競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

新潟大章典

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅くなりましたが、掲載です。今日も競馬がありました。
日曜日はまったく的外れでした。
馬券が的中するかどうかより、皆レースに対する「読み」というものがあると思いますが、要するにそれがまったく、という状態でした。修行が足りないとしかいいようがないという気分でした。

ということで日曜日は超簡単に、
思ったことなどはシンプルにそのまま記載しますが、もしご覧になった方は反面教師として活用してください・・。

◆新潟大章典
こうなったら自分の好みや嗜好を優先して買います。
展望でも記載の超ハードで不発な和田騎手のクリノヤマトノオー(穴の◎)、新潟一往復の池添騎手のアストラエンブレム、休み明けですが賞金加算も必要なミッキースワロー(○)、今年は元旦から馬場に入り気合十分で実際大活躍の北村騎手の騎乗を絞り、春天でも3着の藤原英とのコンビのルックトゥワイス(▲)、なぜか新潟外回りと相性がいいという印象のこちらもハードSなのに今週の重賞はまだ不発のブラックスピネルの5頭を中心に買うつもり、というか昨日に多忙のために先にすでに前売りで連馬券を買ってしまいました。

他に人気薄ではいつも追っかけているショウナンバッハですが、中山巧者という印象とは裏腹に、最近は左回りの直線が長いコースはことごとく好走していること、8歳という年齢か、常に人気がないこと、最近はムラがなく必ず直線でいい脚を使うことなど、侮れない条件なので少々追加で押さえるつもりです。あとは参考レースビデオなどで気がつきましたが、ダッシングブレイズもまったく人気がありませんが要注意と思います。若干時計がかかったほうがいいことやコース形態の似た東京1800のエプソムCを快勝していること、前走のレースの最後の100メートルくらいの脚は上位馬よりも勝っているように見えたことなどから、大穴で注意が必要と思いました。

◆天王山S
また内枠にメイショウの2頭が入りました。先行力もあり注意と思います。あとは自在性のあるタテヤマ、2年連続掲示板でこの条件は得意そうなニットウスバルに注意と考えています。

◆京都12R(中央競馬では平成最後のレース)
ここは堅く収まるパターンと思われがちですが、思いっきり穴狙いでいきます。
クリノキング、コンクエストシチー、タガノリアンを穴で、人気のメイショウ2頭に絡めて。

※ちなみに新潟大章典でオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが、クリノヤマトノオー、強いていえばがショウナンバッハでした。京都12Rはタガノでした。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月29日(月)AM11時45分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
連休真っ盛りですが、日曜日は用事も多く競馬はあまり集中できそうもありません。
青葉賞以外は不発嵐だったので、控えめに考えています。

◆天皇賞春
土曜日の記載の続きになってしまいますが、三浦騎手はさらになんと平成元年生まれでした。日経賞の時に追い切りでは関西に遠征していることもあり、条件がそろいすぎている感もありますが、時代、そしてレースの冠名である天皇が変わることもあり、ありうるのかもしれないという気になってきました。ということでクリンチャーは押さえたいと思います。

他では前走の様子、枠順、デムーロ騎手の動向からエタリオウは馬券の中心でしょうがないと思っています。
あとはメイショウテッコンがここは勝負では?と思っています。一般の馬主さんは実を取るよりは名誉を取ることを望んでいる可能性もあると考えます。他では前哨戦で凡走して人気を落としているリッジマンは蛯名騎手が当日はこのレース1本の騎乗、またロードヴァンドール騎乗で今日はまんまと逃げ切った横山典騎手も同様にここ1本の騎乗で、どちらも紐に注意と思います。

まとめると個人的にはエタリオウ、クリンチャー、メイショウテッコン、リッジマン、ロードヴァンドールに絞って馬券を少々だけ買ってみようと思っています。

◆スイートピーS
たまたまGチャンネルで追い切り映像を見たアフランシール、カレンブーケドールの2頭とサムシングジャスト、セリユーズを絡めてこちらも少々だけ馬券を買いたいと思います。

◆東京12R
ビジョンオブラヴを中心にエムオーグリッタ、ライデンバローズ、カリーニョミノルあたりを絡めてこちらも少々買いたいと思っています。

◆新潟大章典注目馬
現段階では三浦騎手のブラックスピネル、和田騎手のクリノヤマトノオー、横山典騎手のミッキースワロー、また池添騎手は土曜に新潟、日曜京都、また月曜に新潟で絞った騎乗です。騎乗のアストラエンブレムも今回は人気がなく注意と思います。あとはメートルグラースと人気ですがロシュホールあたりまでと個人的に考えています。追加でルックトゥワイスも加えたいと思います。(AM3時18分)

◆香港なんちゃって予想
わからないうえに、さらに日本馬が比較的人気になりそうで、さらにメンバーの実力差がはっきりしていそうなので、本当に見物料程度に買おうと思っています。
・チェアマンズスプリント
豪州の強豪サンタアナレーン、地元の強豪ビートザロック、意外にここを視野に入れていた感があるナックビーナス、ドバイから直行のビドラに注目しています。

・QE
日本の3頭ではドバイから連戦のディアドラの上位に、紐でリスグラシューと考えています。他ではモレイラ騎手の動向でワイクク、ボウマン騎手に動向でフローレに注目しています。穴っぽいところでは前哨戦などのレースぶりからイーグルウェイ。グロリアスフォーエバーに注目しています。馬券はディアドラから人気どころの3頭に、穴の2頭は単複で少々、と考えています。

※ちなみに天皇賞春でオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが、共同馬主で参考にならないかもしれませんがグローリーヴェイズでした。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月28日(日)AM2時57分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
前例のない長い連休と改元で世の中は騒然としていますが、競馬界は通常のとおりのスケジュールが続いています。
ただ政府機関が運営していることや、連休の混雑の影響を受けることは必至と思います。
特に後半の東京開催は今年は府中・大国魂神社の「くらやみ祭」のピークとももろに重なるので、例年にもまして府中街道の渋滞が悪化しそうです。

ずっと(13歳から25歳までですが・・)府中市民で以前に祭りの売り子のバイト(とうもろこし)も競馬場のバイト(はるか昔のジュース屋)もやっていたので、例年でさえも大きく盛り上がるこの時期の府中でこの長大連休ですから、無事に競馬も、府中の町も大きな問題が起きないことを祈ります。

こんなものにタイトルはありませんが、GWの騎手の超ハードスケジュールのチャンピオンは和田騎手になりそうです。
27日青葉賞→28日天皇賞→29新潟大章典→1日カキツバタ記念→2日兵庫チャンピオンシップ、さらに4〜5日の中央開催と混雑と渋滞の中を移動に次ぐ移動になりそうです。通常タフな毎レース騎乗でならす和田騎手もかなり疲弊しそうですが、個人的には人気薄騎乗の多い中、必ず馬券に絡む馬がいるのでは?と勝手に考えています。

香港は日曜日の予想の時に同時に少し触れますが、なんちゃって、とはいえ今回は強い馬が、そのまま強い競馬をしそうな感じで考えています。例年実績の少ない馬が上位に入るらしいのですが、今年は日本からも本腰を入れたメンバーが遠征すると思っています。逆に人気になりそうですが日本馬は絶好のチャンスになるかも、と思っています。

あと土曜日の東京、新潟は程度はわかりませんが、雨の影響を受けそうです。また風の影響を受ける可能性もあり、意外な馬の台頭にも注意と思います。展開や位置取りが勝負を分ける可能性もありと考えています。

◆青葉賞
展望に記載した2強がやはり前売りから人気になっているようです。今年は長距離戦を使ってきた馬も多く、対戦成績の結果も出ているレースも多く、あとは馬場や展開、あとは3歳馬なので成長度合いなどが勝負を決めるのでは?と考えています。
個人的には◎も含め中穴4頭、大穴3頭をピックアップして狙うつもりです。軸は◎の馬と考えています。
・中穴
◎リオンリオン
このコースは実力差がなければ絶対的に内枠が有利と思っています。騎手の腕とハードSの勝負度合いで。
他瞬発力が非凡そうで先々楽しみそうなピースワンパラディ、独断と偏見ですが道悪大丈夫そうなカウディーリョ、追い切りで印象に残りましたが外枠がどうか?と思うサトノラディウスを中心に買うつもりです。

大穴では展望にも記載した実力はともかくここメイチ勝負とみたアルママ、実は実力ありそうなマコトジュズマル、あとはバラックパリンカに注意と思っています。

◆駿風S
馬場状態に注意で、大穴ばかりでかなり難しそうですが、クラウンルシフェル、チェイスダウン、ブロワに注意と思います。

◆秩父特別
ベストリゾートに注意と思います。

◆東京7R
土曜日は若干時計がかかる馬場になりそうで、嵌ると瞬発力がありそうなミルファームのカレンに注意と思います。

◆天皇賞春展望
人のネタで語るのアレですが、爆笑・田中氏が東スポでやはりクリンチャーを本命にしてきました。個人的にも狙いたい条件です。彼があげていたのは、三浦騎手の中央G1初勝利、関西地元開催ではすべて馬券に絡んでいることや、井崎氏指摘の生産者の「平」と三浦騎手の名前の最後の文字が「成」であることなどでしたが、個人的にはさらに「三浦皇成」の「皇」は「天皇」の一文字で、しかもレースは天皇賞(平成最後の)とそちらのほうが「え?これって??」と感じました。データ的にも前出の地元開催で良積があることに加え、3000以上の距離はすべて馬券に絡んでいるではありませんか。田中氏はこの2点はあえて書いていませんでしたが、当然気付いているいるはずです。ここまで条件が重なると、人気もあまりないようなのでここは注目と思います。
実際に馬券を買う馬は原則は週初に掲載した展望に沿って日曜日の予想までに決めたいと思っています。
※基本的に私も田中氏の考えに賛同しています。加えて・・・という、ひとつの意見です。ネタぱくりではないので悪しからず・・。

◆新潟大章典展望
とにかく馬場状態がどこまで回復するのか読めないので、こちらも週初に記載した展望に沿って考えたいと思いますが、その時点で超ハードS騎手で馬券に絡んでいない騎手の馬も加味して考えたいと思います。

※ちなみに青葉賞でオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが、バラックパリンカ とアルママでした。

アップ後15分以内に内容は変わりませんが、文脈など若干手直ししました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月27日(土)AM2時55分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
◆先週出走の次走以降の注目馬
・土曜日
福島9R サイドストリート
福島牝馬S ウインファビラス
・日曜日
福島4R障害未勝利 シュンクルーズ
※ウインは次走が新潟の場合、もしくはサマーシリーズの場のみと考えます。

◆GWの注目騎手
色々現段階での騎乗予定を調べましたが、まず前半戦は下記の5騎手のスケジュールがハードとみて勝負馬がかくれているのでは?と想像します。
・ハードスケジュールの可能性のある5騎手
ルメール、福永、横山典、三浦、和田の5人の騎手が早々と週初から今週の3日連続の重賞の騎乗予定リストに入っています。
東京→京都→新潟、とすべて移動が必要でGW期間ということもありかなりのハードスケジュールになります。

◆重賞展望
少し早いですが、登録段階での個人的な見通しの見解です。
・青葉賞
ルメール騎手のランフォザローゼスと福永騎手のウーリリの権利取り&一騎打ちの様相が強そうですが、他の馬は現段階の実績では飛び抜けた馬は一般ファン視線では見当たりません。他のハードスケジュール騎手のうち三浦騎手、和田騎手、横山騎手の中ではリオンリオン(横山典)、サトノラディウス(三浦)に注目しています。他ではまずここ勝負のアルママ、あとは騎手がまだ未定のようですがマコトジュズマルに注目しています。

・天皇賞春
フィエールマンとエタリオウのどちらかが勝つのではないか?というような感じになっていますが、個人的にもしょうがないかな、と思っています。無理やり穴をさがすような感じになりますが、メイショウテッコンとクリンチャー、あとは昨年のレースぶりからチェスナットコートに注目しています。

・新潟大章典
そこそこ人気になりそうですが前出の騎手が中心になりますが、ミッキースワロー、アストラエンブレム、ブラックスピネル、ブラックバゴ(引き続き)、クリノヤマトノオーあたりに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月23日(火)17時15分くらいです。

↑このページのトップヘ