競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:日本ダービー予想

ブログネタ
第75回日本ダービー に参加中!
今日は全くダメでした。いつものペースに戻りました。オッズマスターズグランプリもポイントで日曜日に全レース参加しても2000ポイントちょっとでこれでは話になりません。とにかく頑張ります。

◆日本ダービー
大混戦で、昨晩の分析と今日の馬場状態、前哨戦の検討を加えましたが、馬場はやはり荒れてきましたが、明日はかなり乾きそうでまだ内が有利そうです。ただ時計はパンパンの良ではなさそうで力が多少要る状態と考えます。前哨戦では意外ですがプリンシパルS出走馬の健闘が目立っています。特に若干ペースが速かったのか中団より前につけた馬が次走で好成績をあげている様です。

軸◎タケミカヅチ
いろいろ苦慮しましたが、柴田善騎手のダービー制覇、とはいかなくても抜けたメンバーがいないので上位を狙える条件が揃っていると思い◎にしました。あくまでも連軸ですが。タイプ的にはメイショウサムソンに似ている様に感じます。切れ味勝負になったらダメかも・・。
◯ショウナンアルバ
いろいろ問題はありますが、潜在能力の高さに期待したいところで、ダービーがピークになるように仕上げてきた感じを好感。
▲マイネルチャールズ
松岡騎手の執念に期待。本来諸条件では一番有力なはずだが、勝ち切れるかどうか決手がどうか。
△ブラックシェル
どこに焦点があるかわかりにくいローテーションだが、ここがゴールのレースでないと、この過酷な過程は説明出来ない。
△レッゴーキリシマ
今回の穴狙いの中心、新味を出せる可能性充分。過去もこのようなローテーションは注意。
△アグネススターチ
やはり押さえておきたい。以前はダートでも大したことがなかったので、前の芝の凡走時と比べ物にならないくらい力を付けてきたか、若しくは距離延長が合っているのかも。前走ほどの速い逃げを打たなければ。
注サクセスブロッケン
未知で、あっさり勝っても不思議はない。押さえたい。

デイープスカイは・・、と思いましたが。最低限のほんの少々の押さえ程度と考えます。一番有力な状況の様ですが、キングカメハメハのような馬とは違うように思え、また2000以上のレースを一度しか使っていないうえに敗戦していて、思い切って予想上は切りました。あと予想には入れませんでしたが、何の根拠もないのですがサブジェクトという馬がどうしても気になってしょうがありません。

◆目黒記念
軸◎トウカイエリート
◯ホクトスルタン
▲ロックドゥカンブ
△トーセンキャプテン
△シルクネクサス
△アルナスライン
注チェストウィング
◎ー◯ー▲△注か◎ー▲ー△注のの三連複、◎ー◯▲ー◯▲△注の三連単。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆前哨戦
例年皐月賞がダービーの最も重要な前哨戦で、トライアルや他路線からダービーを勝った馬は近年ではアグネスフライト、キングカメハメハだけで、タニノギムレットも皐月賞は一番人気でした。今年の皐月賞は前残りですが、そんな極端なスローペースではなくスタミナ戦の様相だったと思います。また4角でごちゃついて外を回った馬は殆ど競馬になりませんでした。フサイチホウオーを除いて・・。これは中京のあざみ賞と非常に似た状況であざみ賞で外を回って惨敗した馬たちはその後軒並み好走しています。その時も外を回った上に完勝したベッラレイアは、トライアルを完勝、オークスで2着と急激に本格化しました。もちろんもとから能力が高かったのでしょうが、小回りコースでかなりの不利な状況にひるまずに勝ちに行ったあざみ賞の走りはその後のレースで生きたとも考えられます。皐月賞で外を回った馬は要注意と考えます。能力の高い馬という前提ですが。
あとは毎日杯の出走馬にも要注意だと思います。それから阪神外回りコースを直近で走った馬も。要は昨年末に新設された阪神の外回りコースは直線が長い上に急坂もあり、馬にとっては大変な負担になり、その経験が次走に生きてくるのでは、と思っています。
◆調教過程
古馬とちがい、急に距離がのびたり、未経験の距離になるダービーはスタミナを強化する必要があり、やはり入念な調教が必要ではないかと思います。また前走で力を使い果たし疲れのとれない馬もかなり不利になると思います。権利取りや皐月賞でメイチ勝負をかけるローテーションの馬よりはダービーに照準を合わせたローテーションと調整を積んだ馬に注目したいと思います。

◆牝馬
今年は久しぶりに牝馬のウォッカが参戦します。結局オークスに出れば、という感じの流れにはなりましたが、ダイワスカーレットを物差しにすればこの馬も牡馬一線級と互角のレースが出来ると考えます。斤量的にも2キロ減で十分勝負になると思っています。

◆結論
現段階では、
◎フサイチホウオー
◯フライングアップル
▲ウォッカ
△ヒラボクロイヤル
△ヴィクトリー
△フィニステール
注アドマイヤオーラ
という感じで見ています。フサイチは一番嫌だったのは賞金不足で出走が絶望的になったダイレクトキャッチでは、と想像しています。というのもフサイチは共同通信杯の時だけ安藤騎手はゴール前で着差を計る余裕がなかったように見えたからです。それ以外のレースは辛勝に見えても計ったように勝った、いわゆる完勝で、ゴール板の所必ず横や後ろを見て着差を計っていました。負けた皐月も追い込んで上位に入れる確信があるからこそ追ってきたように見えました。
あとはナムラマースあたりも同等かなと思っていますがきりがないのでこの辺にしておきました。穴でフライングに注目したのは、皐月は外を回りさらに不利を受けて、上がりタイムを見れば、最後は競馬をしていない、と思ったからです。距離適性の問題はありますが、皐月の疲れは殆ど無く、東京はフサイチとも殆ど差の無いレースを2回しており、中間の追い切り本数は相当で、ダービーの出走権も皐月より前に取っていて、今回は入念な調整が出来ていると踏んでいます。菊花賞は厳しいタイプだと思いますので今回が勝負かと思います。藤沢調教師はNHKのプロフェッショナルでもやっていましたが、全力でその馬の適性を引き出し、一つや二つのレースを犠牲にしてもどこかで花を咲かせたいという、執念を人一倍持っていると思います。クリスエスやロブロイのような強力な馬でも果たせなかったダービーに、一枚役者が落ちてもこの馬の適性を見抜いて全力で勝負をかけ、今回は上位を狙ってくると予想しています。

人気blogランキングへ一票お願いします。 

このページのトップヘ