原騎手が本領を発揮し始めました。川崎を勝って騎乗機会重賞2連勝です。いろいろあって中央転入はまだ難しそうですが、来年の交流重賞も期待です。
また今年の様子で異色の新人・藤井騎手、また豪州などで修行を続けている富田暁騎手も来年は楽しみです。

少し日が過ぎましたが、先週の日曜日のレースで個人的次走注目馬が少々いました。
阪神7Rで4着のヴォルスト(10番人気、単勝56.4倍)は人気薄でしたが、騎乗の岩田騎手の様子や装備がすでに違っていたように思いました。4角で仕掛けましたが、直線向いて外から追い込み体制になりましたが、直線で1回止まりかけました。しかしゴール前で再度伸びてばてた先行馬は交わして4着に入りました。気難しそうなうえ、脚の使いどころも難しそうですが、エンジンがかかるとかなりの脚を使えそうです。まだ2歳なのでこれから期待です。

あと北総Sで今回個人的にも若干注意と記載したタガノファジョーロは、結局5着になりましたが、レース振りから次走も引き続き注意と思います。穴っぽい馬はしばらく追いかけたほうが、要はしがない経験則ですが人気薄+実力ある、と感じた馬はしばらく追いかけたほう結局収支がよくなる、と考えています、ただ見立て違いでダメな場合の見切り時は困難極めると思っています。むしろその判断力が難しいと思っています。

あと土曜日に戻りますが、自分でPOGに登録していたディーズギャラントは今回初ダートの1戦にのぞみました。後ろから馬場そうじかと思ったら、直線だけで4着まで追い込んできました。こちらは馬券よりも初勝利に向かって次走こそは、と期待しています。

◆有馬記念
引退馬が5頭、G1馬が11頭で現役最強といわれている馬も含まれ、まれに見るメンバーという評判です。
でもレベルは高いけど重賞未勝利馬も2頭と少しユニークです。

いつもそうですが、ダイユウサク、タップダンスシチー、マイネルブリッジ、アメリカンボスなどフタをあけるとどんな豪華メンバーでも意外な馬が上位に顔をだすというのが、わりと恒例になっています。
共通しているのは長距離実績、中山実績、内枠の馬、ノーマークの先行馬、なぜか牝馬などのどれか、もしくは複数に該当していると感じています。

また最近はローテーションも各陣営、オーバーワークにならないように考えているようで、高校野球の投手の球数制限ではありませんが、長い目で見た場合では馬にとっては過酷なスケジュールは解消しつつあるようです。なのであまりハードなローテーションの馬や、すでに目標だったと思われるG1を勝っている、使い出しが早く秋に3戦以上消化している、海外の大レース帰り、牡牝で事情は違いますが、種牡馬入りが確定している牡馬の引退戦などは若干割引と考えています。また一概にはいえませんが内枠が圧倒的に有利と思っています。また3歳馬が2キロ減で出走できるのでこれも不利にはならないと思っています。

それから海外騎手、特に遠征騎手はクリスマス時期にわざわざ残って騎乗するのでここは賞金から考えても、最低掲示板には載りたいと考えている、と想像します。特に今回は事実上有馬のために来日する遠征騎手もいて、手ぶらでは帰れないと考えていると思います。

また前日と当日に同条件のハンデ戦がありますが、特に日曜日のレースに騎乗する騎手や出走する厩舎、また当日他のレースをほぼ棒に振って騎乗する騎手などには注意と思います。

それから年末年始ということで前週も翌週も地方交流重賞が目白押しですが、ハードスケジュールをぬっての参戦で、さらにそこでは有力馬に乗らない騎手も注意と思います。

現段階で前出の理由などで内枠から、
スワーヴリチャード、エタリオウ、ステイッフェリオ、フィエールマン、リスグラシュー、アーモンドアイ、クロコスミア、アルアインの8頭に注目しています。
また変わるかもしれませんが・・・。

◆阪神C
現段階ではフィアーノロマーノに注目しています。大きな根拠はありませんが前走のG1でのレース振りからですが、そこがメイチだったとは思えず力試し的な走りだったとすれば今回は面白いのでは?と考えています。

◆中山大障害
現段階では人気しだいですが穴っぽかったらメイショウダッサイに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月20日(金)AM3時21分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
チャンピオンズCもルヴァンスレーヴの強さが際立ちました。2〜4着の馬はそれなりの騎手が馬の能力をメイチで引き出す一番の騎乗をしたのでは?と思いましたが、軽々と抜け出し勝利しました。これから先どうなるのか?興味深々です。

豊川特別で勝ったトラインは直線一気で他の馬とはまったく違う動きで着差以上の強さをみせつけました。1000万はおろか準オープンやオープンでも通用する可能性があるかもしれないと思いました。ただ今後は人気になりそうで人気と相談になるかもしれないと思いました。

香港国際競争をご多分にもれず買おうと思っていて、追い切りや番組などを見ていますが、早速JRAの直前情報がでていたので、今日はひとことだけ。

内容を読んでいて思ったのは、たまたま他のイベント競争で香港に来ていたルメール騎手が追い切りということで騎乗馬に乗ったようです。また最近ただでさえハードスケジュールだったモレイラ騎手は土曜日の騎乗地は知りませんが、現在の地元ということで香港にリスグラシュー?(本当は多分他の有力馬?)のために追い切りに来たようです。(いずれにしてもモレイラ騎手の騎乗馬に注意します・・)

あとはさらに矢作調教師本人のモズアスコット、リスグラシュー両頭ともコメントを出していました。それからヴィブロスの友道調教師も同様に現地入りしてコメントを出していました。他の陣営は定かではありませんがこの両厩舎は少なくとも本気度が高いのでは?と感じました。

ただ天候の悪化が予想され当日は道悪になる可能性もかなり高く、クロコスミアやディアドラなど道悪巧者にもかなりチャンスがありそうです。

◆今週の国内の競馬について
今週の注目では2歳G1はあまり食指が湧きませんが、個人的には中日新聞杯のレイホーロマンスの激走に期待しています。理由はフリーMに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月5日(水)23時58分くらいです。

↑このページのトップヘ