競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:毎日王冠

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
金曜日の朝8時ころに掲載した毎日王冠、京都大章典、凱旋門賞、来週の秋華賞展望も含めた展望です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53333622.html

そして日曜日は下記が注目している馬です。
(残高問題や他に用事が多く原則重賞やオープン中心に買うつもりです)
※は中途半端な時間ですが現在までの途中のオッズに個人的に違和感を感じた馬です。
(根拠なし・結果不明・タイミングや馬券種類は記載しません)
ただ※の馬も他の要因で注目している馬もいます。
◆毎日王冠
◎ペルシアンナイト
○ケイアイノーテック
▲アエロリット
★ダノンキングリー
※特になし

◆京都大章典
◎クリンチャー
○ドレッドノータス
▲ノーブルマーズ
★ウラヌスチャーム
△エタリオウ
△グローリーヴェイズ
△ダンビュライト
※あまり極端に感じた馬はいませんでしたが、強いていえばエタリオウとクリンチャー

◆信越S
ツーエムマイスター※(他の要因でも注目)、エントシャイデン、キングハート

◆グリーンチャンネルC
穴でイーグルフェザー、マジカルスペル※、相手本命系でデュープロセス、ワンダーリーデル、サルサディオーネ

◆藤森S
テーオージーニアス※、デザートストーム、バーニングペスカ

◆六社S
バレリオ、アフリカンゴールド、ロサブラウカと色々事情がありそうなのでオジュウチョウサン

◆粟島特別
ピノクル※、ナンヨープランタン※、ダイイチターミナル

◆京都12R
エイティーンガール

◆菅名岳特別
シネマソングス

◆東京5R
サクラトゥジュール※、ロードソリッド※

◆京都5R
デルマラッキーガイ※

◆新潟5R
ハンデンラファール※

◆東京4R
ワキノフオルテ※

◆京都4R
メイショウラグーン※、ライトマン※


◆凱旋門賞
いつも外国馬で穴を無理やりさがしますが、よくわからないこともありますが、今回は騎手の動向などでも有力な馬ほど有力な騎手が騎乗するようで、参考レースビデオなどでも人気馬が強そうです。ということで外国馬は有力馬の中では斤量の軽い馬、あとは意外性で日本の馬に注目です。具体的にはジャパン、ソットサス、キセキを中心に買います。もちろんエネイブルを押さえ、他に日本のもう一頭注目しているブラストワンピースと多分難しいと思いますがエネイブルと同じ馬主らしいフレンチキングを少々買うつもりです。原則は馬場がかなり悪そうだという前提で考えています。
馬券は中心3頭の馬連ボックス、ジャパンとエネイブル2頭軸3連複でソットサス、キセキ、ブラストに。フレンチの複勝で計7点で考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月6日(日)AM1時53分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
台風や雨はおおかた大丈夫そうです。ただ東京の午前中は若干風が強そうです。
土曜日は東京2Rでコスモハヤテが2着して穴をあけましたが、9月17日中山ダート1800(勝ち馬ダイシンインディー)に出走した馬でタイム差を見るとかなりありますがかなり強い勝ち馬を追いかけて消耗戦になり上位が大差になった部分もあり、レベル的にも高いと思っています。今後もこのレースの出走馬には注意と思っています。
また阪神12R4着のクリノカサットはスタート決めて、途中も先行、ゴール前も再度追い込む脚を見せました。次走以降注意と思います。

◆毎日王冠
秋天の前哨戦という印象が強そうですが、意外にも東京マイルのG1と大きくリンクしているのでは?と考えています。過去もここで好走した馬が軒並み東京マイルのG1で好走しています。あと3歳馬ではマイルG1の勝ち馬は逆にここでの好走例が多いという印象があります。3歳馬の問題は早熟かどうかで、成長性も重視ということでしょうか。それからこれが一番問題ですが賞金加算が必須かどうかとと休み明けとの兼ね合いだと思っています。できれば秋2走目の馬が本気度が高く、能力重視のレースですが思わぬ穴は大体このパターンかなと思っています。
◎サンマルティン
早い時計はのぞむところで、ここ出走は夏も休養にあてた?陣営の期待も考えれば穴の一発期待です。
○アエロリット
東京マイルG1で勝ち負けを繰り返し、騎手も加えればここは凡走が考えにくく、勝負と考えますが、賞金も十分で先に目標があると思うのでそこだけ気になります。
▲サウンズオブアース
私は素人目線ですが、今回追い切りで一番キビキビと走っていて以前の様子と変わっているように感じました。またローテーションを変えたのも札幌記念の好走だけでなく、京都は上位を狙うには荷が重い相手なので、という感じにもみえました。重賞初勝利を今度こそに期待で。問題は早い時計にどこまで対応できるかと思っています。
★ケイアイノーテック
前出の東京マイルG1勝ち馬であり、総合的な能力が高そうでまだまだ奥がありそうです。
△ステファノス
今回は地味ですが、本番は厳しそうなのと、今回のコンディションはこの馬にとって最適な条件が並んでいて、結果はともかく休み明けですがここは進退をかけて勝負せざるを得ない状況と考えます。
△ステルヴィオ
まだ能力の全貌がわからないつかみ所がない馬で圧勝から、大敗まで色々な可能性があると思っています。斤量的には有力馬の中では一番恵まれていると思っています。
△サトノアーサー
クラシックは鳴り物入りでしたが、やっと常識にかかってきた感じです。潜在能力から押さえざるを得いません。

ー日曜日の一般レースー
あとは結果はわかりませんが、出馬表で気になった馬をリストアップしました。
◆東京6R
※追い切り:ヴァンクールシルク
◆東京7R
ワンダープレジール
※連闘:ボールドスパルタン、ゴールデンタッチ
◆東京8R
ガチコ
※追い切り:ロードコメット
◆鷹巣山特別
ペルソナリテ、レッドヴェイロン、レッドアフレイム
◆テレビ静岡賞
ターゲリート
◆東京12R
ハシカミ、カネノイロ
◆京都6R
マルクデラポム
◆京都7R
ウインストラグル、クリノキング、クリノアントニヌス
◆京都8R
オースミベリル
※追い切り:バックドアルート
◆清滝特別
ミヤジユウダイ
◆オパールS
いずれにしても内枠・先行有利で、特に今年はアイビスSD→北九州記念→セントウルSの路線で出走した馬が好走している流れになっています。
穴ではアンヴァル、セカンドテーブル、ナリタスターワン
人気では
モズスーパーフレア、トゥラヴェスーラ、グレイトチャーター
◆京都12R
スノードルフィン

◆凱旋門賞
土曜は字を間違えましたが当初と変わらず、人気ではシーオブクラス、穴ではクロスオブスターズ、あとはムーア騎手の騎乗する3歳馬にも注意と思っています。

◆京都大賞典展望
土曜日の段階で軸はサトノダイヤモンド、穴はレッドジェノバと思っていましたがレッドはやはり穴人気のようです。むしろウインテンダネス、アルバートあたりを狙おうかと思っています。あと大穴でケントオーの複少々。

◆南部杯展望
土曜日と変わりませんが、配当妙味がなさそうなので本命はルヴァンスレーヴですが、馬券は昨年同じ吉原騎手で2着のノボバカラの一本釣りで行こうと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月7日(日)AM9時39分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週は大きなレースが盛り沢山です。
今週も反面教師で活用してください。
騎手も東に西に大忙しです。また開催は東京、京都に変わりますが台風が日本海を通過する可能性が高く、雨は大丈夫にしても風の影響は受けそうです。6日午後の京都は南よりの風になりそうです。7日東京はまだ予測が難しいですがやはり南南西〜西の風が強まる可能性があります。横風の場合は風を受けない側で仕掛けずにじっとしているのが得策かもしれません。ただ6日の京都は開幕週、風の関係も考えると内枠の先行馬がかなり有利になるのでは?と考えています。いずれにして開幕週なので原則は内枠か先行馬を中心に考えたいと思っています。ただオーバーペースになる可能性もあり真逆の流れも多々あるのでは?と思っています。

◆サウジアラビアロイヤルC
サムシングジャスト、セグレドスペリオルに注目しています。

◆平城京S
モズアトラクションに注目です。

◆久多特別
カネトしブレス、ユアスイスイに注意です。

◆東京12R
スズカゼとハマヒルガオに注目です。

◆展望
現段階での私的な注目馬です。
・毎日王冠
3年連続続けていた京都大賞典からの秋の始動を札幌記念の走りで変更した初重賞制覇を目指すサウンズオブアースに注目しています。あとは地力は一線級と遜色がないと考えているサンマルティンに穴で注目です。

・京都大賞典
復活を目指すサトノダイヤモンドに人気でも注目ですが、穴では事前に栗東に入厩したレッドジェノバ、距離延びたほうが面白そうだと思っているケントオーの食い込みに注意と思っています。

・凱旋門賞
ショーオブクロスに注目しています。また前哨戦の前走の最後の直線の様子でクロスオブスターズに穴で注目しています。また日本のクリンチャーは意外に本番では好走の可能性ありと思っています。ただまともな展開になったら出番は難しいのでは?と思っています。

・南部杯
ルヴァンスレーブに期待ですが、穴で吉原騎手で昨年2着のノボジャックに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月6日(日)AM11時30分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
※当初5600円、購入でしたがオウケンブルースリを買い目に入れるのを忘れ、AM2.29に400円追加しました。(修正済)

今日の東京メインのペルセウスSで南部杯からまわったセレスハントが59キロで快勝しました。
オーナー側の意向とのことですが追い切りもはじけるようにいい走りで、なぜあえて格下レースを使ったのか?
うがった見方ですが、G1では3着くらいに入らなければ(入着)やはりあまり意味はありません。
それが難しいと判断したのではと考えます。逆に調子もいいので59キロでも平場オープンなら勝てるかもしれないとの判断ではと思います。
とすると、G1ではレース前の段階で確実に負ける相手が3頭はいるという認識があることが前提になります。
もちろん楽な相手で得意の1400のほうが条件はよかったのでしょう。

でもその3頭とは?と考えると、まずはトランセンド、そしてダノンカモン、オーロマイスター、エスポワールシチーあたりではと思えます。
それにランフォルセ、ブラボーデイジーあたりが続く感じに思っています。
順当であればその相手の組み合わせで馬券を考えるのが常道と思いました。
またこれは最近不振でしたが、追い切りを見た範囲ではクリールパッションがかなり良化したのではと素人目でも感じました。
また距離は明らかに不安ですが、シルクフォーチュンの末脚はかなりの脅威だと考えます。しかし倍の距離になるわけではありませんし、いずれにしても脚をためるタイプなのでハイペースで直線をむかえ脚くらべになれば多分かなう相手はいないはずですからやはり注意は必要だと思います。

またこのレースの賞金は4500万と中央のG3と同じくらいであり、G1タイトルがほしい馬にとっては大きな価値はありますが、もっと大きいところを狙う馬にはここでメイチの仕上げは考えにくく、JBCクラシックやJCD、東京大賞典などに向けてのステップレースと考えるのが妥当と思います。
ということはトランセンドが中心であとは前記の馬で復活やタイトルがほしい馬、賞金加算が必要な馬を絞り馬券を買うような感じで考えて見たいと思います。

さて日曜日のレースの予想です。不調なのでシンプルに。
◆毎日王冠
堀厩舎、音無厩舎が二頭出しです。ここ数年強力なメンバーでしたが、今年は少し小粒です。
いわゆる昨年のクラシックで活躍した馬が不出走のためだと思います。
人気のダークシャドウですが実力は一線級と互角、春に1000万を勝った段階で大阪杯で春天の1・2着馬と互角のレース、さらに重賞も制覇しました。
4歳なので直後に賞金が半分になるのに、夏はじっくり休養と大事に使っています。
陣営は相当な期待をかけているからだと思います。ですからポイントのレースで確実に賞金を加算できるという確信がある裏づけだと考えます。
ここは最悪でも2着になるという前提で考えます。
★馬券
・ダークシャドウから馬連で札幌でレベルの高い相手と互角だった好調のアクシオン、小牧騎手がこのレースのためだけに東上するシルポート、こちらも賞金加算をしないと大きなレースに出られない可能性のあるダノンヨーヨーとこの3頭に各300円ずつ。
・ダーク1頭軸三連複で3頭に流し。
・ダーク→3頭流しの三連単6点。
計1800円

◆京都大賞典
ローズキングダムは年初の4歳強豪がそろった日経新春杯で抜けたハンデ58キロ。これは明け4歳の上乗せ分も考えると、現状でG1勝ちの馬の評価です。
それからは斤量との戦いですが大きく崩れたのは出入りの激しい長距離戦になった春天のみで相変わらず堅実です。
ただ使い減りするタイプにも見えますし、斤量にも比較的敏感、またどちらかというと切れ味勝負でさらに言えば左回りのほうがベターという感じがします。

またG1をすっきり勝ちたい、海外の大きなレースに出たいなどの構想があるのではと想像しています。
そうなると狙いはジャパンCあたりなのかな?とも思えます。

またジャガーメイルも休み明けはどうかという感じがします。この馬もジャパンCや香港など国際レースが目標に見えます。
ただこちらはオープンに入ってからは叩き良化型のような感もあります。

ですので一般的には穴狙いだと人気のないジャガーから入りたいところですが、ローズを軸にジャガー、そしてあとは復活にかけるオウケンブルースリ、そして今回も人気がないので思い切った騎乗が出来るアンカツのビートブラックまでと考えます。
★馬券
・ローズから馬連でジャガーに500円、ビートに300円、オウケンに200円。
・ローズ、ジャガー、ビートの三連複200円。
・ローズ、ジャガー、オウケンの三連複200円。
・ローズ1着付三連単でジャガー・ビートの2頭に流し。
計1600円。

◆六社特別
穴目の軸をレインスティックにします。この馬から馬連でエーシンミズーリ、タイキパーシヴァルに各200円、ワイドで脚質転換のアカリに100円。
計500円。

◆テレビ静岡賞
軸はエアウルフで、この馬から馬連でタイセイレジェンドに300円、サイオン・ロンギングスターに各200円、ワイドでザドライブに200円。タイセイとザドライブのワイド100円。
計1000円。

◆平城京S
軸は外枠が少し気になりますがサンライズモールで、この馬から馬連でゴールデンチケットに200円、テイエムザエックス・ミダースタッチ・アドマイヤテンクウに各100円。
計500円。

◆WIN5
★六社特別
エーシンミズーリ
★テレビ静岡賞
エアウルフ
★平城京S
サンライズモール、ゴールデンチケット
★京都大賞典
ローズキングダム
★毎日王冠
ダークシャドウ、アクシオン、ダノンヨーヨー
計600円。

以上合計6000円。

◆2011年の成績
★10/9の購入金額・・6000円
★10/9までの購入金額・・585200円
★10/2の購入金額・・4800円
★10/2の的中金額・・0円
★10/2までの購入金額・・579200円
★10/2までの回収金額・・583650円
★10/2までの回収率・・100%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
先週の競馬の検証・反省・次走注目馬 に参加中!
◆アンカツ恐るべし!
世界の強豪を迎えてのスプリンターズSは、やはりスーパースターの顔見世になってしまいました。
それもサマーシリーズで疲弊していたはずの北海道・小倉などローカル組が上位を独占という配当以上に難しい競馬になりました。
そんな中、スモールさんは馬券はどうかわかりませんがお見事でした。挙げた馬がすべて掲示板という快挙です。人気薄も含めてですから・・。

このレースはすべて2着に入ったパドトロワに騎乗のアンカツこと安藤克己騎手の組み立てで行われたといっても過言ではないくらいアンカツの騎乗はすごい迫力がありました。
もちろん進路妨害すれすれの部分もあり、純粋なスポーツとしてはいろいろと見方は分かれると思います。

まずスタート、ぽんと好スタートで内枠の利でハナにたちます。逃げ宣言をしていたヘッドライナーが当然絡んできます。
これも想定内だったようで、行かせず、自分も行かずというポジションで相手を気持ちよく逃がさず、さらに自分より外を回らせることに成功します。

行かせると、
・そのままヘッドライナーのペースになり、前が全部つぶれるときは巻き添えになる
・前が残る時もハナの馬が明らかに有利になる
・番手の馬は4角手前から外からかぶせられる

など致命的な状況になりますが、これを逆手に取り、自分のペースに持ち込んで直線なかばまでもたせる準備に成功したといえます。

次は直線の戦略です。
まず内から差し込もうとしたラッキーナインを内に寄せて動きを封じました。
そして直線は多分、外の伸びが良くなっていることに、10Rの勝浦特別で気付いていたのか、途中で少し外に出しました。
勝浦特別は直線先頭に立ったターニングポイントが押し切ろうとするところへキングレオポルドが外から差し切りましたが、さらに外からアンカツ騎乗のウィンバンディエラなどが届きませんでしたが追い込んできました。
内々よりは少し外のほうが伸びると確信していたのだと思います。
そして坂の途中くらいでまた内にずらしました。
またこれらの進路変更は他の馬たちの進路にも大きな影響がありました。

これによって審議対象になったラッキーナインはもとより、最強馬ロケットマン、国内最強馬ダッシャーゴーゴー、そして鋭い末脚のサンカルロなどが皆進路変更をしなくてはならなくなりました。
1200でこのようなコースロスは致命的です。
また差し込みに入った3着馬エーシンヴァーゴウにも外にずらし、また内に入れることで併せ馬をしにくくするとともにまっすぐ走らせないことでスピードを乗らせないことに成功したように見えました。

以上のようにこの微妙なペース配分と進路取りによって他の馬の能力を半減させることに成功したといえると思います。

もちろん勝ったカレンチャンは外から来たのであっさりかわされたのですが、多分キーンランドCで負けていることからも負けて、勝ちをとるではありませんが、初めから勝ちにいくのではなく2〜3着、あわよくば2着になって賞金を加算するということに専念したのではと思います。
逆にカレンチャンにも勝つ戦略を実行してしまえば、降着になる可能性もありますし、また自分が馬群にしずむ可能性が高くなります。

いい悪いはともかくこんな騎乗ができるのであれば、まだまだ大レースではアンカツは要注意です。
近年騎乗数を絞り、一戦一戦集中で勝負をかけているので、今年の成績はすばらしく、勝ちは少ないですが、複勝率は9月末現在で4.3.4と他のジョッキーから抜きん出ています。

馬券を買うファンの心理をつかんだ、プロの仕事だと感じています。

話変わりますが、発走直前に放馬したビービーガルダンは残念でした。佐藤哲騎手はこの騎乗のみのために東上していただけに無念だったと思います。
またビービーガルダンも1200のG1で2着2回、3着1回、4着1回と出走馬の中では一番実績もあり実際も実力は最上位クラスだったうえに、今回は年齢的にも最後のチャンスと思われるだけにきわめて残念だったと思います。

◆来週の展望
レーティングやハンデキャッパーの評価について個人的な見解を「穴狙い千ちゃんの旅行記」(個人ブログ)に書いてあるのでもしよろしければご覧ください。

★南部杯
今回のG1でも後から検証すると、国内馬はダッシャーゴーゴー以外のレーティングは横並びだったので、人気よりやはりレーティングやハンデ評価を大きな参考資料に考えています。
とすると人気になりそうですがトランセンド、オーロマイスター、ダノンカモンが抜けた評価になっているようです。
となるとそれ以外の古馬より、斤量の軽い3歳馬のほうが面白そうで、そうなるとボレアスが浮上してきます。
またランフォルセは評価が追いつかないくらい急に本格化してきた印象で以前のトランセンド同様、無条件で注意が必要だと思われます。
いずれにしても大きな波乱は難しそうなメンバーです。

★毎日王冠
少ないけれどそれなりのメンバーがそろいました。
こちらも人気になりそうですがレーティングなどの評価通りにダークシャドウ、ダノンヨーヨーが中心になりそうです。
そしてG1を勝っていても3歳馬なので斤量も有利なリアルインパクト、上がり馬のミッキーバラードあたりが続く感じです。
また地味目ですがアクシオンやナリタクリスタルも意外に評価が高く、この辺がからむと高配当も期待できそうです。

★京都大賞典
さみしいメンバーになりました。ローズキングダムの相手捜しになりそうです。
強いていえばビートブラックでこの1点でもいいくらいだと考えています。いずれにしても人気を見てからだと思います。

◆WIN5
またもやだめでしたが、これが始まってから馬券の収支は明らかによくなりました。
特に予算の都合上たくさん買えないので絞り込む必要がでてきているのがいいみたいです。
いずれにしてもとにかく一回的中させることを目標に毎週全力でチャレンジしていきたいと思います。
来週はWIN5が2回楽しめます!

◆岩手県など震災被災地復興競馬
南部杯など当日の開催は表題のような趣旨で行うそうです。
ちなみに岩手県競馬馬主協会の代表は山本武司氏で南部杯で地方馬で出走のゴールドマインの馬主です。
他の中央競馬の馬主さんで岩手県人は私の知る限りではマツリダなどの冠名で知られる高橋文枝氏や西村専次氏などのようです。

◆2011年の成績
★10/2の購入金額・・4800円
★10/2の的中金額・・0円
★10/2までの購入金額・・579200円
★10/2までの回収金額・・583650円
★10/2までの回収率・・100%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
関東地方は今日朝までと見られていた雨が昼くらいまで、しかも強く降りそうで、馬場が相当悪い状態になりそうです。
そのため若干予想を変更します。
◆毎日王冠
◎シルポート
ゲリラ豪雨があった2009ダービーデイのむらさき賞で2着、当時よりもはるかに力をつけているはずで、切れ味が出ない馬場では他の馬はなかなか捕まえられないと考えます。
○トウショウウェイヴ
この条件で、他の馬が時計がかかるようだとまったくひけはとりません。
▲ショウワモダン
言わずと知れたG1ホースで重巧者。ただ59キロであること。ローテーション的に完全に仕上げてない可能性も。
△スマイルジャック
アブソリュートが勝った極悪馬場にも思えた東京新聞杯で3着。イメージよりも重は苦にしなそうです。
△マイネルスターリー
△アリゼオ
★馬券
シルポートから馬連で印に5点(ショウワには300円ほかは200円)。トウショウから馬連で印下位に4点。
シルポート・トウショウ二頭軸三連複で印に4点。シルポートとトウショウのワイド。計2000円。

◆京都大賞典
スマートギアから馬連でオウケンに500円。メイショウに200円。
オウケンブルースリ、スマートギア、メイショウベルーガの3連複200円、三連単ボックス。
計1500円。

◆2010年の成績
★10/10の購入金額・・3500円
★10/10までの購入金額・・408000円
★10/9の購入金額・・6000円
★10/9の的中金額・・1500円
★10/9までの購入金額・・404500円
★10/9までの回収金額・・316040円
★10/9までの回収率・・78%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
2010東京盃サマーウインドパドック写真
大井は軸のスーニがだめでした。ある筋の話では調子がもう一つだったとのことでしたが、事前に察知することは出来ませんでした。写真は勝ったサマーウィンドのパドックでの写真です。
今週からいよいよ東京、京都が開幕秋競馬本番です。
◆土曜日の競馬予想
★オパールS
土曜日は全国的に雨になりそうで馬場悪化が予想されます。このレースは穴で狙ってみたいと思います。
まず重巧者、開幕週の先行有利、コース適性など、また別定戦なので斤量、騎手の乗り替わりなどベースの条件を考えると、どの馬にもチャンスがある混戦のメンバーです。
あと注目は平井氏(栄進牧場)が3頭出しであり、重巧者、ハンデキャッパー評価もそこそこで、先行力、自在性もありうまくいけば2頭が上位入線する可能性もあると考えます。
それからこれは前述の条件では今ひとつで外枠でもあるのですが、前走脚質転換のケイアイアストンが注意だと思っています。
・馬券
エーシンエフダンズの単複(100,300)、エーシンダックマンの単複(200,500)、エイシンタイガーの単複(200,500)、ケイアイアストンの単複(100,300)。
エイシン3頭とケイアイのワイドボックス6点。計2800円。

★ペルセウスS
ケイアイテンジンの単勝300円。ケイアイからダノンカモン。ワンダーポデリオに馬連各200円。
ケイアイからワイドでグランドラッチ、プロセッションに。
ケイアイ一頭軸三連複でグランドラッチ、ダノンカモン、プロセッションワンダーポデリオに流し6点。
計1500円。

★大原S
シゲルタック、ウィズディクタット、リルダヴァル、モエレビクトリーの馬連ボックス。モエレからシゲル、ウィズにワイド。800円。

★京都6R
アスタークリスの単複(100,300)とこの馬から馬連・ワイドでスプラッシュエンドに。
あとアスター・スプラッシュ二頭軸三連複でゴーオンホーマン、スプリングアウェク、レッドジールに。計900円。

以上合計6000円。

◆2010年の成績
★10/9の購入金額・・6000円
★10/9までの購入金額・・404500円
★10/6の購入金額・・1600円
★10/6の的中金額・・0円
★10/6までの購入金額・・398500円
★10/6までの回収金額・・314540円
★10/6までの回収率・・78%

◆日曜日重賞コメント
★毎日王冠
メンバーも低調でしかも休み明けも多く、斤量の恩恵があり、菊花賞以外の路線を目指す3歳馬に注意だと思っています。
3歳馬3頭の中では実力は明らかにペルーサが上位ですが、斤量の恩恵があり、2歳時東京では末脚が違っていたエイシンアポロンは極度なハイペースにならなければ一変の可能性もあると思っています。
またアリゼオも開幕週で少しゆるめになりそうな馬場が味方になる可能性があると思い押えたいところです。
あとは自在性もあり、名手にしごかれて本来の地力を発揮しはじめたマイネルスターリーにも注意です。
それからG1などでは通用しなそうなので、なおさらここに出走してきた東京巧者のトウショウウェイヴあたりが2〜3着に突っ込んでくる可能性も十分だと思っています。
シルポートは逃げてナンボですが距離、コースとも得意で他の馬が完調でなければ勝機があると思っています。
この6頭に絞り込んで狙ってみたいと思っています。人気のペルーサは押さえ程度に考えています。

★京都大賞典
こちらはかたい決着と考えています。オウケンブルースリは軸ですが、勝ちにいきそうなスマートギア、ベストメンバーを中心に考え、穴では朝日CCを叩いて再度メジャーな重賞に使ってきたドリームフライトに注目しています。
スタミナがあるうえ昨秋くらいからかなり力をつけている感があり、侮れないと考えています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
秋G1第1弾は大きくはずしてしまいました。
他のレースで黒字にはなりましたが、残念です。
今週はG2としては最高レベル2レースです。今年もそれなりのメンバーがそろいましたが、あくまでも本番ではありませんので、その辺も考えて予想したいところです。昨日は地方に行き夜中に帰ってきて、今日もこれから出かけるので両メインレースのみ予想してみました。
◆毎日王冠
開幕週、少頭数、前開催と違い洋芝のオーバーシードなどコース条件は一変しますが、問題はウォッカです。
57キロとはいえ展開を考えても大きく崩れるような条件ではありません。ただ気になるのはマイルや2000はめっぽう強い馬ですが、1800はなぜか勝鞍がありません。アクシデントが無い限り入着すると思いますが、取りこぼしは十分考えられます。ウォッカにとって一番大事なのは、G1最多勝に向けて初戦の天皇賞・秋を確実に勝つことであり、ここに勝負をかける必要は全くないと考えます。元来ダイワスカーレットとちがい、条件によってはムラがある馬なので、穴狙いの私としては、ウォッカが負けるという馬券とウォツカと人気薄という組み合せを少々買いたいと思います。あっさりだったらすみません。

・馬券
馬単・・・ヤマニンキングリー→ウォツカ200円。
馬連・・・ウォッカからアドマイヤフジ、ハイアーゲーム。
三連複・・ウォッカ、アドマイヤフジ二頭軸で、スマイルジャック・ヤマニンキングリー・サンライズマックスで3点。
三連単・・前述で組み合せでウォツカ2着、アドマイヤ3着で3点。
計1000円。

◆京都大賞典
オウケンブルースリとジャガーメイルは天皇賞やJCの出走権のためには2着以内をどうしても確保したいところです。特にジャガーは馬、騎手ともに初重賞制覇がかかっています。さらに石橋脩騎手は結婚の祝杯をあげたいところです。
また直線が長く平坦なコースは必ず末脚の切れを見せるスマートギアも侮れませんが、実力はG1級でも絶好調だった馬や確実性のある馬が不在で、逃げ馬など伏兵の一発も充分考えられます。トーホーアランは昨年と同じ流れで人気ですが今年は斤量がきびしいので切ります。こちらもきたらごめんなさい。

・馬券
トーセンキャプテンから馬連でジャガー、スマート、オウケンに3点。
三連複で上記4頭のボックス4点。
計700円。

以上合計1700円。今週はこれぐらいにしておきます。

★10/11の購入金額・・1700円
★10/11までの購入金額・・187400円
★10/4の的中金額・・10410円
★10/4までの購入金額・・185700円
★10/4までの回収金額・・189080円
★10/4までのの回収率・・101%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
そろそろ色々なブログを復活させようと思っていますが、競馬の予想の前に関係ない話を少々。土曜日に用事で方南町に行きました、地下鉄の駅を上がったところの立食いそばが健在でうれしかったです。ここは天ぷらも自家製でお土産で安く売っているほどです。今回も海老天いり400円ンのセットを買い、家で天丼にして食べました。美味しかったです。そういえば来春『ムーンライトながら』が廃止になるニュースを先日書きましたが、『はやぶ・富士』も廃止になる予定だそうで、いわゆる東京口のブルートレインはこれですべてなくなってしまうそうです。このようなものに旅情をもとめて旅に出る人も多いと思うのですが・・。

凱旋門賞出走のメイショウサムソンは残念ながら凡走に終わりました。テレビで見たところ、スタート直後だけでなく最後の直線でも走りにくそうになる不利があったように見えました。武豊騎手も何かアドマイヤの近藤オーナーと一悶着あってから色々な意味でリズムがおかしくなっているように感じられます。また新人の三浦騎手はついに新人の最多勝にむかって武豊騎手に並びました。特に土曜日のバンブーエールは追い出しのタイミング、コース取りとも絶妙だったように思います。単に馬の強さだけでは勝てないハンデ戦であっぱれの騎乗でした。さて今週は毎日王冠など古馬G1戦線のメインに限りなく近いメジャーレースです。毎日王冠は個人的には相性がよく過去、穴をあけたスガノオージ・ドージマムテキやトーヨーリファールなど結構取らせてもらっているレースです。今年もメンバーは揃いましたが無理矢理穴を狙ってみたいと思います。

◆毎日王冠
ウォッカの57キロをどう見るかが最大のポイントだと思っています。また以前でも当ブログでドリームパスポートが関東に移籍した理由の中に東京で勝負をかけるという部分もあるのでは、と勝手に想像して書きましたが今回注目の新人・三浦騎手騎乗で出走となりました。穴人気になっている様ですがこれをどう見るかも重要と思っています。結論的にはウォッカはおさえ程度、ドリパスは今回は人気なので思い切って見送り次回の天皇賞で狙いたいと思います。注目は左回り得意のハイアーゲーム、ハンデ評価の57.5キロ以上の馬でアドマイヤフジ、サクラメガワンダー、エリモハリアーあたりを狙います。特に騎手の乗り替わりのない馬、開幕週なので内枠の先行馬、また中山は野芝でしたが、東京は洋芝をオーバーシードしており洋芝適性も考えたいと思います。

軸◎アドマイヤフジ
地味ですが、古馬になり着実に力をつけていて、今回近藤氏の二頭出しは当然カンパニーが有力に思えますが、内枠で57キロで出走、春のローテーションは完全にメジャー路線、しかもすべて6着以内、さらに川田騎手もこのレースの為に上京、勝負掛かりと見ました。特に一流馬の斤量がかさむ別定戦です。次走よりここで結果を出したいところです。
◯ハイアーゲーム
左回りの1800はベスト。良績の殆どはこの条件に集約されています。現状ではG1で勝負をかけるタイプではなくここがメイチと見ました。
▲サクラメガワンダー
開幕週と先行力、内枠、何度も書いているように2歳時ですが、あのアドマイヤムーンを差し切った数少ない馬の一頭です。関東圏では軒並み凡走で心配ですが、関西圏では掲示板を外したことは殆ど無く力自体は上位と見ました。特に昨年後半からの成績は安定していて福永騎手が乗るのも好材料です。関東は凡走のジンクスがあってもなおかつ出走して好枠を確保した今回は要注意です。
△ウォッカ
斤量以外は減点材料はなく、人気になるのももっともです。押さえておきたいところです。
△エリモハリアー
超大穴ですが、この馬が来たらとんでもない馬券になるはずです。函館記念、新潟記念、朝日CC、オールカマーと過酷なローテーションをすべて凡走しているのにさらに格上のこのレースに出走してくること、前3走はすべて苦手な野芝のレース。洋芝の得意の函館は57.5のハンデで4着と健闘しており、評価が低いわけではなく、陣営も無意味にわざわざ遠征してくるとは思えず、一発に期待です。
注カンパニー
58キロだが実力上位は明らかで押さえたい。

◆京都大賞典
ここは少頭数で人気馬が明確なので、穴は難しいですが、比較的穴っぽい3頭に絞り込みました。

・結論
ポップロック、アドマイヤモナーク、トーホウアランの馬連ボックス。

◆相模湖特別
ショウナンアクロスに穴で注目。単複と人気薄なので手広く流したいところです。相手はアロマンシェス、ラルケット、パパラチア、アドマイヤダーリン、コスモチーキー、ランヘランバまで。

このページのトップヘ