競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:都大路S

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
大変遅くなりました。昨晩帰宅が深夜で・・・。

簡単に予想です。

◆京王杯SC
グレーターロンドン、シュウジに注目で、穴でテオドール、大穴でノボバカラに注意です。

◆都大路S
ヴォージュに注目です。大穴はアルマワイオリに注意です。

◆火打山特別
以前から注目しているヒルノデンハーグに注目で、ミッキーワインとダノンチャンスにワイドで。

◆ヴィクトリアマイル展望
ソウルスターリング、カワキタエンカ、ラビットラン、レーヌミノル、リスグラシュー、デンコウアンジュあたりに注意です。理由はフリーMに。

ヴィクトリアマイル展望での注目馬のソウルは前走は叩き台とみました。デンコウは前走しかけで勝ちに行く競馬で出走もかない運も味方に。あとは土曜日の雰囲気から先行馬に注意で、特にカワキタ、レーヌには注意です。ラビットは本来の地力に期待。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月12日(土)PM1時37分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今日は完敗でしたが、プリンシパルSでルーラーシップがついに本格化の爆走をして勝ちました。メンバーの問題もありますがダービーでは注目される流れになったと思います。
馬券はあまり参考にされないほうがいいとは思いますが、とりあえず今週も予想します。
◆NHKマイルC
このレースもダービーのトライアル兼調整およびコース・スピード競馬経験レースになりつつあります。そのため年々メンバーも豪華になり、元来このレースを目指している馬の活躍の場はどんどん狭められている感があります。たしかによほどの実力でない限り、まったく活躍馬の形態のちがう中山の皐月賞経由より、ダービーと同じ東京コースでのG1をステップにしたほうがより本番での参考や訓練になるはずで理にかなっています。
★ポイント
・平井氏3頭出し
昔、高本公夫氏が著書にこう書いていました。
「同廐、馬主など3頭以上集まれば簡単にレースを作ることができ、特に1頭が逃げればペースも作ることができる」
たしかそんな内容だったと思います。
今回はG1ではありますが、まさにそんなメンバーの三頭出しだと思います。
ダックマンは今までとにかく無理矢理でもハナをきり、超ハイペースに持ち込んでいます。今回も内でコスモがスピードで先行するはずですが、ある意味無理矢理、捨て身で絡んできそうです。コスモが少しでも躊躇すればすかさずハナを切ると断言しています。そうなるとかなりのペースになる可能性があります。そこで残りの二頭の立ち回りによっては、かなり強い馬でも仕掛けのタイミングが狂ってしまう可能性が出てきます。たとえばホワイティが3コーナーあたりから仕掛けを入れて揺さぶり、ほかを早仕掛けにさせ、アポロンが後ろから差すなど色々作戦が可能です。
逆にこのような作戦に有力馬が動じなくて想定どおりに動きそうな雰囲気であれば、アポロンあたりが早めに素早く動いて抜け出して押し切る、などの作戦も可能です。もちろんブライアンやデォープクラスの馬には普通に走っただけで千切られるので何をしても無駄なので無意味ですが、常識の範囲の差であればかなり有利な戦いが可能です。
今回は人気上位3頭はかなりの素質であると思いますが、実質底を見せていないのはサンライズくらいではと思っています。あとの2頭は強いとは思いますが現に無敵という感じには現段階では見えないからです。
ゆえにエイシンは何らかの形で馬券に絡んでくると思っています。
★賞金加算と最後のダービーへの
池江郎調教師は今年最後のダービーです。リルダヴァルは骨折がなければおそらくダービーの出走権を容易に得ていたと考えられます。野路菊Sで前述のエイシンアポロンを子供扱いして楽勝しているくらいのレベルでした。やっと使えるようになり毎日杯、皐月賞を叩きましたが本賞金はまだ1200万でこのままだとダービー出走は難しそうです。
引退前の最後の年に何とかG1をと考えている陣営は、期待馬キングストリートや天皇賞のフォゲッタブルなどに託しましたが、春はまったくふるいませんでした。今回も出走できなければチャンスさえ奪われてしまいます。トレセンタイムの取材の雰囲気でも、何が何でもダービーに出したい、という空気がありありと感じられました。ということで勝てばG1制覇達成、悪くても2着で賞金加算でダービー出走という前提でここはハードな仕上げをしているようです。

★結論
◎軸サンライズプリンス
前述の話と相反しますが、現段階ではさまざまな要因からハイレベルな今年の3歳牡馬のトップ3の一頭と思っています。
◯リルダヴァル
前述の通りとにかく連対することが絶対命題です。
▲エイシンアポロン
これも前述の流れで、このレースを使ってくる目的はこのレースで勝負をかけること以外に考えられず、語弊がありますが手段を選ばず上位を狙ってくると考えます。他の平井氏の2頭は捨て石的な役と考え、単複を少々押さえる程度でと思います。
△ダノンシャンティ
陣営も最大目標はダービーと公言していて、◎や◯をはるかに越える素質があればそれでも勝てると思いますが、前走は強かったですが、ラジオNIKKEI杯や共同通信杯などからは抜けた実力とまでは感じられないと思いました。もちろん押さえておきたいとは思います。また今回はスローペースの決手比べになるかどうか疑問ですし、前残りの展開でも届かないケースも考えられ、過信hは禁物と思っています。
△トシギャングスター
コメントで述べたようにまだまだ魅力が詰まっていそうな馬で興味を持っています。ダート馬のイメージが強いですが、タフなレースになったクロッカスSで33秒台の脚を使っていますし、距離も東京のダート1600で連対していてあまり心配はなさそうです。しかも今回予想通りハイペースになった時はこの馬にとってはおあつらえ向きの展開になるはずです。
△コスモセンサー
何をおいても枠順、脚質からは前残りになった時は渋太そうです。エーシンと競り合いにならなければ、仮に番手でも4角で差し返して抜け出すことも考えられます。
△ガルボ
コメントでは割引ましたが、意外に穴人気にはなっていないので狙います。まず明らかにこのレースを狙ったローテーションが好感です。ダイワには朝日杯で負けていて、そのうえ枠も内外で不利ですが、ダイワは賞金加算が上手く出来ず、路線が定まらないローテーションになってしまいました。その分はこちらの方が大きく有利になっていると考えました。
またレトやエーシンホワイティを完封したシンザン記念の出走馬は前述両馬も含め次走以降は軒並み好走しているようです。そしてこの馬自身も皐月賞では枠順、馬場状態、コース取りなどで相当なロスがあったと考えられ、捲り切れない限り馬群にしずむパターンだったはずです。また皐月賞自体は休み明けの叩き台だったはずと考えます。
逆にこれだけタフな体験をした馬は他の例でも次走以降好走パターンも多く、この馬についても適距離で当初から本番になる今回に必ず活きると考えます。

予想部分は以上ですがレトは頭数が多くなるので外しました。人気薄のエーシン2頭も単複少々押さえ程度で連からは外しましたが、アポロンは印は▲ですが、三連馬券には軸の一部にと考えています。

★馬券
・◎まら馬連で◯▲に各500円、ダノンに300円、コスモ・ ガルボに各200円、トシに100円。ワイドでトシに100円。1900円。
・◎◯▲三連複200円。
・◎◯二頭軸三連複で△に4点。
・◎▲二頭軸三連複で△に4点。
・三連単◎→◯→▲△に5点。
・三連単◎→▲→◯△に5点。
・およびエーシン二頭の各単複(100,200)
計4500円。

◆都大路S
マイネレーツェルの単複(100,300)とワイドでスマートギア、 キャプテンべが、シェーンバルトに。計700円。

◆オアシスS
ダイショウジェット、ワイルドワンダー中心で、
・この両馬の馬連300円と両馬とシビルウォー・ダノンカモン・クリールパッションの馬連フォーメーション6点。
・およびダイショウジェット・ワイルドワンダー二頭軸三連複でビルウォー・ダノンカモン・クリールパッションに。
計1200円。

◆新潟の深見氏の多頭出し
新潟競馬で馬主の深見冨朗氏が4Rエンジェルブレス、7Rリバーサルブロー、9Rフルボディーと多頭出しです。様々な要因から馬券で狙えると考え、
・4Rエンジェルブレス・・・単複(600,1300)
・7Rリバーサルブロー・・・単複(200,500)
・9Rフルボディー・・・単複(300,700)

以上合計10000円。

★5/9の購入金額・・10000円
★5/9までの購入金額・・143300円
★5/8までの購入金額・・133300円
★5/8の的中金額・・0円
★5/8までの回収金額・・118490円
★5/8までの回収率・・88%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ