競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:青葉賞

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
前例のない長い連休と改元で世の中は騒然としていますが、競馬界は通常のとおりのスケジュールが続いています。
ただ政府機関が運営していることや、連休の混雑の影響を受けることは必至と思います。
特に後半の東京開催は今年は府中・大国魂神社の「くらやみ祭」のピークとももろに重なるので、例年にもまして府中街道の渋滞が悪化しそうです。

ずっと(13歳から25歳までですが・・)府中市民で以前に祭りの売り子のバイト(とうもろこし)も競馬場のバイト(はるか昔のジュース屋)もやっていたので、例年でさえも大きく盛り上がるこの時期の府中でこの長大連休ですから、無事に競馬も、府中の町も大きな問題が起きないことを祈ります。

こんなものにタイトルはありませんが、GWの騎手の超ハードスケジュールのチャンピオンは和田騎手になりそうです。
27日青葉賞→28日天皇賞→29新潟大章典→1日カキツバタ記念→2日兵庫チャンピオンシップ、さらに4〜5日の中央開催と混雑と渋滞の中を移動に次ぐ移動になりそうです。通常タフな毎レース騎乗でならす和田騎手もかなり疲弊しそうですが、個人的には人気薄騎乗の多い中、必ず馬券に絡む馬がいるのでは?と勝手に考えています。

香港は日曜日の予想の時に同時に少し触れますが、なんちゃって、とはいえ今回は強い馬が、そのまま強い競馬をしそうな感じで考えています。例年実績の少ない馬が上位に入るらしいのですが、今年は日本からも本腰を入れたメンバーが遠征すると思っています。逆に人気になりそうですが日本馬は絶好のチャンスになるかも、と思っています。

あと土曜日の東京、新潟は程度はわかりませんが、雨の影響を受けそうです。また風の影響を受ける可能性もあり、意外な馬の台頭にも注意と思います。展開や位置取りが勝負を分ける可能性もありと考えています。

◆青葉賞
展望に記載した2強がやはり前売りから人気になっているようです。今年は長距離戦を使ってきた馬も多く、対戦成績の結果も出ているレースも多く、あとは馬場や展開、あとは3歳馬なので成長度合いなどが勝負を決めるのでは?と考えています。
個人的には◎も含め中穴4頭、大穴3頭をピックアップして狙うつもりです。軸は◎の馬と考えています。
・中穴
◎リオンリオン
このコースは実力差がなければ絶対的に内枠が有利と思っています。騎手の腕とハードSの勝負度合いで。
他瞬発力が非凡そうで先々楽しみそうなピースワンパラディ、独断と偏見ですが道悪大丈夫そうなカウディーリョ、追い切りで印象に残りましたが外枠がどうか?と思うサトノラディウスを中心に買うつもりです。

大穴では展望にも記載した実力はともかくここメイチ勝負とみたアルママ、実は実力ありそうなマコトジュズマル、あとはバラックパリンカに注意と思っています。

◆駿風S
馬場状態に注意で、大穴ばかりでかなり難しそうですが、クラウンルシフェル、チェイスダウン、ブロワに注意と思います。

◆秩父特別
ベストリゾートに注意と思います。

◆東京7R
土曜日は若干時計がかかる馬場になりそうで、嵌ると瞬発力がありそうなミルファームのカレンに注意と思います。

◆天皇賞春展望
人のネタで語るのアレですが、爆笑・田中氏が東スポでやはりクリンチャーを本命にしてきました。個人的にも狙いたい条件です。彼があげていたのは、三浦騎手の中央G1初勝利、関西地元開催ではすべて馬券に絡んでいることや、井崎氏指摘の生産者の「平」と三浦騎手の名前の最後の文字が「成」であることなどでしたが、個人的にはさらに「三浦皇成」の「皇」は「天皇」の一文字で、しかもレースは天皇賞(平成最後の)とそちらのほうが「え?これって??」と感じました。データ的にも前出の地元開催で良積があることに加え、3000以上の距離はすべて馬券に絡んでいるではありませんか。田中氏はこの2点はあえて書いていませんでしたが、当然気付いているいるはずです。ここまで条件が重なると、人気もあまりないようなのでここは注目と思います。
実際に馬券を買う馬は原則は週初に掲載した展望に沿って日曜日の予想までに決めたいと思っています。
※基本的に私も田中氏の考えに賛同しています。加えて・・・という、ひとつの意見です。ネタぱくりではないので悪しからず・・。

◆新潟大章典展望
とにかく馬場状態がどこまで回復するのか読めないので、こちらも週初に記載した展望に沿って考えたいと思いますが、その時点で超ハードS騎手で馬券に絡んでいない騎手の馬も加味して考えたいと思います。

※ちなみに青葉賞でオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが、バラックパリンカ とアルママでした。

アップ後15分以内に内容は変わりませんが、文脈など若干手直ししました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月27日(土)AM2時55分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
◆先週出走の次走以降の注目馬
・土曜日
福島9R サイドストリート
福島牝馬S ウインファビラス
・日曜日
福島4R障害未勝利 シュンクルーズ
※ウインは次走が新潟の場合、もしくはサマーシリーズの場のみと考えます。

◆GWの注目騎手
色々現段階での騎乗予定を調べましたが、まず前半戦は下記の5騎手のスケジュールがハードとみて勝負馬がかくれているのでは?と想像します。
・ハードスケジュールの可能性のある5騎手
ルメール、福永、横山典、三浦、和田の5人の騎手が早々と週初から今週の3日連続の重賞の騎乗予定リストに入っています。
東京→京都→新潟、とすべて移動が必要でGW期間ということもありかなりのハードスケジュールになります。

◆重賞展望
少し早いですが、登録段階での個人的な見通しの見解です。
・青葉賞
ルメール騎手のランフォザローゼスと福永騎手のウーリリの権利取り&一騎打ちの様相が強そうですが、他の馬は現段階の実績では飛び抜けた馬は一般ファン視線では見当たりません。他のハードスケジュール騎手のうち三浦騎手、和田騎手、横山騎手の中ではリオンリオン(横山典)、サトノラディウス(三浦)に注目しています。他ではまずここ勝負のアルママ、あとは騎手がまだ未定のようですがマコトジュズマルに注目しています。

・天皇賞春
フィエールマンとエタリオウのどちらかが勝つのではないか?というような感じになっていますが、個人的にもしょうがないかな、と思っています。無理やり穴をさがすような感じになりますが、メイショウテッコンとクリンチャー、あとは昨年のレースぶりからチェスナットコートに注目しています。

・新潟大章典
そこそこ人気になりそうですが前出の騎手が中心になりますが、ミッキースワロー、アストラエンブレム、ブラックスピネル、ブラックバゴ(引き続き)、クリノヤマトノオーあたりに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月23日(火)17時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:青葉賞では穴っぽいところではカフジバンガードに注意と思っています。(4月28日AM8時55分ころ)

※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

先週は話にならずでした。
早いですが連休も忙しく早めにアップです。
当面は反面教師にして頂いたほうがいいかもしれません。

◆青葉賞
馬同士の戦いとダービーでの上位入線を目指すレースという印象がありますが、今年は厩舎同士の戦いであり、また目指すは海外G1というイメージも加わりそうです。
というのも藤沢和厩舎、友道厩舎という協力厩舎が2頭出しで、さらにはダービー制覇を目指す音無厩舎の馬も出走です。
特に藤沢和厩舎は昨年念願のダービーを制覇、これからは秋や春の海外の大レースに照準を合わせているのでは?と個人的には感じているからです。ここで勝ち負けになるかはともかくどこか早めに賞金加算をしておきたい素質馬が揃いました。
◎スーパーフェザー
○ダノンマジェスティ
▲オブセッション
★ゴーフォザサミット
△エタリオウ
△ディープインラブ
△サトノソルタス

◆京都12R
前走さっぱりだったメイショウの3頭出しです。ここは巻き返しがありそうで注意です。各々単複で。

◆日曜日展望
・天皇賞・春
現段階での見解です。
ローテーション的にここに照準を合わせてきている長距離馬に注目ですが、特に出入りが激しい上比較的緩みのない厳しいレースになった感のある阪神大賞典組には特に注意です。
そんな中でゴール前後の脚色からクリンチャー、ヤマカツライデンには特に注意です。ヤマカツは比較的形状の似ている函館で好走歴があるうえ、長距離も得意、阪神大賞典に加え大阪杯も使いここに出走というウルトラハードローテーションでの出走で、明らかに今後のことなど考えずにここメイチの勝負と見ました。ハンデキャッパーの評価も低く、実績もありませんが離して逃げる近走の流れからスムーズに先行できればかなり面白いのでは?と考えています。他の人気どころシュヴァルグラン、アルバートもここ照準は明らかで押さえざるを得ないと考えます。また先行して渋太く芝の長距離では底を見せていないガンコも確実に押さえたいところです。あとはありえない感じもありますが前走仕掛けたのに大きく崩れなかったシホウもスタミナ戦は望むところで超大穴で3着に飛び込んでくる可能性がわずかにあるのでは?と感じています。

・晩春S
人気系ではレインボーフラッグ、穴ではシーズララバイに注意です。超大穴では前々走中京の定量戦で意外な好走を見せたクリノコマチに注意です。クリノの短距離ハンデ戦の馬たちは個人的見解で根拠はありませんが、多分今春〜夏シーズンが引退前の大勝負と考えます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月27日(日)PM3時57分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆青葉賞
昨年は1・2着馬が暮れのG1で大活躍でした。
ただ今年はまだ大きな実績馬がいないので、距離が伸びてよさそうな馬が出てくるか注目です。
前走が4/2に行われた阪神2400のレースで勝ったカーマインに注目です。このレースの3・4着馬は次走の新緑賞で1・2着に入りました。
★馬券
・カーマインの単複(200,500)
・カーマインからショウナンの2頭・トーセンレーヴ・ヴァーゲンザイルに馬連、ホッコーガンバにワイド。
計1200円。

◆鴨川特別
カシノネロの単複(200,500)

◆鏑矢特別
ハートランドノリカの単複(200,500)

◆東京6R
リアライズブレイクの単複(200,500)

◆東京5R
ナンヨーオウトーの単複(200,500)

◆東京4R障害戦
バトルブリンディスから馬連でコアレスグルーム、サトノハピネスに、ワイドでサトノサーガ、クリノイマジンに。
計400円。

◆京都7R
クリスマドンナとキュートのそれぞれの単複(200,500)

◆京都6R
セイユウハートの単複(200,500)

◆京都5R
ショウナンマハの単複(200,500)

◆京都4R障害戦
カシマレジェンドの単複(200,500)

以上合計7900円。

◆天皇賞・春追加
前々日前売りの単勝オッズですが、ナムラクレセントが売り出し直後に比較的売れていたようです。
あとご存知かもしれませんがこの馬はトレセンタイムの細江純子さんによれば、かなり気難しい馬だったのが、今回ひじょうに落ち着いておとなしくなり馬が変ったようだとのことです。
特に長距離の場合はいい話かもと感じました。

それから天気予報ですが、かなりの確率で雨になりそうです。しかも比較的早めに降りだす可能性もあり、本降りになりそうな情勢です。
まだ開幕2週目なので、極端な荒れ馬場ではないと思いますが、苦手な馬は影響を受けるかもしれないと思っています。
またそうなると時計もかかるかもしれないので、混戦になる可能性もあるかもしれません。

また追い切りを見た感じで、私は専門知識は当然ありませんが、ビートブラックも先行できれば渋太いうえ、道悪では要注意と思いました。

◆2011年の成績
★4/30の購入金額・・7900円
★4/30までの購入金額・・292400円
★4/24の購入金額・・11300円
★4/24の的中金額・・3200円
★4/24までの購入金額・・284500円
★4/24までの回収金額・・282940円
★4/24までの回収率・・99%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
ここのところ少しラッキーで当たった後はまた不調です。頑張ります。自信度??ですが・・
◆青葉賞
今年から2頭しか優先出走権がありません。注目はタフなレースになった若葉Sを勝ち、皐月賞をパスして悲願の牡馬クラシック制覇、しかもダービー制覇を狙う藤沢和調教師のペルーサがどんなレースを見せるかです。
◎軸ペルーサ
穴狙いですが、全ての条件でこの馬をはずしては考えられず、三連複等で高配当を狙うほうが、と思っています。
○コスモヘレノス
若葉Sではかなり厳しいレースを強いられましたが見せ場充分で、スタミナはかなりと見ました。ハイペースにならなければ抜け出す脚もあり警戒です。
▲トウカイメロディ
前走はすばらしい末脚を披露しました。嵌れば上位進出も。
△エクセルサス・ハートビートソング・ロードオブザリング

★馬券
◎から馬連で○▲に300円ずつで600円。
◎○▲三連複200円と◎→○→▲・◎→▲→○の三連単で400円。
◎○および◎▲二頭軸三連複で相手はいずれも△の3頭で600円。
以上計1600円。

◆東京12R
エンシャントアーツの単複(100.300)

◆京都12R
ワンダーキラメキの単複(100.300)

以上合計2400円。

★5/1の購入金額・・2400円
★5/1までの購入金額・・123200円
★4/25までの購入金額・・120800円
★4/25の的中金額・・0円
★4/25までの回収金額・・107210円
★4/25までの回収率・・88%

◆天皇賞コメント
今年はずば抜けた馬がいませんが、それなりのレベルの馬は集まり、面白いレースになりそうです。
★フォゲッタブル
内田騎手がわざわざ追い切りのために栗東に遠征、池江調教師も引退前の再度の盾制覇へ。有力。
★ナムラクレセント
本来は長距離でこその馬、今回の他の人気馬にも過去に先着歴があり注意です。
★トーセンクラウン
地味で長距離に大きな実績はありませんが、つかみ所がない不気味さがあり注意です。確実に力をつけている印象。
★エアシェイデイ
この条件は?と思いますが、最近は距離が長いほうが好走している感じです。地力はウォッカなどとも遜色なし。
★エアジパング
今年はこのレースだけを狙ってきた感じです。このメンバーであれば消耗戦になれば浮上の余地あり。
★ジャガーメイル
いまだ重賞勝ちがないが、G1級と考えます。鞍上はまた外人騎手ですが秋に大きなレースに余裕をもって出るためには春に賞金加算をしたいところです。連対候補。
★マイネルキッツ
連覇を狙い、栗東に事前入厩。この馬も連対候補としては有力で、器用で自在性もあるので特に注意です。
★ベルウッドローツェ
この馬も小島茂厩舎得意の栗東事前入厩です。前走も順位ほど大きな差は無く警戒です。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週は全くでした。今週も土曜日に用事があるなどメイン中心の予想です。

◆青葉賞
今年の3歳は層が厚く、トーセンジョーダンなど強い馬が戦線離脱しても、皐月賞はそれなりのメンバーになり、その中でも人気馬がくずれ、そして皐月賞に未出走馬ばかりのこのレースにもそれなりのメンバーがそろいました。
◎軸イネオレオ
陣営のトーンはまだ低いのですが、岩田騎手が選択、追い切りでも断然人気のアプレザンレーヴをあおったようにかなりの馬と見ました。
◯アプレザンレーヴ
同厩舎ですが、ここは権利を取りにきたとみて人気でも買いたいところです。
▲ピサノカルティエ
次走好走馬を量産した山桜賞の勝ち馬
△キタサンアミーゴ
以前注目馬として書きました。
△セイクリッドバレー
堅実、前走はハイレベルの上、外を回らされてもよく追い込んでいて注意です。
△マイネルクラリティ
穴の注目馬。距離伸びて先行出来れば。

★馬券は◎◯二頭軸の三連複で印に4点。マイネルからワイドで上位馬に5点。◎の単勝。計1000円。

◆府中S
ラッキーリップスに注意です。単複(100,300)とワイドでドリームトレジャー、ドリームノクターンに。計600円。

◆東京7R
リヴザルト、サトノウインクからワイドフォーメーションでカツヨカムトゥルー、ボタニカルアート、インディゴライトに6点。

◆朱雀S
ゼットカークの単複(100,300)、ライブリシュロムの複勝200円、ワイドでゼット、ライブリ、マルブツクロスのボックス。計900円。

◆京都11R
シャンパンファイトから馬連、ワイドでそれぞれウエスタンシーザー、アイアンキングに。計4点。

以上合計3500円。

★5/2の購入金額・・3500円
★5/2までの購入金額・・86600円
★4/26の回収金額・・0円
★4/26までの購入金額・・83100円
★4/26までの回収金額・・100580円
★4/26までのの回収率・・121%

◆春の天皇賞予想コメント
京都は先週の雨でどれくらい馬場が荒れたかどうかですが、野芝の芝丈が東京より短く、かなり速い時計の勝負になりそうです。
また開幕して間もないので、内枠、先行馬にかなり利がありそうです。あと58キロの斤量を苦にしない馬、またテイエムプリキュアの参戦で逃げ馬がかなりのペースで引っ張ることが予想されます。消耗戦に強いタイプも有利と見ました。典型的なレースは距離はちがいますが、同馬が参戦した昨秋のアルゼンチン共和国杯あたりでしょうか。
予想としては、
◎軸アルナスライン
◯ジャガーメイル
▲ホクトスルタン
△アサクサキングス
△マイネルキッツ
△トウカイトリック
△スクリーンヒーロー

の順番で考えています。買う馬券は土曜深夜か日曜朝に掲載します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ