競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:武蔵野S

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日あたりから、今日も午前中はバタバタしてかなり遅くなりました。
もう記載した東京8Rが30分後くらいに迫っています。
一応不発嵐ですが、今週も馬券は少々買います。
今週のみではありませんが、機会があったらカフェの西川氏の馬をこれから買ってみようと思っています。
それからここしばらくはヒダカや広尾などクラブでも大きいメインではないところは募集の追い込みになっているはずで注意と思います。同様に今夏に高額馬を多数落札したライオンも注意と思います。

◆武蔵野S
エアアルマスでしょうがないと思いますが、紐でワンダーリーデル、ドリームキラリ、タイムフライヤー、アディラートあたりに注目しています。

◆デイリー杯2歳S
穴を狙うようなレースではないと感じています。人気ではペールエースはかなり潜在能力が高そうに思います。あと穴では梅雨時の馬場が悪いときに地力を見せたウイングレイテスト、アサケエースあたりが消耗戦的な展開になれば場合によっては面白いかな?と感じています。

◆奥羽S
いつもよく買っていますが、福島で強い勝ち方を見せたクリノフウジンを穴の中心で狙いたいと思っています。他ではクインズヌーサ、スムーズに先行できればスズカフリオーソの先行残りにも注意と思います。

◆宝ヶ池特別
まったく人気はありませんがトウカイシェーンを少々だけ買ってみようと思っています。軽量もありますが、地力は無理ですがハンデ戦のメンバーなので。

◆福島9R
サンマルベスト、このコースは走る可能性があるコトブキハウンドに注意と思います。

◆東京8R
カレン、リーゼントアイリス、アピールバイオあたりに注意と思います。

◆日曜日展望
・エリザベス女王杯
レーティングが高く斤量が少ない人気の2頭ラヴズオンリーユー、クロノジェネシスとそれから秋の初めから栗東調整が定着しつつある斉藤誠厩舎の2頭ウラヌスチャーム、シャドウディーヴァ、それから今度こそのクロコスミア、個人的な京都⇔函館の法則にしたがってポンテザール、サトノガーネットの7頭に大体絞り込んでいます。あと大穴ですが大外ですがレッドランディーニが意外性と相手なりに走るタイプに思え、比較的いいポジションが取れ、展開がはまれば面白いと思っています。何しろ大レースの穴男の池添騎手なので注意と思います。特に上位の一部の強いメンバー以外は他は大きな差がないのでは?と思っています。いずれにしても最近シルクやキャロットに押されているサンデーRが4頭出しです。そんな単純な話ではないようですがここは1頭は馬券に絡んでこないと格好がつかないのでは?と考えています。印順位は直前に考えます。

・福島記念
前回の展望でロードが出走のように記載してしまいましたが、そもそも除外対象でした。失礼しました。
現段階ではビッグレッド軍団の3頭、マイネルファンロン、マイネルサージュ、ウインイクシードが馬券に絡んでくるのを期待しています。他では人気系ですがここは上位に入りたいクレッシェンドラヴ、調整はイマイチのようですが今度こそ凡走が許されない?レッドローゼス。またアルゼンチンは登録のみでハンデを見たかどうかは不明ですがアドマイヤジャスト、逃げ残りでリリックドラマあたりに注意と思っています。ミッキーはハンデがどうなのか?、強力?な援護もなさそうで、また他にも理由があり個人的には少し割り引きます。きたらゴメンナサイ。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月9日(土)13時22分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
一部注目馬にも入れていますが注目の理由の一部はフリーMに記載してあります。(記載内容だけが理由ではありません)

◆武蔵野S
通常展開による追い込みはすごい脚に見えても違う展開になると思ったほどの脚は使えないケースがおおいのですが、前走のウェスタールンドの脚はすごいと感じました。いい物差しは他の追い込み馬と比べても格段の脚を使っていたようにみえました。
このような脚は普通はラスト3ハロンで測りますが、あくまでも600メートルも脚を使える馬は稀で、直線でいい脚を使っても必ずしもいいタイムにならないケースもあると思っています。またゴール前だけ瞬発力を出す馬もいますがこれも長く使っているかどうかはタイムのみではわからないケースが多いと考えます。
ということで賞金面でも、内容的にすごいエンジンを搭載していることを期待してウェスタールンドに注目しています。他ではメイショウウタゲ、ナムラミラクル、グレンツェント、ユラノト、インカンテーションあたりに。

◆デイリー杯2歳S
展望でダノンジャスティスと書きましたが、アドマイヤマーズがまずは上位と考えています。他ではヤマニンマヒアに注意と思っています。

◆福島放送賞
当地実績の高いブルヴェルソン、サウンドマジックに注意です。穴では菜七子人気で単勝が売れていますがクルークハイトはここは枠順的にスムーズならかなり注意と思います。

◆東京12R
ステラルーチェ、コスモジョーカー、ブラックジョーに注意と思っています。

◆京都12R
メイショウ、ダノンがそれぞれ2頭出しですが、ここはダノンに注目です。どちらも人気はありませんが侮れないと思います。メイショウも人気、人気薄ですがどちらも紐に考えています。あとはカズマベッピーノに注意です。

◆相馬特別
穴でサウンドスカイメサに注意です。人気ではメイショウシャチ、他ではハートイズハート、ラブユーミーが面白そうです。

◆三春駒特別
ウォーヴルに注意です。

◆福島6R
ミラビリアに注意です。

◆日曜日展望
・エリザベス女王杯
新聞、テレビなど多くの予想がかなりかぶっていますが、現段階では斤量面であきらかに有利なノームコア、カンタービレが上位の確率が高いと思っています。他ではたともに外枠がどうかですが、勝負気配がかなり濃厚なキャロットの2頭リスグラシュー、コルコバードに注目しています。あとは昨年1,2着のモズ、クロコスミア、牝馬は調子がいいと走るのでフロンテアクイーンには勝つかどうかはともかく馬券に絡んでくる確率はかなりあると思っています。

・福島記念
現段階では金曜の展望から大きくは変化していませんが、マイネル3頭、マルターズアポジー、レトロロックに注目しています。あとは人気ですが押さえでエアアンセム、他は当地実績あるマサハヤドリームもここを狙ってきた感があり注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月10日(土)AM10時17分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
武豊騎手の不倫?ではない(火遊び?)騒動や落馬での今週の騎乗取り消し、JCにオブライエン厩舎の馬参戦など話題にはことかきませんが、今週のエリ女杯も相当なメンバーがそろい見物対象としては面白そうなレースになりそうです。

前回記事の中で「口三味線をきる」と書いてしまいましたが、それをいうなら「口三味線を弾く」ということだということに後日気づきました。学識のなさが露呈してしまいました。失礼しました。

さてその件ですが「口三味線」が炸裂した結果になりました。木原調教師のコメントにはこれからも気をつけないといけませんね。そういえばフーラブライドの時も同様に感じていたおぼえがあり、引退前のエリ女杯や京都大賞典前には「胸をかりるつもりで・・・」などというコメントを繰り返していました。ところがG1本番では見せ場たっぷりの差のない6着、ダート出身で人気にならないタイプで皆「あわや・・」と思ったのではと思います。
今回のジンソクも急に本格化した感があり、ダートから転向して一線級と互角にわたりあったフーラとどこか画像がかさなります。

口三味線はともかく調教師として異色の能力を秘めている可能性もあり今後も目が離せないと感じました。

さて今週も重賞が目白押しですが、先刻書いたように当方で考えている人気薄好走パターンを研究するという側面から競馬、そしてブログなどを展開していきたいと思います。馬券はそのエッセンスとして考えたいと思います。

またこれもこめんとで注目した京王杯のニシノウララですが、レースでは先行した後失速して上位には入りませんでした。
ただ今後はまだ2歳でもありますし、あのコメントの意味するところを想像するに勝負になる部分もあると感じましたので今後は人気にもならなそうですし引き続き注目したいと思います。(実はレース中に気づいたこともあり他にも理由があります)

ランキングコメントに「重賞の結論」、フリーMで「一般レース結論と他気づいたこと」というパターンは当面は続けます。

◆武蔵野S
ここもメンバーがそろいました。ただ騎手の騎乗馬がかなりあべこべになっているようです。前走勝って一部人気になりそうなクインズサターン、メイショウウタゲ、サンライズノヴァの騎手が皆乗り替わりになっています。毎度書いていますが私はサークル内のエージェントの事情など承知していませんので詳細はわかりませんが、重賞なので一線級の騎手の騎乗動向は今後も考えるとかなり重要なファクターだと考えています。

最終的に内田博騎手がブラゾンドゥリスに騎乗することから順にずれていったのであれば、この馬には注意せざるを得ません。もしくはサンライズノヴァの主戦騎手が戸崎騎手なので前走がピンチヒッターだったのであれば中心はサンライズノヴァということになります。いずれにしてもこのどちらかの馬が馬券に絡んでくる可能性はかなり高く、サンライズがノヴァが見せ馬だった場合はもう一頭のソアに注意ですが、前走騎乗の北村宏騎手がクインズに騎乗であり可能性はありますが、この2頭からは若干割り引きたいと思います。

他では強豪のベストウォーリア、カフジテイク、モーニンではすべて注意ですが、斤量やこのあとのスケジュールなどから特にカフジは注意です。

また乗り替わりの話と若干矛盾するようですが、メイショウウタゲも追い切りを見ていたら好調なのではと思い個人的には注意です。ただ私は相馬眼はありませんので、ご承知おきを・・。また同様に矛盾しますが地力の高そうなクインズサターンにも注意です。今回大駆けするかはわかりませんがいずれ大きく出世する馬というふうに思っています。

あとはここのところ地味ですがピオネロに注意と思っています。これも追い切りで感じたことです。
さらにムーア騎手が乗るゴーレデンバローズも復調していれば十分圏内と考えます。

◆デイリー杯2歳S
フロンティア、ケイアイ、カツジ、ロードイヒラニあたりに注目しています。

◆京都ジャンプS
タマモプラネット、スズカプレスト、マイネルフィエスタに注目しています。

◆一般レース
シーズン的に共同馬主の馬も一部注意です。
※一部クラブの情報は私的な推測で根拠はありませんがフリーMで
(ただ私の推測域では今週はタイミング的に勝負気配の強そうなクラブがなく次週意向は本格的に注意と考えています。ただ日曜日の一般レースには一部注意が必要な馬がいると思っています)
あと京都12Rと福島8Rで狙ってみたい馬がいます。人気の状態で考えたいと思います。

◆エリザベス女王杯展望
他の要因を重視している部分もあるので馬券を買うかどうかはわかりませんが、追い切りを見ていて気になった馬は下記の馬です。牝馬は格より調子、という部分もあるので一応注意です。
ウキヨノカゼ、クロコスミア、ジュールポレール、タッチングスピーチ、 デンコウアンジュ、ルージュバック
あと他事項での検討では現段階では横綱のヴィブロスはもちろん、京都大賞典出走馬のスマートレイアー、マキシマムドパリ、3歳馬ではレース振りやコース、距離などを考えるとディアドラ、モズカッチャンに注目しています。

以上のメンバーから人気薄の馬を絞り込んで狙いたいと思います。土曜の晩にまた検討を加えます。

◆福島記念展望
シーズン的に共同馬主系のビッグレッド関係とキャロットの多頭出しの中に馬券の軸があると考えていますが、追い切りなどから穴っぽいところでショウナンバッハ、ケイティープライド、スズカデヴィアスあたりに注目しています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月10日(金)PM11時50分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まったくいつもの大不調に突入しました。反面教師としてもご利用下さい。気分は自信度0.5くらいです。
◆エリザベス女王杯
単順に考えると今回の来日馬は相当な実力です。特にスノーフェアリーは騎手も馬も昨年圧勝のコンビで、斤量が増えること、外枠であること、ローテーションがきついこと以外に減点の要素はありません。
斤量はここ数走で一番軽く、外枠はこのコースでは見た目ほど不利はなく、ローテーション的には今年は6戦目でしかも勝ち鞍なしということで調子落ちや体調不良がなければまず上位は堅いと考えます。
またダンシングレインも経験がないほかは同様で、今回は逃げ馬が少なくもしすんなり先行したら捕まえるのはかなり大変だろうと考えます。

またこのレースは斤量の少ない3歳馬が年々有利になりつつあると思います。
調教の進歩、し烈な賞金加算競争で競走馬、特に繁殖に入る立場の牝馬はなるべく早く実績を上げたいというのが陣営の本音だと考えます。

優良な繁殖牝馬は、一流の種牡馬との配合で新たな名馬を生み出す確率が高く、今や世界的に優秀な繁殖牝馬を生み出すことこそが生産者や馬主が生き残り、繁栄する近道であるという価値観が大半になりつつあると思っています。

国内の馬で注目は、今回復活するレーヴディソールです。血統の配合として産み出されたといってもいいダイワスカーレットやブエナビスタをもしかしたら越える逸材である可能性が十分だと思っています。
ただ今回は悪い条件が重なっています。しかし過去も本当の実力者であればここは休み明けで惨敗、という程度の馬であればもうこの先も名馬の域に入るのは難しいと考えます。
兄のアプレザンレーヴは故障で引退、レーヴドリアンは死亡と嘱望されていたのに悲しい末路をたどった兄弟ののためにも頑張ってほしいところです。

あとはまだまだ内が大きく荒れてない現状で馬場状態を考えると、開幕週ほどではありませんが内目の経済コースを好位でまわれ直線で抜け出す脚のある馬が有利になると思います。
また多頭数なのでごちゃついた中でもひるまない馬も強いと思います。

京都の2200はスタミナも必要で、過去も前哨戦で長距離を使い好走した馬や長距離未経験でもその前提で組み立てている馬が軒並み好走しています。
★結論
本命系になってしまいました。
◎軸レーヴディソール
○スノーフェアリー
▲アニメイトバイオ
△ダンシングレイン
△ブロードストリート
注アヴェンチュラ

★馬券
・◎から馬連で各200円。
・◎○二頭軸三連複で印に各200円。
・アニメイトバイオの単勝200円。
計2000円。

◆武蔵野S
大きな波乱要素がなければ軸はダノンカモンで鉄板に近いと考えます。
ダノンから馬連でダイショウジェット、タイセイレジェンド、シルクフォーチュンに各200円。クリールパッションに100円。ワイドでクリールに100円。
計800円。

◆みちのくS
ハンデ戦時の評価と今回の斤量を換算するとまったくの横並びで大混戦です。このレースがWIN5の鍵をも握りそうです。
ドリームの2頭(セゾンRH)とダイワナイト、実績のあるアラマサローズ、タイガーストーンの5頭で勝負して見ます。
5頭の馬連ボックス。
計1000円。

◆ノベンバーS
当ブログ注目馬のランリョウオーの追いかけます。アロマカフェ、ムーンリットレイク、シェーンバルトに馬連各200円。
4頭の三連複ボックス。
計1000円。


◆ドンカスターC
実力馬のロードオブザリングが中心。相手本線はメイショウウズシオ。入着候補はダコール、穴はロードラテアート。
4頭の馬連、三連複ボックス。
計1000円。

◆WIN5
★ノベンバーS
ランリョウオー、アロマカフェ
★ドンカスターS
ロードオブザリング、メイショウウズシオ
★みちのくS
ドリームピーチ、ドリームバレンチノ、アラマサローズ
★武蔵野S
ダノンカモン
★エリザバス女王杯
スノーフェアリー
計1200円。

以上合計7000円。

◆2011年の成績
★11/13の購入金額・・7000円
★11/13までの購入金額・・639200円
★11/6の購入金額・・7000円
★11/6の的中金額・・0円
★11/6までの購入金額・・632200円
★11/6までの回収金額・・606170円
★11/6までの回収率・・95%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週はダメで、「は」ではなく「も」ですが、今週は三連単でも的中しないと「JRA-VANの鉄人」はほとんど厳しくなりそうです。
ところが今週もPATで馬券を買える暇があるかどうかというほどやることが山積みで、対象レースおよびジャンプ重賞のみの予想にします。
◆エリザベス女王杯
外国の一線級が来日ですが、もう一頭の外国馬は騎手がブリーダーズCで乱闘になったりで大変だったようです。
日本馬は現在の国内の競走馬のビッグ3のうちの二頭は揃って不出走です。スノーフェアリーが不発に終わると大混戦の可能性もあります。
ただ春はレベル?と思っていた3歳馬が秋になり充実してきているので、斤量の利を活かせれば、かなり有利だと考えます。
◎軸アニメイトバイオ
3歳馬の上位は紙一重、アパパネは前走は全力投球のはずで、オウケンサクラの好走や斤量、栗東への入厩や後藤騎手の追い切り遠征を考えると、今度こその声が聞こえてきそうです。軸で。
穴○リトルアマポーラ
社台RH二頭出し、当レース勝馬であり、今年も大きな実績はありませんがマーメイドSでのハンデ評価は牝馬ではG1勝ちの域の57キロ、前走は上がり3ハロンは最速です。ここは注意。
▲ヒカルアラマンサス
本調子ではなかったとはいえ、ブエナビスタに最後まで食い下がり他の馬から体一つ抜けたヴィクトリアマイルは強かったと思います。広いコースは合いそうです。また池江郎調教師は来春定年で最後のG1のチャンスかも知れません。距離だけが心配です。
△メイショウベルーガ
△スノーフェアリー
★馬券
印の順位と馬券は若干変えます。
・上記5頭の馬連ボックス
・三連単
アニメイト・ヒカル・スノー→リトル→メイショウおよびアニメイト・ヒカル・スノー→メイショウ→リトル
・アニメイトとスノーの単勝各200円、リトルの複勝500円。
計2500円。

◆武蔵野S
・ケイアイガーベラ、ブラボーデイジー、ダイショウジェット、ダノンカモン、ナニハトモアレの馬連ボックス
・三連単
ブラボー→ダイショウ→他3頭、ダイショウ→ブラボー→他3頭
・ダイショウ、ブラボーの単勝各200円、ナニハの複勝500円。
計2500円。

◆京王杯2歳S
注目はオルフェーヴルです。この馬とロビンフッド、エーシンブラン、リアルインパクト、ブラウンワイルドの馬連ボックス。
・三連単
オルフェーヴル→ロビンフッド→他3頭、オルフェーヴル→他3頭→ロビンフッド
計1600円。

◆アンドロメダS
リルダヴァル、エムエスワールド、マイネレーツェル、マイネルフォーグ、ブロードストリートの馬連ボックス。
エムエス、マイネル二頭のそれぞれの単複(100,300)
計2200円。

◆西郷特別
ブライズメイト、ザバトルユージロー、メイショウイチバン、グッドバニヤン、キングシャーロットの馬連ボックス。
ブライズメイトの単複(200,300)
計1500円。

◆須賀川特別
バクシンカーリー、リネンパズル、トミノドリーム、ティムガッド、メイショウローランの馬連ボックス。
トミノドリームの単複(200,300)
計1500円。

◆京都ジャンプS
テイエムハリアー、ショウリュウケン、トーワベガの馬連ボックス各200円。ショウリュウケンの単勝200円。
計800円。

以上合計12600円。

◆2010年の成績
★11/13.14の購入金額・・12600円
★11/13.14までの購入金額・・462700円
★11/7の購入金額・・5200円
★11/7の的中金額・・0円
★11/7までの購入金額・・450100円
★11/7までの回収金額・・329790円
★11/7までの回収率・・73%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まず武蔵野Sでマチカネニホンバレを落として予想してしまいました。
予想をしてしまったのでもう変えませんが、かなり有力な馬なのでもし万が一参考にされている方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

あと京洛Sでウエスタンビーナスをウエスタンダンサーと書いてしまいました。
こちらもよろしくお願いします。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週の出走馬が確定しました。秋華賞を制したレッドディザイアはJCに出走する方針のようです。相当強そうなので面白そうです。

天皇賞・秋は、カンパニーがアッサリという感じで勝ちました。個人的にはもっとし烈なレースになると期待していましたが、意外な感じでした。
馬券はたまたま印にない馬を馬連に組み入れたことが功を奏し取れましたが、本来何時間も事前に予想したことがあっさり覆ってしまい、複雑な心境です。
今年の秋のG1は降着やこのような感じで2勝になりましたが、今ひとつの気分です。
またウォッカの最後の1ハロンの走りは、まったく伸びなかったように見えました。武豊騎手もゴール前は勝ちにいく追い方ではなかったように見えました。今後はどんなことになるのでしょうか?

今日は土曜日の予想、馬券と日曜日の展望を書きたいと思います。
ラッキーに助けられているだけの現状なので冷静沈着に、と一応考えています。
なかなか難しいですが・・。

◆武蔵野S
最近は年々JCDの前哨戦的色彩が強くなってきました。今年は古馬と3歳馬の一線級の対決が面白そうです。

サクセスブロッケンの59キロをどう見るか、ジャパンダートダービーを制したテスタマッタの58キロをどう見るかも重要です。
サクセスブロッケンは斤量を承知で出走してきているはずで、実力からもあまりみっともないレースは出来ないはずです。ここは勝ち切れないにしてもアクシデントがなければ上位に入る確率はかなり高いと考えいています。

また重賞ウィナーですがトランセンドの55キロは無理な展開にならなければかなり有利と考えます。また春はパッとしなかったワンダーアキュートは追い切りでも力強い走りを見せて以前とは馬が違ってきたように見えます。

あと主戦の田中博騎手で安定した成績のシルクメビウスも注意です。
ダート未勝利ですがフレンチデピュティ産駒のサイレントプライド。後藤騎手が追い切りでも騎乗しました。前走は14着でしたが着差は0.5秒で、殆どの馬が一団でゴールした史上まれに見る激戦でした。
また最近は関東のほうが成績が良く、柴山騎手との相性がいいダイショウジェットあたりも警戒です。
いずれにしても常識にかなわないような大穴は狙えないと思っています。
★結論
◎軸トランセンド
◯サクセスブロッケン
▲ワンダーアキュート
△シルクメビウス
△ダイショウジェット
注サイレントプライド
★馬券は◎から印に馬連5点。◯と▲の馬連。サイレントプライドの単勝200円。
計800円。

◆京洛S
ウエスタンダンサーの単複(200,300)

◆長岡京S
アマノチェリーランの単複(100,300)と趣味に走りますがマンテンハットとマッチメイトの複勝をそれぞれ200円。計800円。

◆磐梯山特別
メイショウイチバンの単複(200,500)

◆東京2R
ジャングルハヤテの単複(100,300)

◆東京4R(障害戦)
トミケンブロードの単複(100,300)とチャイコフスキーとのワイド。

◆東京7R
インプリシットの単複(100,300)と超大穴狙いでこの馬からワイドでデルマアルタイル、デルマレグルスに。

◆京都2R
マリンバラッドの単勝200円。

◆京都4R
ドラゴンゼファーの単複(100,300)

◆京都8R
ラウリシルヴァの単複(100,300)

以上合計5300円

◆日曜日の展望
★アルゼンチン共和国杯
JCへの最終切符レースになりつつあります。賞金面もそうですがレーティング上位に食い込む流れを考えれば最悪でも2着、原則的には勝つことが必要です。今年はジャガーメイル、スマートギアなどが虎視眈々と狙っています。
このような事情で年々レベルが高くなって、今年は重賞ウィナーが11頭、G2で連対・G1や海外G1で上位に食い込んだ馬が3頭と例年になく豪華メンバーになりました。
ポイントは最近実情も加味したさじ加減になったハンデ評価です。また縦長の展開になった京都大賞典の上位馬がそろって出走予定です。
東京2400と酷似した条件ですが、スタート後の直線が長くスピードが乗りやすいので、よりスタミナやタフさを要求される条件です。
また以前と同様、ハンデ戦ならではのこの条件に照準を合わせた馬にも注意です。
★有力馬コメント
・ジャガーメイル◯
ご存知無冠の強豪馬です。海外の大レースで3着になったように地力は証明済み、新婚で初重賞を狙った石橋脩騎手から名手スミヨン騎手に乗替りです。昨年は2着で勝ったスクリーンヒーローはこの後JCを快勝、スクリーンよりハンデを背負っていたのでこの馬もJCに出走できていれば・・と悔やまれます。ただ相手なりのタイプで若干詰めが甘いようにも見えます。ハンデ57キロは妥当と思われますが、油断は禁物。名手で新味が出れば。
・スマートギア△
外差しがまだ決まりにくい東京で、追い込み一手の脚質が課題です。ハンデ56キロは恵まれた部類と思われます。当然勝ちにいくと思われますので、思い切った競馬が出来れば。
・エアジパング
長距離と北海道というイメージです。ここは若干割引です。大幅に時計がかかるような消耗戦にならないと難しそうです。
・アーネストリー
春は期待を裏切りましたが、秋になって変わってきた感があります。55キロであれば注意です。
・サンライズマックス◎
天皇賞・春で長距離でも力があることを見せつけました。東京は得意の部類です。ただ若干ムラがあるのが気になります。
・トウカイトリック
長距離の常連で3000メートル以上では天皇賞・春3着や重賞勝ちなど実績があります。ハンデ57キロは恵まれたので、紐で注意です。
・トウショウウェイヴ
東京はめっぽう強く、距離も適距離です。今回穴人気になりそうです。ただ昨年と違い前走のレベルは今ひとつです。2着馬は次走で完敗です。
・トーセンキャプテン▲
前走は久々に好走しました。一時と違い直線で抜け出す脚を使うようになりました。また同じパターンになれば、要注意です。ルメール騎手の騎乗にも注目です。
・トーホウアラン△
地味なうえ、人気になるとこけるタイプです。ただこの条件には合うと思います。嵌れば逆転も。
・ハイアーゲーム
青葉賞勝ちや前走など東京では走ります。ハンデも56キロで手頃で穴人気になりそうですが、Bコースに変わり今ひとつ好走するイメージがわいてきません。
・ヒカルカザブエ
実力は阪神大賞典で実証済みですが、距離がもう少しあれば。ただスタミナ満点そうで消耗戦になったら浮上しそうです。
・ミヤビランベリ△
目黒記念ではあっといわせました。また七夕賞を二連覇と地味ですが、人気以上に実力がありそうです。特に不良馬場とはいえあの消耗戦で千切って勝ったということは思った以上にスタミナがあり、長距離も合っていそうです。問題は57.5キロのハンデ。
・ダンスアジョイ
典型的なハンデキャップホースです。連戦連勝より、レースを選んで勝負をするタイプに見えます。この条件は最適な条件です。ただやはり実績を積んできて56キロのハンデがどうか。
・モンテクリスエス
ここでいきなり好走しても不思議はない条件です。どういう時に好走して、どういう時に凡走するか判断が難しいタイプです。とにかく紐に一点加えておくと安心です。予算が許せばですが。

以上ですが印は現段階でのものです。枠順、売り出し直後のオッズを確認してから結論を書きたいと思います。
追い切りはあまりピンと感じる馬はいませんでしたが、強いていえばトーセンキャプテンの反応がよかったように思いました。
ハンデ戦ですが、56〜57.5とそこそこのハンデ馬が横並びで、58キロ以上のハンデ馬が不在、つまり抜けた馬もいない状況です。人気差以上にどの馬にもチャンスがありそうです。ペースが落ちつけば先団の内目につけて経済コースを通った馬あたりが直線で渋太い競馬をしそうな感じです。
ハイペースでもやはり内目の経済コースをまわれるかどうかがかなりポイントになりそうな気がします。

★ファンタジーS展望
ステラリード、ラナンキュルスが人気になりそうです。この両頭は人気ですがかなり有力だと思います。穴ではラブグランデー、パリスドールのききょうS出走馬両頭に注目です。
先日書きましたが、かえで賞でききょうS出走馬が1〜4着を独占しました。特にききょうSでは先行した馬が厳しいレースになったと思われます。
そういう意味では人気薄になりそうなパリスドールのほうが面白いのではと考えています。

★11/7の購入金額・・5300円
★11/7までの購入金額・・219100円
★11/1の的中金額・・20660円
★11/1までの購入金額・・213800円
★11/1までの回収金額・・232980円
★11/1までのの回収率・・108%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
競馬の前にまたひとこと、
いよいよ、寒くなってきました。かにの漁も始まるとかで、北陸地方でもずわいがにの季節になります。ずわいがには地方によっては松葉ガニ、越前ガニなどと呼ばれていますが、金沢では普通にずわいといいます。呼ぶ時も下にかにという言葉は使わないのがふつうです。これは個人差もあるのでお酒好きの人中心の話になってしまいますが、一般に観光旅館などで出しているかにの食べ方を身近な人達の間ではあまり見たことがありません。

ズワイガニを肴にするときは、まず「こうばこ」とよばれているメスを食べます。甲羅をあけて、卵である内子、外子を両方カニ味噌と混ざるようにまぜ、さらに脚や胴の身をほぐし、全部甲羅に入れてしまいます。そこに直接酢と醤油を少々かけて全部混ぜてしまい、それを食べます。

これがまた絶品です。カニの旨味がすべて凝縮されているからだと思います。オスを食べる時も基本的には一緒で甲羅に入れて味噌にあえますが、これはどこでも一般的な食べ方だと思います。オスの脚は折って何もつけないでそのままストローのように吸って食べてしまうのが美味しいんだ、と小さい頃教えられたことがあります。

かに、食べたいですね!他の地方ではどんな美味しい食べ方があるんでしょうか。

競馬ですが、天皇賞もまたまた完敗でした。いちおう印を付けた7頭のうち、6頭が1〜6着に入線したのですが、逆にそれで馬券を取れないのはどういう買い方してるの?ということになりますね。一番人気で決まったのですから・・。

ただこれは負け惜しみや穴狙いにこだわりすぎてるわけではりませんが、皆があのレースを美化し過ぎているように感じています。すばらしかったのは馬の力もさることながら、騎手のせめぎあいだったように思います。これはすばらしかったです。レース映像でも映像で見る限り、体制は完全にダイワが残っていたように見えました、同様に3〜4着も体制ではカンパニーが差し届いていたように見えました。ところが結果はすべて逆で、馬の根性もありますが、何よりも騎手の本能的な執念というか、勝負へのこだわりの差が勝負を分けたように思えます。

タイムはレコードですが、前日の500万のタイムを見る限り、レコード出してください、という馬場だったと思います。特に今回の東京は芝が京都よりかなり短く設定してあります。単にタイムでいえば過去中京のローゼンクロイツや新潟のツジノワンダーなど56秒台もあるわけで、あまりすごいことではないと思いますが。過去もそうですが、馬の力が抜けているような場合は得てしてつまらないレースガ多くなります。

ヒシアマゾン、エアグルーブ、ディープ、ビワハヤヒデ、マックイーンなどなど。上位3頭は相当なレベルだとは思いますが・・。ただ今回ダイワについてはビックリしたのは、あの厳しい息の入らないラップで最後まで末脚の嵌ったウォッカより体勢を残していたので。これはすごいと思いました。今度のJCは東京2400のスペシャリストのウォッカ、ディープスカイの一騎打ちになるんでしょうか?

以上は全く個人的な見解です。いろいろな見解があるのは承知していますので、これを読んで熱くならないよう、お願い申し上げます。あくまでも私は興業としての中央競馬で穴馬券を的中させるという趣旨で競馬を楽しんでいる一ファンなので・・。

あまりにも前書きが長くなりましたが、競馬です。
◆武蔵野S
ここは大穴狙いは難しそうなメンバーです。今年からJCダートが阪神1800短縮されることもあり、連動性が高まりそうで、事実上トライアル戦と考えています。
軸◎アドマイヤスバル
東京ダートはすべて入着で、臨戦過程も余裕があり、前走も速い時計に対応出来ており、外々を回らせられない限りは上位に入ると見ました。
◯ユビキタス
安藤騎手が騎乗で、得意の距離、コースで雪辱か、前走勝馬は次走でG1制覇。
▲タケミカヅチ
クラシック上位馬が異色のローテーション。あっさり圧勝か、馬群に沈むかどちらかと見て単穴に。父はダートの鬼。
△エスケーカントリー
東京コースになると馬が変わったように走る、長距離戦の後の連闘は注意。2歳時の06/11のレベルの高いといわれた東京ダ1600戦の勝馬。
△ダイショウジェット
もとから準オープンでは実力馬で、先行力があり、力を付けてきている感じ。
△アグネスジェダイ
近年は鳴かず飛ばずだが、このコース、距離は得意のはず。今年はこのレースに合わせたローテーションという感が強く、警戒したい所です。
注カネヒキリ
力は抜けているが、2年ぶりで難しいとは思いますが、少々は押さえておきたいところです。

?馬券は◎◯2頭軸で、三連複で流したいと思います。

◆他のレース
★マレーシアC
ワルキューレに注目です。札幌で見せたあの豪脚をどこかで披露すると期待しています。相手は破格の調教時計を出したハネダテンシ、ライムキャンディ、ビーチアイドル、スペシャルフロート。

★インディアT
トーセンクラウンに注目です。

★磐梯山特別
注目の三浦騎手のフェニコーンが上位ですが、ハンデと長距離で騎手の経験度を考え押さえまでで、軸はフジヤマラムセスに。前走中止ですが、6月の府中での向正面のあの一気に追い上げから馬が変わってきたと思っているのでここは期待です。他の相手でドレックセル、コース巧者のテイエムサッカーまで。

★福島9R
マイネルカーロに注目です。

★京洛S
連闘のタマモホットプレイに注意です。ハンデも以前ほどの評価はなく、得意の距離、コースで一発ありそうです。ただ馬場が悪化してしまいそうな感じもあり、その時は先行馬に注意です。特に西川氏二頭出しのウエスタンビーナス、ウエスタンダンサーを軸にしたい所です。相手ではサチノスィーティー、ダンツキッスイ、トーセンザオーに。あと重馬場の場合超大穴でロイヤルキャンサーも押さえたいところです。

★長岡京S
アーバンストリート、ヘイローフジ、セイウンワキタツ、ニシノプライド、ゼットフラッシュのボックス。

★京都12R
ここは超大穴狙いでいってみたいと思います。難しいかも知れませんが・・。軸はフリーモア、あと前田氏、メイショウがそれぞれ二頭出しでメイショウボンハオ、インプレッション、メイショウかルド、オリジナルフェイトに。単複とワイドで十分です。超大穴好きの方は参考にしてください。

このページのトップヘ