ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
そろそろ色々なブログを復活させようと思っていますが、競馬の予想の前に関係ない話を少々。土曜日に用事で方南町に行きました、地下鉄の駅を上がったところの立食いそばが健在でうれしかったです。ここは天ぷらも自家製でお土産で安く売っているほどです。今回も海老天いり400円ンのセットを買い、家で天丼にして食べました。美味しかったです。そういえば来春『ムーンライトながら』が廃止になるニュースを先日書きましたが、『はやぶ・富士』も廃止になる予定だそうで、いわゆる東京口のブルートレインはこれですべてなくなってしまうそうです。このようなものに旅情をもとめて旅に出る人も多いと思うのですが・・。

凱旋門賞出走のメイショウサムソンは残念ながら凡走に終わりました。テレビで見たところ、スタート直後だけでなく最後の直線でも走りにくそうになる不利があったように見えました。武豊騎手も何かアドマイヤの近藤オーナーと一悶着あってから色々な意味でリズムがおかしくなっているように感じられます。また新人の三浦騎手はついに新人の最多勝にむかって武豊騎手に並びました。特に土曜日のバンブーエールは追い出しのタイミング、コース取りとも絶妙だったように思います。単に馬の強さだけでは勝てないハンデ戦であっぱれの騎乗でした。さて今週は毎日王冠など古馬G1戦線のメインに限りなく近いメジャーレースです。毎日王冠は個人的には相性がよく過去、穴をあけたスガノオージ・ドージマムテキやトーヨーリファールなど結構取らせてもらっているレースです。今年もメンバーは揃いましたが無理矢理穴を狙ってみたいと思います。

◆毎日王冠
ウォッカの57キロをどう見るかが最大のポイントだと思っています。また以前でも当ブログでドリームパスポートが関東に移籍した理由の中に東京で勝負をかけるという部分もあるのでは、と勝手に想像して書きましたが今回注目の新人・三浦騎手騎乗で出走となりました。穴人気になっている様ですがこれをどう見るかも重要と思っています。結論的にはウォッカはおさえ程度、ドリパスは今回は人気なので思い切って見送り次回の天皇賞で狙いたいと思います。注目は左回り得意のハイアーゲーム、ハンデ評価の57.5キロ以上の馬でアドマイヤフジ、サクラメガワンダー、エリモハリアーあたりを狙います。特に騎手の乗り替わりのない馬、開幕週なので内枠の先行馬、また中山は野芝でしたが、東京は洋芝をオーバーシードしており洋芝適性も考えたいと思います。

軸◎アドマイヤフジ
地味ですが、古馬になり着実に力をつけていて、今回近藤氏の二頭出しは当然カンパニーが有力に思えますが、内枠で57キロで出走、春のローテーションは完全にメジャー路線、しかもすべて6着以内、さらに川田騎手もこのレースの為に上京、勝負掛かりと見ました。特に一流馬の斤量がかさむ別定戦です。次走よりここで結果を出したいところです。
◯ハイアーゲーム
左回りの1800はベスト。良績の殆どはこの条件に集約されています。現状ではG1で勝負をかけるタイプではなくここがメイチと見ました。
▲サクラメガワンダー
開幕週と先行力、内枠、何度も書いているように2歳時ですが、あのアドマイヤムーンを差し切った数少ない馬の一頭です。関東圏では軒並み凡走で心配ですが、関西圏では掲示板を外したことは殆ど無く力自体は上位と見ました。特に昨年後半からの成績は安定していて福永騎手が乗るのも好材料です。関東は凡走のジンクスがあってもなおかつ出走して好枠を確保した今回は要注意です。
△ウォッカ
斤量以外は減点材料はなく、人気になるのももっともです。押さえておきたいところです。
△エリモハリアー
超大穴ですが、この馬が来たらとんでもない馬券になるはずです。函館記念、新潟記念、朝日CC、オールカマーと過酷なローテーションをすべて凡走しているのにさらに格上のこのレースに出走してくること、前3走はすべて苦手な野芝のレース。洋芝の得意の函館は57.5のハンデで4着と健闘しており、評価が低いわけではなく、陣営も無意味にわざわざ遠征してくるとは思えず、一発に期待です。
注カンパニー
58キロだが実力上位は明らかで押さえたい。

◆京都大賞典
ここは少頭数で人気馬が明確なので、穴は難しいですが、比較的穴っぽい3頭に絞り込みました。

・結論
ポップロック、アドマイヤモナーク、トーホウアランの馬連ボックス。

◆相模湖特別
ショウナンアクロスに穴で注目。単複と人気薄なので手広く流したいところです。相手はアロマンシェス、ラルケット、パパラチア、アドマイヤダーリン、コスモチーキー、ランヘランバまで。