競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:安田記念予想

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週かなり荒れてしまった馬場に追い打ちをかけるように土曜日にまた状態が悪化した印象です。今日は暑くなるのでかなり回復しそうですが、内目はかなりボコボコになっている可能性があります。若干時計がかかるのと、力の要る馬場になっていると思います。
以前のダイワメジャーのようなレースができる馬がかなり有利と思います。
また芝刈りをしたようなので、外だけ芝が伸びて深いということもなさそうで、展開によっては大外一気的な馬も浮上の余地ありと考えます。

◆安田記念
すべては、ウォッカとデォープスカイの対決ムードに終始しそうですが、一応現段階ではディープの方がローテーション的にレースを絞り込んでいる感があり、実力的に大きな差が無いとすれば有利と考えます。
★騎手
四位騎手は今週は東京で騎乗です。土曜日は1レースのみで、今日はダート平場と芝の2500と麦秋Sでタカオセンチュリーに騎乗で本番です。
藤岡佑騎手は安田記念のみの騎乗です。

★レースレベル
一概なことは言えませんが、結構はっきりしてるのは大阪杯の出走馬はかなりのレベルだったということです、その後大きなレースでも好走馬を量産しています。
都大路Sや谷川岳Sも先行組は比較的好走率が高いようです。例年上位を賑わすマイラーズC組はそこそこのレベルと考えます。
高松宮記念組はイマイチのようです。特筆は東京新聞杯で先行した組で、かなりきびしい競馬になり好走率が高いようです。

★香港馬は?
賞金がかかっているサイトウィナーは先行なだれ込み型のようで展開は向きそうですが、ここに照準を合わせたというよりは前走の勝利での参戦で、昨年2着のアルマダのほうが、ここを狙ってきた感があります。いずれにしてもビババダカやグッドババをはじめ香港のマイラーはかなりのレベルと思いますので無視は危険と思います。
実際咋暮のG1出走のスーパーホーネットはアルマダとは1勝1敗です。

★予想
軸は今回はディープスカイと考えます。宝塚〜凱旋門という予定でここがメイチでない可能性もありますが、ここで正攻法で上位に入れないようではこの先はないと考えます。そしてウォッカの時ではありませんが降ろされてしまう危険もあるわけでここは失敗が許されない騎乗です。またローテーションも負荷をかけた大阪杯のみを叩いての形で、3歳時に菊花賞に見向きもしなかったことを考えると、陣営も左回りのマイル〜2400が最適と考えているのではと思います。昨秋もそんなローテーションでした。
軸◎ディープスカイ
◯スーパーホーネット
余裕のある日程でここ勝負
▲アルマダ
昨年2着
△ウォッカ
押さえたい
△コンゴウリキシオー
一昨年の2着
△カンパニー
今回なぜ人気がないのかわからない
※穴にこだわりたいので、ウォッカを軽視します。力の要りそうな馬場や消耗戦になった時を考えると消える可能性もあると考えました。
馬券は◎からウォッカ以外に馬連で4点(200円ずつ)、ディープ→ウォッカの馬単200円、ディープスカイの単勝を500円。計1500円。

◆麦秋S
ポーカーフェイス一頭軸でタカオセンチュリー、スリーアリスト、シルクストリートの三連複3点。シルクヒーローの複勝200円。計500円。

◆関ヶ原S
ハギノプリンセスの複勝200円。

★御嶽特別
メイショウアサガオの単複(100,300)

◆あじさいS
ハードウォンの単複(100,300)

◆中京3R
アグネスクィーンの単複(100,300)

◆中京4R
スズカイエロー、メイショウラダック、ビコーフェザー、セイウンエポックの馬連ボックス

◆ホンコンJCT
スィートブレナムの単複(100,300)

以上合計4400円

★6/7の購入金額・・4400円
★6/7までの購入金額・・123000円
★5/31までの購入金額・・118600円
★5/31までの回収金額・・116060円
★5/31までのの回収率・・97%


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まずはお詫びです。
昨日香港馬のアルマダの話を書きましたが、成績表を見間違えました。アルマダは昨年の安田の前のG1でグッドババの2着でした。大変失礼致しました。

さて今日は四位騎手の話です。これはすべて個人的な見解と推測であり、事実とは異なりますので、よろしくお願いします。

四位騎手は一昨年のウォッカ、昨年のディープスカイとダービーを2連覇しましたが、なぜか今年は騎乗馬もいない状態でした。よく考えてみればダービーはホースマンの夢、それを2年連続独り占めにしてしまったのですから、騎乗馬がいなくてもそれはある意味しょうがないことかも知れません。

ところが3連覇がかかっているわけですから、最後の最後までこの可能性を残しておかなければなりません。先週の四位騎手の騎乗は土曜日は中京で数鞍のみで、ダービー当日の日曜日は当然東京に出向きました。

実際の騎乗は関東馬と関西馬の人気薄各一頭、そして目黒記念はエリモエクパイアの計3頭です。特にダービー前後の午後おそいレースから11Rまではすべて騎乗なしでした。だれかがもしか落馬負傷などで乗れなくなったら、代わりに騎乗できる準備を万全にするためであろうと考えます。

それくらいダービー3連覇とは偉業であり、ほかのすべてを犠牲にする価値があるのでしょう。

結局ダービーはすべて予定通りの騎手が無事に騎乗、四位騎手はダービーで騎乗することは出来ませんでした。

ただ四位騎手がすごいのは、平場で騎乗したテン乗りの人気薄2頭とも見事に勝利したことです。しかも追い込んでの勝利です。
目黒記念は凡走でしたが、大雨の後の荒れた馬場も経験して、来週の安田記念でのディープスカイ騎乗にむけて、いろいろ参考になったこともあったはずです。

四位騎手は最近あまり派手なパフォーマンスは見られませんが、着実に前進しているように思います。

今度の安田記念は自分が勝ったダービー馬同士、しかも対戦成績1勝1敗での事実上の決着になります。前走は負けはしましたが、59キロの負荷で強敵に惜敗。勝った馬は予定外の天皇賞でも3着と相当の実力馬です。

一走、一日を無駄にしないで、後に活かして頑張ってほしいと思いました。

安田記念はウォッカ、香港馬2頭、ディープスカイ、そして悲願のG1を狙うG2を4勝しているスーパーホーネットの事実上5頭の戦いになるのでしょうか。人気サイドではありますが、今年のレースの中でも有数のドラマが見られればと思っています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
オッズマスターズグランプリ第2戦の第一週は、約4000ポイントで総合で13000位くらいでした。前回よりははるかにましなスタートになりました。
土曜日はまたちょっとした仕事が入り、朝投票してから出掛けましたが、結構ラッキーで、一日で先週より多いポイント獲得が確実になりました。また日曜日も頑張りたい所ですが・・。

知人のブログのスモールパッケージさんから当ブログのご紹介をいただきました。ありがとうございます。そういえばローカル、平場の記事は日に日に減っていますね。ダービーは完敗でしたが、今回も大穴は??という感じで、どうしたものかと思っています。

◆安田記念
今年のG1の中で、最大の好メンバーがそろいました。香港の強豪も加え、興味深いレースになりそうです。
☆ポイント
取捨が問われるのは、香港馬とウォッカと考えます。香港馬はマイルでは世界でも有数の強豪ぞろいで国際レースの上位馬がそろって参加です。当然力を出し切れば上位に食い込むはずと思います。ウォッカも同様で力は抜けていると思いますが、実際にダービー以来勝利はなく四位騎手が乗らなくなったあたりから色々とぎくしゃくしてローテーションの焦点もイマイチ絞り込めていない中途半端な状態が続いてしまっているように感じます。人為的な部分で振り回されてしまい、能力を出し切れない状態が続いていて個人的には復活してほしいと願っています。

今日もまた雨が降りそうですが、あまり影響は無いようです。ただパトロールフィルムでもわかりますが、かなり最内は荒れてきているように感じます。ただ直線はあいかわらず内から3分どころの馬が軒並み残っているようです。それを考えると先週のディープスカイの大外一気はすごいことですよね。

あと他の馬では美浦に残って調整したスーパーホーネット、吉田騎手が栗東まで追いきりに出向いたオーシャンエイプス、追い切りではハーアーゲームは相当な入念な追い切り過程をこなしたようです。

単勝の売れ行きは、発売直後にジョリーダンスが3倍くらいまで買われ、そのあとはグッドババが2倍台で売れていました。そのはかピンクカメオが10倍台まで買われていました。

◎コンゴウリキシオー
能力を出し切れば、昨年のダイワメジャーを物差しにすれば、力は一枚上と考えます。凡走続きで手を出しづらいのですが、逃げ馬はいきなり好走するケースが多く、昨年のマイラーズCを勝った時も人気薄でした。昨年の香港マイルの雪辱戦でもある。単騎で行ければ。
◯スーパーホーネット
今回が最大のG1のチャンスで調整過程、昨年のマイルCを見ても力上位は明らか。ただ条件が揃いすぎで、それが気になります。
▲グッドババ
説明の必要はありませんが、力を出し切れば。
△アルマダ
レースビデオを見る限り、仕掛けどころひとつでグッドババと互角の力と見ました。
△アイルラヴァゲイン
1200のイメージが強いが、3歳時は確かNHKマイルで3着しており、大穴で狙いたい。
△エイシンドーバー
昨年は出走にこぎ着ける前に力尽きた感じで京王杯を勝つのがゴールになってしまった。マイルCは休み明けで、今年は京王杯を使わずこのレースに照準は明らか。順位は低いが内の先行の利もあり、かなり有力とみました。
△エアシェイデイ
秋の天皇賞で期待したい馬だが、ここでわざわざ出走してきたということは実力から見て押さえたい。
注スズカフェニックス
軸が人気薄なので、押さえたい。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆安田記念
JRAはディープインパクトが不在になり今年は試練の年です。世間的な話題が減り、馬券の売り上げにもかなり影響が出ていると思います。

そんな中、今年のG1は様々な話題を提供しています。皐月賞であっとびっくりの大万馬券が出て、NHKマイルでは三連単の973万馬券。ヴィクトリアマイルでは前川清さんの馬が勝ち、そしてダービーで、皇太子殿下、安倍総理見守る中牝馬が戦後初の勝利。しかも小泉総理が観戦したときのダービー馬を引き継ぐ形になったそうです。現在牝馬がG1を4連勝中です。

今回は香港の強力4頭が来日、香港と言えば中国、急成長の経済とともに、最近色々と世界を騒がせている部分もありますが、スポーツでもなりふり構わず、したたかに勝利をめざし大活躍しています。

昨年の3着馬、昨年の国際G1勝ち馬、今年のマイルの勝ち馬とトップクラスの馬がすべて連戦。一頭は約1億円のボーナスもかかっています。つまり勝ちに来ているわけでです。個人的にはやはりムーア厩舎の2頭、本来は最強であるザデュークに注目です。

対する日本は世界的な馬が2頭引退。数少ない通用する馬として今回ダイワメジャーが出走します。

ダイワメジャー陣営はどう考えているか?ここがポイントです。ノド鳴りがある馬でしたが、天皇賞、有馬を見る限り2000前後までは許容範囲と考えれば、安田と宝塚ではどちらが楽に勝てそうか?
と考えれば答えは明白で、私見ですが宝塚をピークに仕上げてくるのかな、と思っています。すでにドバイで激戦をしているわけで、価値的にも既に勝っているマイルよりも2200の勝利のほうが高い価値になると思います。

ただ実力はこの距離では国内ではトップですから必ず押さえたいところです。

あとやはり今回楽しみなのはコンゴウリキシオーです。タップダンスシチー的な強さがあり、今までは比較的ローカルやG2までのローテーションを今回G1に出走させるということは重要な試金石になると思っています。

あとは横一線という感じで、香港、ダイワ、コンゴウが自分の競馬が出来ないときは何が来てもおかしくない感じです。強いて言えばスズカフェニックスが強さは抜けている感じですが脚質的に展開に左右される部分があり全幅の信頼はおけないように思います。

結論
軸◎ジョイフルウィナー
◯エイブルワン
▲コンゴウリキシオー
△ザデューク
△サクラメガワンダー
△ディアデラノビア
△ダイワメジャー

◆麦秋S
梅田S2着のマイイージス、コース得意のユノナゲットあたりが中心。ジャガーノートは押さえたい。
穴でスウォードキャット。

◆江ノ島特別
ユータージャックから、ヒカルベガ、シルキーステラ、シルクダッシュに。

◆東京8R
土曜日のレースで、前走秋川特別上位馬が活躍しました。勝ったウェスタンクイーンは昇級戦で健闘。2,3着馬は桶狭間特別で1,2着に。しかも定量戦で好走しました。それを考え、ここはエイワジョリー、キラリダイヤモンドに注目したいと思います。あと穴でノーザンスターに注目。

◆飛騨特別
ヒューマ、トーセンザオーの両実績馬に注目。中京は時計がかかって来ており勝機。あとコース得意のチリエージェにも注意。大穴でしつこく使っているカシマフラワー。昨年のオープンレースでも一瞬見せ場をつくった時計のかかる中京コースは向きそうです。

人気blogランキングへ一票お願いします。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆ユニコーンS
今年はレベルの高い馬がそろい、馬券的にはともかく見応えのあるレースが見られそうです。
強いのが2頭、ほかにも肉薄するレベルの馬が数頭、このレースの出走馬が今年の秋シーズンにどれくらい活躍しているか楽しみです。
個人的には穴狙いなので、ここは2強プラス穴で狙います。
◎ロングプライド
◯フェラーリピサ
この2頭軸で、あと紐で、
△コマンドールクロス
△エスケーカントリー
△マイネルレーニア

◆鎌倉特別
大穴で、ロードウィズダムの単複を狙います。このメンバーでは難しいかなとは思いましたが、外枠も好感で。

◆東京8R
ここも単複のみで勝負ですが、ローレルハンバーバを狙います。
まったく人気も実績もありませんし、ダート馬と思われがちですが、芝は5回走って3回複勝圏内と以外と堅実。

◆桶狭間特別
前走大穴になった賢島特別の再戦メンバーが多いが、今回は定量戦で、少し荒れてきた馬場を考えるとリガードシチーがチャンス。秋川特別2,3着馬が人気になると思うがヤマニンは斤量増、ツルマルは追い込みで展開に左右されそうで、相手は思い切ってビッグファルコンが本線。次いでフミノバラード、シゲルガンバレ、シゲルダイハッカイ、ブライティアアイまで。

◆安田記念展望
香港馬ですが、香港チャンピオンズマイルの上位馬がこぞって出走、昨年から連続で2頭が出走、さらにムーア厩舎2頭出し、サンマルタン騎手来日、など勝負気配プンプンです。まず上位にくると思っています。

あと国内ではダイワメジャーが人気になりそうでそれなりの走りはするとは思いますが、ドバイに言行った馬はその後は皆やはり疲れが残っているようで、ダイワの目標はドバイにあったのでは、思います。押さえは必要ですが軸は他にしたいと思います。

ほかでは、ハンデ評価58.5とG1連対級のコンゴウリキシオーに期待です。やっと復調、スピードは超一級、切れ味はありませんが前走を見る限り、気持ち良く走ると今国内でこの馬を撃破できる馬は少ないように思います。

他の馬もダイワやコンゴウがすんなり行けなければ殆どの馬にチャンスがありそうなメンバーです。

そこで個人的に、京都牝馬Sで一皮むけた切れ味を見せたディアデラノビアと2歳時にデビュー時から一線級と互角以上の勝負をして、特にラジオたんぱ杯ではあのアドマイヤムーンを並ぶ間もなく差し切ったサクラメガワンダーの両頭を穴で狙いたいと思っています。

ディアデラノビアは待望のG1タイトル、サクラのタイプの馬は、デビュー時〜3歳にすごい走りを見せたがしばらく低迷したが、そのごやはり超一級を証明したハーツクライやスズカマンボのに似ているパターンと思っています。ハーツとスズカが3歳時の京都新聞杯で見せた他の馬と次元の違う壮烈な叩き合いは今でも印象に残っていますが、それを考えるとラジオたんぱのサクラメガワンダーとアドマイヤムーンも次元が違うレベルと思いました。その証拠にアドマイヤはドバイでダイワメジャーさえもぶっちぎって最上級の国際G1を勝利、サクラもそろそろ本格化?と期待しています。

ただサクラは今までのパターンだと右回り、特に阪神コースに良績が集中している感もあり、東京1600がどうか、というところもありますが、いつか大レースであっ、といわせる場面がやってくるのでは、と思っています。

 人気blogランキングへ一票お願いします。

このページのトップヘ