競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:ヴィクトリアマイル予想

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週は土曜日は快調でしたが(福島に行っていたのですが・・)、日曜日は土曜日の浮いた分が丸ごと飛んでしまいました。
オッズマスターズグランプリは先週はかなりばん回して、3万2千位くらいから、2万3千位くらいまで回復、今日の土曜日も一日で先週分以上のポイントの獲得がほぼ確定しました。明日大きなのが当たれば、最終週の一気の追い込みになると思いますが、なかなか難しいですね・・。

◆ヴィクトリアマイル
今週はヴィクトリアマイルです。東京競馬場は先週の雨中競馬でかなり馬場が荒れてしまった様です。後半は皆、内を空けての競馬になってしまいました。今週は天候は大丈夫そうですが、馬場はそんな簡単に回復することはないと思っています。それなりに力が要る馬場になると読んでいます。洋芝の丈を考えると、ちょうど北海道の馬場が良い頃のような馬場かな、と思います。北海道で好走歴のある馬を狙ってみようかな、と考えています。今日の京王杯ではタマモホットプレイが最後追い込んできていましたので・・。

・展望
タフな阪神のマイルか、1800あたりを使った馬、そして次走好走馬の多い中山牝馬S経由の馬、さらに先ほどの話のように洋芝の北海道で好走歴のある馬、このあたりに絞り込んでみたいと思います。また追い切り過程で目についたのはローブデコルテの追い切りが入念だったように思います。ウォッカの能力は抜けていますが、それに近いレベルの昨年のオークスの離した1・2着と、それとほぼ互角の戦いをしたレインダンスの計4頭は間違いなくトップレベルと思います。あとはもとから能力の高さで期待されていたブルーメンブラッド、G1好走歴のあるジョリーダンスあたりに注目です。予想は下記ですが、これでは穴狙いになりませんね。

軸◎ローブデコルテ
酷量を背負った前3走(58,56,57)でこのレースへのローテーション、走りや実績で間違いなく広いコースの左回りのマイルは合いそうで、この中間は追い切りは特に入念、たしか福永騎手はこの馬のためにカンパニーにさえ乗らずにこの春のローテーションでこの馬を最優先に騎乗、このレースに勝負を賭けてきたと見ました。
◯ウォッカ
海外帰りのハンデはデメリットだが、超一流馬との対戦は逆にメリット、能力は抜けている。
▲ベッラレイア
スケールの大きな馬と見ました。ウォッカとも遜色のない能力がありそう。左回りは特に注目。
△レインダンス
ダイワ、カワカミ以外の牝馬ででG1でウォッカに現実に先着した馬。能力高い。
△ジョリーダンス
堅実、条件的にもまず掲示板に載ってきそう。
△ブルーメンブラッド
実績はないが、春の重賞で強敵と互角の勝負。札幌でも好走して、今の東京の馬場に会いそう。
注ニシノマナムスメ
ニシノフラワーの娘で、嵌れば勝負けの能力ありそう。

◆栗東S
スリープレスナイトが人気になりそうだが、前走はハンデ戦で53キロ評価。JRAのハンデキャッパーが優秀だとすれば、過大な評価は禁物だと思います。以前ジョイフルハートはガーネットSで通常G1連対馬級の59キロのハンデ評価をされました。惨敗でそれ以来一度も好走していませんが、もし休養でリフレッシュ出来ていたら、ここは狙い所、しかも別定戦です。同様に前走惨敗のスリーアベニューも57キロ評価、56キロで重賞で連対しているようにここは勝負けの力はあると見ました。
軸◎ジョイフルハート
期待も含めて。人気ではないので手広く。
◯スリーアベニュー
◎◯の二頭軸で▲以下に流しても面白そう。
▲マイネルアルビオン
△ワールドハンター
△スリープレスナイト
△トーセンザオー
△サイボーグ
注ハギノトリオンフォ

◆最後に余談です。何の根拠もありませんが、久しぶりに、競馬の夢を見て、『アグネス・・何とか』という名の馬が勝つ夢を見ました。以前のインターマイウェイではありませんが、具体的だったので、期待して今日、東京の川越特別に出走したアグネストカチの単勝を買ってみましたが、残念ながら4着でした。明日も3場で4頭ほどアグネスの冠の馬が出走するみたいですが、どうなるんでしょうか??

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ
◆ヴィクトリアマイル
★個別のコメント
・アサヒライジング
ハンデ評価56.5とG1連対級だが、休み明けは明らかに不調で・・。
・カワカミプリンセス
無敵だが、エリザベスはスイープとは2キロの斤量差があり、今回は同斤。さらに休み明けで大目標は宝塚とのこと。
・スイープトウショウ
一番勝利に近い条件だが、最近馬場やゲート入りに手こずり、惨敗する可能性もある。2年前がピークだとすると上積みは?との声も。
・フサイチパンドラ
2強に一番差の無い存在だが、好走は長距離に限定されている感も。直線の長い左回りは凡走無し。
・ディアデラノビア
昨年3着だが、スイープ、カワカミ、フサイチのいないメンバーで今年のメンバーの方が明らかに強力。ただ京都牝馬Sの末脚の破棄力は相当。
・キストゥへブン
東京に好走がないが、嵌ればまとめて差し切る力あり、距離は歓迎。
・アグネスラズベリ
マイルに勝利無し、昨年5着。勝ちに行かなければ入着も。
・アドマイヤキッス
コスモマーベラスと同ハンデで完勝だが、秋以降は他の有力馬にはすべて完敗。ただ素質は相当?
・デアリングハート
東京のマイルは最高の舞台。展開の助けがないと、決手比べでは分が悪そう。
・ジョリーダンス
今ノリノリの堀厩舎のエースで、しかもアンカツ騎乗。よく見ると近走は藤田騎乗の時のみ勝利で、その藤田はデアリングに騎乗。
・ビーナスライン
昨年函館でシーイズトウショウを並ぶ間もなく差し切った末脚、前走G1で4着だが、距離が・・。
・ブルーメンブラット
秋華賞を見る限りは力不足だが、オークスは不完全燃焼?昨日書いたように川島は勝ちに行く競馬をするはずで、直線で早めに抜け出して押し切りに出れば、上位に残る可能性も。
・コイウタ
桜花賞を考えれば、有力だが、現状53キロのハンデ評価で、前走も内をすくった感じで、直線叩き合いになってこのメンバーで?

★前哨戦
今日の京王杯を見る限り、短中距離のレースでレベルが高そうなのはマイラーズカップと谷川岳S。

こう考えると一番欠点が少ないのはやはりカワカミプリンセスで、他の馬は凡走の可能性も十分に秘めていると思います。次に少ないのは実力はともかくとしてアドマイヤとディアデラでともに悲願のG1です。ふだん穴狙いですが、ここまでメンバーが揃うと人気薄の馬が割り込む余地は少なそうです。カワカミを逆転できそうなのはやはりスイープかなと思いますが、なにぶん気性の問題で軸にすることは?と思ってしまいます。

ただ皆勝たないとあまり意味のない陣営が多く、前残りか間隙を突いての無欲の穴馬の可能性はあると思います。極端な追い込みか逃げに限定ですが。

★結論
◎カワカミプリンセス
◯ディアデラノビア
▲スイープトウショウ
△アドマイヤキッス
△ビーナスライン
△ブルーメンブラット
△デアリングハート
注キストゥへブン

ここまで、実際にこの印の馬連の他に昨日の記事のとおりブルーメンとビーナスの単勝を買ってみたいと思います。土曜日は全然でしたので、読んだ方も反面教師に使っていただければ幸いです。

◆東京8R
ストームシャドウ
◆栗東S
シルヴァーゼット、ウィングシチー、ハリーズコメット、ニシノコンサフィスのボックス。
◆洛陽S
前走ハイレベルの三河特別快勝のシルクアヴァロンが軸。コマノルカン、オーヴェール、フィレンツェ、マルターズホビーに。
またこのレースに出走のピクシーダストの成績で阪神牝馬Sのレベルを計りたいと思います。
◆京都8R
ローランアントレ
◆新潟7R
ワイルドオーキッド
◆新潟9R
レフトシート
◆新潟10Rゆきつばき賞
トミノドリーム

人気blogランキングへ一票お願いします。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

ヴィクトリアマイルは今年も牝馬の強豪が勢揃い、豪華メンバーになりました。
まともに考えたら、昨秋のエリザベスの再戦と言うことになりますが、東京のマイルということで、若干条件は違い興味深いレースになりそうですが、事前にコメントを2つ。

◆先日、安藤調教師が7月に勇退というニュースが流れましたが、安藤調教師と言えば、落馬で他界された、岡潤一郎騎手の師匠です。岡騎手はリンデンリリーで当時のエリザベス女王杯を制し、その約2年半後に落馬で帰らぬ人になってしまいましたが、その鞭を引き継いだのが川島騎手。オースミハルカで2回G1、2着になりましたが、まだG1制覇が出来ていません。安藤ー川島ラインは強烈なつながりで、あと2ヶ月で、G1で出走できそうな馬は、今回のブルーメンブラットくらいで、可能性の問題でオースミグラスワンくらいだと思いますが、私は事情通ではないのでくわしくはわかりません。

ただ言えることは、どういう理由でやめるかは色々と事情があるとは思いますが、安藤ー川島でG1をまともに戦える馬は今回のブルーメンブラットくらいだということになります。

ブルーメンは3歳時はクラシック候補にもなり、かなりの素質馬と期待されていた馬です。今回の相手は余りに強すぎる感もありますが、昨年の神戸新聞杯、菊花賞のソングオブウィンドのような存在、いわゆる遅咲きの素質馬の可能性もあり、今回は思い切り仕上げてくるはずですから、注意してみたいと思います。

◆もうひとつ、先週NHKマイルで大穴を出したピンクカメオは、桜花賞の時にもう一頭の出走馬とともに栗東に事前入厩していました。桜花賞ではだめでしたが、国枝調教師としてはこの馬にかける期待というのが(もう一頭だったかも知れませんが)相当大きかったあかしではなかったのではないかと思います。そしてその証拠に次走で実際にG1を勝ちました。

同様に今回出走する馬、というか厩舎で全く同じスケジュールできている所があります。それが今回3頭出しする堀厩舎です。堀厩舎は除外ラッシュにもかかわらず、昨年末に長期にわたってキンシャサノキセキ、ビーナスラインを栗東に入厩させていました。
堀厩舎はここ数年急激に成績を伸ばしている厩舎です。今年になりその成果が出始め、ジョリーダンスが阪神牝馬S、スプリングドリューが福島牝馬S、キンシャサノキセキが谷川岳Sそれぞれ快勝。
ただキンシャサは待望の賞金加算はかないましたが、連戦の疲れで安田記念を前に休養になってしまいました。ここは前述のジョリー、スプリング、そして年末に栗東に入厩していたビーナスと3頭が出走します。特にビーナスはわざわざ遠征してまだ成果を出していない状態です。

調教師はプロですから、見込みのない馬に無駄なエネルギーは使わないと考えますので、距離適性やコース適性を無視しても、ビーナスラインは注意が必要だと思いました。

◆おまけ
出走馬を見ていたら、巨人になじみの馬が3頭、これで3頭買ってみるのもおもしろいかな??
カワカミー藤田騎手のデアリングー柴田のアサヒ・・。

◆最後に京王杯の追い切りのビデオを見て
先程の予想では触れませんでしたが、アポロノサトリとリキアイタイカンがすごく気になりました。
私は馬の走り方や体つきを見る専門家ではありませんので、わかりませんが、単複を別に買っておこうと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。 


このページのトップヘ