競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

NHKマイルC

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
アドマイヤはやはりきてしまいました。ごめんなさい。
よく考えたら昨夏(初夏)の中京の新馬戦の1・2着馬で決まっていました。(こんなに配当が高いのも考えてみれば不思議です・・)

グランアレグリアは揉まれ弱いのでは?という可能性がでてきたと思っています。また牡牝混合戦だと何か歯切れの悪い走りになるのもたまたまでしょうか?ルメール騎手は起器用に立ち回る騎手ではないと思いますが、昨年の安田記念のモズアスコットの騎乗を見る限り、かなり器用にさばく手腕を持っていて、この技術でも世界でも有数の騎手と思っています。やはり馬の問題と勝たなくてはいけない、という使命を背負っていたせいなのでしょうか?

奇しくもNHKマイル、ケンタッキーダービーは程度や対象こそ違いますが同様の事象が起き、少々後味がわるいレースになりました。ケンタッキーは前走アーカンソーダービー出走馬3頭すべてがその問題に絡んだようにみえました。(被害馬が2頭、2着で繰り上がり優勝になり当初の優勝馬<失格>と勝ち負けになった馬が1頭)

◆久々の平地未勝利戦を見て・・
最近は未勝利戦は殆ど見ないし馬券も買わないのですが、連休でノースクランブルなのと、ケンタッキーからそのまま中央の前半戦から見ていたので気がつきましたが、新潟1Rで連闘で2着にきた馬が前走出走した「4月29日ヒロノセンキンが勝った京都2R出走馬」には当該馬も含め今後も注意が必要と思いました。もちろん当該馬も連闘で体が絞れたり、減量騎手の恩恵もあったと思いますが、29日のレースは最初の4Fのタイムがかなり緩みのないきびしいタイムだったのでは?と思いました。特に先行した馬に注意していきたいと思います。

◆トライン圧勝!
あと日曜日京都12Rで以前から注目のトラインが快勝しました。使いべりするタイプなのか、また展開やスムーズさによるムラがあるのか不明ですが、今回は早めに進出したのに末脚も炸裂して楽勝でした。エンジンはG1級だと思うので、まだこのあたりは通過点だと思っています。(以前2歳時にホープフルSで残念ながら取り消しになった経緯もあるので・・)
参考
・2018年12月1日記載記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

・2018年11月21日記載記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53302419.html

◆ヒルノデンハーグ、爆走!(ゴールを過ぎても止まらない、止まらない・・・)
それからこれも日曜日の新潟・八海山特別で直線だけで最後方から3着に突っ込んできたヒルノデンハーグが穴の片棒をかつぎました。この馬は嵌るととてつもない脚を使います。特に左回りの短距離ダートがその条件の前提のようです。レース直後は前回と同じでゴール板を過ぎても勝ち馬や2着の馬をブッコ抜きして、1コーナー方面に突き抜けていきました。あと200メートルゴール板が先だと文句なしに圧勝していたような脚色でした。
もちろんかなりのハイペースではありましたが、先行有利の新潟ダートで離れた最後方からの追い込みですから価値は高いと思います。少なくとも他の追い込みの馬とはエンジンが違う脚色でした。
今回は予想力不足で記載するに及びませんでしたが、現役の間は注意が必要な1頭だと思いました。ちなみに前回穴を出したゼットマックイーンは不発でした。やはり連続の好走はなしでした。

このようなタイプは比較的最近ではダートを中心に嵌るとすごい追い込みを見せたナガラオリオン、以前では関西のダート馬のイチオカ、さらに前だと小倉で芝の短距離で人気薄で怒涛の追い込みで何回か大穴を出したヒノトリという馬などを思い出しました。
参考
・2018年1月29日記載記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/search_tags?qt=2643719

◆土曜日の中止レース
土曜日の激しい雷雨と雹で10R以降が中止になりました。
実は予想を掲載した後で気付いたのですが、12Rでこれも以前から注目のシアワセデスが出走していました。
東京のダート1400で以前これも他の同脚質の馬とは桁違いの脚色を見せたレースがあり、今回も嵌れば、と思い期待していたので少し残念でした。もっとも過去の経緯では嵌らないとだめなので、むしろよかったのかもしれませんが・・。
あと中止になったプリンシパルSは12日に再度行われるそうですが、仮に1着になりダービーの出走権を獲得したとして、中1週で2400の最高峰のG1に、どうやって準備するのでしょうか?また関西馬は再度東京に来るのでしょうか?
???

◆かしわ記念
超ハードスケジュールの和田騎手はやっと昨日(日曜日の京都)で炸裂しました。10回騎乗のうち1勝、2着5回(そのうちメインのカラクレナイを含む)と馬券絡み率が半分以上でした。
今日再度関東に遠征して、近走はお手馬であるモーニンに騎乗です。勢いに乗ると一気に攻めるタイプの騎手と思っているので強いの2頭と好調の先行馬が2頭いますがモーニンから馬券を買いたいと思っています。またよくよく見たらドリームキラリの矢作調教師、騎乗の坂井騎手はどちらも父親が南関の関係者だったのでは、ということに気がつきました。「それがどうしたの?」と思うかもしれませんが、通常関西で活動している両者なので、GWということもあり関係の深い個人的な地元で、凱旋したい気持ちが強いのでは?と思いました。出走に関しての詳細な事情は知る由もありませんが、今まで北海道での滞在や東京のオープンでの出走ばかりだった同馬がいきなり地方交流のG1に出走?と違和感を感じていた部分もあり、少し気になっています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月6日(月)AM11時08分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
現在ケンタッキーダービー発走直前です。
予定通りの馬券プラス、ハットトリック産駆のウインウインウインの複勝を加えて見物料程度に買いました。

昨日は雷雨と雹の関係で東京のメインレース他が中止という、個人的な記憶では前代未聞の事態になりました。私の自宅は東京競馬場から直線で5キロくらいですが、たしかに昨日は10レース寸前くらいからしばらくひどい状況でした。残念でしたが、天候的なリスクもさることながらあまり時間を延長すると、特殊な事情(特に今年は改元の10連休やくらやみ祭りとバッティング)もあり、騎手や関係者の移動などさまざまな部分で影響が尾を引く可能性がありしょうがないかもしれないな、と感じました。

土曜日のレースでは、東京6Rで2着に入ったドナアトラエンテは、ゴール前の脚が尋常でないくらいの一瞬の伸びで、勝ち馬より目につきました。着を確保するためにすごい脚を使う馬は過去にもすごい馬が多く、今後は注目と思います。勝ったトーセンリストも人気はありませんでしたが厳しいペースで余裕の逃げ切りで、この1・2着馬は先々注意と思います。

◆NHKマイルC
結局8頭にしてしまいました。
というのも◎から紐荒れの穴に、○からさらにワイドを買うという、二段構えの馬券にしようと思っています。
我ながらかなり平凡で個人的にはつまらない買い方と思いましたが、今回はそうしようと思います。

大きな理由はこの特別な背景です。お祝い的な改元という前例のない特殊な状況の中で改元後初めてのG1レースとしてNHK地上波で全国放送されるレースであり、さらにその後もそのようなパターンはダービーしかありません。つまり歴史に残るレースになるということです。
騎手や調教師だけではなく馬主や生産者にとってはこのうえない大事なレースという認識になると感じたからです。ただ昨日の想定外の大雨の影響は少なからずあると思い、若干時計のかかる馬場という想定で考えてみました。

◎グランアレグリア
○ダノンチェイサー
▲マイネルフラップ
★ハッピーアワー
△プールヴィル
△クリノガウディー
△ケイデンスコール
注グルーヴィット

アドマイヤは結局はずしましたが、皐月賞のレース振りもありましたが、同時にダノンキングリーに本番も含め2連敗したということがひじょうに気になりました。地力的な可能性は十分あると思いますが、当初からここを狙ってきたのか、疑問に感じたためです。きたらごめんなさい。

他下記はさまざまな要因で個人的に注目している馬です。(難しい馬も含まれているのでご注意ください)
◆谷川岳S
ショウナンライズ、キョウワゼノビア、アドマイヤアルバ、アルーシャ、プロディガルサン

◆鞍馬S
セカンドテーブル、フミノムーン、トウショウピスト、ダイメイプリンセス、モルトアレグロ

◆橘S
アズマヘリテージ、スタークォーツ、シングルアップ

◆ブリリアントS
コスモカナディアン、ストライクイーグル、クロスケ、サルサディオーネ、ノーブルサターン

◆湘南S
エンヴァール、インスピレーション、ワンダープチュック

◆上賀茂S
ナムラシンウチ、メイプルブラザー

◆立川特別
バケットリスト、ジュニエーブル、リスペクトアース

◆八海山特別
モルゲンロート、ギンゴー、ゼットマックイーン

◆二王子特別
マイネルベレーロ単複

◆京都12R
トライン、ユアスイスイ

◆京都8R
タマモベルガモ

◆新潟8R
ラブリースパイス

◆新潟7R
ホウホウサマンサ

※ちなみにオッズに個人的な違和感を感じた馬(理由や結果はわかりません)は、橘Sスタークォーツ、ブリリアントSストライクイーグル・ジュンバルカン、湘南Sワンダープチュック、上賀茂Sナムラシンウチ、立川特別バケットリスト、京都8Rタマモベルガモ、新潟8Rラブリースパイス、新潟7Rホウホウサマンサでした。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月5日(日)AM7時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
例年この時期以降はクラブ馬主などは募集馬の季節でもあり、特にテレビ放映時間帯などは人気にかかわらずPRのために実績を出したい季節と考えています。
今週も共同のビッグレッド系などが複数メインなども含め出走がありますが、通常よりも好走の可能性が高いと個人的に考えています。またミルファーム、シゲル。クリノなどの馬も有力馬も含め複数出走です。他個人馬主の馬もGWで来場している可能性もあり注意と思います。

また今年は過去のような4歳馬の賞金の半減がなくいわゆる「勝ち得馬」が存在しません。それがどのようにレースや出走計画に影響してくるのかは、私たちのような一般ファンにはなかなかわかりませんが、少なくともメイチ仕上げで勝利して夏〜秋に同じクラスで再度出走する馬や、夏の北海道などで降級組などという馬も存在しなくなります。
つまり連戦連勝の一部の強い馬以外は1頭の馬が稼げる環境が圧迫されると同時に、クラスを勝ちきれないような馬は相手が強化される前に5月中に着を拾いまくる必要もなくなります。事情通でなくともわかるのは、今までとはかなり違う様相になるのは確実だと考えています。

すでに5月に入りその流れが始まっていると思われ、この5月〜6月の条件戦や4歳馬の動向や結果などは馬券と関係なくよく見ておく必要があるのでは?と思っています。競馬はファンだけではなく当事者にとっても結果がすべてなのでこれからのトレンドを少しでも早く見極められたらと考えています。

と、前置きが長くなりましたが、相変わらずなので、もしご覧になっている方がいたら反面教師として、またどこか参考になる部分でもあれば部分的に活用してください。

◆京都新聞杯
原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
ナイママがここまで連戦を重ねるとは思っていませんでした。ビッグレッド関係の荒い使い方なのかもしれませんが、うがった見方をすると、京成杯以降一戦一戦、脚質を変えた使い方をしています。また微妙に馬体は成長しています。それから追い切りに主戦の柴田大騎手が騎乗して、遠征することを考えれば、少なくとも出走だけが目的とは思えず、ここはメイチ勝負と個人的に考えます。特に相手関係が大幅に楽になる今回はかなりのチャンスである可能性が高いと思っています。

ブレイキングドーンも同様に皐月賞からの参戦ですが、相変わらず上位には届きませんが、相手も強化されていることを考えると実際には強くなっている印象があります。距離も伸びて、カーブもゆるくなり、瞬発力勝負にならなければかなり面白そうだと個人的に思っています。

ヒーリングマインドは追い切りでなぜか印象に残りました。
また今回当レースの追い切りに北村友騎手は2頭に騎乗しましたが、本番ではフランクリンに騎乗です。このレースで結果を出せるかは微妙かもしれませんが、まだ奥がありそうで今後も含め注目と思っています。この4頭を中心に、あとは人気のタガノは押さえ程度に。


◆プリンシパルS
こちらも原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
数年前から勝たなくてはいけないレースになり昨年もきびしいレースになり、勝った馬はミクロコスモスの仔で血統の裏づけがあるとはいえダービーでも好走しました。
特にここメイチそうなのはヴァッシュモンという印象でした。馬券はここから狙うつもりです。紐ではこれも人気ですがマイネルサーパスあたりで。穴で内枠のクリスタルバローズにも注目しています。追い切りが印象に残ったのですがかなりの大またで良馬場条件と思いますが、順調に成長すればかなりの実力馬になるのではと思うような推進力を感じました。あとは嵌ればという条件付ですがアトミックフォースあたりと思っています。

◆メトロポリタンS
こちらも原則木曜〜金曜深夜に記載の展望に沿って馬券を買う予定です。
アドマイヤエイカン、中山巧者ではありますがミライヘノツバサに注目しています。他パリンジェネシスと58キロですがルミナスあたりを少々紐で押さえたいと思っています。

◆邁進特別
穴ではかなり難しそうですがエトワールブリエに注意と思っています。他ではハンデ戦でもありミルファームの2頭、アーヒラと休み明けですがこの条件しか走らないスノードーナツに注目しています。スノーは本来例年盛夏に調子が上がるようですが、直千は3千以上の長距離同様に格はほとんど関係ないと思いますので軽量の恩恵馬を少々、と考えています。

◆パールS
穴でテーオービクトリーとアルメリアブルームを狙いたいと考えています。なぜここまで人気がないのかと不思議に思っています。他の穴ではスカーレットカラー、人気ではアロハリリーは押さえ程度で、むしろ実力馬のゴージャスランチが面白いのでは、と思っています。

◆立夏S
条件的にシヴァージは馬券に絡みそうですが、紐穴でスズカフリオーソに注目しています。

◆東京12R
ミラクルブラッド、トラストロン、アポロの2頭(マーキュリー、レイア)に注目しています。

◆京都12R
こちらも多頭出しの馬ですがナムラキヌ、ナムラヘラクレスに注目しています。特に人気薄ですがナムラキヌに注意と思っています。

◆五泉特別
人気ではショウナンタイザン、穴では休み明けで狙いは先かもしれませんが福島、新潟は走るポンポンに注意と思っています。

◆京都6R
ドナウデルタが圧倒的人気になっていますがメイショウクライムに注意と思います。

◆新潟1R
令和最初の中央競馬のレースです。クリノサンスーシに注目と思います。初障害組ではランドハイパワーに注目です。

◆新潟4R
こちらも障害(オープン)です。シゲルの2頭に注意です。相手はスマートカルロスあたりで。

◆日曜日とかしわ記念、ケンタッキーD展望
・NHKマイルC追加
現段階で下記の馬に絞り込んで考えたいと思っています。
ハッピーアワー、マイネルフラップ、イベリス、ダノンチェイサー、ファンタジスト、グランアレグリア、クリノガウディー、プールヴィル、グルーヴィットで、最終的にこのうち7頭に絞り込む予定です。アドマイヤは特に根拠はありませんが共同通信杯だけでなく、目標だったはずの前走G1でも最後の脚が今ひとつに感じはずしてしまいました。きたらごめんなさい。

・谷川岳S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りショウナンライズ、キョウワゼノビアに注目しています。


・鞍馬S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りセカンドテーブルと函館でも良積があり追っかけているフミノムーンに注目しています。

・ブリリアントS
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りコスモカナディアン、ストライクイーグルに注目しています。

・上賀茂S
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りメイプルブラザーに注目しています。

・かしわ記念
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望通りモーニンと先行粘り込みでドリームキラリに注目しています。

・ケンタッキーダービー
現段階では木曜〜金曜深夜に記載の展望から変化はなく、レースビデオを見ただけですが、勝ち馬が取り消しで残念ですがアーカンソーダービー出走馬のインプロバブル、ロングレンジトディと他ではヴェコマに注目しています。

※ちなみにオッズに個人的な違和感を感じた馬は理由や結果はわかりませんが京都新聞杯はブレイキングドーンでした。プリンシパルSはアトミックフォースとヒシゲッコウでした。邁進特別はポップシンガーでした。メトロポリタンSはともに共同ですがルミナスU、パリンJでした。五泉特別はショウナンタイザンでした。また東京8Rはツヅクでした。ただ即PATで今までの経験則では個人的にはあまり当てにならないと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月4日(日)AM3時00分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
不発続きなのでご注意ください。逆に参考にするのも一法です。

本来国事行事で休日の1日から精力的に活動した北村友騎手、福永騎手、浜中騎手など今年の年初も同様の騎手が時代初日から熱心に追い切りなどに騎乗していました。今後も引き続き要注意の騎手と思っています。

スイートピーSで勝ったカレンブーケドールですが、一見恵まれた感がありますが、新馬ではダノンキングリーとタイム差なしの2着など、先々まだ奥が深い可能性があると感じています。オークスではどうか、という問題もありますが、今後面白そうな馬だと思っています。

ルメール騎手の活躍が目立ちます。下記にわかっている範囲で詳細を記載しましたが、GW後半も超ハードスケジュールですが、G1以外も目が離せないと思っています。穴党にはきびしい存在ですが・・・。

新潟大章典は馬券的には完敗でしたが、土曜日予想時に記載したその時点での展望を見て、愕然としました。当時挙げた注目馬8頭のうち7頭がそっくりそのまま1〜7着に入っていました。馬券を買う段のむずかしさと、眼鏡が最終的には相当曇っている、と考えざるを得ません・・。

それに絡んで新潟大章典展望などで記載した勝った「メールドグラス」を「メートルグラス」と記載してしまいました。また少々前ですが春のジャンプGIレース名を「中山大障害」(正しくは中山GJ)と記載してしまいました。誤字脱字にとどまらずいつもいい加減ですみません。

◆ハードスケジュール騎手
まずは結果は?ですが、GWの中を移動の主な多い騎手です。
・和田騎手
27日青葉賞(東京)→28日天皇賞(京都)→29新潟大章典(新潟)→1日カキツバタ記念(名古屋)→2日兵庫チャンピオンシップ(園田)→4日東京一般R(東京)→5日京都一般R(京都)→6日かしわ記念(船橋)
※期間中まだ未勝利で一般レースで2着〜3着が少しあり。

・武豊騎手
28日香港国際競争→1日フランス→4日京都・京都新聞杯→5日東京・NHKマイル→6日(船橋)
※特に大きな成果なし。

・ルメール騎手
27日青葉賞(東京)【2着】→28日天皇賞(京都)【1着】→29新潟大章典(新潟)【3着】→2日美浦に追い切りで遠征の後、兵庫チャンピオンシップ(園田)【1着】→4日東京一般R(東京)→5日東京・NHKマイル(東京)→6日かしわ記念(船橋)
※勝負ががかりそうな馬はことごとく馬券に絡んでいます。後半も精力的に動いているようで人気になりそうですが要注目と思います。

・松岡騎手
28日香港国際競争【1着】→1日栗東で追い切り遠征→4日東京→5日東京・NHKマイル
※大きな舞台で優勝、さらに絞り込んだ対象に熱心な活動?で要注意と思います。

・吉田隼人騎手
24日栗東に追い切りで遠征→27日新潟→28日東京→29新潟大章典(新潟)→4日新潟→5日東京
※想像以上に東京と新潟を執拗に往復、さらに追い切りも関西に遠征(今年から注力とか・・)でこちらも要注意と思います。

◆現段階での追い切りでの印象も含めた展望と注目馬
私は下手の横好き的に長年は見ていますが、専門家ではないので素人目の印象と個人的でしかも経験則的な全く根拠もない独自の視線での注目点での感想です。(本来は事前入厩や騎手の追い切りでの遠征の有無の確認のためにGチャンネルのみで見ています)
またまだ未定なので枠順による有利不利は考えていません。
・NHKマイル
詳細な事情はわかりませんが原則賞金が足りているのにここに直行した馬には特に注意と思っています。また桜花賞や皐月賞からの転戦馬にも注意と思っています。
不発続きなので個人的な好みを優先するつもりですが、まず応援しているハッピーアワーに注目です。穴で狙っているマイネルフラップは追い切りの印象が格段に変わったように見えました。またシンザン記念での荒削りな感じも安定した感じに変わったように見えました。主戦の吉田隼騎手はハッピーアワーに騎乗ですが、香港帰りの松岡騎手が追い切りに遠征したのも好感です。
他前走のレースの様子でミッキーブラック、追いきりの様子でイベリス、ダノンチェイサー、ファンタジストあたりに注目しています。ただグランアレグリアは現段階では馬券に絡んでくる、というより勝つ確率は相当高いのでは?と思っています。あとは引き続き朝日杯でGアレグリアに先着した穴のクリノガウディー、人気のアドマイヤマーズにも注意と思っています。

・京都新聞杯
こちらも皐月賞出走馬には注意と思っています。北村友騎手が追い切りに騎乗して本番でも騎乗のフランクリン、これだけ連戦続きなのに今回様子が少し変わったように映ったナイママ、成績はともないませんがだんだんと力をつけてきた印象のブレイキングドーン、ヒーリングマインドあたりに注目しています。

・プリンシパルS
好調そうに見えたヴァッシュモン、先々面白そうに感じたクリスタルバローズ、堅実そうなマイネルサーパスあたりに注目しています。

・谷川岳S
ショウナンライズ、キョウワゼノビアに注目しています。

・メトロポリタンS
アドマイヤエイカン、ミライヘノツバサに注目しています。

・鞍馬S
本来は中京のCBCあたりが勝負かもしれませんがセカンドテーブルが好調そうな印象に見えました。

・ブリリアントS
コスモカナディアン、近走の様子からストライクイーグルに注目しています。

・上賀茂S
メイプルブラザーに注目しています。

◆なんちゃって展望
・かしわ記念
GW不発の超ハードスケジュール騎手の和田騎手騎乗のモーニンに注目しています。

・ケンタッキーダービー
レースビデオを見ただけですが、勝ち馬が取り消しで残念ですがアーカンソーダービー出走馬のインプロバブル、ロングレンジトディと他ではヴェコマに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(日)AM1時20分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

は久々に家で作業しながら競馬観戦しましたが、全くでした。最終前になくなりそうになったのですが、最終が予想した京都も含め
たいした倍率ではありませんがすべて当たりなんとか日曜日も競馬ができます。というのも日曜は用事で午前から一日外出で外で馬券を買う間もなさそうで、最終レースに感謝です。

◆NHKマイルC
◎カツジ
○ミスターメロディー
▲テトラドラクマ
★ケイアイノーテック
△パクスアメリカーナ
△フロンティア
△タワーオブロンドン
とりあえずこんな感じで。印は上記ですがケイアイとテトラの組み合せも面白そうです。

◆新潟大賞典
競馬的には違う馬に注目ですが、イチロー選手の件があるのでまずはステイインシアトルとカレンラストショーのワイドを1点。
あとレース予想ですが、マイスタイルを中心にスズカデヴィアス、トーセンマタコイヤ、トリオンフ、ケントオー、ロッカフラベイビーあたりまで。ケントとロッカフラの単複少々。

◆鞍馬S
シルクロードSに出走の馬に注意で、特に中団くらいにつけられるグレイトチャーター、アレスバローズ、セカンドテーブルに注目で、穴ではナリタスターワンも押さえたいところです。

◆ブリリアントS
かなり厳しいと思いますが大穴はタガノの2頭で(複を少々)。あと比較的人気では外枠がどうかですがトップディーヴォとメイショウウタゲに注意です。

◆上賀茂S
エバーキュートに注意です。

◆新潟3R
マイネルベッカー、トーセンロザリオ、マトラッセ、メイショウカクウンに注意です。


◆新潟1R
セイゲイル、カズグレゴリオ、マイティソーロに注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月6日(日)AM2時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

早いですが日中忙しいので予想です。
◆京都新聞杯
◎レノヴァール
○ケイティクレバー
▲グローリーヴェイズ
★リシュブール
△ロードアクシス
△フランツ
△タニノフランケル

◆プリンシパルS
アイスバブル、ハッピーグリン、イペルラーニオ、トーセンの2頭に注意です。
大穴でコスモイグナーツに注意です。

◆京都12R
アガスティア、テイエムチューハイに注意です。

◆東京8R
大穴狙いですが、キングクリチャン、ダイイイチターミナル、トロピカルガーデン、ヤマニンマンドールに注意です。確率低いのでご注意ください


◆京都8R
メイショウフレイヤに注意です。

◆東京7R
リリーグランツに注意です。

◆ラインの馬
東京5Rラインアストリア、京都4Rラインクロノス、新潟7Rラインフィ−ルに注意です。

◆日曜日展望
・NHKマイルC
金曜日現在の展望で昨日の展望と殆ど変わっていません。ギベオン、ミスターメロディー、テトラドラクマ、タワーオブロンドン、パクスアメリカーナ、フロンティア、リョーノテソーロが注目馬です。加えて内枠に入ったファストアプローチに注目です。特にフロンティアとミスターメロディーに穴で注目しています。

・新潟大賞典
金曜日現在の展望で昨日の展望と殆ど変わっていません。ケントオー、ロッカフラベイビー、トリオンフ、トーセンマタコイヤ、ステファノス、マイスタイルに注目しています。特にマイスタイルと外枠がどうかですが穴でロッカフラに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月4日(金)A10時40分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
かしわ記念の穴注目のベストウォーリアは最後の直線向いたところで完全に脚が止まり万事休すでした。
以前からなんちゃってですが、船橋の特にダート16は内枠の先行馬が残る、という印象があり実はその期待も込めて穴を狙ったらと思いましたが、観測が甘かったのでしょうか、さらに内枠の人気薄に逃げられ穴を出されました。

青葉賞の騎乗馬で2週連続栗東に遠征して追い切りに騎乗した内田騎手ですがG1出走の馬にも今週騎乗で、もしかしたらこの馬で勝負がかりの可能性十分と考えます。毎週のように遠征するというのは中期的に何か大きな目標があるのではと考えます。

下記は現段階での展望です。
◆NHKマイルC
以下の7頭に注目しています。
・ギベオン
走法に無駄がなくかなり完成されたイメージで将来よりここ勝負か?
・ミスターメロディー
超ハードスケジュールの福永騎手騎乗で注意。まだ底を見せていないイメージ。前走は相手はともかく、かなり強く見えた。
・テトラドラクマ
東京コースに合いそう。自在性もあり広いコースで本領発揮か?能力高そう。
・タワーオブロンドン
相手が強そうだったアーリントンCで完勝。現段階では一番完成度高そう。
・パクスアメリカーナ
前走は脚を余した印象。相手が強いほうが力出せそうなイメージ。将来性高そう。
・フロンティア
内田騎手の追い切り遠征の一番の目的であれば注意です。権利を早くに取っていることも加えると変身の可能性あり。
・リョーノテソーロ
大きな根拠はありませんが、注意です。

◆京都新聞杯
・グローリーヴェイズ
もしダービーに出走予定であればここは上位は必須。
・レノヴァール
あまり強調点はありませんが、ここは注意です。
・ケイティクレバー
同様に賞金加算したいところですが、皐月賞ではかなりハードな競馬で余力あれば注意。
・ダブルシャープ
ここは地方から中央入りした目的も含め3歳では最大のヤマ場で間違いなく勝負がかり。あとは実力だけ。
・リシュブール
この馬も福永騎手騎乗で注意ですが、良血の末裔で注意です。
・タニノフランケル
こういうタイプは得てして人気先行で大活躍する馬は少ないのですがまだ途上でここは紐で押さえたいところです。


◆新潟大賞典
・ケントオー
中距離に路線変更してから以外に健闘していてこの相手で56キロなら。
・ロッカフラベイビー
多分全く人気薄になりそうですが、今回特に穴で注意です。新潟ハンデ戦得意。
・トリオンフ
前走強敵相手に見せ場たっぷりで、ここは賞金加算したいはず。
・トーセンマタコイヤ
柴田善騎手遠征で勝負がかりの可能性あり
・ステファノス
常識的には休み明け58キロでしんどそうですが、注意。
・マイスタイル
賞金加算も必要ですが、渋太く注意。

◆プリンシパルS
・アイスバブル
川田騎手が東上して騎乗で注意。
・コスモイグナーツ
逃げてどこまで。今年のBRのダービー出走の可能性の最後の砦。ダービー出走はボーダーラインで上位は必須。
・トーセンヴィータ
・トーセンクリーガー
今週は重賞にトーセンの馬が多数出走ですが、ここは2頭揃えてきて馬券に絡む可能性は結構高く注意です。
・ハッピーグリン
このコースだと一変の可能性ありで注意です。

◆ラインの馬に注意
今週新潟大賞典でラインルーフが出走ですが、他に一般レースでも3頭出走します。すべて土曜日で東京5Rラインアストリア、京都4Rラインクロノス、新潟7Rラインフィ−ルですが人気にかかわらず注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(木)PM5時50分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記」に番外編で馬券談義を書きます。今日中にアップ予定です。
といっても見てもためにはなりませんので・・。

今年はとにかくダメです。
コツコツ頑張るしかありません。

オルフェーヴルが惨敗でしたが、この馬の面白さはここにもあると感じました。
トウカイテイオーではないですが、とにかく良くも悪くも印象に残る馬です。
また今度はいい意味でびっくりさせてほしいところですが、周囲の池江調教師も池添騎手も疲弊して大変そうですが・・

どのレースも各地で予想されている夕立とのにらめっこで馬場状態に注意です。
◆NHKマイルC
今回人気の一角マウントジャスタ、池江師はこの馬は素質馬、ここは通過点でダービーで勝負、と言っているみたいですが、皐月賞2着のワールドエースを物差にすると、それと接戦をしたヒストリカルはほぼ同レベルでこれらは世代トップ、毎日杯でゴール前とはいえ並ぶ間もなく差し切られました。
この馬はこの先もっと強くなるのかもしれませんが、現段階であおの2頭や札幌2歳S上位、ディープブリランテなどをまとめて負かせるのか?
と思いました。

またアーリントンCを鬼脚を披露したジャスタウェイも人気の一角、しかし新潟2歳でみれば皐月賞完敗のモンストールとほぼ互角。アーリントン自体メンバーが、2着のオリービンはトライアルのニュージーランドで4着とはいえ完敗。

どの馬もいずれもっと力をつけるのでしょうが、現段階で抜けた馬はいなそうで、むしろトップに届かなかった馬たちというイメージです。
逆に全く人気のない馬でも展開一つでみなチャンスがありそうです。
そうなるとあまりに頭数が多くなるので大幅に絞り込みます。

ただ下記にあげる馬たちは要注意です。
・カレンブラックヒル
人気ですが、秋山騎手はお手馬も含め、今日はこの馬以外の騎乗はすべてキャンセルで初のG1取りに挑みます。
NLでは有利な内枠、ポジションとはいえきびしいペースの先行勢の中で唯一抜け出し力の違いを見せつけました。
・ハナズゴール
一頓挫あったとはいえ、チューリップ賞を見る限り相当なスケールの馬に映りました。ローテ的にオークスは?というタイミングですがそんな中であえて使ってきたということは、距離の問題もあるのでしょうが、ここは勝てる可能性あり
ということだと考えています。
・ブライトライン
ファルコンSは強い勝ち方でした。またそこで出走権を得ているはずなのにあえてNLTを使ってきました。
しかもNLTは3着。ここが最終到達点である可能性が高いと考えます。

★馬券
ここは上記3頭にの馬連ボックス各200円、ワイドボックス各300円、単勝各300円。
あと皐月賞出走のモンストール・マイネルロブストと前記3頭のワイドフォーメーション。
計3000円。

◆新潟大賞典
新潟は特に雨が心配です。
メイショウとダノンが各2頭出しです。みなそれなりに勝負気配もありどちらも有力と考えます。
特に過去に新潟で実績のあるダノンを軸にします。
ダノン両頭から馬連、ワイドフォーメーションでメイショウ両頭、ダンツホウテイ、アグネスワルツに。
計1600円。

◆鞍馬S
オーセロワ、アンシェルブルー、ショウナンカザンの馬連、ワイドボックス。
計600円。

◆ブリリアントS
・ソリタリーキングから馬連でタマモクリエイト、スマートタイタン、インバルコ、オースミイレブンに。
・タマモからワイドでスマート、インバルコ、オースミ、ソリタリーに。
・タマモ・スマート2頭軸三連複でインバルコ、オースミ、ソリタリーに。
計1100円。

◆白川特別
クリサンセマム、スーパーオービット、テイエムシバスキー、エアポートメサの馬連ボックス。
計600円。

◆WIN5
・白川特別
クリサンセマム、エアポートメサ
・ブリリアントS
ソリタリーキング、オースミイレブン
・新潟大賞典
ダノンスパシーバ
・鞍馬S
オーセロワ
・NHKマイルC
カレンブラックヒル、ブライトライン
計800円。

以上合計7700円。

◆2012年の成績
★5/6の購入金額・・7700円
★5/6までの購入金額・・149600円
★4/29の購入金額・・9200円
★4/29の的中金額・・3540円
★4/22の購入金額・・7200円
★4/22の的中金額・・1870円
★4/29までの購入金額・・141900円
★4/29までの的中金額・・82450円
★4/29までの回収率・・58%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
先週の競馬の検証・反省・次走注目馬 に参加中!
先週はタマモクリエイトのおかげで収支は大丈夫でしたが、G1ところがしはほぼ全滅でした。
またも週初の展望や、予想前のコメント(タマモは土曜日の朝のコメントでした)はかなり的確だったのに、
本番では切り捨ててしまいました。相変わらずです。
しばらくほかの用事が多忙で、重賞・オープンとWIN5対象レースに馬券を絞り込みたいと思います。
展望や予想も簡単に。

◆NHKマイル
よく見ると昨年の分も含め、JRAハンデキャッパーの算出したプレレーティングがかなり的確でした。
低い数値の馬はやはりだめでした。京都新聞杯で凡走したレッドデイヴィスは故障でした。毎日杯2着のコティリオンはやはり好走しました。
勝ったグランプリボスもスプリングS上位組で、このレースはハイレベルだと考えます。
皐月賞組は1頭だけきびしい競馬をしたエイシンオスマンは4着に粘り、ほかはダメでした。
今は大レースで好走する条件の一つとして、直前に出来る限り高いレベルの相手と、きびしいレースを経験させることが重視されるようになっていると感じます。
桜花賞、皐月賞に続き、天皇賞のヒルノダムール、今回もしかりということです。

◆ヴィクトリアマイル展望
ポイントはブエナビスタです。アパパネはローテーションはここに照準ですが抜けた力ではないと考えます。
ただオークスやエリザベス女王杯で見せた勝負根性は本物でこの部分は抜けていると感じます。
鼻面の争いには絶対負けないタイプとみました。
今回もここが勝負と見ているので、上位の確率は一番高いと考えます。
またアニメイトバイオ、オウケンサクラ、ブロードストリートあたりまではほぼ同レベル、あとショウリュウムーン、左回りマイルは豹変しそうなアプリコットフィズ、嵌ればワイルドラズベリー、レディアルバローザ、そして一昨年2着のブラボーデイジーあたりまでほぼ横一線のように思います。

現状では休み明けの馬をはずして、アパパネ一頭軸の三連複でブエナ絡みは厚めにして、ブロード、オウケン、ブラボー、アプリコットあたりの5頭流しという感じで考えています。

◆京王杯スプリングC展望
穴狙いとしてはあまり面白くありませんが、エーシンフォワード、サンカルロ、ジョーカプチーノあたりが中心で、穴ではショウナンアルバ、ショウワモダンに注目しています。

◆ほかWIN5対象レース
★栗東S
高齢ですがダイショウジェット、タマモホットプレイあたり、そしてトウショウカズンに注目しています。
いずれにしても出走するかが注意です。

★邁進特別
ヤマニンプロローグ、ヤマニングルノイユもヤマニン2頭、シンボリマルセイユあたりに注目です。

★是政特別
ジンデンバルトに注目です。

★朱雀S
今度こそのマルカベストに注目です。

◆2011年の成績
★5/8の購入金額・・8900円
★5/8の的中金額・・13680円
★5/8までの購入金額・・320000円
★5/8までの回収金額・・308960円
★5/8までの回収率・・96%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
土曜日はシンボリとドットコムの複勝が的中でなんとかというところでした。
京都新聞杯はやはり懸念していたとおりにレッドデイヴィスが取りこぼしました。距離が長いのか、疲れがあるのかはわかりませんが、毎日杯自体が思っているほどハイレベルではないのかもしれません。
◆NHKマイルC
ただでさえ混戦の今年の3歳馬ですが、その一番象徴的なレースになりそうです。
枠順や展開で大きく上位馬がかわるようなレースになりそうです。
こういうパターンは無欲の騎乗、騎手の判断力や思い切りの良さが好結果になるケースも多く、大事に乗って失敗した人気馬もでてくる可能性大です。
また皆が勝ちに行くので、思わぬ穴馬にも注意です。
展望で述べたエイシンはやはり注意だと思っています。というのも枠順も内で並んでいて、先行型と内で脚をためるタイプばそろい、どちらも勝負をかけることができるからです。
以前カンパニーが毎日王冠や天皇賞を勝ったときも、あとでビデオをみて気づいたのですが、同馬主のアドマイヤフジが上手に邪魔をしないように、しかも外からほかの馬が仕掛けると外を回り脚を使うようなポジションをつくっていたように思いました。

現段階でこの二頭がこれだけの力があるかはわかりませんが、このようなパターンに持ち込めれば上位に食込む可能性はかなり大きいと考えます。

あとコティリオンですが、レッドデイヴィスが距離の壁や疲れで負けたのではない場合はかなり割引にせざるを得ないと思います。押さえ程度で。
★結論
◎軸エーシンジャッカル
立ち回りがうまそうで、内枠の利で。
○ダンスファンタジア
成績から前走は度外視。内目の枠で自在性・瞬発力をそなえ、比較的レベルの高い牝馬では一線級の潜在能力、ハードスケジュールで使ってきたこと、藤沢調教師のコメントが妙に静かで不気味。逆転候補。
▲エイシンオスマン
人気になりにくいタイプですが、前走は一番きびしい競馬で粘っています。騎手が思い切った競馬が出来るのも好感。
△グランプリボス
矢作調教師、悲願のNHKマイル制覇に、一戦一戦勝負の外人騎手、勝負と見ました。前々走はハイレベル。前走は脚ならしと考えます。
△リアルインパクト
内枠と騎手の腕で、上位の可能性高い一頭。
△リキサンマックス
離して逃げるタイプ。現実にきさらぎ賞はノーマークとはいえ、トーセンラーが鬼脚でやっと届き、オルフェーブルは届きませんでした。今回もノーマークで注意です。
注コティリオン
割り引きましたが、瞬発力はあるので押えたいところです。

★馬券
・◎○▲の馬連、ワイドボックス。
・◎▲から馬連でグランプリ・リアル・コティリオンに。
・リキサンからワイドで印に。
・◎○三連複で印に。
計2300円。

◆新潟大賞典
ハンデ戦で難解ですが、穴でアンノルーチェをねらって見たいと思います。
この馬の単複(200,500)とこの馬から馬連でタッチミーノット、マイネルゴルト、アロマカフェ、セイクリッドバレーに。
ワイドでシャドウゲイト、イケドラゴンに。
計1300円。

◆ブリリアントS
競馬コンシェルジュの辻氏も推薦ですが、週初のコメントどおりタマモクリエイトに注意です。
大庭騎手は公表体重53キロ当然騎乗には減量が必要と思われます。またこの馬に軽量で騎乗すると好走パターンが多く、オープンで連対実績がなくハンデも重くならなりませんが、実際にはかなりのメンバー相手に掲示板に載るような好走が多く今回はメンバーが楽で注意です。外枠が少し気になります。
あとはこの距離では堅実で、ハンデも手頃なネイキッドに注目です。
馬券はタマモの単複(200,500)とネイキッドの単勝300円。両馬の馬連・ワイド。両馬から馬連フォーメーションでキクノアポロ・トーセンモナークに。
計1600円。

◆都大路S
ミッキーの二頭が上位に絡みそうです。あとはアドマイヤテンクウ、ブライティアパルス、ホワイトピルグリムに、そしてリーチザクラウンは押さえ程度に。
馬券はミッキー2頭とアドマイヤの馬連・ワイドボックス。ミッキー2頭とホワイト・リーチの馬連フォーメーション、ブライティアからミッキー二頭にワイド。
計1200円。

◆白川特別
カノンコード、マツリダガッツ、バアゼルリバーの馬連ボックス。
計300円。

◆ころがし
上記の馬券とは別予算で買います。
1回ー2回ー3回、1回ー2回、1回ー3回、2回ー3回と4とおりのころがしが成功するパターンを狙います。
当回分のみの分も1セット買います。
最初下記のように買い、的中したら所定の比率で100円分ずつ所定のパターン分ころがします。しなかった場合はその分は当然ころがしストップです。パターン別なので的中しても2回成功でやめる分があります。
★第1弾
京都7R
カスガからワイドでタガノザイオン・メイショウシャインに100円ずつ×4セットで計800円。
★第二弾
東京10RブリリアントS
ネイキッドの単勝・複勝100円ずつ×2セットで計400円。
ころがし分は単・複50%ずつ。
★第三弾
京都11R都大路S
ホワイトピルグリムからワイドでミッキー2頭に100円ずつ×1セットで計200円。
ころがしは50%ずつ。
計1400円。

◆WIN5
★白川特別
マツリダガッツ、カノンコード
★ブリリアントS
ネイキッド
★新潟大賞典
タッチミーノット
★都大路S
ミッキードリーム
★NHKマイルC
ダンスファンタジア
・上記WIN5で200円と下記のように補足的に単勝ころがしを買います。
事前に白川特別2頭分×3で600円、ネイキッド×2で200円、タッチミーノット100円分。
的中したら100円分だけ残し、残りをころがします。ただし3連勝のときは4レース目は100分だけころがします。
計1100円。

以上合計8900円。

◆2011年の成績
★5/8の購入金額・・8900円
★5/8までの購入金額・・320000円
★5/7の購入金額・・8000円
★5/7の的中金額・・11590円
★5/7までの購入金額・・311100円
★5/7までの回収金額・・295280円
★5/7までの回収率・・94%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ