競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:レイデオロ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は一部の本命系を除きほぼ不発でした。
もしご覧になっている方がいたら、暫くはいつも書いていますが反面教師で参考にされた方がいいかもしれません。
こういう時はいつも後で気づくのですが、時系列の部分も含め自分でも知らないうちに実はこの選択の方がよかった、ということを書きながら、ちがう選択をしていたりします。

こういう迷いや方針変更を繰り返すときは、結論的には得てして馬券は当たらない、ということになりがちです。
買わない方がいいのかもしれませんが・・・。

天気や馬場はほぼ回復、コース変わりもあり時計の早い野芝の馬場でそれなりのレースが期待できそうです。
こういうときはメンバー次第ですが、それだけに大きな波乱はよほどのハプニングがない限り期待できないと思っています。
紛れが生じるパターンは、自分の中の穴を出すパターンや想定などをはるかに超える、全く予想もしない穴馬が激走する、という印象があります。

いずれにしても私見で今日の個人的な方向性ですが、純粋に強い馬(人気系)を素直に買えないのであれば、ほどほどにと考えています。

◆オールカマー
◎レイデオロ
人気ですがメンバー的にも凡走は許されないと考えます
○ガンコ
これに近いこの馬得意?な条件は来春は複数ありますが、まだ半年近くありここは暫くはこのレースより目標になりそうなレースは見当たりません。ここは勝負と考えます。
▲ダンビュライト
賞金加算は必須?武豊騎手のJRA4000勝も間近です。
★エアアンセム
サマーシリーズを見送り得意の中山にそなえました。距離と実力的にという条件がつきますが少なくともここは勝負?
△ショウナンバッハ
素人ですが前走から追い切りの脚の回転がいつもとは違いキビキビと見えていましたが、今回も全く同じに見えました。調子はよさそうでさらに得意な条件で。
△マイネルミラノ
ショウナン同様で追い切りで注目です。この馬は今回からいつもと違う感じに見えました。中山はこの馬も相性がよさそうです。
△アルアイン
当然安定度(右回り巧者でもあり)からも馬券に絡む確率大と思います。またすぐにではありませんが賞金加算を暫くできていないのでいずれ必須になる可能性があります。G1で加算できるかはなかなか陣営も想定できないはずで、このようなレースでしたいはずです。今回は悪くても2着以内に入りたい可能性があります。

◆神戸新聞杯
ご承知と思いますが、ダービー馬ワグネリアンの母親が先日の大地震で亡くなりました。直接勝負とは関係ありませんが日高の馬産地は今回の災害で経済的な部分はもちろん、馬も人も体調やメンタルにも大きな影響を受けていると思っています。今回そのダービー馬も出走しますが、勝敗はもちろんですが、その仔が元気に無事に走る姿を馬産地の人たちは見ることを望んでいるのでは?と思います。
土曜日も被害地域の馬主さんがオーナーのデルマの馬が大活躍しました。
◎ステイフーリッシュ
2歳時に見た先々強いのでは?という直感に従えば春の一発屋では終わらないはずで、ここでもと思います。
○エポカドーロ
勝負強さと騎手や陣営の勝負度合いを感じます。
▲エタリオウ
賞金を加算したいはず
★メイショウテッコン
Bコースに変わり単騎で先行できれば簡単につかまらない?
△ゴーフォザサミット
札幌記念を叩いているので今後の予定はともかくここは勝負?
△ワグネリアン
右回り、主戦騎手の乗り替わりなど未知の部分が多いが力は上位

◆外房特別
エメラルスターに注意です。

◆中山8R
カガスターに注意です。ランニングウインドあたりに。

◆中山7R
多分ありえないと思いますが個人的にマルブツインパルスの複勝を少々見物料がわりに買ってみたいと思います。(超大穴なのでご承知おきください)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月23日(日)AM6時25分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆ジャパンカップ
ジャパンカップの穴予想は軒並みマカヒキに集中している感じです。
金子氏2頭出し、得意のコースなど条件がそろっているのと今秋は復活の兆しが出てきているからだと思います。個人的な感触では今秋の不良馬場は半端ではなくそれなりのダメージを受けているとみて、別路線組を重視したいと思います。秋天組でスンナリだと原則人気サイドという可能性が高いというのもあります。
◎レイデオロ
藤沢和師は今まで多くの大レースを鉄のローテーションで確実に出走馬を上位入線に導いています。ここも同厩のソウルスターリングがいますが、当初からここを狙っていたのはレイデオロでソウルも有力ですがこちらを上位に取ります。

○イキートス
ローテーションや昨年のレースから軽視は禁物です。またコースを問わずきわめて堅実なので上位入線の可能性十分です。

▲サウンズオブアース
前走の大敗はよくわかりませんが、昨年の2着馬で、重賞未勝利ということまで考えれば、出走するG1レースは全力投球と考えます。重賞未勝利の最強馬などという不名誉な記録が残らないためにもここか有馬がメイチの勝負がかりと考えます。
前走の印象ですが1着以外はいらないという感じで勝てないとわかった瞬間にレースをやめたのでは?と個人的に勝手に想像しています。乗り替わりですが田辺騎手はのようなパターンでことごとく人気薄でも激走するのを見かけます。

★キタサンブラック
秋天組ですが、この馬は異色のタフさもあり実力からも注意が必要と思います。目標は引退レースで昨年の雪辱戦になる有馬と思っていますが、引退をひかえているので勝てるレースは勝ちにいくと考えます。また過去オグリキャップ、ハイセイコー、テイエムオペラオー、ミホノブルボンなど無敵に近い馬でも血統背景(あまりくわしくありませんが・・・)などを考えると、この馬の場合は種牡馬になってからの商売より、ここで稼いだほうがいいタイプというふうに感じます。そのためすべてメイチの仕上げをしてくると、前回秋天の勝利をみて考えを変えました。確実に押さえたいところです。

△シュヴァルグラン
すべてにほんの少し足りない感じですが、力を出せば確実に掲示板に載りそうです。鞍上はデムーロが乗らず、乗り替わり騎手も名手ですがいきなりなので若干割引きです。

△ギニョール
馬場適性などは全く未知ですが、高速馬場を苦にしなかった場合イキートスとほぼ同格で、先行力があるうえ内枠なので前残りに注意です。

×1ワンアンドオンリー
こちらも執拗に使い続けている印象でいつか一発ありそうです。特にダービーを勝った時の横山典騎手がまた栗東に出向いて追い切りに騎乗しました。横山典騎手はこの秋この馬以外の追い切りも兼ねて毎週のように栗東に出向いている印象ですが、おそらくこの馬の関係では?と考えています。毎回人気は全くありませんが、前走の不良馬場をのぞくと上位馬とはそこまで差はない印象です。もとから強烈な末脚が武器の馬で本当に復活すれば馬券に絡む力はあると考えます。また夏以降重賞は勝ちましたが前田氏は注目し始めた夏以降まだG1で馬券に絡んでいません。ここはひそかにチャンスありと感じています。

×2ディサイファ
毎回少しだけ買っていますが、小島太厩舎の最後のG1だけでなく、ずっと使い続けているのに結構堅実に走っています。もちろん前述の事情もあると思いますが、起用に立ち回れるタイプなので上位の可能性はあると考えています。

◆京阪杯
◎アットザシーサイド
昨晩記載しましたが、ここで賞金加算ができないと来春の予定が大きくずれる可能性があります。人気ではありますが凡走は許されない一戦と考えます。

○ダイシンサンダー
芝の短距離に変えてから重賞でもずっと堅実な走りをしています。今回は特に若干時計がかかる馬場でこの馬にピッタリの条件と考えます。

▲ティーハーフ
コース形態が比較的似ている函館の重賞で圧勝していること、今の京都は前述のように函館に近い感じだと思うのでここか、中京で走らなかったら、今後はなかなか活躍は難しいのでは?と想像しています。ここはメイチ勝負とみました。

★ネロ
JBCでは惜しかったですが皆をビックリさせました。なぜ不振になったのかは知る由もありませんが本来重賞を勝てる実力はあると考えます(昨年の勝ち馬です)。特に今回は騎手も勝負がかりの吉原騎手(後述)なので特に注意です。

△メラグラーナ
末脚が炸裂すれば上位というか、まとめて差し切りも。

△ラインスピリット
内枠で先行すると逃げなくても渋太いので注意です。

△フィドゥーシア
瞬間的なスピードは非凡で先行馬ですが、脚の使いどころひとつで勝ち負けの可能性ありと考えます。

×ソルヴェイグ
とりあえず押さえだけ

以上重賞予想のJCの×2と京阪杯の×は最強の予想には記載しません。(7頭なので)

◆一般レース
・吉原騎手
金沢の吉原騎手が京都で多数騎乗があります。本来の9Rha難しそうですが、他レースで騎乗の中央馬は前回の東京とちがいかなり有力な馬もいます。色々事情も絡んでいるようでJRAの騎手試験にはなかなか受かりませんが、ここは中央での勝鞍を一気に増やしたいところです。過去も関西での騎乗時はそれなりの結果を出しています。
※狙い馬はフリーMに記載します。


・東京8Rオリエンタル賞
ハンデ戦ですがデムーロ騎手が52キロで騎乗のサンティール、潜在能力高そうなワンダープチュック、内枠で軽量のナムラムラサキの3頭に注目しています。あとは人気はありませんが昨日メインで不発だったマイネル両頭を少々押さえたいところです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月26日(日)AM3時50分くらいです。

このページのトップヘ