競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

東京大賞典

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:やはり・・、結果的に買えなくてよかったです。
ロードゴラッソはまだしも、ロンドンタウン・・・しんがり負け
金杯は頑張り、なんとか馬券に絡みそうな穴馬をさがそうと思います。(16時10分)


ホープフルSではやはりコントレイルは圧倒的な実力をみせました。
着差以上に強く感じました。2〜3着も人気上位の評判馬がまったく危なげなく入線して、穴馬がつけこむような隙は全くありませんでした。勝利騎手のインタビューで福永騎手はまだ1度しか騎乗していなくて、さらに前走の重賞は名手・ムーア騎手が騎乗していた経緯でしたが、「いつもスタートが〜〜・・」とこの馬のことはよく知っているから俺に任せておけ!的なコメントをしているように聞こえました。

勝手な想像ですが、福永騎手も心の中で”この馬は相当強い”と感じたのでは?と感じました。クラシックも含め先々とんでもない馬になる可能性まで感じたのかもしれません。ぜひこの馬の主戦ジョッキーになりたいと考えているのでは?とも感じました。
(全く勝手な想像で違っている可能性が高いと思いますので、先に謝っておきます。すみません・・・)

あとは逃げて同厩の優勝馬に貢献した?パンサラッサ、同じく先行して坂上まで渋太い走りを披露したラインベックの2頭はまだ奥がありそうに感じました。

さて表題のレースは即PATのみなので買えませんし、あと約1時間に迫っていますが簡単に予想だけ楽しみたいと思います。

◆東京大賞典
穴で超ハードスケジュールの中まだ結果を出していない岩田康騎手のロンドンタウンとここのところ追いかけているロードゴラッソに注目と思っています。
相手はサウジのレースが新設され今をガチガチのピークにすると・・、という可能性がでてきたゴールドドリーム、このコースは敵なしのオメガパヒューム、さらに地力ではほとんど差がないと思われるケイティブレイブの3頭に絞り込んでいいのでは?と思っています。

昨日はファイナルSに救われましたが、今年は例年にも増して不発の嵐でした。
勘定していませんが年間の収支も含めて要所要所でショウナンの馬に救われました。
これから例年なかなか難しい冬競馬ですが、今年こそはなんとかそこそこは当たらないかな?と思っています。
11月から年末は公私にわたって色々多忙で、特に今月は最低限の予想と掲載しかできませんでした。
年末年始も金杯他の展望も含め、機会があったらいつものような「ごたく」も含め掲載するつもりです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月29日(日)14時53分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
他用とPAT使えないのと、売り場近くになしで買えませんが、東京大賞典をもしか買うなら、

オメガパフューム、エイコーン、アポロケンタッキーの馬連ボックスとワイドボックスと3頭の三連複、
エイコーン→オメガ→アポロの三連単

の計8点を買おうと思っていました。
ただ上記のとおり参考にはしないでください。いわゆる「たわごと」です。

最終日は不発の嵐だったので、もしこれが当たっていたら、最悪ですが・・・

今年の中央競馬が絡んだ競馬はこれで終了ですが、早くも金杯からの始動の準備がすぐ行われるはずです。

競馬は切れ目のないスポーツで携わっている人たちは本当に大変だと思います。
年明けの金杯の「たわごと」はフリーMに記載しておきました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月29日(土)PM1520分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
年間の収支は改めてで、今日も仕事なので手短に
◎ゴールデンチケット
○サクセスブロッケン
▲ヤマトマリオン
△ボンネビルレコード
△ブルーラッド
注ヴァーミリアン
まだ競馬を覚えている段階ですが、だんだん強くなってきた◎が中心です。
○は前走タフなレースで、▲はダートの長距離で豹変。△一番手は地方のダートでは押さえたいところです。ヴァーミリアンは押さえ程度で。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
有馬記念は完敗でした。ダイワスカーレットの強さには感服ですがアドマイヤモナークにはやられました。京都大賞典の時と同じパターンで追い込みが決まりました。ダイワを追いかけた馬はことごとくつぶれてしまいました。ダイワはただ一頭完璧に負けていたマツリダを完封、ほぼ現役最強馬の名声を手にしたと言ってもいいと思います。

また2歳馬ではホープフルSを楽勝したトーセンジョーダンは先々楽しみです。また阪神JFで3着のミクロコスモスも平場の500万下を楽勝しました。それを物差しにすると、ミクロを破ったブエナビスタ、そしてそれを破ったリーチザクラウン、さらにそれに圧勝したロジユニヴァース。トーセンジョーダンとロジユニヴァースの対決が実現すればと思います。

ただ収支的な話では阪神、中京の最終は予想上はほぼ的中していましたが、結局中京のワイドだけ馬券が当たり若干は取り返しました。が、残はかなり減ってしまいまた少し補充しなければいけない状態になってしまいました。来年からは実際に買う馬券のみの記述と、収支を掲載していきたいと思います。

◆東京大賞典
さて本当のオーラス、以前は地方の有馬記念といわれたグランプリ『東京大賞典』です。前回ジャパンカップダートではコース取りの差もあり、カネヒキリに負けたヴァーミリアンですが、今回は大井の2000です。
★ポイント
・3歳馬は今度は2キロアドバンテージがあります。
・JCDで事実上国際レーティングを左右する評価が終わっています。前回の上位2頭ほか数頭が、来年はドバイなど海外の大レースにと考えている陣営の思惑より、ファンの要望にこたえたリベンジマッチの感が強いレースと考えます。馬券の売り上げの問題もあると思います。もしマッチレースと考えればどちらの馬も2着以下は負けに等しく何着でも同じで(あまり無様な順位はまずいのでしょうが・・)、このレースで本当に勝負をかけたい馬が食い込んでくる可能性は充分です。
・武豊騎手がなぜ骨折をおして年末騎乗したのかは、騎乗したリーチザクラウン、メイショウサムソン、そして今回のヴァーミリアンのどれかに大きな目的があると思われます。もちろん馬券の売り上げの問題もあるのでしょうが、邪推かも知れませんが体のリスクを考えると、来年以降にむけてどうしても騎乗したい事情があるのかも、と思います。まあ来年になれば答えが出るはずですが。

軸◎ヴァーミリアン
◯フリオーソ
▲カネヒキリ
△ブルーコンコルド

穴ではありませんが、一応予想してみました。馬券は本命の◎▲以外の馬連を購入します。

人気ブログランキングへ

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
ca582599.jpgそして、写真の馬券が2枚目です。

ちょうどこの日は仕事の挨拶回りが港区と横浜にあり、しかも午後の時間が空いてるというおあつらえ向きの状態でした。喫茶店に入るより、『よし!大賞典の馬券でも買うか』と大井競馬場に寄ることにしました。私は最近(かれこれ10年以上)は地方競馬は全く買わないのですが例年、年末のこの時期だけは買うことがあります。それは中央競馬がちょうどない時期というのもありますが、一番大きな理由は南関東の電話投票の口座をもっていて今はどうかわかりませんが、以前は年に一回は投票をしないと権利が無くなってしまう、と記憶していたからです。

地方の馬や賞金加算のルールはよくわからないのですが、東京大賞典だけは中央のダートの一線級が出走するので結構楽しめるからです。

京急の立会川で降りて、大井競馬場に到着しました。相当久しぶりです。この日は北風ピープーで肌が凍りそうな寒さでした。

大井競馬場は大混雑、昔の普通の開催では考えられないほどの人出です。そして何よりも昔からは考えられないくらいカップルや女性のお客さんがたくさんいました。ステージでは阿部幸太郎さん(穴のアベコー)がゲストで寒さの中解説をしていました。遠目にアベコーさんの本命はブルーコンコルドのようでした。なるほど新聞の調教欄をみるとJCDの後短期間なのに念入りな調教を積んでいます。普通1ヶ月の中間だと時計を出す調教は3〜4回程度が限度ですがこの馬だけ7〜8回は追い切りをかけていました。でもそこそこ人気だしほかの穴馬を探そうと思い、私は人気薄激走馬のクーリンガーから狙うことにしました。依然このレースでも突っ込んできて穴の片棒を担いだ記憶があります。

相手は人気、実力トップの3頭、アジュディ、シーキング、ハードクリスタルに絞りました。そしてこのような馬券になったわけです。

そして馬券だけ買い、次の仕事に向かいました。

夜、行きつけのお店により、友人に結果を聞くと。『えっ〜〜〜!』
な・な・なんと勝ったのはあのアベコー推薦のブルーコンコルド、そしてわがクーリンガーが2着に来ていたのです。『ひえ〜〜っ』
来年がまた思いやられます。馬券は難しい・・・。

もう三日後には金杯です。登録が多く出走馬が確定出来ないのでこれから予想ですが、気を取り直して頑張りたいと思います。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
8b7a97a4.jpg新年おめでとうございます。今年も頑張ります。

年末年始も相変わらず、穴狙いは不発続き。今年こそは、と思っていますが・・。

有馬記念は、3歳馬3頭と北海道活躍年の流れでコスモバルクにかけて、ディープからその辺に買ってみましたが全く見当はずれ。そういえば有馬の前週に普段馬券を買わない妻が、『きっと有馬はディープとペリエで決まるから私も買ってみようかな・・』と言ったので、『そうだね、それで一点で買ってみようか』などと話していました。

ところが、ペリエはポップロックに乗ることになり、しかも馬は海外帰り、さらに同廐のデルタに負けての出走、そして追い切りも軽めで帳尻合わせの出走か、などと思ってしまいました。そして直前に妻に『ペリエは難しいんじゃないの』などと余計な事を言って、結局妻は馬券をダイワメジャーのいる4枠に注目して枠連3-4に変更。私は前述のような馬券を買いました。

レースが終わって、『あんたが余計な事言うから外れちゃったじゃないの!!』とおこられる始末。

と、まあ散々でしたが、ディープインパクトが本気も出さずに楽勝して引退をかざり、競馬ファンとしてはよかったと思いました。やっぱりなんだかんだ言っても本当に強い馬でした。穴狙いの私も何とか難癖をつけて外そうとしましたが、みごとにそれを覆させられました。他の名馬と言われる馬は過去もかなりいましたが、この馬は破格の強さですね。

年末はさらにもう一つのイベント『東京大賞典』がありました。写真は私が買った馬券です。2枚あるので2回に分けて掲載します。

↑このページのトップヘ