競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:京都新聞杯

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
例年この時期以降はクラブ馬主などは募集馬の季節でもあり、特にテレビ放映時間帯などは人気にかかわらずPRのために実績を出したい季節と考えています。
今週も共同のビッグレッド系などが複数メインなども含め出走がありますが、通常よりも好走の可能性が高いと個人的に考えています。またミルファーム、シゲル。クリノなどの馬も有力馬も含め複数出走です。他個人馬主の馬もGWで来場している可能性もあり注意と思います。

また今年は過去のような4歳馬の賞金の半減がなくいわゆる「勝ち得馬」が存在しません。それがどのようにレースや出走計画に影響してくるのかは、私たちのような一般ファンにはなかなかわかりませんが、少なくともメイチ仕上げで勝利して夏〜秋に同じクラスで再度出走する馬や、夏の北海道などで降級組などという馬も存在しなくなります。
つまり連戦連勝の一部の強い馬以外は1頭の馬が稼げる環境が圧迫されると同時に、クラスを勝ちきれないような馬は相手が強化される前に5月中に着を拾いまくる必要もなくなります。事情通でなくともわかるのは、今までとはかなり違う様相になるのは確実だと考えています。

すでに5月に入りその流れが始まっていると思われ、この5月〜6月の条件戦や4歳馬の動向や結果などは馬券と関係なくよく見ておく必要があるのでは?と思っています。競馬はファンだけではなく当事者にとっても結果がすべてなのでこれからのトレンドを少しでも早く見極められたらと考えています。

と、前置きが長くなりましたが、相変わらずなので、もしご覧になっている方がいたら反面教師として、またどこか参考になる部分でもあれば部分的に活用してください。

◆京都新聞杯
原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
ナイママがここまで連戦を重ねるとは思っていませんでした。ビッグレッド関係の荒い使い方なのかもしれませんが、うがった見方をすると、京成杯以降一戦一戦、脚質を変えた使い方をしています。また微妙に馬体は成長しています。それから追い切りに主戦の柴田大騎手が騎乗して、遠征することを考えれば、少なくとも出走だけが目的とは思えず、ここはメイチ勝負と個人的に考えます。特に相手関係が大幅に楽になる今回はかなりのチャンスである可能性が高いと思っています。

ブレイキングドーンも同様に皐月賞からの参戦ですが、相変わらず上位には届きませんが、相手も強化されていることを考えると実際には強くなっている印象があります。距離も伸びて、カーブもゆるくなり、瞬発力勝負にならなければかなり面白そうだと個人的に思っています。

ヒーリングマインドは追い切りでなぜか印象に残りました。
また今回当レースの追い切りに北村友騎手は2頭に騎乗しましたが、本番ではフランクリンに騎乗です。このレースで結果を出せるかは微妙かもしれませんが、まだ奥がありそうで今後も含め注目と思っています。この4頭を中心に、あとは人気のタガノは押さえ程度に。


◆プリンシパルS
こちらも原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
数年前から勝たなくてはいけないレースになり昨年もきびしいレースになり、勝った馬はミクロコスモスの仔で血統の裏づけがあるとはいえダービーでも好走しました。
特にここメイチそうなのはヴァッシュモンという印象でした。馬券はここから狙うつもりです。紐ではこれも人気ですがマイネルサーパスあたりで。穴で内枠のクリスタルバローズにも注目しています。追い切りが印象に残ったのですがかなりの大またで良馬場条件と思いますが、順調に成長すればかなりの実力馬になるのではと思うような推進力を感じました。あとは嵌ればという条件付ですがアトミックフォースあたりと思っています。

◆メトロポリタンS
こちらも原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
アドマイヤエイカン、中山巧者ではありますがミライヘノツバサに注目しています。他パリンジェネシスと58キロですがルミナスあたりを少々紐で押さえたいと思っています。

◆邁進特別
穴ではかなり難しそうですがエトワールブリエに注意と思っています。他ではハンデ戦でもありミルファームの2頭、アーヒラと休み明けですがこの条件しか走らないスノードーナツに注目しています。スノーは本来例年盛夏に調子が上がるようですが、直千は3千以上の長距離同様に格はほとんど関係ないと思いますので軽量の恩恵馬を少々、と考えています。

◆パールS
穴でテーオービクトリーとアルメリアブルームを狙いたいと考えています。なぜここまで人気がないのかと不思議に思っています。他の穴ではスカーレットカラー、人気ではアロハリリーは押さえ程度で、むしろ実力馬のゴージャスランチが面白いのでは、と思っています。

◆立夏S
条件的にシヴァージは馬券に絡みそうですが、紐穴でスズカフリオーソに注目しています。

◆東京12R
ミラクルブラッド、トラストロン、アポロの2頭(マーキュリー、レイア)に注目しています。

◆京都12R
こちらも多頭出しの馬ですがナムラキヌ、ナムラヘラクレスに注目しています。特に人気薄ですがナムラキヌに注意と思っています。

◆五泉特別
人気ではショウナンタイザン、穴では休み明けで狙いは先かもしれませんが福島、新潟は走るポンポンに注意と思っています。

◆京都6R
ドナウデルタが圧倒的人気になっていますがメイショウクライムに注意と思います。

◆新潟1R
令和最初の中央競馬のレースです。クリノサンスーシに注目と思います。初障害組ではランドハイパワーに注目です。

◆新潟4R
こちらも障害(オープン)です。シゲルの2頭に注意です。相手はスマートカルロスあたりで。

◆日曜日とかしわ記念、ケンタッキーD展望
・NHKマイルC追加
現段階で下記の馬に絞り込んで考えたいと思っています。
ハッピーアワー、マイネルフラップ、イベリス、ダノンチェイサー、ファンタジスト、グランアレグリア、クリノガウディー、プールヴィル、グルーヴィットで、最終的にこのうち7頭に絞り込む予定です。アドマイヤは特に根拠はありませんが共同通信杯だけでなく、目標だったはずの前走G1でも最後の脚が今ひとつに感じはずしてしまいました。きたらごめんなさい。

・谷川岳S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りショウナンライズ、キョウワゼノビアに注目しています。


・鞍馬S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りセカンドテーブルと函館でも良積があり追っかけているフミノムーンに注目しています。

・ブリリアントS
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りコスモカナディアン、ストライクイーグルに注目しています。

・上賀茂S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りメイプルブラザーに注目しています。

・かしわ記念
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りモーニンと先行粘り込みでドリームキラリに注目しています。

・ケンタッキーダービー
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望から変化はなく、レースビデオを見ただけですが、勝ち馬が取り消しで残念ですがアーカンソーダービー出走馬のインプロバブル、ロングレンジトディと他ではヴェコマに注目しています。

※ちなみにオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが京都新聞杯はブレイキングドーンでした。プリンシパルSはアトミックフォースとヒシゲッコウでした。邁進特別はポップシンガーでした。メトロポリタンSはともに共同ですがルミナスU、パリンJでした。五泉特別はショウナンタイザンでした。また東京8Rはツヅクでした。ただ即PATで今までの経験則では個人的にはあまり当てにならないと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月4日(日)AM3時00分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
不発続きなのでご注意ください。逆に参考にするのも一法です。

本来国事行事で休日の1日から精力的に活動した北村友騎手、福永騎手、浜中騎手など今年の年初も同様の騎手が時代初日から熱心に追い切りなどに騎乗していました。今後も引き続き要注意の騎手と思っています。

スイートピーSで勝ったカレンブーケドールですが、一見恵まれた感がありますが、新馬ではダノンキングリーとタイム差なしの2着など、先々まだ奥が深い可能性があると感じています。オークスではどうか、という問題もありますが、今後面白そうな馬だと思っています。

ルメール騎手の活躍が目立ちます。下記にわかっている範囲で詳細を記載しましたが、GW後半も超ハードスケジュールですが、G1以外も目が離せないと思っています。穴党にはきびしい存在ですが・・・。

新潟大章典は馬券的には完敗でしたが、土曜日予想時に記載したその時点での展望を見て、愕然としました。当時挙げた注目馬8頭のうち7頭がそっくりそのまま1〜7着に入っていました。馬券を買う段のむずかしさと、眼鏡が最終的には相当曇っている、と考えざるを得ません・・。

それに絡んで新潟大章典展望などで記載した勝った「メールドグラス」を「メートルグラス」と記載してしまいました。また少々前ですが春のジャンプGIレース名を「中山大障害」(正しくは中山GJ)と記載してしまいました。誤字脱字にとどまらずいつもいい加減ですみません。

◆ハードスケジュール騎手
まずは結果は?ですが、GWの中を移動の主な多い騎手です。
・和田騎手
27日青葉賞(東京)→28日天皇賞(京都)→29新潟大章典(新潟)→1日カキツバタ記念(名古屋)→2日兵庫チャンピオンシップ(園田)→4日東京一般R(東京)→5日京都一般R(京都)→6日かしわ記念(船橋)
※期間中まだ未勝利で一般レースで2着〜3着が少しあり。

・武豊騎手
28日香港国際競争→1日フランス→4日京都・京都新聞杯→5日東京・NHKマイル→6日(船橋)
※特に大きな成果なし。

・ルメール騎手
27日青葉賞(東京)【2着】→28日天皇賞(京都)【1着】→29新潟大章典(新潟)【3着】→2日美浦に追い切りで遠征の後、兵庫チャンピオンシップ(園田)【1着】→4日東京一般R(東京)→5日東京・NHKマイル(東京)→6日かしわ記念(船橋)
※勝負ががかりそうな馬はことごとく馬券に絡んでいます。後半も精力的に動いているようで人気になりそうですが要注目と思います。

・松岡騎手
28日香港国際競争【1着】→1日栗東で追い切り遠征→4日東京→5日東京・NHKマイル
※大きな舞台で優勝、さらに絞り込んだ対象に熱心な活動?で要注意と思います。

・吉田隼人騎手
24日栗東に追い切りで遠征→27日新潟→28日東京→29新潟大章典(新潟)→4日新潟→5日東京
※想像以上に東京と新潟を執拗に往復、さらに追い切りも関西に遠征(今年から注力とか・・)でこちらも要注意と思います。

◆現段階での追い切りでの印象も含めた展望と注目馬
私は下手の横好き的に長年は見ていますが、専門家ではないので素人目の印象と個人的でしかも経験則的な全く根拠もない独自の視線での注目点での感想です。(本来は事前入厩や騎手の追い切りでの遠征の有無の確認のためにGチャンネルのみで見ています)
またまだ未定なので枠順による有利不利は考えていません。
・NHKマイル
詳細な事情はわかりませんが原則賞金が足りているのにここに直行した馬には特に注意と思っています。また桜花賞や皐月賞からの転戦馬にも注意と思っています。
不発続きなので個人的な好みを優先するつもりですが、まず応援しているハッピーアワーに注目です。穴で狙っているマイネルフラップは追い切りの印象が格段に変わったように見えました。またシンザン記念での荒削りな感じも安定した感じに変わったように見えました。主戦の吉田隼騎手はハッピーアワーに騎乗ですが、香港帰りの松岡騎手が追い切りに遠征したのも好感です。
他前走のレースの様子でミッキーブラック、追いきりの様子でイベリス、ダノンチェイサー、ファンタジストあたりに注目しています。ただグランアレグリアは現段階では馬券に絡んでくる、というより勝つ確率は相当高いのでは?と思っています。あとは引き続き朝日杯でGアレグリアに先着した穴のクリノガウディー、人気のアドマイヤマーズにも注意と思っています。

・京都新聞杯
こちらも皐月賞出走馬には注意と思っています。北村友騎手が追い切りに騎乗して本番でも騎乗のフランクリン、これだけ連戦続きなのに今回様子が少し変わったように映ったナイママ、成績はともないませんがだんだんと力をつけてきた印象のブレイキングドーン、ヒーリングマインドあたりに注目しています。

・プリンシパルS
好調そうに見えたヴァッシュモン、先々面白そうに感じたクリスタルバローズ、堅実そうなマイネルサーパスあたりに注目しています。

・谷川岳S
ショウナンライズ、キョウワゼノビアに注目しています。

・メトロポリタンS
アドマイヤエイカン、ミライヘノツバサに注目しています。

・鞍馬S
本来は中京のCBCあたりが勝負かもしれませんがセカンドテーブルが好調そうな印象に見えました。

・ブリリアントS
コスモカナディアン、近走の様子からストライクイーグルに注目しています。

・上賀茂S
メイプルブラザーに注目しています。

◆なんちゃって展望
・かしわ記念
GW不発の超ハードスケジュール騎手の和田騎手騎乗のモーニンに注目しています。

・ケンタッキーダービー
レースビデオを見ただけですが、勝ち馬が取り消しで残念ですがアーカンソーダービー出走馬のインプロバブル、ロングレンジトディと他ではヴェコマに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(日)AM1時20分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

早いですが日中忙しいので予想です。
◆京都新聞杯
◎レノヴァール
○ケイティクレバー
▲グローリーヴェイズ
★リシュブール
△ロードアクシス
△フランツ
△タニノフランケル

◆プリンシパルS
アイスバブル、ハッピーグリン、イペルラーニオ、トーセンの2頭に注意です。
大穴でコスモイグナーツに注意です。

◆京都12R
アガスティア、テイエムチューハイに注意です。

◆東京8R
大穴狙いですが、キングクリチャン、ダイイイチターミナル、トロピカルガーデン、ヤマニンマンドールに注意です。確率低いのでご注意ください


◆京都8R
メイショウフレイヤに注意です。

◆東京7R
リリーグランツに注意です。

◆ラインの馬
東京5Rラインアストリア、京都4Rラインクロノス、新潟7Rラインフィ−ルに注意です。

◆日曜日展望
・NHKマイルC
金曜日現在の展望で昨日の展望と殆ど変わっていません。ギベオン、ミスターメロディー、テトラドラクマ、タワーオブロンドン、パクスアメリカーナ、フロンティア、リョーノテソーロが注目馬です。加えて内枠に入ったファストアプローチに注目です。特にフロンティアとミスターメロディーに穴で注目しています。

・新潟大賞典
金曜日現在の展望で昨日の展望と殆ど変わっていません。ケントオー、ロッカフラベイビー、トリオンフ、トーセンマタコイヤ、ステファノス、マイスタイルに注目しています。特にマイスタイルと外枠がどうかですが穴でロッカフラに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月4日(金)A10時40分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
かしわ記念の穴注目のベストウォーリアは最後の直線向いたところで完全に脚が止まり万事休すでした。
以前からなんちゃってですが、船橋の特にダート16は内枠の先行馬が残る、という印象があり実はその期待も込めて穴を狙ったらと思いましたが、観測が甘かったのでしょうか、さらに内枠の人気薄に逃げられ穴を出されました。

青葉賞の騎乗馬で2週連続栗東に遠征して追い切りに騎乗した内田騎手ですがG1出走の馬にも今週騎乗で、もしかしたらこの馬で勝負がかりの可能性十分と考えます。毎週のように遠征するというのは中期的に何か大きな目標があるのではと考えます。

下記は現段階での展望です。
◆NHKマイルC
以下の7頭に注目しています。
・ギベオン
走法に無駄がなくかなり完成されたイメージで将来よりここ勝負か?
・ミスターメロディー
超ハードスケジュールの福永騎手騎乗で注意。まだ底を見せていないイメージ。前走は相手はともかく、かなり強く見えた。
・テトラドラクマ
東京コースに合いそう。自在性もあり広いコースで本領発揮か?能力高そう。
・タワーオブロンドン
相手が強そうだったアーリントンCで完勝。現段階では一番完成度高そう。
・パクスアメリカーナ
前走は脚を余した印象。相手が強いほうが力出せそうなイメージ。将来性高そう。
・フロンティア
内田騎手の追い切り遠征の一番の目的であれば注意です。権利を早くに取っていることも加えると変身の可能性あり。
・リョーノテソーロ
大きな根拠はありませんが、注意です。

◆京都新聞杯
・グローリーヴェイズ
もしダービーに出走予定であればここは上位は必須。
・レノヴァール
あまり強調点はありませんが、ここは注意です。
・ケイティクレバー
同様に賞金加算したいところですが、皐月賞ではかなりハードな競馬で余力あれば注意。
・ダブルシャープ
ここは地方から中央入りした目的も含め3歳では最大のヤマ場で間違いなく勝負がかり。あとは実力だけ。
・リシュブール
この馬も福永騎手騎乗で注意ですが、良血の末裔で注意です。
・タニノフランケル
こういうタイプは得てして人気先行で大活躍する馬は少ないのですがまだ途上でここは紐で押さえたいところです。


◆新潟大賞典
・ケントオー
中距離に路線変更してから以外に健闘していてこの相手で56キロなら。
・ロッカフラベイビー
多分全く人気薄になりそうですが、今回特に穴で注意です。新潟ハンデ戦得意。
・トリオンフ
前走強敵相手に見せ場たっぷりで、ここは賞金加算したいはず。
・トーセンマタコイヤ
柴田善騎手遠征で勝負がかりの可能性あり
・ステファノス
常識的には休み明け58キロでしんどそうですが、注意。
・マイスタイル
賞金加算も必要ですが、渋太く注意。

◆プリンシパルS
・アイスバブル
川田騎手が東上して騎乗で注意。
・コスモイグナーツ
逃げてどこまで。今年のBRのダービー出走の可能性の最後の砦。ダービー出走はボーダーラインで上位は必須。
・トーセンヴィータ
・トーセンクリーガー
今週は重賞にトーセンの馬が多数出走ですが、ここは2頭揃えてきて馬券に絡む可能性は結構高く注意です。
・ハッピーグリン
このコースだと一変の可能性ありで注意です。

◆ラインの馬に注意
今週新潟大賞典でラインルーフが出走ですが、他に一般レースでも3頭出走します。すべて土曜日で東京5Rラインアストリア、京都4Rラインクロノス、新潟7Rラインフィ−ルですが人気にかかわらず注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(木)PM5時50分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆5/7の競馬予想
★京都新聞杯
テンペルに期待してましたが、まだ本格化していない状態で外枠ということで若干割り引きます。
軸は当然レッドデイヴィスですが、この後金鯱賞という青写真のようで、取りこぼすような流れがあるとすれば今回かもというところもあり、ボックスにしたいと思います。
・馬券
レッドデイヴィス、ルイーザシアター、レッドセインツ、テンペルの馬連ボックス。(レッドデイヴィスからは200円)
計900円。
★プリンシパルS
このレースは勝たないと意味がないレースですべての馬が勝ちに行くのでハードなレースになると考えます。
超ハードスケジュールのトーセンレーヴ、コース得意のメイショウトチワカ、地方参戦のダブルオーセブン、内枠で池江厩舎のもう一頭カフナに注意です。
・馬券
上記4頭の馬連ボックス。あとメイショウの単複(100,300)。計1000円。
★シンボリ牧場が多頭出し
東京4,5,7Rでシンボリの馬が出走、今回は注意です。
4Rスイートバイカル、5Rシンボリドンナー、7Rシンボリカージナルの各単複(100,300)。計1200円。
★高尾特別
軽量の3頭に注意。ダイショウベリー、シベリアンヒート、ミサトバレーのそれぞれの単複(100,300)。
★丹沢S
ドットコムの単複(100,300)
★御池特別
ヘリオスシチーの単複(200,500)
★高瀬川S
軽量のノボレインボーの単複(200,500)
★京都12R
ニチドウルチルの単複(200,500)
★新潟7R
バイブレイションズ、フローラルウィンドのそれぞれ単複(100,300)。
★五泉特別
クラレットジュエルの単複(100,300)。
以上合計8000円。

◆5/8重賞コメント
★NHKマイルC
週初にコメントした流れでエイシンの2頭が内枠に入り注意です。
あとはコティリオン、そして今年こそを狙う矢作厩舎のグランプリボス、それからリアルインパクト、意外にレーティング評価の高いリキサンマックスあたりまで。

★新潟大賞典
雨がどうなるかですが、晴雨兼用でシャドウゲイト、調子がよさそうなアンノルーチェ、タッチミーノット、マイネルゴルトあたりに注意です。
それから今回は人気になりませんがアドマイヤメジャーも注意です。

◆WIN5現段階候補
★NHKマイルC
エイシンオスマン、エーシンジャッカル、リアルインパクト、コティリオン
★新潟大賞典
タッチミーノット、マイネルゴルト、アンノルーチェ
★ブリリアントS
タマモクリエイト、ネイキッド、キクノアポロ
★都大路S
ホワイトピルグリム、ミッキードリーム、ミッキーパンプキン
★白川特別
カノンコード、マツリダガッツ

◆2011年の成績
★5/7の購入金額・・8000円
★5/7までの購入金額・・311100円
★5/1までの購入金額・・303100円
★5/1までの回収金額・・283690円
★5/1までの回収率・・93%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週は本当に散々でした。時間をかけて研究した天皇賞もけんかに勝って勝負に負けた典型的なパターンになってしまいました。
事前に展望で取り上げた馬がことごとく上位1〜3着に入りながら馬券は取れないという、最悪のパターンでした。
またWIN5の登場を機に研究の仕方や馬券の買い方を変えていく必要があると感じました。
◆天皇賞・春の検証
レース前にメディア報道でこのレースで勝ち負けになるとコメントしていたのは武豊騎手のローズキングダムとエイシンフラッシュの藤原調教師でした。
ここですでに最終的な軸を取り違え、週初のコメントとは違う致命的な選択ミスをしてしまいました。
レース自体は超スローでありながら、緩い馬場の影響も加わり、出入りの激しい見ごたえのあるレースになりました。
騎手の判断が勝負を分けた典型的なレースになりました。ただ最後は内で脚をためた馬とスタミナのある馬がことごとく上位に入りました。
毎回思いながら、なかなか実践できませんが、近年の競馬は内枠の馬が、内で脚をためて上位という大原則であると、レース後になると気づかされます。
正直途中で勝負にならない馬、バテタ馬は今後のことを考えてか、途中であきらめてしまったというふうに映りました。
宝塚ではこのレースの着順は無視していいのでは、と考えています。
騎手は何か意味のある着順に届かなければ、無駄に追うことはないと考えます。
あと今回日本のこの状況の中、フランスから馬と騎手が来て参戦してくれましたが、超一流ジョッキーはやはり来日は現状ではしばらくなさそうな感じです。
本当は関係ないのですが・・。

◆複勝高配当
日曜日の東京10RアハルテケSで全く人気のないトーホウオルヴィスが2着に逃げ残り、複勝万馬券が飛び出しました。
トーホウの馬は逃げてよく穴を出すのをみかけますが、逃げ馬には本当に注意が必要と思います。特に内枠の場合はなおさらです。
信じてもらうしかありませんが、個人的には2001年中山未勝利戦ダート1200でやはり内枠の人気薄のミネノパワフルという馬の複勝で9200円というのを取った事がありますが、そのときは馬連が22万を超える配当でもちろんそんなものは取れるわけもなく、喜びはあまりありませんでした。
昨年もいろいろ事情があり、突発的に買ってサンバホイッスルという馬と障害初出走のマサノブルースという馬で6000円台の複勝を取りましたが、ともに未勝利戦で、今回のようにオープンクラスでこういう馬券が飛び出すというのはさまざまな条件がかみ合ったというのもあるのでしょうが、本当にビックリです。
超人気薄の複勝というのは、馬券種類が増え、ますます売上が落ち込みそうな複勝では、これからもまだまだ飛び出す可能性が十分あり、内枠人気薄からとゾロ目の枠連や、ワイドなども含め高配当馬券をこれからもコツコツ狙っていきたいところです。
昨年の複勝ゲットの内容は個人ブログに記載してありますので、ご参考までに紹介しておきます。
・サンバホイッスル
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/archives/1184617.html
・マサノブルース
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/archives/1202926.html

◆WIN5反省
またも最初のレースで全滅でした。今回はころがした場合146万のところを210万超の払戻になり妙味がありました。
つまり人気薄が絡んでくると、配当妙味はかなり増しそうです。
ただ最初からの持論どおり、単なる5連続ころがしに過ぎないわけで、自分のやりたいレースや馬券種類を任意で選んでころがすほうがよほど成功率は高くなりそうという考えは変わっていません。
別に5連続ころがしをする必要や義務もありませんし、自由に競馬を楽しむという観点では、自分でころがしをつくるということをこういう機会なので、優先してやってみたいと思います。
もちろん折角の企画なので、WIN5も毎回参加して、それに合わせた3〜4ころがしの単勝馬券も少量購入したいと思います。
競馬コンシェルジュの須田氏が第1回で108通りのフォーメーションで成功したそうですが、一般の人がこの馬券のみに毎回こんな大量につぎ込むというのは難しいのではと思います。
年末ジャンボみたいにたまにある機会にまとめて買うのはいいのでしょうが、毎週毎週なので的中率を考えたら、当たらないと相当なダメージになりそうです。
ですので、WIN5を最低限と同時に独自転がし大作戦を実行してみたいと思います。もちろんそのままつぎ込み全滅のリスクを避けるため200円以上買い、100分だけころがすような形でやってみたいと思います。
個人的にかなりのレースに手を出していますが、連続で的中することはそうそうないと考えているからです。
長く競馬を続けるための秘訣と考えています。
あと直接関係ありませんが、週に1レースだけ、三連単、三連複を狙ってみたいと思います。
的中する確率やリターンは、長期的にはこちらのほうがはるかに回収率は高そうです。

◆NHKマイルC展望
今回は現段階ではあまり大きく目をつけている材料がないのが実情です。
人気系では毎日杯でレッドデイヴィスに肉薄したコティリオンを基本的に軸で狙ってみようと考えています。

また巷では一昨年3着、昨年2着の矢作厩舎が外人騎手を仕立てて3頭出しで臨むのが注目されているようです。

ただそのうちの強力な2頭に主戦で騎乗していた、岩田騎手はエイシンジャッカルに、藤岡佑騎手は抽選待ちのアストロロジーに騎乗予定です。
どちらが優先なのかわからないので一概にはいえませんが、特に岩田騎手の動向を考えると、もしエイシンが2頭出ししてくれば、どちらも先行型でそこそこの枠順であればこちらのほうにもかなり注目だと思っています。
特にエイシンのもう一頭エイシンオスマンは当初、皐月賞とNHKマイルはどちらかしか使えないという関係者のコメントがありながら皐月賞の内容からかNHKマイルにも出走してきそうな感じで報道されています。
両頭ともNZTでは人気薄で上位に入っており、オスマンは皐月賞ではほかの馬と違い、かなり厳しい走りをしながら8着に粘っています。さらにスプリングS,NZT、皐月賞、そして今週のG1と考えられないようなハードスケジュールを組んでいます。
本当に出走してきたら馬がつぶれてしまうリスクもあるわけですから、かなりの勝負度合いと考えます。
ジャッカルも含め要注意です。

ほかでは人気ですが前述の矢作厩舎のグランプリボス、あとはローテーションが明らかにここを狙っているリアルインパクト、プレイ、フォーエバーマーク、アドマイヤサガスあたりに注目しています。

◆京都新聞杯展望
春に移設され地味なレースになってしまいましたが毎年意外に後々の強豪馬を生み出しているレースです。
今年もレッドデイヴィスを中心に、連闘で出走してくればトーセンレーヴなどそれなりのレベルのメンバーになりそうです。
ここはそこそこ人気になりそうですが、大物感あふれるテンペルという馬が出走してきたら注目だと思っています。

トーセンレーヴは青葉賞では足りませんでしたが、ここにさらに参戦してくればこれは相当な勝負と考えています。
青葉賞で勝ったウィバリアシオンは皐月賞上位馬などともまったく互角の勝負を繰り返していましたが、不利などもあって賞金加算ができず、やっとダービー出走権を手にしたような馬で皐月賞組以外では反動がなければダービーでも掲示板候補と考えています。
その馬と実際にはそんなに力差を感じなかった、というよりエンジンがかかる前にゴール板に来てしまったというイメージだったので、毎日杯では子供扱いでしたが、今回はさまざまな条件からもっと小差になると思います。
また前にも述べましたが、トーセンの島川氏は仙台の馬主さんで大震災がおきてしまった現状で、今年のダービーは特に勝ちたいという思いが高まっているはずです。

トーセンラーはもちろん有力ですが、こちらも無理をして京都新聞杯に出走して上位に入りダービーに出走できれば昨年のルーラーシップ同様、どんどん本来の力を発揮してくる可能性もありここはかなり注目です。
多分島川氏はこの両頭については、後のことなど考えずにダービーに向けて全力を注ぎ込んでくると思っています。

◆2011年の成績
★5/1の購入金額・・10700円
★5/1の的中金額・・0円
★5/1までの購入金額・・303100円
★5/1までの回収金額・・283690円
★5/1までの回収率・・93%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今年のダービーは賞金加算競争が少しでも和らぐように、青葉賞とプリンシパルSが賞金加算対象馬以外は出走できないように優先出走枠が減らされましたがやはり熾烈な競争になりました。
特に今年の3歳牡馬は例年にくらべレベルが高いだけでなく、層が厚くダービーに出走できない馬の中にもすぐにでも重賞でも好走できそうな馬がごろごろいる感じです。中でもマイルから2400くらいのクラスは史上まれに見るような層の厚さと思っています。
今週もダービーに直結のレースガG1も含め3レース組まれていて、馬券的妙味はともかく楽しみなレースになりそうです。
◆京都新聞杯
正式なダービートライアルではありませんが、事実上のトライアル、どの馬も何が何でも2着以内を狙うレースになりそうです。右回り、2200の距離、軽い芝、直線平坦などの条件と前走までのメンバーレベル、前走できびしいレースをしたかどうかなど総合力が問われるレースと考えます。人気馬が中心になりそうですが、展開一つでかなりの波乱も考えられます。それぞれの馬の条件で勝ちにいく馬、2着で大丈夫な馬などに分かれ、それ以外の順位はいらないと思われるからです。
◎軸シャイニーナイト
◯シルクアーネスト
◎◯は二度対戦していずれも◎が勝っているが、昇級してもそのまま1,2着になるということは両馬とも互角の実力でかなりのレベルと考えます。◎は2着でもダービーに出走できますが、◯は勝たないと難しいと思われます。ということは馬券的な部分で軸にするのは上位を確実に狙う◎が最適と考えました。他の人気馬の印を下げての◎◯なのでこれで決まれば大穴になってしまいますがあえて狙ってみます。
▲レーヴドリアン
世代代表馬候補の一頭。破壊力はきさらぎ賞で片鱗を見せましたが、皐月賞の大きな出遅れなど粗さも目立ちます。いずれはG1でも勝負けになる馬と思っていますが、こういうタイプは相手が落ちても取りこぼす可能性があり、本格化したと思うまでは▲評価で。
△マコトヴォイジャー
この馬は勝たないとダービーに出走が難しい状況です。経緯はわかりませんが安藤勝騎手は前走惨敗で2着でも賞金が足りるアドマイヤテンクウを降りてこちらに騎乗。ダービーは順調ならおそらくNHKマイル出走のダノンシャンティに騎乗と思われることから、ここは勝ちにいく一発勝負となりそうです。
△ゲシュタルト
△コスモファントム
△メイショウウズシオ

★馬券
◎から印に馬連、ワイド6点ずつ。◎と◯の単複各
(100,300)計2000円。

◆プリンシパルS
昨年の当レースは個人的には東海S、レパードSに次ぐハイレベルレースと思っています。東京の2000はトリッキーなうえに昨年のような熾烈な出走権争いではどうしてもすべての馬が勝ちに行くようなタフなレースになりがちです。
今年はさらに出走枠1頭というきびしい条件でスローペースは考えにくいと予想します。タフさと切れと両方を持っている馬が勝つのではと思います。
コース形態から枠順も重要です。さらに勝たないと全く意味のないレースなので2〜3着は全く人気薄の可能性もありと思っています。
◎ミカエルビスティー
今までは堅実が売りでしたが、さすがに今回は勝ちにいくと見ました。トップクラスの馬とほとんど互角の実力で、前述のようなきびしい展開になり消耗戦やサバイバル線になれば自然に先頭でゴールできそうに思います。
◯マルカポルト
▲ダイワファルコン
△アサクサマリンバ
△バシレウス
注ルーラーシップ

★馬券
◎から馬連で5点。各200円。計1000円。

◆新潟大賞典
連休に入ってからの好天で芝がかなり伸びてきているそうです。今週は芝刈りをしていないそうで、さらに馬場状態もまだ良好とのことです。ということは、土曜日の段階ではまだ外差しが決まらないばかりか、外目は芝が深く先行馬や器用なタイプの内目の枠の差し馬には有利にはたらきそうです。
◎軸チョウカイファイト
昇級ですが、器用さ、自在性もあり左回りは得意で、オープンで勝って55キロのハンデは恵まれていると考えます。
馬券はセイクリッドバレー、マイネルスターリーに馬連、レッドアゲート、マイネルシュピール、サンレイジャスパーにワイドで各200円で計5点。
人気薄の上位も考え、マイネルスターリーの単勝200円。レッドアゲート、マイネルシュピール、サンレイジャスパーの単複各(100,200)で計2100円。

以上合計5100円。

★5/8の購入金額・・5100円
★5/8までの購入金額・・133300円
★5/2までの購入金額・・128200円
★5/2の的中金額・・8820円
★5/2までの回収金額・・118490円
★5/2までの回収率・・92%

◆NHKマイルCコメント
★コスモセンサー
咋秋は一連のレベルの高いレースを連続で好走。前走は不利な外枠からさらに二の脚で逃げたきびしい展開。スタミナは問題だがすんなり逃げ
たらかなり渋太そうです。注意。
★ダイワバーバリアン
どのレースも全力投球という印象。先々は?と思いますが、このレースまでは注意です。原則ダービーには出ない流れみたいでココ勝負と考えます。
★リルダヴァル
いずれは強くなりそうですが、ここに照準を合わせてじっくり仕上げてきたようにはあまり感じられません。押さえたいけれども少々割り引き。
★サンライズプリンス
本当に強い馬かも知れないと思っています。とすれば馬の実力がほぼそのまま出ると思われる東京のマイルではまず上位に入ると思っています。有力。
★サウンドバリアー
プレレーティングでは意外な高評価です。内田博騎手騎乗もプラスで、若干警戒。
★ニシノメイゲツ
馬装具を換えたり、陣営の全く実力を出していないというコメントからかなりの期待があるようです。ただこのメンバーで勝負けになるイメージがいろんな展開で考えても現状ではなかなかイメージできません。
★トシギャングスター
二戦目にクロフネの仔らしく、ダートで変身、単勝万馬券であっと言わせ、ファルコンSでも意表をついてあわや優勝でした。まだ奥がありそうで警戒です。
★エイシンアポロン
多分皆さんもこの馬の取捨に困っているのではと思います。京王杯で見せた豪脚は東京でのものです。疲れが残っていなくて、早熟でなければ勝負けのはずなのですが。
★ダノンシャンティ
普段あまり核心をつく発言はしない安藤勝騎手が勝負け発言をしていて、上位に入る確率はかなり高いと考えます。有力。
★ガルボ
前走は外々をまわりきびしい流れになりました。コース実績もありますが、穴予想家たちの格好のターゲットになり穴人気になりそうです。紐では押さえたい条件です。
★レト
ガルボと相反して前走はかなり脚を使ったうえ、ダイワとは内外の差と仕掛けの時期の差くらいと思うくらい内容のあるレースであったと思っています。決して人気になることのない馬ですが、近4走中3回は複勝圏。名前が迫力を感じないという理由もあるのでしょうか。実は穴で狙ってみたい馬です。注意。
★エーシンダックマン
ハイペースのレースガ続いた後の前走は好タイムであっさり逃げ切り。四位騎手が乗ることもあり警戒です。
★エーシンホワイティ
コスモセンサー同様前走はかなりきびしい展開でした。ただ展開に恵まれたレースもあり、外枠も考えると若干割引ですが、エーシンは3頭出しで勝負をかけてきそうなのでここは注意が必要です。

以上ですがプレレーティングを見ると人気ほど評価の差は無く、一部の馬以外はかなりの馬にチャンスがありそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆京都新聞杯
アントニオバローズの陣営がプリンシパルSに出走する流れは、京都新聞杯は強いメンバーが出るので、というようなコメントがありました。
おそらくベストメンバーとリクエストソングかと思いますが、追い切りや皐月賞のレースぶりなどからここはベストメンバーを軸に考えたいと思います。

・馬券はベストメンバーから馬連でリクエストソング、ロードロックスター、トランセンド、トーセンロマネ、ガウディに5点。
三連複でベスト、ロード二頭軸でリクエスト、トランセンド、トーセン、ガウディに4点。ロードロックスターの単勝を100円。
計1000円。

◆新潟大賞典
アーネストリーに注目していましたが、変更します。軸はダイシングロウで。多分人気薄なので手広く。馬連でダイバーシティ、アドマイヤフジ、マンハッタンスカイ、オペラブラーボ、シンゲン、トウショウウェイヴに6点。ワイドでマンハッタン、トウショウ、ダイバーに3点。
ダイシン、アドマイヤ二頭軸の三連複でマンハッタン、オペラ、シンゲン、トウショウ、ダイバーに5点。計1400円。

◆プリンシパルS
前述のアントニオバローズのコメントから、2着以内を確保するためにここ出走と考え、人気ですが素直にこの馬から馬連でオオトリオウジャ、ヤマニンウィスカー、マナクーラ、ミッキーペトラ、ヒカルマイステージ、キタサンガイセンに6点。
アントニオ、マナクーラ二頭軸の三連複でヤマニン、オオトリ、ミッキーに3点。計900円。

◆新潟12R
クロスホーリー複勝200円。

◆京都12R
フレノカトリーヌの単複(100円、300円)

◆京都7R
ナリタアタッカーの単複(100円、300円)

◆高瀬川S
ショウナンアクト、トウショウブリッツ、スマートブレードの馬連ボックス。ダイイチミラクル複勝200円。計500円。

◆新潟4・5R
今日の穴狙いレースです。以下は私の勝手な推測です。
今週、関西の武英智騎手は、美浦まで追い切りに騎乗しにきました。NHKマイルC出走の河野厩舎アドバンスへイロー(本番は柴田善騎手が騎乗)の追いきりに騎乗しました。騎乗しない馬のために追い切りのみでわざわざ来るのはおかしいと思い調べてみました。
そうしたら武英騎手は今週新潟で同じ河野厩舎の馬に二頭騎乗することがわかりました。しかも追いきりには騎乗していました。本来美浦に来た目的はこちらと考え、この二頭を狙います。

★新潟4R
ポスターバリューの単複(100円、200円)
★新潟5R
ホッコービッグワン単複(200円、500円)。同馬から馬連でウェザーサイド、タガノブリガデイロ、ジャグラーキング、アクアブルースカイ、ジュウクタイザン、オンフルールに6点。ワイドでタガノ、アクア、ジュウクに3点。計1900円。

以上合計6700円

★5/9の購入金額・・6700円
★5/9までの回収金額・・94800円
★5/3までの購入金額・・88100円
★5/3までの回収金額・・100580円
★5/3までのの回収率・・114%

◆NHKマイルCコメント
今年の3歳馬は本当に層が厚く、相当強いと思っている馬が完敗して、予想もしないような結果になるレースガ相次いでいます。
ただ皐月賞を無視してマイル〜ダービーのラインでくる馬はことごとく上位にきているケースが多く、今回もやはり押さえたいところです。

今回は自分の好みと直感でいきたいと思います。
現段階での予想は、
◎軸ブレイクランアウト
◯ミッキーパンプキン
▲ラインブラッド
△アイアンルック
△ワンカラット

というような感じで考えています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆NHKマイルCで前回コメントしたエイシンタイガーは賞金不足で除外のようです。

◆スモールさんの記事でカネヒキリ骨折のニュースを知りました。残念ですが、優秀な馬の宿命とでもいうんでしょうか?
以前もトウカイテイオー、ビワハヤヒデ、ミホノブルボンなど皆、故障に悩まされたり、早くの引退に追い込まれた名馬がたくさんいました。
私は馬の専門家でも獣医でもありませんので、くわしいことはわかりませんが、一説によると肉体の能力が高すぎて、体がついていかないのでは?というような話を聞いたことがあります。
特にG1の8勝目などという、人間の都合がかかって、かなり無理使いになっていた部分もあるのかもしれないとは思います。
今後の回復を祈りたいと思います。
そういえば、昔、高松調教師が記者会見で、有名な馬がレース前に強い調教をしなかったことに対して、記者からあまり調子がよくないのでは?
と質問攻めにあった時の名言があります。
『休養も調教なんだ』 とのことです。

◆兵庫CSで無敵の強さを誇っていた、スーニが先行したゴールデンチケットに完封されました。皐月賞では先行してつぶれましたが、かなりハードなレースをして相当力を付けてきているようです。毎日杯、皐月賞ではまったく人気薄でしたが、今後が楽しみです。

◆上記のニュースより考えると、皐月賞で比較的前に行って、順位が崩れなかった馬は次走は要注意と思います。該当馬としては、ベストメンバーが揚げられます。今週プリンシパルSか京都新聞杯にダービーの出走権をかけて出走する予定なので注目です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週は土曜日の朝イチで仕事が入り、書く間がないので早く載せます。もう夜が明けてしまいそうなので早くしなくては・・。

JRAのオッズマスターズグランプリに参加していますが、先週の当たった分の殆どは競馬場で購入したもので、関係ないので今週はPATのほうで頑張ります!

◆土曜日分
★新潟大賞典
軸◎ブライトトゥモロー
強敵相手にあわや的な場面を一瞬演出、ハンデ戦でしかも人気だが57キロなら。
◯トウショウボイス
新潟得意、53キロで内枠なら、野芝だけの平坦コースなら。
▲オースミグラスワン
今旬の川田騎手がわざわざ新潟に遠征、前走を評価。
△ワンダースティーブ
ハンデ戦は注意。意外性あり。
△バトルバニヤン
ここのところチグハグな競馬だが、55キロの平坦なら一変の可能性有り。
△フィールドベアー
もとから地力あり、注意。
注シルクネクサス
押さえたい。

★京都新聞杯
重馬場が予想されます。巧拙も重要な要因となりそうです。
◎フィッツロイ
小倉の重で2着があるように、器用さもありそうで、戦績からも大崩れするタイプではなさそう。
◯ロードアリエス
血統、前走レベルで見ても十分通用しそう。雨がどうかだけ。
▲プラストダッシュ
武豊騎手が選んだ?のに敬意を表して。
△ポーラーライツ
△メイショウクオリア

★プリンシパルS
◎ピサノエミレーツ
藤沢和厩舎二頭出しはこちらが勝負か?
◯ダイワライトニング
内枠の利を活かしたい。
▲テラノファントム
△ベンチャーナイン
皐月賞トライアル2回と皐月賞を使い、さらにダービートライアルと、この過酷なローテーションは注意、このレースにすべてを賭けてきそう。

◆日曜日分
★NHKマイルC
雨の影響がどこまであるかかなり微妙ですが、先行馬が、かなりアドバンテージがあると考えます。また例年の流れですと、2000前後の実績のあるスタミナのある馬を狙いたいところです。レースレベルは桜花賞、マーガレットS,、弥生賞、毎日杯、すみれS、それに今回出走はありませんがはなみずき賞、フラワーCあたりの出走馬の次走以降のレースに注意したいと思います。それにしても主役不在、多分プロの予想家の方は相当苦しんでいるのでは、と思います。
◎アポロドルチェ
出走に足りる賞金は昨年既に加算して、独特のローテーションでのぞむ。左回りで一変の可能性有り。
◯ファリダット
前走から能力高そう。
▲レッツゴーキリシマ
渋太い、馬場悪化の際は先行力あり注意。
△ダンツキッスイ
逃げ馬は人気が落ちた時に注意、阪神のタフなマイルで逃げ切ったことを考えると、消耗戦に強そうで、東京のマイルは絶好の舞台。
△ディープスカイ
このローテーション、実績でひじょうに有力だが、道悪はどうか?
△ゴスホークケン
前走は明らかに叩き台で度外視、G1を勝った馬で警戒。
注ブラックシェル
この世代でトップレベルだが、武騎手が今回選ばなかった分を割り引き。押さえていど。

★そのほか日曜日の穴馬注目。
・都大路S
カタマチボタン、クランエンブレム、ナスノストロークに注目。
・丹沢S
トーセンゴライアス、フサイチウィードに注目。

このページのトップヘ