競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:天皇賞秋

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※AM4時40分くらいまでに内容は変えていませんが若干文章を整備しました。

土曜日のアルテミスSは不発でした。ただ勝った馬だけでなくこのレースに出走した馬の一部は今後も面白そうです。今後それなりに活躍する馬を量産するのでは?と思いました。

全般もですが特に重賞は不発続きですが、また長々と下記に予想を書きます。
天皇賞はある種、有馬やダービーと並んでお祭りなので、ああでもない、こうでもない、と色々考えるのが楽しいのかもしれませんね。

参考にする方は、もちろん反面教師にしてのほうが賢明と思います。

◆天皇賞秋
ここは秋の中距離G1初戦ということで、叩いた馬で先々活躍する条件があるかないか、という部分でもこのレースで勝負をかけているかどうかを考えてみたいと思いました。ただまともに考えると穴はもちろん、大穴など考えにくいメンバーなので馬券を印どおりに買うかすらも迷っています。いっそ目をつけた穴馬の単複と◎とのワイド程度に絞って見物に徹してもいいのかも、と考えています。
・今後のスケジュール
近年は秋天→JC→有馬という公式はなくなりつつあり、狙いを絞り込んでの出走が多いと感じています。ここで問題になるのは暮れの香港です。ここにどういう登録をしているかが先日発表されました。あとは来春の大レースですが秋天を本格的に狙うタイプは当然ドバイと大阪杯がかぶります。そう考えるとここか香港でメイチ勝負してあとは来春の2レースしか敵鞍がなくなります。下記にもありますが半年以内で海外2回遠征はきついので香港は登録だけという馬もいると考えています。というよりそんなに沢山の出走枠があるかどうかも疑問です。そうなると2千前後がベストの馬は仮に香港に登録があってもここメイチの可能性もあります。
ただ休み明けの馬や、一部のタフな馬はマイルCSにも出走可能なのでここは注意と思っています。

★秋天出走馬の香港予備登録
ヴィブロス 第一希望マイル、第二希望2000
ステファノス 2000のみ
サングレーザー 第一希望2000、第二希望マイル
マカヒキ 第一希望2000、第二希望2400
ブラックムーン 第一希望マイル、第二希望2000

というふうになっています。香港は12月のレースであり、ここを本格的に狙っているケースは秋天でピークにするとかなり無理がありそうです。ここが休み明けくらいでちょうどいい感じでは?と思います。また香港の馬場は日本とは違い時計がかかり、さらにいえば秋天とは違い右回りです。また香港で激走した場合は春のドバイを目指す場合は馬には再度の検疫など大きな負担がかかる可能性が高く、ドバイで実績のある馬は実際には出走しないでドバイに絞り込む可能性もあるのでは?と思っています。

そのように考えるともとから香港には登録さえしていない秋天出走馬の有力どころで、欲をいえば1回叩いていたり、ここをゴールに使ってきた馬のほうがさらに勝負気配は濃厚と考えています。

さて上記の条件も含めた個人的私見による可能性ありの各馬のコメントです。
・ステファノス
内枠有利で実績もあり穴で注意ですが紐までか?
・ブラックムーン
大穴ですが人気にかかわらず地力があり注意ですが、休み明けもありよくても入着級で複少々。
・ヴィブロス
陣営から伝わってくるのはマイル〜1800がベストと考えている?と感じます。圏内とは思いますが紐まで。
・レイデオロ
過去のレースは原則2200〜2400で勝負がかりの印象で、もちろん地力は高そうですが過信は禁物と感じました。こちらも香港は登録なく本当の狙いはJC?
・スワーヴリチャード
休み明けが気になりますが左回り、特に東京巧者で、安田出走などを考えるとJCよりここの適性の方が高いと考えている可能性があると思いました。アルゼンチンは相手関係や56キロのハンデ、賞金加算が必須だったことでの出走と考えます。勝ち切るかどうかはわかりませんが香港登録もなく有力。
・マカヒキ
香港登録では2千→24千の順で有力ですが、ムラがあり負ける時は惨敗もありそうです。
・アルアイン
香港登録なく、この先敵鞍もなく、賞金や実績も加算したいはずです。叩いてここ勝負の可能性高いと考えます。問題は東京コースがどうか?
・ダンビュライト
長距離馬に思えますが、意外に2千を繰り返し使っていて2千〜22千あたりが向いていると陣営が考えている感じです。地力が疑問ですが先行するとかなり渋太く、香港登録もなく賞金加算も必須で、Bコース変わり、少頭数のレースということも考えると人気薄ですが注意です。
・サングレーザー
前走通り福永騎手騎乗であればさらにここもと思いましたが、それを上回るモレイラ騎乗で経緯は不明ですが、もしモレイラ騎手確保プラス彼を他の馬に乗せない、ということが目的であれば、勝った騎手からの乗り替わりでは異例ですが、かなり注意です。香港は2千→マイル登録ですが、短距離からの距離変更もあり、ローテーションはもちろん考えているとは思いますが、目先のレース1戦ごとに全力勝負と思いました。有力です。
・キセキ
穴狙いのターゲットになっている感じです。ただ前走は復活しての休み明けではないので叩き台というような余裕があったかは疑問で自体が勝負がかりだった可能性もあると思っています。であれば若干割引です。菊花賞は長距離で超荒れ馬場、ダービー上位馬不在で過信は禁物と思います。
・ミッキーロケット
宝塚や近々の実績で長距離の印象が強いですが実はもとは2千前後でこその馬。ただ速い時計や東京がどうか?
・サクラアンプルール
前走はサマーチャンピオンがかかり、またここ最近の主戦・田辺騎手ではなく単にタイトルのために勝ちに行ったのか、戦略的に仕掛けたのかが難しいところです。もし後者であれば人気はありませんが上位の可能性十分というふうに考えています、

◎軸アルアイン
○スワーヴリチャード
▲サングレーザー
★レイデオロ
△サクラアンプルール
△ヴィブロス
△ダンビュライト

馬券は◎から人気に馬連、穴にはワイドで。

◆カシオペアS
プリメラアスールがすんなり先行できれば今回は注意と思っています。

◆ルミエールAD
穴では内枠がどうかですが前回1400をハイペースで逃げたウインソワレに注意です。それから裸同然の軽量で連闘するジュリーハーツ、ノルマンディ系の2頭、アペルトゥーラ、ナインテイルズに注意です。またこれはかなり難しい可能性がありますが前走は惜しくも馬券に絡みませんでしたが見せ場があった9歳馬のシベリアンスパーブも少々買いたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月28日(日)AM3時59分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の天候で馬場状態が若干悪化する可能性がありそうです。
そういえば再度秋華賞の話ですが直線のゴール前の脚色が抜けていたアーモンドアイとほぼ同じ脚色だった馬がカンタービレでした。もちろん同じ実力があるかはわかりませんが、今後G1でも好走の可能性十分と感じました。

あと先週土曜日の京都8Rで人気薄で快勝したプティットクルールですが、今までのあと一息のレース振りから一皮向けた印象です。着差以上に強い勝ち方と感じました。上のクラスのハンデ戦では馬券に絡みましたが、定量戦ではもうワンパンチ足りない感じでした。まだ4歳で成長する可能性を考えれば長距離戦では今後期待できそうです。田中健騎手と相性がよく、1000万でも馬券に絡んだこともありハンデ戦などで斤量が軽い時は特に注意と思います。

◆スワンS
メンバー的に叩き台とはいえモズアスコットは凡走が許されないパターンと考えますが、以前もメンバーのレベルに関係なく取りこぼしもあるという印象もあり他の馬が勝つ可能性も十分です。またモズが上位でも人気薄が絡む可能性も十分と思います。
もとよりメンバーだけでなく、レース自体のレベルも高い可能性があるセントウルSで好走したコウエイタケルに注意です。また賞金加算が必須なうえ事前入厩したロードクエストにも注意です。さらに追い切りなどの様子も含めべステンダンク、コース形状が比較的似ている函館で好走歴の多いデアレガーロあたりまで注目しています。

◆アルテミスS
岩田騎手は今週美浦で追い切りでアフランシールにも騎乗しました。来週のJBCに絡んでの東上の可能性もありますが、この馬のための可能性もあります。実力的にも面白そうなので注目です、あとデビュー戦のレース振りからトスアップにも注意です。他の有力馬に比べて地味ですが潜在能力は引けを取らないと思っています。あとは人気ですが衝撃的な強い勝ち方をしたグレイシアは押さえざるを得ないと思っています。


◆国立特別
前回の51キロ騎乗では寸前に馬が出走取り消しとなり、「ひょっとしたら減量失敗?」と思わせた武豊騎手の久しぶりの51キロ騎乗のプリュス、軽量のエスターテあたりに注目しています。

◆岩船特別
真偽や本当の目的は不明ですが今週美浦での追い切りに騎乗馬ではないのですが、Gチャンネルの追い切りの映像では栗東の菱田騎手が参加していたようです。一週前の可能性もありますが、今週は新潟、京都の騎乗で一部美浦の馬にも騎乗があります。その中で軽量の関東馬で将来的にも面白そうなジョブックコメンに注目です。

◆東京12R
武藤騎手が前走騎乗で今回も減量のリーガルオフィス、今回武藤騎手が減量騎乗のラインアストリアに注意です。

◆超大穴注意馬
ほぼ難しいと思いますので話半分ということで、あまり参考にしないでください。
・京都1R
チョウヤバイ
・京都2R
スーペルゴラッソ

◆天皇賞秋展望
普通に考えたら強力な馬に一流騎手、さらに日曜日は馬場が悪化する可能性も少なく、Bコース替わりで、少頭数とまぎれる可能性がきわめて少ない形になりました。一部目的は不明ですが難しそうな馬を除けば有力馬の戦いの可能性が強いと思っています。
ただローテーションや前走のレース振り、当地での実績、あとはトリッキーなコースなので枠順も含めて考えれば、穴ではステファノス、サクラアンプルールあたりは面白そうと考えています。あとこれはかなり難しいと思いますがJBCのニシケンの追い切りで栗東遠征したと思われる横山典騎手が追い切りに騎乗したブラックムーンも実は地力があり注意です。特に昨秋のマイルCSでは全くの人気薄でしたがゴール前では見せ場たっぷりの豪脚を披露しました。距離も守備範囲内ではないかと思っています。
また今回は比較的人気がないアルアイン、サングレーザーも一回叩いていて今後のスケジュールやレース条件的にもここはメイチ勝負の可能性が高く注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月27日(土)AM4時18分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
前の記事で一部コメントしていない馬がいました。
★シンゲン
かなりの力がありそうなのと、左回り、特に東京の2000はベストの条件。
ただ厳しい相手とタフなレースになった前走は完敗でした。この経験が活きれば上位も可能と思います。まだ上昇の余地がありそうです。

★エアシェイディ
昨年のレースから万全の状態で臨めばほぼ同等の力がありそうです。以前グリーンチャンネルの番組で後藤騎手が、「この馬はレース前に緊張するので、必ず小用を足すんです。返し馬からスタートの間で小用を足せれば必ず力を発揮できます」と言っていました。実際に一般のファンに確認できることではありませんが、要は小用を足せれば、一線級相手でも勝てます、ということに聞こえました。条件次第では勝ち負けの可能性も。

以上ですが、エアは大外枠、シンゲンはやってみないとというところがあり、紐で押さえという感じで考えています。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
d2976735.jpg日付が変わりましたが、スモールさんのブログを読んでいてすぐ気付きましたが、土曜日の記事でメジロマックイーンは失格ではなく降着で、ダイワスカーレットはウォッカに4勝1敗でした。いい加減なことを書いたことをお詫びして、訂正致します。また先週の記事で福島民友カップを福島民報杯と書いてしまいました。ほかにもいつも誤字脱字が多く見苦しくてすみません。

また競馬以外の話になりますが、あまり広く知られていませんが、毎年秋に神宮球場を中心に明治神宮野球大会という大会が開かれています。高校と大学の部に分かれて、それぞれ秋の新人戦地方大会や秋季リーグを勝ち抜いた学校が全国レベルで戦います。以前はあまり重要視されていませんでしたが、ここのところ地方の大学などのレベルアップでかなり重要な大会になってきました。特に大学の部では秋季リーグの覇者による唯一の全国大会という位置づけになります。ドラフト注目選手などがまとまって出場する大会で、今年は時間があったら見に行ってみようかと思っています。

ただ今回、東京六大学で早稲田が優勝を決め、佑ちゃんが出場することになり、またまた大混雑の可能性が高そうです。また高校の部については、関東地区で観戦出来る唯一の全国レベルの大会ということになり、どちらかと言うとこちらの方が興味深いと思っています。

写真は昨日ご紹介した根府川駅のレトロな駅舎です。

さて競馬ですが、土曜日はメイン関係は全滅でしたが、京都1Rでいつもご紹介している共同馬主の方の馬・スマイルミッキーが出走、人気薄で2着に入り、複勝と枠連をゲットしました。大負けをしないですみました。ミッキーへ!ありがとうございます。

◆天皇賞・続編
昨日予想は書いてしまいましたので、手短かに書きますが、スモールさんの予想をみていて、そういえば私はポップロックに印をつけなかった、と思いました。京都大賞典では完敗でしたが、積極的なレース運びでどちらかと言うと勝ちにいって負けた感じとみました。当時の予想ではこの馬と1,2着馬の3頭ボックスで予想したくらいで注目していたのですが、今回は軽視してしまいました。ただ角居厩舎の今回の三頭出しでは一番内に入り、若干距離不足の感もありますが、実力的にはほとんど差はないと思っています。また同様な考え方で最内で先行力があり渋太いアサクサキングスも侮れないと思います。穴の軸を変えるつもりあありませんが、軸馬は全く人気がないので紐としてほんの少々だけ買ってみようと思っています。やはり少し長くなってしまいました。

◆他のレース
★東京競馬全般
個別のレースの話ではありませんが、ここ最近強い関西厩舎の中で、矢作厩舎の馬の多頭出し、活躍が目立っています。土曜日も7Rで3着、8Rで1着となり、日曜日も4頭出走します、特に12Rは2頭出しですので、注意が必要と思います。

★それから以下穴の注目馬です。
・河口湖特別・・ブライアンズエッセ
・東京7R・・カレンナサクラ
・福島1R・・キングスィープ
・福島10R・・カツヨカムトルゥー、エバーブライト
・河北新報杯・・マイネルグロッソ、リキアイダンディ、ヤマニンパンテール
・西陣S・・ヘイローフジ
・カシオペアS・・バトルバニヤン
・京都12R・・ショウケイ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
e1faebe2.jpg競馬の前にまたまた少々違うお話を・・。先日所用で真鶴に行ってきました。個人的な趣味もあり、真鶴を紹介するサイトを作ってみようと思っているのですが、ありきたりの観光案内だったら今いくらでもネットや雑誌で紹介されているので、穴場情報にこだわってみようと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、真鶴のひとつ東京寄りの駅で根府川という駅があります。小田原市なのですが、この駅は片側が海、片側が山という本当に狭い貼り付いたわずかな平地に駅があります。そのため東海道線の中でも屈指の絶景を見ることが出来ます。というよりホームの下はすぐ数十メートルの崖ですぐ海になっているように感じるほどです。岬の突端に経っている感じです。(実際には間に道路があるのですが・・)また駅も東海道線では珍しい無人駅だそうで、駅舎も相当古いレトロな駅舎で風情があります。東京から1時間強で来れる所とは思えないぐらいです。

今日はこの根府川駅のホームからの眺望の写真を掲載します。ここ数年は元旦の早朝にこの駅から初日の出を見る臨時列車が出ているようです。

さて競馬ですが先週はまたやられてしまいました。なんと人気のオウケンブルースリを軽視してしまいました。今週こそは、と思っていますが・・。秋の天皇賞は特に難しいレースですから・・。

まだ時間前なので今日のレースも一部予想します。
◆スワンS
実力馬が重い斤量を背負い、また直線が平坦なこともあり思わぬ穴馬が来る可能性があると思っていますが、今年は例年より小粒なメンバーという印象です。本来はトウショウカレッジとローレルゲレイロ、スズカフェニックス、ジョリーダンスあたりが強いかな、と思いましたが、わざわざ関東から乗りにきたスズカフェニックスに敬意を表し、この馬を軸に馬主二頭出しで当該レースを勝っているタマモホットプレイとムラはありますが先行出来ると渋太いタマモサポートにワイドを買いました。

◆ブラジルカップ
ハンデ戦で抜け馬がいない感もありますが、ドラゴンファイヤーが一枚上かなと思っています。ただ人気をかぶりそうなので無理矢理穴馬を捜してみました。左回りでは先行すると渋太いイイデケンシン、連闘のメイショウシャフト、東京ダート2勝のメイショウサライあたりに注目しています。この3頭から内枠の利でラッキーブレイクに買ってみたいと思います。

◆天皇賞秋
★ポイント
・まず東京2000はトリッキーなコースであるということです。すぐコーナーがることもありますが、その為に乱ペースになることが多々あり、展開が予想しにくいことです。過去も絶対的な強さを誇っていた馬がた度々馬群に沈んだり、失格したりの憂き目にあっています。基本的に馬場状態(今週からBコース)等も考えるとやはり内枠が有利になるとは思いますが。あと先ほどの8レースの500万の勝ちタイムが1分59秒0とかなり時計は速そうです。

・このレースのもうひとつの難しさは後にジャパンカップ、有馬記念というレースが控えているため、仕上げ調整がどれくらい進んでいるかという問題です。このレースで好走するパターンは多くは年初からこのレースに合わせたローテーションを組んでいる馬と、あとは夏場に急に本格化して絶好調のままでこのレースを迎えたかの二つパターン分かれます。秋の始動レースというよりは春のレースの流れも重要です。

★結論
軸◎エアシェイディ
2000メートル(すべて入着)、左回りとも得意で自在性があり内枠の利も考えると今回人気はありませんが穴の軸としては最適と考えました。斤量もなれており、3強に食い込んでくる可能性はかなり大とみました。

◯ディープスカイ
かなり前からこのローテーションで調整していて、斤量も年内は古馬より有利で、これも内目の枠で大きな不利を受けない限り好走出来ると考えました。

▲ダイワスカーレット
休み明け以外の不安要因はないのですが、初コースであることも加えると若干割引です。ただ大レースばかりを使っているのにいまだ連対を外したことはなく、ウォッカにも3勝1敗。あっさり勝つことも・・。

△カンパニー
外枠でなかったら本命にも、考えた馬ですが、このコースでこの枠では軸にするのは不安で紐にしました。
△アドマイヤフジ
前走は最後力負けという感もあり、押さえ程度で。ただうまく流れに乗った時は上位も十分狙えそうです。
△サクラメガワンダー
課題の輸送と東京コースを克服した感があり、本来の実力を発揮すれば逆転の力もあるとみました。
注ウォッカ
外枠ですが、やはり押さえざるを得ないですね。本当にはまったら多分一番強いのでは、と思っています。

このページのトップヘ