競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:天皇賞・春

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

G1シーズンたけなわですが、何故か忙しく日曜日もピンポイントで控えめに。
青葉賞など今までの重賞を見るかぎりスプリングS、ゆきやなぎ賞出走馬には注意が必要と感じました。
◆天皇賞・春
展望と大きく見解は変わっていませんが、追い切りなどの動きを見るとトーセンバジルという馬が意外に調子もよさそうだし、長距離のレースでは凡走も少なく、侮れないことに気付きました。ただ普通に考えれば固い決着の可能性が高くヤマカツ、シホウは個人的な趣味での大穴狙いなのでご承知置きください。本当はカレンミロティックと迷いましたがさすがに10歳馬であり、ここは逃げ宣言もありヤマカツに印をまわしました。
◎トーセンバジル
外枠が同かですが、島川氏の馬は春天2着2回で、今度こその可能性もあり、今回はメンバー的にも一発の可能性あり。
○アルバート
ローテーションから今年は特に警戒
▲シュヴァルグラン
ご存知の実力馬で上位候補
★クリンチャー
堅実なタイプで、前走の様子から上積みもありそうで上位は堅そう
△ヤマカツライデン
ローテーションと阪神大賞典の感じからここメイチの可能性あり
△レインボーライン
トライアルが強い勝ち方ですが権利取りでメイチの可能性もあり過信は禁物
△ガンコ
底を見せていないので余力に警戒
注シホウ
超大穴で複ほんの少々

◆谷川岳S
トウショウの2頭出しが上位に絡むと考えています。他ではトラスト、アポロ、タガノブルグあたりが上位候補と考えます。

◆端午S
メイショウの4頭出しが中心になりそうですが、どれも条件でムラがあり意外に難しい感じです。中ではメイショウラビエが一番安定しているのではと考えています。この馬からMオーパス本線で、あとはワイドで他のメイショウに。

◆新潟7R
このコースはなぜか走るスノードーナツに注意です。

◆京都5R
ウォルビスベイに注意です。

◆東京3R
穴でフチコマに注意です。複とクレバージェットとのワイドで。

◆東京2R
穴でユーロジャイズに注意です。相手本線はショウナンカルロとショウナンマボロシのショウナン勢ですが、人気のラスティユースとキルロードも押さえたいところです。

◆京都2R
ホクセツに注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月29日(日)AM3時35分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先日レーティングから有力馬を絞りましたが、今回は勝負気配などを総合的に考えてみます。
★事前入厩
最近流行の関東馬の早めの栗東入りですが、今回はコスモ両頭とマイネルキッツが入りました。
すべてがすべて好走するとは限りませんが、厩舎としては勝負度合いは強いと判断します。

★騎手
これはかなり注目ですが、ヒルノダムールに騎乗の藤田騎手は日曜日はほかの騎乗がすべてなしで、この馬のみの騎乗です。
ほかに大きな理由がない限り、高齢でもない一流騎手が、有力馬主が多く出走するG1ウィークで1頭のみの騎乗というのはかなりの勝負度合いと考えます。
この馬は前走大阪杯は勝ちましたが、最後後続に詰め寄られて薄氷の勝利でした。おまけにこれでやっと賞金加算ができたという状況で、普通に考えれば実績のないこの距離ではこの相手ではなかなか難しいと考えてしまいますが、
もう少し熟考してみると面白いデータもたくさんありました。
まず京都はかなり得意そうです。また3歳春ですがルーラーシップを子供扱いで勝っています。その後はルーラーには連敗しましたが、皐月賞ではほかの馬をしのぐ末脚で2着、菊花賞も4着馬以降とは差の無いレースで上がりも最後方から追い込んだクォークスター以外には負けていませんし、ゴール前の末脚は目立ちました。
藤田騎手はこの馬をひじょうに高く評価しているとかで、すべてのレースに騎乗しています。
またここのところのレベルの高いメンバーとのレースでも地味ですがことごとく上位に食込んでいます。

そして極めつけは、今年は宝塚記念の勝ち馬がブリーダーズCに出走できるということです。
つまり今までは春天のほうが格上でしたが、近年の世界の競馬の距離は長距離は完全に敬遠されている感もあり、これからは宝塚を目標に馬を仕上げ、
あわよくば海外の大レースにという青写真が主流になりそうです。

スモールさんのブログで読んでびっくりしましたがメジロ牧場閉鎖(知りませんでした・・)などもそのあおりでは考えてしまうくらいです。
メジロなどは特に長距離〜天皇賞制覇〜種牡馬・繁殖牝馬みたいなプログラムの生産者だったように思います。

つまり春天より宝塚のほうがメンバーが強化される可能性が高いと考えています。
今回ヒルノダムールは大阪杯から連戦ですが、ここはほかのライバル、特に切れ味タイプと一番戦いやすいレースであるともいえます。
多分人気にはならないと思いますので、連対候補として狙ってみたいと考えます。

★雨
前の話に関連させると、そこで一番問題になってくる話です。
天気予報では日曜日は東京以外は皆雨の予報です。ただ時間的にどこまで馬場が悪化するか見当がつきません。
もし道悪になってしまった場合は、当然巧拙の問題や時計がかかる分どの馬にもチャンスが広がってくると考えます。

走法からみてフランスから参戦のジェントゥーは道悪は大丈夫そうにみえました。
あとは実績で道悪は鬼に近いトーセンクラウンあたりは注意です。昨年は11着が進路妨害で18着降着でしたが、長い距離で右回りの道悪では互角と考えてもいいかもしれません。
それからナムラクレセントやコスモメドウも浮上の余地がありそうです。

★総括
今年のメンバーは現在の実力勝負になれば有力な4歳馬が上位を独占するのは目に見えていますが、ここはほかのG1とは違う長距離であること、また雨の可能性もあること、
そしてひじょうに消耗の大きなレースなので後に海外の大レース出走のチャンスでもあり、賞金・距離的にも最適な宝塚が控えていることを考えれば強豪馬にも付け入る隙は十分にあるのではと考えます。
・そして以下のように評価してみたいと思います。
本命系注目・・・ローズキングダム、エイシンフラッシュ
穴で注目・・・ヒルノダムール、ジェントゥー、ナムラクレセント、コスモメドウ
道悪の時のみ注意・・・トーセンクラウン

◆2011年の成績
★4/24の購入金額・・11300円
★4/24の的中金額・・3200円
★4/24までの購入金額・・284500円
★4/24までの回収金額・・282940円
★4/24までの回収率・・99%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!
現段階では下記の馬に注目しています。当日までに結論を出します。
★天皇賞・春
ヒルノダムール、ローズキングダム、エイシンフラッシュ
★スイートピーS
アドマイヤアロング、セイルアゲン、シシリアンブリーズ
★谷川岳S
ファリダット、ヒットジャポット、リディル、スマートステージ
★アハルテケS
インペリアルマーチ、カジノドライブ、プロセッション、アドバンスウェイ
★錦S
マルカベスト、ベストクルーズ、ブレイブファイト、ガンダーラ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ