競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

鳴尾記念

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今晩(金曜)の話ですが、急に私的なことで連絡があり競馬を考えている余裕は殆どないのですが、ずっと続けていることなので簡略ですが週中に検討していたことだけ記載します。
ダービーは勝った馬など穴目の馬の単複は買っていたのですが、連は殆どサートゥルを絡めていたのですべてだめでした。
今週は武豊騎手に注目しています。重賞の騎乗馬両方に追い切りで騎乗したり、GW期間からのハードスケジュールの後なので注意と思います。昨年のルメール騎手も先月末からの和田騎手も、ハードスケジュールの後にそれなりの結果を出しているので、と思います。

◆鳴尾記念
ここは前述の件もあり武豊騎手のタニノフランケルに注意です。あとは賞金などの部分でノーブルマーズ、前走からの流れでプラチナムバレット、年初からの流れでブラックバゴ、地力のあるブラックスピネルあたりに注意と思います。

◆スレイプニルS
ここのところの流れで人気ではクイーンマンボ、穴ではサノサマー、テルペリオン、ストライクイーグル、大穴ではそろそろ結果を出したいクロスケに注意と思います。

◆由比ガ浜特別
斤量の軽い馬に注意で人気ではレノーア、穴ではスズカアーチストに注意と思います。

◆洲本特別
先日以前からの注目でまた人気薄で激走したヒルノデンハーグが今度は特別戦に出走で注意と思います。嵌れば、と思います。

※参考5月6日の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53319066.html

あと人気薄のメイショウの2頭も穴で注意です。人気ではタガノプレトリアが軸では有力と思っています。

◆東京7R
穴でエバーパッションとオノリシャスに注意と思っています。馬券の軸はモリトシラユリ、ジャンティエスあたりでしょうがないと思っています。

◆安田記念展望
日曜日にかけて検討している時間や余裕はほとんどないかもしれませんが、ここまで検討したところでは、
人気のアーモンドアイ、ダノンプレミアムのほかではモズアスコット、ロジクライ、ペルシアンナイト、サングレーザー、アエロリットあたりで考えていました。あとなぜここに?という感じも含めて8歳ですがサクラアンプルール、また大穴ですが嵌れば考えられないようなところから当時休み明けとはいえG1馬のモズアスコットを差し切ったロードクエストも侮れないと思っています。

オッズの違和感は鳴尾記念は強いていえばノーブルマーズと共同馬主で微妙ですがプラチナムバレットあたりに感じました。理由結果は不明です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月1日(土)AM2時32分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
色々私的な諸事情で今週も手みじかに。
◆鳴尾記念
以前は暮れの名物レースという印象がありますが、近年は開催時期が色々動いています。
最初の展望で触れましたが、4歳馬に注目と書きましたが、他にも注目馬がいます。
阪神は開幕週で内の先行馬には注意です。
・ヤマカツライデン
春天では10着に入りましたが、着差以上に健闘した印象です。賞金加算もしたいところですが、比較的得意な函館で勝負の可能性もありますが、阪神も比較的合いそうな感じです。内枠、逃げ馬で同型がいますが二頭逃げなど嵌るパターンも考えられます。穴で注意。
・トリオンフ
地力上位は明らかです。4歳馬では一番注意です。ルメール騎乗で勝負気配濃厚です。
・モンドインテロ
展望に書きましたが、一番注目です。本来の得意のパターンとは若干違うように見えますがここは時計が早く、力も多少要る馬場、石川騎手当日このレースのみ騎乗で注意。
・マルターズアポジー
開幕週、栗東事前入厩で、ハンデ評価も高く注意です。

◆麦秋S
チェイスダウンに注意です。

◆戎橋特別
テイエムイキオイに注意です。

◆阪神12R
ヨドノビクトリーに注意です。

◆安田記念展望NO2
枠順が発表になり、即PAT夜間発売がはじまりました。やはりモズアスコットが様々な形で注目されているようです。
金曜日の展望で書いた馬に注目している点は変わりませんが、追い切りではサトノアレス、ヒーズインラブも動きが良く見えました。今回また1番人気が予想されるスワーヴリチャードが1番に入りました。オークスのラッキーライラック、ダービーのダノンプレミアムに続いて、また人気馬が1番に入りました。はたして偶然なのでしょうか?前回ダービーは荒れ気味でしたが、続く可能性もあります。

現段階では有力どころの注目馬は変わりませんが、馬券は展望から穴狙いで注目のダッシングブレイズ、ブラックムーンの単複を中心に少々買ってみようと思っています。あとはペルシアンとモズとリスグラシューあたりでと考えています。前売りオッズで気付いたことはフリーMに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月2日(土)AM2時45分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ダービーは思わぬ伏兵が3着に飛び込み大穴になりました。
よくよく見れば、G1でも活躍していたミクロコスモスの仔でした。
個人的には土日と書いた展望や予想の内容を再度検証して呆然としました。
個人的に参考にしたデータや情報、資料は決してずれている内容ではありませんでした。
判断を誤ったのは自分自身だと、再度修行不足を認識しました。
ひとつだけ検討不足だったのは2着のエポカドーロです。
皐月賞馬なので2冠目のダービーは他の馬以上に真剣勝負であったのは明らかで、紐に加えるのは当然だった、と反省しています。特にこの後は秋まで大レースはないのでメイチの大勝負だったはずでした。もちろん実力がないと難しいですが、日曜日の予想記事に書いたとおり、最後の直線の脚色は消耗度が高い先行馬であったのに追い込み馬とほぼ変わらなかったことから、一番にマークすべきだったのかもしれません。
やはり大手ではない共同馬主であることで軽く見ていたのかもしれません。

今朝さきほどのNHKニュースでも大きく報道していましたが、ディープの子が始めてイギリスダービー制覇をかけて出走です。ノーザンF生産馬で、馬券を離れて注目です。

◆安田記念展望
藤沢和厩舎の4頭のうち3頭が急遽出走回避、特に無理ではないローテでトライアルの京王杯を快勝した、期待馬のムーンクエイクも取り消しです。ルメールの騎乗が確保できずという話もあるようで、真実はわかりませんが、何か事情がありそうです。というのも1頭だけ除外対象だったモズアスコットが先週の安土城Sに出走、安田をあきらめたかのように見えましたが、もしかしたらこの辺と絡んだ駆け引きがあったようです。
結局モズはルメール騎乗で連闘で出走となりました。
掲示板などでは厩舎同士の問題も取り沙汰されていますが、生産者や馬主の問題という感じがしました。

私は競馬界での実際の事情は計り知れませんが、この問題は実際のレースの上位馬の順位にも大きく影響する可能性が高いかも知れないと考えています。

実力的には大阪杯の1・2着馬(スワーヴリチャード、ペルシアンナイト)が抜けているように思います。また春シーズンはこの後は大きな予定もないようでメイチに仕上げてくる可能性が高いことも考えれば、よほどイレギュラーな展開にでもならなければどちらかは上位に入りそうです。

あとの馬は地力はともかく現状では大きな差はないように思います。人気にかかわらずどの馬が上位にきてもまったく不思議はないと思っています。

中では以前より少し評判を落としましたが、もとから左回りの短距離の重賞が続く春シーズンに照準を合わせていたレッドファルクス、G1レーシングのもう一頭サングレーザー、コース的な部分も含め安定してくずれないリスグラシュー、嵌ると一流馬とも互角の実力のブラックムーンあたりに注目しています。

あと大穴では昨年は来週のエプソムCで勝ったダッシングブレイズに注目しています。今年のローテーションを見るかぎりこの時期に照準を合わせている感じで、特に格の高いG1に出走してたということは人気や実績はともかく一発狙っている可能性が高いと考えます。仮に地力上位と思われる2頭以外はムラもあるし、人気ほど実力差もなく、一部は勝ち味に遅い感じもあるので、十分に上位の可能性はあると考えています。

問題は今回台風の目になった連闘のモズアスコットです。馬も相当な潜在能力を秘めていて、しかもルメール騎乗です。
軸にするか、紐にするか、迷いますが、取捨も含めレースまでに決めたいと思っています。

◆鳴尾記念展望
関東から遠征で当日はこのレースのみ騎乗になる怪我から復活した石川騎手騎乗のモンドインテロに注目です。多分すごい人気にはならないと考えていますが、過去かなりのメンバーと差のないレースをしていて、阪神コースは芝も、コース形態も合うのでは?と思っています。あとは賞金が半分になる4歳馬2頭に注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月1日(金)AM8時17分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
ここしばらくはバタバタでたくさんのレースの予想が難しくメイン中心になります。
◆ステイヤーズS
JRA平地競争の最長距離レースです。今年はそれなりのメンバーになりました。
穴◎エアジパング
このレースの条件は得意中の得意のパターンです。またローテーションをみてもこのレースに照準を合わせていたとしか思えず、年齢的にもこのシーズンで勝負をかけたいところです。
このあと適条件は有馬、日経賞などレベル的に難しそうなのでここは狙いたいところです。
★馬券
エアジパングの単複(300,700)とこの馬から馬連でネヴァブション、ジャミールに各200円。トウカイメロディ、フォゲッタブルに各100円。ワイドでモンテクリスエスに200円。
計1800円。

◆鳴尾記念
開幕週ということもあり先行馬に注意です。また差馬も内枠のほうが多少有利と考えます。
穴◎軸シルポート
○リルダヴァル
△アドマイヤメジャー、ヒルノダムール、アクシオン、リトルアマポーラ、トウショウウェイヴ
★馬券
◎の単複(200,500)と◎○の馬連・ワイド(200円)、◎○二頭軸三連複で△に流し5点。
計1500円。

◆市川S
ラルケット、アロマンシェスのそれぞれのの単複(200,500)と両馬の馬連・ワイド。この2頭とラドラーダ、スペシャルハートとの馬連フォーメーション。
計2000円。

◆ジャパンカップダート
外国馬が不在、さらにスマートファルコン、マコトスパルビエロの回避、そしてヴァーミリアンも往年の力は?という感じ、さらにエスポワールシチーも不在と少しさみしいメンバーですが、逆に大穴の可能性十分と考えます。
また芝活躍馬も未知数で難解なレースになりそうです。
ここは大穴一発狙いで・・
穴◎軸ラヴェリータ
もとからハンデキャッパーの評価は高い馬です。今回は3走前に勝った岩田騎手で先行が激化しなそうな情勢も加え注目です。
○トランセンド
3歳時はシルクメビウスをも千切った素質馬で、ここはメンバー的にも上位の確立は高いと考えます。
大穴▲ダイショウジェット
東京の短距離というイメージですが、右回りのこの距離は得意の条件です。相手なりに走るタイプでこのメンバーならそんなにひけは取らないと考えます。
△シルクメビウス、アリゼオ、アドマイヤスバル、グロリアスノア
★馬券
・◎の単複(300,500)と▲の単複(100,300)、◎○▲の馬連、ワイドボックス。
・◎から△に馬連。
◎○二頭軸三連複で▲△に流し。
計2700円。

以上合計8000円。

◆2010年の成績
★12/4.5の購入金額・・8000円
★12/4.5までの購入金額・・479700円
★11/27.28の購入金額・・3800円
★11/28の的中金額・・1420円
★11/28までの購入金額・・471700円
★11/28までの回収金額・・356030円
★11/28までの回収率・・75%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
ブルーメンブラッドがG1を勝って引退してしまいましたそのまま繁殖に入るそうです。ちょっと残念です。ジャパンカップはあっとおどろくスクリーンヒーローでした。返し馬で首をぐっと下げていい感じだったのが印象的でしたが、まさか勝つとはビックリです。
◆ステイヤーズS
現在の国内の平地のレースで最長距離のレースです。他のレースでだめでもいきなり激走もありますが、逆にこのレースで好走しても他のレースでではさっぱりのパターンも多く、特殊なレースのひとつ。また長距離血統にも注意です。
◎トウカイトリック
このレースはどうしても勝ちたいという陣営の執念が伝わってきます。
◯フローテーション
母父がリアルシャダイで菊花賞で台頭。ここは真価が問われます。
▲レッドアゲート
距離が伸びて期待出来るイメージです。大物感がありどこかで一発ありそうな雰囲気です。
△トウカイエリート
トウカイテイオーの弟ですが、地味です。サンデー産駒ですが長距離戦は堅実です。押さえに。
△ドラゴンファイヤー
初芝、初の長距離戦ですが、追い切りの動きがすごくよく見えました。初物買いでと思いましたが、かなり穴人気になっているようです。
あまり穴予想になりませんでした。

◆鳴尾記念
阪神は今回は野芝だけでなく洋芝併用で芝も中山より深めです。開催週のため平均ペースであれば通常通り内枠の先行馬有利と見ました。サクラを軸に内枠の馬か人気薄の先行馬に流したいところです。
◎サクラメガワンダー
ここは賞金上乗せ、有馬記念投票最終日も近く、JCD除外もわざわざG3を使う限りは勝ちにいきたいところです。56キロも好感。
◯ショウワモダン
▲トウショウシロッコ
内枠に入り逆転候補。
△フサイチアウステル
△トップオブツヨシ
△ノットアローン
△テイエムプリキュア

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ