競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:秋華賞

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜深夜(日付は金曜)に掲載した秋華賞他の今週の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53334287.html

台風はほぼ日本から遠ざかりましたが、すさまじい爪あとを残し、テレビの報道でも被害の全容はわかっていないようです。
競馬どころではないような状況ですが、一応レースは行われるようなので予想だけ簡単に。

ちなみに私の実家も多摩川から100メートルくらいのところですが、昨日は途中で家族の別の家に避難したようです。
思えば記憶の中でははるか昔の狛江で多摩川が決壊して家が数件流されたとき以来、というか全国的にはその当時をはるかに上回る甚大な被害が出ているようです。

◆秋華賞
今年の3歳馬は現段階までの印象では牝馬より牡馬のほうがはるかにレベルが高そうです。
また牡牝ともにトライアル、本番を含めレースによってレベルの高低があるように感じます。同じレースでも先行した、追い込んだなどでもその後の活躍の度合いに違いがあるように感じます。

たとえば牝馬はトライアルのスイートピー、忘れな草、フローラ出走馬に結構本番でも活躍馬がいたりします。また牡牝混合でも白百合S出走馬も侮れない感じがしました。
特に目立つのは今回のレースではあまり関係ありませんが、ここのところのレース内容を見るとダービーで比較的先行した馬の活躍です。先行しなくてもゴール前までに脚を使った馬も同様と感じました。
たとえばリオンリオン、サトノルークス、ダノンキングリー、サートゥルナーリア、マイネルサーパスあたりです。
ダービーで比較的先行してまだその後走っていないのは、クラージュゲリエとエメラルファイトだけですが、クラージュは休養中で復帰未定です。唯一エメラルだけ富士Sで復帰の予定みたいですが、出走してきたら注意と思っています。

ということで個人的な好みもありますが、紫苑S出走の馬に注意と思っています。また一概に言えませんが紫苑3着のカレンを物差しにするとオークスの様子でも上位2頭とそれ以下では明らかに差があったように思いました。

他ではいつもですが、関西に入厩した厩舎や追い切りで騎手が関西に遠征した馬も注意と思います。具体的には三浦騎手のフェアリーポルカ、シャドウディーヴァ、パッシングスルーです。特に三浦騎手は本人悲願のG1のチャンスです。

それから当日に厩舎、騎手が同じコンビで本番に近い条件のレースに出走しているケースも注意と思いました。たとえば先週は追い切りで遅れたので少々割り引いてしまい失敗しましたが、松若騎手、音無厩舎のコンビも先週コンビで京都大章典に備えているのではないか?と思われるようなコンビでの出走レースが複数ありました。

今回で一番同じように感じたのはビーチサンバの福永・友道コンビです。あとは若干感じたのは川田・中内田コンビです。

そして結論は下記のようにします。
◎フェアリーポルカ
○ビーチサンバ
▲パッシングスルー
★シャドウディーヴァ
△カレンブーケドール
△コントラチェック
△ダノンファンタジー
※レッドアネモス

馬券は◎と○から印に流し、◎○▲のワイドボックスも。

※途中オッズの違和感ですがフエァリーポルカ、ビーチサンバ、パッシングスルー(共同)と個人的な注目馬に感じました。もとからその要因で考えていたわけではないので、この話とピッタリになったことのほうが、むしろ別の意味で違和感を感じています。

◆三年坂特別
ギルマに注意と思っています。単複少々。

◆他レース展望
現段階での展墓です。
・府中牝馬S
上記(リンク)展望で注目のラッキーライラックに加え、賞金加算したいジョディー、今回こちらに騎乗する岩田騎手のスカーレットカラー、賞金加算したいエイシンティンクル、もう1回使ってきたディメンシオン、三浦騎手の動向でダノングレースあたりを候補に考えています。

・南部杯
同様に前回展望で注目したとおり吉原騎手騎乗のサンライズノヴァに注目ですが、他に和田騎手の動向と前走のレース振りでミツバ、力つけた感があるアルクトス、この条件は走るノボバカラにも注意と思っています。もちろんルメールが乗りに行くゴールドドリームは押さえざるを得ないと思っています。また先々注目の藤井騎手が騎乗で渋太いオールブラッシュも侮れないと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月13日(日)AM10時55分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
特に土曜日の東京は現状の台風の進路予想からすると、仮に開催時間中に可能な時間帯があっても、12R終了時間帯に電車が動いているかどうか、かなり微妙になっている感じです。最近は先般大混乱があったように事前に計画運休が実施される可能性が高く、また騎手などスタッフの移動がままならなくなりそうな情勢で、個人的には中止というか、延期が濃厚と考えています。
また土曜日の京都はかなりの雨量になりそうですが、開催自体は可能という気がします。
しかし土曜・京都→日曜・東京というパターンの騎手やスタッフがいた場合に、移動が困難になる可能性が高く、こちらも物理的な問題で同様に中止・延期という可能性が充分あると思っています。

それ以外は日曜日・東京開催は台風の影響の問題もあり微妙ですが、他は大丈夫では?と思っています。
いずれにしてもここのところ頻繁に週末に襲来する台風の関係で相当予定が変わる可能性があると思っています。

先週のレースでは凱旋門賞の日本馬は残念でした。
現在の日本の競走馬の育成環境や、国内の競馬場やレース条件では、今回のレースにはまったく歯が立たないことを証明してしまった感があります。もちろん過去の条件も大きくは変わっていたわけではなく、そんな中でエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタなどは2着になっていますが、その後欧州の馬も大きく進歩しているようで、個人的な印象ですが唯一オルフェーヴルは現在でもまったく遜色ない地力を備えていたように感じました。

また過去の日本馬ではこのようなレース条件に対応可能かもしれないと思う馬は、はるかさかのぼりますが、1991年ダートで無敵を誇り、芝に転向、極悪馬場の秋天で3着、明けて長距離の春天、スピード勝負の安田記念2着、中距離の宝塚記念を2着したカミノクレッセみたいなタイプの馬であれば、もしかしたら好走の可能性があるかも、と感じました。もちろん当時はそんな空気はまったくありませんでしたが・・。また通用するかどうかもまったく未知数で走ってみないと、というところもありますが・・・。
また当時王者として君臨していたメジロマックイーンも有力タイプかもしれません。でも今の国内競馬でこのようなタイプは逆に活躍の場が限定されてしまいそうな気もします。

国内レースでは、東西でG1前哨戦が行われましたが、ダノンキングリーの強さには舌を巻きました。このコース限定かもしれませんが、前哨戦とはいえ、相手が相手だけに、桁違いの末脚でした。1頭だけ違う競馬をしていたようにさえ見えました。次走をどうするのか見ものだと思っています。

京都大章典はここ目標ということで本命にしたクリンチャーは結局ダメでしたが、この後まだ予定があるのであれば、今回のレース振りであれば次走は人気の有無にかかわらず注意と思いました。

負け惜しみになりますが、個人的には3着の馬以外ほぼ印をまわした馬が上位に入線したのに、しょぼい馬券しか取れず相変わらず馬券下手が直らず残念でした。

そういえばJCの予備登録で、もちろんBCなどとの兼ね合いもあり多くは回避すると思いますがオブライエン厩舎の数頭などすごいメンバーが登録してきました。何頭かでも出走してきたら面白そうだと思っています。

◆秋華賞展望(現段階での)
先週の展望から三浦騎手に注目で、今回騎乗のフェアリーポルカに注目と書きましたが、それは原則変わっていませんが、それなりの道悪になる可能性があり、特にこのコース特有の枠順による有利不利や、展開によりまったく順位が変わるパターンなどまだ検討すべき課題がたくさんあると思っています。
他では追い切りで気になったのはメイショウショウブ、ブランノワールあたり、あとは道悪でというなら本来はデムーロ騎手の動向からサトノダムゼルといきたいところですが、逆にデムーロ騎手が乗らないほうのエスポワールが要注意と感じています。
あとは事前入厩ではこちらも人気になりそうなパッシングスルーといきたいところですが、先週から事前入厩馬を重賞で出走させている斉藤誠厩舎所属のもう1頭の事前入厩馬であるシャドウディーヴァの方がおもしろいかも、と追い切りなどを加えてみても感じています。

◆府中牝馬S
本来実績あるクロコスミアやプリモシーンあたりが順当に上位に入りそうと、穴は難しいのでは?と思っていますが、1頭だけ大きな根拠はありませんが、忘れたころにある日突然的にいきなり好走するタイプに見えるラッキーライラックが結構気になっています。今回はそれほど人気になりそうな感じもなく、狙ってみようかな、と思っています。

◆オパールS
地力でいえばミラアイトーンと賞金加算もしたいカラクレナイの2頭に注目と思いますが、直線平坦のハンデ戦でもあり枠順にもよりますがいつも追っかけていて今回もまったく人気がなさそうなタマモブリリアンとフミノムーンあたりもここは狙ってきそうなタイミングと条件で注意と思っています。

◆南部杯
現段階では、今回も吉原騎手追っかけでサンライズノヴァを狙ってみようと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月11日(金)AM1時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日は重賞は時計も速く、ペースは速すぎで想定とはまったく違い完全に不発でした。ラインも結局ゴール前でつかまり3着と勝ちを期待していたので個人的には不発でした。G1デイですが状況から反面教師として参考にしたほうがいいかもしれません。

◆秋華賞
ほとんどの予想家や関係者が◎を他の穴馬にしても事実上はアーモンドアイでしょうがない、と感じているようです。
ただ外枠にどうしても逃げたい馬が入り、小回り、直線短く平坦、開幕間もない軽い馬場であり、またアーモンドは揉まれ強いのかがまだ不明です。地力では他を圧倒していと思うので、まだ能力に奥がありそうな馬、先行か内目を進む差し馬、など逆転でkる条件は限定されると思います。ここで浮上するのは騎手の手腕かもしれません。また展開とそのような位置取りであれ経済コースを進めるかが鍵のような気がします。あとは出走権をなるべく早めに確保できてここに照準を合わせてきたことも重要と思います。
特に賞金が足りているのにトライアルを使い、大負けしなかった馬(レース条件は違いますが過去でいえばホクトベのようなパターン)には人気にかかわらず注意と思います。
◎軸アーモンドアイ
○ゴージャスランチ
条件はクリアーしていませんが、いつも能力は高いのでは?と感じる馬で、いつか一発ありそうです。
▲ハーレムライン
賞金が足りているのにトライアルに出走して掲示板でした。新馬でRライラックに完敗ですが、秋になり馬体が大きく成長している可能性もあります。おそらく最低人気圏ですがAアイやRライラック以外とはそんな大きな差はない可能性もあります。中山マイルの内枠で勝っているのでごちゃつくのも大丈夫そうで注意です。
★サラキア
これもトライアルで浮上した馬ですが、能力もありそうで、京都の2000が向き沿そうと感じます。
△トーセンブレス
穴の指名が今回多いと感じました。柴田善騎手から乗り替わった藤岡祐騎手が関東までお追いきり遠征です。私見ですが動きがよく見えました。
△ランドネ
内で先行しそうで残る可能性十分と思います。
△パイオニハバイオ
フラットな馬ですが持久力勝負に強そうで展開次第ですが、内枠は有利そうです。柴田善騎手の動向もあり注意と思います。

◆信越S
トウショウの2頭に注意ですが、特にトウショウピスト、あとは地力も含めスターオブペルシャに、軽斤量馬ではアンフィトルテに注目と考えています。大穴ではウインソワレ、あとはこの条件ならアポロノシンザンに注意と思っています。大穴のウインは複少々で中心はトウショウP、スター、アンフィ、アポロで組み立て、トウショウDからもスター、アポロあたりには押さえたいと思っています。
あとは点数がかさむのでひかえたいところですがミュゼエイリアンは今回ハンデが恵まれているように思え気にはなっています。

◆オクトーバーS
一般オープンでは実力馬の両マイネルはともに58キロで、新進のアドマイヤアルバ、スティッフェリオが人気ですが、この2頭では4歳馬で来春賞金が減額するスティのほうが有力と思います。仮に買うとしたらスティからワイドで両マイネルに少々。
※スティは降級はもう終わっていました。失礼致しました。いずれにしても北海道でのレベルの高いレースを経験したということで先々期待している馬なのでこの馬を軸に買うつもりです。(PM0時40分)


◆神奈川新聞杯
グランドボヌールに注意で、仮に買うとしたらニシノウララ、ティルナノーグにワイド少々。

◆藤森S
まず難しいと思いますが、シルバードリームの複少々。まともに考えればヤマニンアンプリメが有力と思っています。

◆寺泊特別
これも難しいと思いますが、マイネルサイルーンとダイシンサクセスの複少々。中穴ではショウナンサスケは地力があり注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(日)AM11時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いよいよ秋のG1連戦が始まります。
あっという間に有馬記念になってしまう感がありますが・・。

◆府中牝馬S
賞金加算が必要な馬や一回叩いた馬を重視したいところです。
特に今年は夏後半から週中のみならず週末の天候も悪く馬場状態から若干時計がかかったほうがいい馬に注意と思っています。
◎クロコスミア
現状好走する条件がそろっている馬で地力もあり、昨年も好走していて注意です。
○ディアドラ
最終的な目標は不明ですが、一回叩いていることを考えればここは少なくとも上位を狙っていると考えます。
▲カワキタエンカ
賞金加算が必要と考え、スムーズに先行すると多少ペースが速くても簡単に崩れないので注意ですが、問題は東京コースがどうか。
★ソウルスターリング
復活を目指すのには一番いい条件です。
△リスグラシュー
△アドマイヤリード
△ジュールポレール

◆今週はいつも注目しているラインの馬に注意
中央競馬で現在大澤氏のラインの馬は12頭登録がありますが、今週は一挙5頭が出走です。通常多くても3頭くらいなので、個々最近はラインスピリットのG1での3着など活発な動きになっていることを考えれば、今週はどの馬も注意です。
・ラインカリーナ
プラタナス賞出走で、ここは先日すごい走りを見せたダイシンインディが出走のほか強敵ぞろいですが、デビュー戦では相当な能力を見せていてここでも一発の可能性十分です。
・ラインギャラント
新潟8R出走ですが開幕週もあり、枠順的にも注意です。

◆白秋S
ここは人気馬が順当と思いますし、定量戦なので狙いにくい条件ですが、いつも追っかけているキングクリチャンが出走です。すでに9歳ですが最近調子を上げてきている感じもありここも注意です。本来ハンデ戦での好走が目立ちますので順調に使えればの話ですが、次走以降に狙いがある可能性もありますが、ここは大穴狙いで複少々は押さえたいと思っています。

◆日曜日展望
・秋華賞
皆の注目はアーモンドアイの3冠達成に注目が集まっている感じで、私も同感です。
特別な馬と考えれば、現段階では相手の紐穴狙いで、と考えています。本来は京都内回りで開幕間もないことを考えれば内枠の馬か先行馬重視ですが、あまりこだわらずに考えます。
比較的人気ではまだまだ奥がありそうなサラキア、コース形態が似ている函館で好走したミッキーチャームに注目です。
穴ではゴージャスランチ、騎手の動向からパイオニアバイオ、あとは騎手が遠征で追い切りしてしかも動きがよく見えたトーセンブレスあたりに注目しています。

・信越S
穴党には勝負したい条件がならびました。現段階では特に注目はスターオブペルシャで、あとはトウショウの2頭(トウショウドラフタ、トウショウピスト)、あとはアンフィトリテ、ウインソワレに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月13日(土)AM5時55分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週は土日両日分を簡単に。絶不調です。
今週は松田騎手中心にほか柴山騎手、柴田善騎手の軽量騎乗も狙います。
◆10/15分
★東京ハイジャンプ
道悪で東京コースと東京JS同様で、当時の1・2着馬、特に2着のマサノブルースで勝負します。
この馬人気が先行しないタイプで未勝利戦初戦は勝てませんでしたが複勝60倍でした。
マサノの単複(200.500)とマジェスティバイオとの馬連100円、ワイド200円。
計1000円。

★雷光特別
リビングプルーフの単複(200.500)

★新潟12R
ボンベイダックの単勝500円とこの馬からワイドでキャロルロゼ、フィールザファイン、ラヴアンドサンクスに。
計800円。

◆10/16分
★秋華賞
前走変身、栗東滞在、追い切りもバネのある走りのマイネイサベルを狙います。あと超大穴でフレンチボウ、マイネソルシエールを少々狙います。
・マイネイサベルから馬連でホエールキャプチャに300円、アヴェンチュラに200円。
・フレンチボウとマイネソルシエールの両馬の単複(100.300)ずつとワイドで両馬からホエール、アヴェンチュラに。
・マイネイサベル1着付三連単でホエール、アヴェンチュラに流し。
・マイネイサベル2着付三連単でホエール、アヴェンチュラに流し。
計2100円。

★府中牝馬S
・フミノイマージン、ブロードストリート、アパパネの馬連ボックス各300円。
・アパパネ2着付三連単で2頭に流し。
・アパパネ3着付三連単で2頭に流し。
計1300円。

★白秋S
ダイワナイトとゴールディーロックの馬連、ワイド。ゴールディーの単複(200.500)。
計900円。

★清水S
テーオーティアラの単複(200.500)とワイドでギンザボナンザ、ダノンシャークに。
計900円。

★角田浜特別
ディアマンボーとラベンダーカラーの両馬の単複(200.500)ずつと両馬からガンドックに馬連。
計1600円。

★菅名岳特別
マリアビスティーの単複(200.500)

◆WIN5
★白秋S
ダイワナイト
★清水S
ギンザボナンザ
★角田浜特別
ガンドック、ディアマンボー
★府中牝馬S
フミノイマージン、ブロードストリート
★秋華賞
マイネイサベル、ホエールキャプチャ

計800円。

以上合計10800円。

◆2011年の成績
★10/15・16の購入金額・・10800円
★10/15・16までの購入金額・・603500円
★10/10の購入金額・・7500円
★10/10の的中金額・・1500円
★10/10までの購入金額・・592700円
★10/10までの回収金額・・590850円
★10/10までの回収率・・99%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週はいつものようにコメントどおり買っておけば、というパターンでした。定例化してしまっています。
今週は日曜日は朝一で地方に遠征で、準備もあるので土曜の朝に2日分まとめて書きます。
◆土曜日の競馬
★アイルランドT
メイショウレガーロ、サンライズベガの単勝を各300円、両馬の馬連200円、ワイド200円。
メイショウレガーロ・サンライズベガとトーセンジョーダン・トゥザグローリーの馬連フォーメーション4点。
計1400円。

★東京ハイジャンプ
ビコーフェザーの単複(200,500)とワイドでタマモサプライズ、エイシンボストン、ディアディアーに。
計1000円。

★秋嶺S
カネスラファールの単複(200,500)とワイドでユノゾフィー、ボクノタイヨウに。計900円。

★堀川特別
パーソナルブレーンの単複(200,300)とテーブルスピーチに馬連、ワイド。計700円。

★東京5R
ヴィントンクィーン、カルトマリーヌ、ビクトリアスバイオの各単複(200,300)と3頭の馬連、ワイド。
計2100円。

★東京7R
ダイワモーストの単複(200,300)とワイドでメジロ2頭とミカエルビスティーに。計800円。

★京都7R
タマモトワイライトとチャームドリームの各単複(200,500)。タマモ3頭のワイドボックス。
計1700円。

◆日曜日の競馬
★秋華賞
三冠を狙うアパパネは今までと違うタイプです。いわば堅実型で、抜けた強さではなく少差であっさり負けても不思議はありませんが、とにかく堅実です。
今回も突き抜けて勝つというよりも、最後首一つ出して勝ちにいくというイメージです。それだけに頭ではなく、三連の軸やボックスという感じで考えたいところです。
要注意は厳しいペースになった紫苑Sの2頭です。2着のクラックシードも追い上げですが3角あたりから外を捲くリ気味に追い上げる形でかなりハードな競馬を強いられました。
残念だったのは今回抽選でブルーミングアレーが除外されたことです。かなり期待していました。
あとはショウリュウムーン、アプリコットフィズに注意です。一部陣営のコメントではアパパネ、アプリコットを実力上位馬としてみている感じがあり、今回勝てるかどうかは別にしてもアプリコットはいずれ大きなところを勝ちそうに感じます。
本当だったら左回りの東京のマイルあたりが面白そうです。
・馬券
アパパネ、アプリコット、ショウリュウ、ディアアレトゥーサ、クラックシードの馬連ボックス。
あとアパパネ1頭軸三連複でアプリコット、ショウリュウ、ディアアレ、クラック、アグネスの5頭に流し。
計2000円。

★府中牝馬S
ブラボーデイジーの単複(200,500)と馬連・ワイドでニシノブルームーン、リトルアマポーラ、ブロードストリート、スマートシルエットに。
計1500円。

★京都オータムP
マルカベンチャー、マルカフリート、フェイムロバリー、ティアップハーレーの馬連ボックス、三連複ボックス。
計1000円。

以上合計13100円。

◆2010年の成績
★10/16.17の購入金額・・13100円
★10/16.17までの購入金額・・421100円
★10/10の購入金額・・3500円
★10/10の的中金額・・0円
★10/10までの購入金額・・408000円
★10/10までの回収金額・・316040円
★10/10までの回収率・・77%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
東京競馬場09101

東京競馬場09102

写真は先週の日曜日に知人と東京競馬場に行った時のものです。毎日王冠にウォッカが出走するということもあり、すごい人でした。ウォツカはパドックでも大人気でした。
今週はいよいよ牝馬三冠最終戦の秋華賞です。馬券はともかく桜花賞、オークスと他馬と次元の違う走りを見せた二頭がどんな走りを見せるか楽しみです。
土曜日の2歳の重賞、デイリー杯2歳Sはリディルが強い勝ち方をしました。また東京の12Rでは3歳馬のラドラーダが強さを見せました。同時に人気薄のダイショウベリーの途中までスピードのある走りを見せ芝、ダート問わず今後楽しみです。さらに京都12Rは出入りの激しい競馬になり、特に途中で仕掛けを入れ4着に粘り込んだトップオブオナー、出遅れ癖は治りませんが向こう正面から仕掛けを入れて直線は失速しましたが新味を見せたエイシンダッシュも次走以降楽しみです。

◆秋華賞
・前哨戦
例年どおり、ローズSは緩みのない厳しいペースでレコード決着とレベルも高そうです。このレースで16着だったヒカルアマランサスが土曜日の堀川特別で快走しました。また中山のトライアル紫苑Sで10着に敗れたマイティースルーも土曜日の最終レースで4着に健闘しました。こちらも緩みのない厳しいペースでした。両レースとも大きく負けた馬でも先行した馬には注意が必要だと思います。
特に紫苑S組はトライアルでありながら創設いらい好走馬がほとんど出なくて、近年2000メートルに距離を延長しました。レースの存在価値の問題もあり、そろそろ上位馬を輩出したいところだと感じています。
札幌組では大倉山特別を勝ったミクロコスモス(ローズS3着)、2着のパールシャドウが次走のルスツ特別を勝ち、さらにこのレース2着のクーデグレイスがローズSで3着に入着とそれなりのレベルではあると思います。

・上位人気馬はかなりのレベル?
ブエナビスタ、レッドディザイア以外もオークスでは5着までの馬とそれ以下の馬では大きな差がつきました。オークスで未出走でもこの上位馬と接戦を演じた馬などを除けば、オークス6着以下の馬は京都内回りコースでもかなり厳しいのではと思っています。またブエナビスタは完全に仕上げない状態で札幌記念で軽量とはいえ不利な展開から直線だけで2着に追い込んでいてかなりのレベルであると考えます。

◎レッドディザイア
このレースにかける勝負度合いに敬意を表してみたいと思います。
◯ブロードストリート
トライアルは快走で素質開花でしたが、本番は相手も本気になり上位は確保出来そうですが、対抗にとどめたいところです。
▲クーデグレイス
滞同馬をしたがえ栗東に事前入厩、追い切りも川田騎手が騎乗、渋太さもあり枠順もよく出遅れがなければかなり見せ場がありそうです。
△ブエナビスタ
本来このレースを使う青写真はなかったはずで、計画どおりにいかない点はおおきなマイナスと考えます。ディープインパクトのような馬であれば別ですが・・。この馬のレベルが今回問われる場面です。三連複の軸にはしたいところです。
△デリキットピース
忘れな草賞から考えると狙える条件です。
△アイアムカミノマゴ
ここ勝負をかけてきそうなローテーションですが、ワイド、三連複対象か。
注イイデエース
全く人気はありませんが大崩れしたレースは少なく、経済コースをまわり3着狙いのようなレースをした時は不気味な存在です。

★馬券
大穴を狙うようなレースではなく、まともに考えたら見て楽しむレースと割り切りたいところです。唯一イイデエースに大穴の望みを託します。
・馬連でレッドからブロード300円、クーデに200円。ワイドでレッドからデリキット、アイアム、イイデに。
・三連複レッド、ブロード二頭軸でブエナ以外の印の馬に4点。
・三連複レッド、ブエナ二頭軸でブロード以外の印の馬に4点。
計1600円。

◆府中牝馬S
ここ数年と同様、G3としては破格の豪華メンバーです。ローテーション的に致し方ありませんが、G1馬が4頭などG2にしても高格に属するメンバーです。人気のカワカミプリンセスの56キロをどう考えるか、4歳馬の評価は、などがポイントと考えます。
また人気以上に地力は横一線というイメージで人気薄の実力馬などを狙ってみたいと思います。

★馬券
トールポピーとエフティマイアの馬連100円、ワイド200円。
トール、エフティからリトルアマポーラ、ニシノブルームーンに馬連フォーメーション4点。
トール、エフティからムードインディゴ、マイネカンナにワイドフォーメーション4点。
単勝トール200円、エフティ100円。
計1400円。

◆東京12R
ストームタイガーの単複(100,200)とワイドでギルティストライク、ゴービハインドに。

◆京都12R
セイクリムズンからワイドでエーシンドゥベターとエーシンクルーディに。

◆白秋S
サニーアンジェリカの単複(100,300)、エフテーストライクの複勝200円。

◆サフラン賞
グローリーステップからワイドでシーズバレンタイン、コスモヴァルール、コスモレニに。

◆清水S
ミッキーパンプキンとフライングメリッサの馬連、クリムゾンベガ、マッチメイト、トーワユメジの複勝各200円。

◆愛宕特別
スズカフェローの複勝200円。

◆壬生特別
メモリーパイファの単複(100,300)

◆京都7R
ニホンピロキャット、ラッキーポケットの各単複(100,300)

◆京都1R
エンジェルブレスの単複(100,300)

以上合計7100円

★10/18の購入金額・・7100円
★10/18までの購入金額・・194500円
★10/11の的中金額・・8780円
★10/11までの購入金額・・187400円
★10/11までの回収金額・・197860円
★10/11までのの回収率・・105%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まず関係ない話から。最近駅中(エキナカ)の成功で、JR各社は駅のビル化、商業施設化を進めています。それにともない古い駅施設はどんどん取り壊されています。先日仕事の途中で両国駅を利用する機会がありました。国技館や江戸東京博物館、ちゃんこなど観光客が多くなってきている駅ですが、駅としての利用価値はひじょうに衰退してしまいました。かつては房総方面の急行列車の始発駅として秋葉原駅とともに独特の旅情をかもし出していました。今でも名残でそのホームだけが残っています。そして注目は逆に乗降が減ってしまったおかげで古い駅舎が残っているということです。重厚な石造りの立派な駅舎です。いずれは観光客がこの駅舎をたずねて来るような時代になるかも知れません。

ざっと調べてみたら、首都圏で古い駅舎が残っている駅は、東京駅をはじめ、上野駅、原宿駅、高尾駅などが有名です。あと国立駅は一旦取り壊されましたが、住民運動で高架化が完成したらまた再建される予定だそうです。渋いところでは青梅線沿線で御嶽駅、鳩ノ巣駅、奥多摩駅などもかなりの時代物だそうです。そして注目は青梅駅で鉄筋なのですが、実は都内の駅舎では最古参級で80年以上経っているそうです。また鶴見線沿線も工業地帯らしい時代物の駅舎が残っています。特に国道駅は駅舎というより、ガード下ですが昭和の時代を彷彿とさせる駅のようです。写真を見ても古い映画の場面を見ているようです。
あと東海道線には平塚以遠に残っているようで、大磯、早川、根府川、そして私が頻繁に利用している真鶴駅の駅舎もかなりの時代物だそうです。熱海駅も古い駅舎をベースにして新しい駅施設を追加しているそうで、名残が残っています。

私はレトロファンなので、これから訪問先でこのような建物の撮影もしてみようかな、と思っています。

さてやっと競馬です。

先週は57キロを懸念されたウォッカが強い競馬で2着に食い込みました。さすがです。勝った馬は距離が長いと苦しそうな馬という評価なので、56キロで出走出来るウォッカが天皇賞に出走すれば当然相当な人気になるのでしょうが個人的にはかなり懸念しています。それはコース形態です。東京1800はすんなり競馬が出来るコースなので、強い馬が好走する確率の高いコースですが、多頭数の東京2000はスタート後すぐコーナーがある為にランペースになりやす展開にひじょうに左右されやすいということです。内に包まれたり、外枠の先行馬で距離損をしたりで人気や実力通りに決まるケースはディープのように抜きん出た実力馬が大外をぶん回しても楽勝出来るような馬か逆に器用さも備えた馬のどちらかのケースが多く、どちらかというとウォッカは2400向きのタイプに思えてしまうからです。
あと先週の競馬で、オクトーバーSに出走して凡走した馬でパープルイーグルという馬の今後に注目したいと思います。それなりのメンバーのハンデ戦で55キロでしたが、距離が伸びれば伸びるほどいいタイプに見えました。今後芝の長距離戦に出てきたら要注意だと思います。

あと馬場ですが時計はもちろん速いのですが、今回の東京、京都とも野芝に洋芝のオーバーシードとなっています。特に京都は野芝も11センチ以上で深い芝になっています。これは札幌の開幕時のような時計の速い洋芝のような状態ではないかと思います。小倉、新潟、中山、阪神はすべて野芝のみでしたので、札幌好走馬に注目の必要があるのではと思います。特に京都は顕著になるのではと思っています。土曜日もデイリー杯ほか数レースが札幌からの馬が快勝したようです。

◆秋華賞
★ポイント
・前述の馬場適性、さらにまだ内側が有利そうなのと、内回り2000なので基本的には内枠有利とみました。またすぐにコーナーがあるので場合によっては乱ペースに注意です。また器用な馬、コース取りでは内の先行馬群で待機して直線で抜け出すのが理想というイメージです。

・権利取りの時期とローテーション、またこのあとエリザベス女王杯があることも念頭におきたいところです。

・基本的にG1を好走する馬は騎手の乗り替わりが少なく、人馬一体で、出来る限り前の時期から準備をしているケースが多いようです。良馬場になりそうなのでかなり重要な要素だと思います。今回蛯名騎手や四位騎手が斜行で騎乗停止になってしまいました。しょうがない部分もあるのでしょうがともにそれなりに期待出来る馬だったと思いますのでやはり残念です。

・社台関係が今回も4頭出し、金子真人氏が2頭、ディアレストが2頭出走です。あと関東の田村厩舎が2頭、小島茂厩舎が2頭出走です。このような多頭出しはやはりレース上は不利になることは少ないそうで、特に先行馬がらみだと勝負けになるケースが多いと感じています。内枠の馬か先行馬が含まれていたら要注意です。どのような展開にも対応可能になるからです。今回のように現状では抜きん出た馬が不在の時は特に注意したいところです。

★結論
軸◎リトルアマポーラ
◯トールポピー
本当は相当強い馬に思えますが、このコース形態が。
▲オディール
届かないタイプだが、嵌れば。
△エフティマイア
小回りコースは苦手そう。蛯名騎手ならもっと期待出来たが、前週に斜行すること自体、G1で2回連続銀メダルの馬に乗っている騎手の準備としては・・、と感じこの後エリザベス(外回り2200)に出走したらと勝手に思っています。
△ブラックエンブレム
ローズSから栗東で調整、岩田騎手最騎乗で雪辱、枠と脚質有利。フラワーCはレベル高いメンバー。
△レジネッタ
器用さと強さを両方持っている。本格化後はムラがなく、かならず押さえたい馬。
△レッドアゲート
春とは違う、ここにむかって仕上げるローテーション。前走は脚ならし?
注メイショウベルーガ
末脚期待で逆転も。人気のない今回は注意だが乗り替わりが・・。

?馬としての力はトール、エフティ、レジネッタ、オディールあたりがが強いと思っています。ただ実際勝負で強い馬、騎手そして枠や展開に恵まれることも大きな要因です。今回は社台の多頭数が連対を確保しにいくと見て、穴狙いであることも考え予想しました。馬券は上位馬連ボックスですでに購入しました。

◆府中牝馬S
前述のようなコース形態、定量戦であること、唯一のG1のステップレースであることから人気で決まることが多く穴党泣かせのレースです。メンバーもG3とは思えない豪華メンバーでメジャーなG2のメンバー構成です。JRAハンデキャッパーの評価なども参考にしたいのですが、ハンデ戦そのものに出走しない第一線級が一番強いということになってしまいます。

◎ブルーメンブラッド
◯キストゥへブン
▲ベッラレイア
△カワカミプリンセス
△ヤマニンメルベイユ
注ローブデコルテ
?馬券は◎から馬連流しか、◎◯から三連複流しで、あまり自信ありません・・いつものようにですが

◆天王山特別
プラチナムペスカに注目です、内枠に入りすんなり先行出来れば人気はありませんが好戦可能です。

◆白秋S
モルトグランデ、メジロシリング、アーバンストリートが実力上位と思われますが、コース巧者のスピードタッチが割って入ってくる可能性も十分あり、スピードから3頭に流してみたいところです。

◆サフラン賞
レイラニとミスクリアモンを穴で注目しています。

◆清水S
秋華賞に出走ならなかったポルトフィーノが人気になりそうですが、ここはハンデ戦、スピリタスにも注意です、この両馬から穴にいきたいところですが、相手は芝未勝利ですがメガトレンドで。あと超大穴なのでワイドで十分ですがライブリシュロムにいって見たいと思います。

このページのトップヘ