競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:NHKマイルC

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆5/7の競馬予想
★京都新聞杯
テンペルに期待してましたが、まだ本格化していない状態で外枠ということで若干割り引きます。
軸は当然レッドデイヴィスですが、この後金鯱賞という青写真のようで、取りこぼすような流れがあるとすれば今回かもというところもあり、ボックスにしたいと思います。
・馬券
レッドデイヴィス、ルイーザシアター、レッドセインツ、テンペルの馬連ボックス。(レッドデイヴィスからは200円)
計900円。
★プリンシパルS
このレースは勝たないと意味がないレースですべての馬が勝ちに行くのでハードなレースになると考えます。
超ハードスケジュールのトーセンレーヴ、コース得意のメイショウトチワカ、地方参戦のダブルオーセブン、内枠で池江厩舎のもう一頭カフナに注意です。
・馬券
上記4頭の馬連ボックス。あとメイショウの単複(100,300)。計1000円。
★シンボリ牧場が多頭出し
東京4,5,7Rでシンボリの馬が出走、今回は注意です。
4Rスイートバイカル、5Rシンボリドンナー、7Rシンボリカージナルの各単複(100,300)。計1200円。
★高尾特別
軽量の3頭に注意。ダイショウベリー、シベリアンヒート、ミサトバレーのそれぞれの単複(100,300)。
★丹沢S
ドットコムの単複(100,300)
★御池特別
ヘリオスシチーの単複(200,500)
★高瀬川S
軽量のノボレインボーの単複(200,500)
★京都12R
ニチドウルチルの単複(200,500)
★新潟7R
バイブレイションズ、フローラルウィンドのそれぞれ単複(100,300)。
★五泉特別
クラレットジュエルの単複(100,300)。
以上合計8000円。

◆5/8重賞コメント
★NHKマイルC
週初にコメントした流れでエイシンの2頭が内枠に入り注意です。
あとはコティリオン、そして今年こそを狙う矢作厩舎のグランプリボス、それからリアルインパクト、意外にレーティング評価の高いリキサンマックスあたりまで。

★新潟大賞典
雨がどうなるかですが、晴雨兼用でシャドウゲイト、調子がよさそうなアンノルーチェ、タッチミーノット、マイネルゴルトあたりに注意です。
それから今回は人気になりませんがアドマイヤメジャーも注意です。

◆WIN5現段階候補
★NHKマイルC
エイシンオスマン、エーシンジャッカル、リアルインパクト、コティリオン
★新潟大賞典
タッチミーノット、マイネルゴルト、アンノルーチェ
★ブリリアントS
タマモクリエイト、ネイキッド、キクノアポロ
★都大路S
ホワイトピルグリム、ミッキードリーム、ミッキーパンプキン
★白川特別
カノンコード、マツリダガッツ

◆2011年の成績
★5/7の購入金額・・8000円
★5/7までの購入金額・・311100円
★5/1までの購入金額・・303100円
★5/1までの回収金額・・283690円
★5/1までの回収率・・93%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週は本当に散々でした。時間をかけて研究した天皇賞もけんかに勝って勝負に負けた典型的なパターンになってしまいました。
事前に展望で取り上げた馬がことごとく上位1〜3着に入りながら馬券は取れないという、最悪のパターンでした。
またWIN5の登場を機に研究の仕方や馬券の買い方を変えていく必要があると感じました。
◆天皇賞・春の検証
レース前にメディア報道でこのレースで勝ち負けになるとコメントしていたのは武豊騎手のローズキングダムとエイシンフラッシュの藤原調教師でした。
ここですでに最終的な軸を取り違え、週初のコメントとは違う致命的な選択ミスをしてしまいました。
レース自体は超スローでありながら、緩い馬場の影響も加わり、出入りの激しい見ごたえのあるレースになりました。
騎手の判断が勝負を分けた典型的なレースになりました。ただ最後は内で脚をためた馬とスタミナのある馬がことごとく上位に入りました。
毎回思いながら、なかなか実践できませんが、近年の競馬は内枠の馬が、内で脚をためて上位という大原則であると、レース後になると気づかされます。
正直途中で勝負にならない馬、バテタ馬は今後のことを考えてか、途中であきらめてしまったというふうに映りました。
宝塚ではこのレースの着順は無視していいのでは、と考えています。
騎手は何か意味のある着順に届かなければ、無駄に追うことはないと考えます。
あと今回日本のこの状況の中、フランスから馬と騎手が来て参戦してくれましたが、超一流ジョッキーはやはり来日は現状ではしばらくなさそうな感じです。
本当は関係ないのですが・・。

◆複勝高配当
日曜日の東京10RアハルテケSで全く人気のないトーホウオルヴィスが2着に逃げ残り、複勝万馬券が飛び出しました。
トーホウの馬は逃げてよく穴を出すのをみかけますが、逃げ馬には本当に注意が必要と思います。特に内枠の場合はなおさらです。
信じてもらうしかありませんが、個人的には2001年中山未勝利戦ダート1200でやはり内枠の人気薄のミネノパワフルという馬の複勝で9200円というのを取った事がありますが、そのときは馬連が22万を超える配当でもちろんそんなものは取れるわけもなく、喜びはあまりありませんでした。
昨年もいろいろ事情があり、突発的に買ってサンバホイッスルという馬と障害初出走のマサノブルースという馬で6000円台の複勝を取りましたが、ともに未勝利戦で、今回のようにオープンクラスでこういう馬券が飛び出すというのはさまざまな条件がかみ合ったというのもあるのでしょうが、本当にビックリです。
超人気薄の複勝というのは、馬券種類が増え、ますます売上が落ち込みそうな複勝では、これからもまだまだ飛び出す可能性が十分あり、内枠人気薄からとゾロ目の枠連や、ワイドなども含め高配当馬券をこれからもコツコツ狙っていきたいところです。
昨年の複勝ゲットの内容は個人ブログに記載してありますので、ご参考までに紹介しておきます。
・サンバホイッスル
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/archives/1184617.html
・マサノブルース
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/archives/1202926.html

◆WIN5反省
またも最初のレースで全滅でした。今回はころがした場合146万のところを210万超の払戻になり妙味がありました。
つまり人気薄が絡んでくると、配当妙味はかなり増しそうです。
ただ最初からの持論どおり、単なる5連続ころがしに過ぎないわけで、自分のやりたいレースや馬券種類を任意で選んでころがすほうがよほど成功率は高くなりそうという考えは変わっていません。
別に5連続ころがしをする必要や義務もありませんし、自由に競馬を楽しむという観点では、自分でころがしをつくるということをこういう機会なので、優先してやってみたいと思います。
もちろん折角の企画なので、WIN5も毎回参加して、それに合わせた3〜4ころがしの単勝馬券も少量購入したいと思います。
競馬コンシェルジュの須田氏が第1回で108通りのフォーメーションで成功したそうですが、一般の人がこの馬券のみに毎回こんな大量につぎ込むというのは難しいのではと思います。
年末ジャンボみたいにたまにある機会にまとめて買うのはいいのでしょうが、毎週毎週なので的中率を考えたら、当たらないと相当なダメージになりそうです。
ですので、WIN5を最低限と同時に独自転がし大作戦を実行してみたいと思います。もちろんそのままつぎ込み全滅のリスクを避けるため200円以上買い、100分だけころがすような形でやってみたいと思います。
個人的にかなりのレースに手を出していますが、連続で的中することはそうそうないと考えているからです。
長く競馬を続けるための秘訣と考えています。
あと直接関係ありませんが、週に1レースだけ、三連単、三連複を狙ってみたいと思います。
的中する確率やリターンは、長期的にはこちらのほうがはるかに回収率は高そうです。

◆NHKマイルC展望
今回は現段階ではあまり大きく目をつけている材料がないのが実情です。
人気系では毎日杯でレッドデイヴィスに肉薄したコティリオンを基本的に軸で狙ってみようと考えています。

また巷では一昨年3着、昨年2着の矢作厩舎が外人騎手を仕立てて3頭出しで臨むのが注目されているようです。

ただそのうちの強力な2頭に主戦で騎乗していた、岩田騎手はエイシンジャッカルに、藤岡佑騎手は抽選待ちのアストロロジーに騎乗予定です。
どちらが優先なのかわからないので一概にはいえませんが、特に岩田騎手の動向を考えると、もしエイシンが2頭出ししてくれば、どちらも先行型でそこそこの枠順であればこちらのほうにもかなり注目だと思っています。
特にエイシンのもう一頭エイシンオスマンは当初、皐月賞とNHKマイルはどちらかしか使えないという関係者のコメントがありながら皐月賞の内容からかNHKマイルにも出走してきそうな感じで報道されています。
両頭ともNZTでは人気薄で上位に入っており、オスマンは皐月賞ではほかの馬と違い、かなり厳しい走りをしながら8着に粘っています。さらにスプリングS,NZT、皐月賞、そして今週のG1と考えられないようなハードスケジュールを組んでいます。
本当に出走してきたら馬がつぶれてしまうリスクもあるわけですから、かなりの勝負度合いと考えます。
ジャッカルも含め要注意です。

ほかでは人気ですが前述の矢作厩舎のグランプリボス、あとはローテーションが明らかにここを狙っているリアルインパクト、プレイ、フォーエバーマーク、アドマイヤサガスあたりに注目しています。

◆京都新聞杯展望
春に移設され地味なレースになってしまいましたが毎年意外に後々の強豪馬を生み出しているレースです。
今年もレッドデイヴィスを中心に、連闘で出走してくればトーセンレーヴなどそれなりのレベルのメンバーになりそうです。
ここはそこそこ人気になりそうですが、大物感あふれるテンペルという馬が出走してきたら注目だと思っています。

トーセンレーヴは青葉賞では足りませんでしたが、ここにさらに参戦してくればこれは相当な勝負と考えています。
青葉賞で勝ったウィバリアシオンは皐月賞上位馬などともまったく互角の勝負を繰り返していましたが、不利などもあって賞金加算ができず、やっとダービー出走権を手にしたような馬で皐月賞組以外では反動がなければダービーでも掲示板候補と考えています。
その馬と実際にはそんなに力差を感じなかった、というよりエンジンがかかる前にゴール板に来てしまったというイメージだったので、毎日杯では子供扱いでしたが、今回はさまざまな条件からもっと小差になると思います。
また前にも述べましたが、トーセンの島川氏は仙台の馬主さんで大震災がおきてしまった現状で、今年のダービーは特に勝ちたいという思いが高まっているはずです。

トーセンラーはもちろん有力ですが、こちらも無理をして京都新聞杯に出走して上位に入りダービーに出走できれば昨年のルーラーシップ同様、どんどん本来の力を発揮してくる可能性もありここはかなり注目です。
多分島川氏はこの両頭については、後のことなど考えずにダービーに向けて全力を注ぎ込んでくると思っています。

◆2011年の成績
★5/1の購入金額・・10700円
★5/1の的中金額・・0円
★5/1までの購入金額・・303100円
★5/1までの回収金額・・283690円
★5/1までの回収率・・93%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今日は完敗でしたが、プリンシパルSでルーラーシップがついに本格化の爆走をして勝ちました。メンバーの問題もありますがダービーでは注目される流れになったと思います。
馬券はあまり参考にされないほうがいいとは思いますが、とりあえず今週も予想します。
◆NHKマイルC
このレースもダービーのトライアル兼調整およびコース・スピード競馬経験レースになりつつあります。そのため年々メンバーも豪華になり、元来このレースを目指している馬の活躍の場はどんどん狭められている感があります。たしかによほどの実力でない限り、まったく活躍馬の形態のちがう中山の皐月賞経由より、ダービーと同じ東京コースでのG1をステップにしたほうがより本番での参考や訓練になるはずで理にかなっています。
★ポイント
・平井氏3頭出し
昔、高本公夫氏が著書にこう書いていました。
「同廐、馬主など3頭以上集まれば簡単にレースを作ることができ、特に1頭が逃げればペースも作ることができる」
たしかそんな内容だったと思います。
今回はG1ではありますが、まさにそんなメンバーの三頭出しだと思います。
ダックマンは今までとにかく無理矢理でもハナをきり、超ハイペースに持ち込んでいます。今回も内でコスモがスピードで先行するはずですが、ある意味無理矢理、捨て身で絡んできそうです。コスモが少しでも躊躇すればすかさずハナを切ると断言しています。そうなるとかなりのペースになる可能性があります。そこで残りの二頭の立ち回りによっては、かなり強い馬でも仕掛けのタイミングが狂ってしまう可能性が出てきます。たとえばホワイティが3コーナーあたりから仕掛けを入れて揺さぶり、ほかを早仕掛けにさせ、アポロンが後ろから差すなど色々作戦が可能です。
逆にこのような作戦に有力馬が動じなくて想定どおりに動きそうな雰囲気であれば、アポロンあたりが早めに素早く動いて抜け出して押し切る、などの作戦も可能です。もちろんブライアンやデォープクラスの馬には普通に走っただけで千切られるので何をしても無駄なので無意味ですが、常識の範囲の差であればかなり有利な戦いが可能です。
今回は人気上位3頭はかなりの素質であると思いますが、実質底を見せていないのはサンライズくらいではと思っています。あとの2頭は強いとは思いますが現に無敵という感じには現段階では見えないからです。
ゆえにエイシンは何らかの形で馬券に絡んでくると思っています。
★賞金加算と最後のダービーへの
池江郎調教師は今年最後のダービーです。リルダヴァルは骨折がなければおそらくダービーの出走権を容易に得ていたと考えられます。野路菊Sで前述のエイシンアポロンを子供扱いして楽勝しているくらいのレベルでした。やっと使えるようになり毎日杯、皐月賞を叩きましたが本賞金はまだ1200万でこのままだとダービー出走は難しそうです。
引退前の最後の年に何とかG1をと考えている陣営は、期待馬キングストリートや天皇賞のフォゲッタブルなどに託しましたが、春はまったくふるいませんでした。今回も出走できなければチャンスさえ奪われてしまいます。トレセンタイムの取材の雰囲気でも、何が何でもダービーに出したい、という空気がありありと感じられました。ということで勝てばG1制覇達成、悪くても2着で賞金加算でダービー出走という前提でここはハードな仕上げをしているようです。

★結論
◎軸サンライズプリンス
前述の話と相反しますが、現段階ではさまざまな要因からハイレベルな今年の3歳牡馬のトップ3の一頭と思っています。
◯リルダヴァル
前述の通りとにかく連対することが絶対命題です。
▲エイシンアポロン
これも前述の流れで、このレースを使ってくる目的はこのレースで勝負をかけること以外に考えられず、語弊がありますが手段を選ばず上位を狙ってくると考えます。他の平井氏の2頭は捨て石的な役と考え、単複を少々押さえる程度でと思います。
△ダノンシャンティ
陣営も最大目標はダービーと公言していて、◎や◯をはるかに越える素質があればそれでも勝てると思いますが、前走は強かったですが、ラジオNIKKEI杯や共同通信杯などからは抜けた実力とまでは感じられないと思いました。もちろん押さえておきたいとは思います。また今回はスローペースの決手比べになるかどうか疑問ですし、前残りの展開でも届かないケースも考えられ、過信hは禁物と思っています。
△トシギャングスター
コメントで述べたようにまだまだ魅力が詰まっていそうな馬で興味を持っています。ダート馬のイメージが強いですが、タフなレースになったクロッカスSで33秒台の脚を使っていますし、距離も東京のダート1600で連対していてあまり心配はなさそうです。しかも今回予想通りハイペースになった時はこの馬にとってはおあつらえ向きの展開になるはずです。
△コスモセンサー
何をおいても枠順、脚質からは前残りになった時は渋太そうです。エーシンと競り合いにならなければ、仮に番手でも4角で差し返して抜け出すことも考えられます。
△ガルボ
コメントでは割引ましたが、意外に穴人気にはなっていないので狙います。まず明らかにこのレースを狙ったローテーションが好感です。ダイワには朝日杯で負けていて、そのうえ枠も内外で不利ですが、ダイワは賞金加算が上手く出来ず、路線が定まらないローテーションになってしまいました。その分はこちらの方が大きく有利になっていると考えました。
またレトやエーシンホワイティを完封したシンザン記念の出走馬は前述両馬も含め次走以降は軒並み好走しているようです。そしてこの馬自身も皐月賞では枠順、馬場状態、コース取りなどで相当なロスがあったと考えられ、捲り切れない限り馬群にしずむパターンだったはずです。また皐月賞自体は休み明けの叩き台だったはずと考えます。
逆にこれだけタフな体験をした馬は他の例でも次走以降好走パターンも多く、この馬についても適距離で当初から本番になる今回に必ず活きると考えます。

予想部分は以上ですがレトは頭数が多くなるので外しました。人気薄のエーシン2頭も単複少々押さえ程度で連からは外しましたが、アポロンは印は▲ですが、三連馬券には軸の一部にと考えています。

★馬券
・◎まら馬連で◯▲に各500円、ダノンに300円、コスモ・ ガルボに各200円、トシに100円。ワイドでトシに100円。1900円。
・◎◯▲三連複200円。
・◎◯二頭軸三連複で△に4点。
・◎▲二頭軸三連複で△に4点。
・三連単◎→◯→▲△に5点。
・三連単◎→▲→◯△に5点。
・およびエーシン二頭の各単複(100,200)
計4500円。

◆都大路S
マイネレーツェルの単複(100,300)とワイドでスマートギア、 キャプテンべが、シェーンバルトに。計700円。

◆オアシスS
ダイショウジェット、ワイルドワンダー中心で、
・この両馬の馬連300円と両馬とシビルウォー・ダノンカモン・クリールパッションの馬連フォーメーション6点。
・およびダイショウジェット・ワイルドワンダー二頭軸三連複でビルウォー・ダノンカモン・クリールパッションに。
計1200円。

◆新潟の深見氏の多頭出し
新潟競馬で馬主の深見冨朗氏が4Rエンジェルブレス、7Rリバーサルブロー、9Rフルボディーと多頭出しです。様々な要因から馬券で狙えると考え、
・4Rエンジェルブレス・・・単複(600,1300)
・7Rリバーサルブロー・・・単複(200,500)
・9Rフルボディー・・・単複(300,700)

以上合計10000円。

★5/9の購入金額・・10000円
★5/9までの購入金額・・143300円
★5/8までの購入金額・・133300円
★5/8の的中金額・・0円
★5/8までの回収金額・・118490円
★5/8までの回収率・・88%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今年のダービーは賞金加算競争が少しでも和らぐように、青葉賞とプリンシパルSが賞金加算対象馬以外は出走できないように優先出走枠が減らされましたがやはり熾烈な競争になりました。
特に今年の3歳牡馬は例年にくらべレベルが高いだけでなく、層が厚くダービーに出走できない馬の中にもすぐにでも重賞でも好走できそうな馬がごろごろいる感じです。中でもマイルから2400くらいのクラスは史上まれに見るような層の厚さと思っています。
今週もダービーに直結のレースガG1も含め3レース組まれていて、馬券的妙味はともかく楽しみなレースになりそうです。
◆京都新聞杯
正式なダービートライアルではありませんが、事実上のトライアル、どの馬も何が何でも2着以内を狙うレースになりそうです。右回り、2200の距離、軽い芝、直線平坦などの条件と前走までのメンバーレベル、前走できびしいレースをしたかどうかなど総合力が問われるレースと考えます。人気馬が中心になりそうですが、展開一つでかなりの波乱も考えられます。それぞれの馬の条件で勝ちにいく馬、2着で大丈夫な馬などに分かれ、それ以外の順位はいらないと思われるからです。
◎軸シャイニーナイト
◯シルクアーネスト
◎◯は二度対戦していずれも◎が勝っているが、昇級してもそのまま1,2着になるということは両馬とも互角の実力でかなりのレベルと考えます。◎は2着でもダービーに出走できますが、◯は勝たないと難しいと思われます。ということは馬券的な部分で軸にするのは上位を確実に狙う◎が最適と考えました。他の人気馬の印を下げての◎◯なのでこれで決まれば大穴になってしまいますがあえて狙ってみます。
▲レーヴドリアン
世代代表馬候補の一頭。破壊力はきさらぎ賞で片鱗を見せましたが、皐月賞の大きな出遅れなど粗さも目立ちます。いずれはG1でも勝負けになる馬と思っていますが、こういうタイプは相手が落ちても取りこぼす可能性があり、本格化したと思うまでは▲評価で。
△マコトヴォイジャー
この馬は勝たないとダービーに出走が難しい状況です。経緯はわかりませんが安藤勝騎手は前走惨敗で2着でも賞金が足りるアドマイヤテンクウを降りてこちらに騎乗。ダービーは順調ならおそらくNHKマイル出走のダノンシャンティに騎乗と思われることから、ここは勝ちにいく一発勝負となりそうです。
△ゲシュタルト
△コスモファントム
△メイショウウズシオ

★馬券
◎から印に馬連、ワイド6点ずつ。◎と◯の単複各
(100,300)計2000円。

◆プリンシパルS
昨年の当レースは個人的には東海S、レパードSに次ぐハイレベルレースと思っています。東京の2000はトリッキーなうえに昨年のような熾烈な出走権争いではどうしてもすべての馬が勝ちに行くようなタフなレースになりがちです。
今年はさらに出走枠1頭というきびしい条件でスローペースは考えにくいと予想します。タフさと切れと両方を持っている馬が勝つのではと思います。
コース形態から枠順も重要です。さらに勝たないと全く意味のないレースなので2〜3着は全く人気薄の可能性もありと思っています。
◎ミカエルビスティー
今までは堅実が売りでしたが、さすがに今回は勝ちにいくと見ました。トップクラスの馬とほとんど互角の実力で、前述のようなきびしい展開になり消耗戦やサバイバル線になれば自然に先頭でゴールできそうに思います。
◯マルカポルト
▲ダイワファルコン
△アサクサマリンバ
△バシレウス
注ルーラーシップ

★馬券
◎から馬連で5点。各200円。計1000円。

◆新潟大賞典
連休に入ってからの好天で芝がかなり伸びてきているそうです。今週は芝刈りをしていないそうで、さらに馬場状態もまだ良好とのことです。ということは、土曜日の段階ではまだ外差しが決まらないばかりか、外目は芝が深く先行馬や器用なタイプの内目の枠の差し馬には有利にはたらきそうです。
◎軸チョウカイファイト
昇級ですが、器用さ、自在性もあり左回りは得意で、オープンで勝って55キロのハンデは恵まれていると考えます。
馬券はセイクリッドバレー、マイネルスターリーに馬連、レッドアゲート、マイネルシュピール、サンレイジャスパーにワイドで各200円で計5点。
人気薄の上位も考え、マイネルスターリーの単勝200円。レッドアゲート、マイネルシュピール、サンレイジャスパーの単複各(100,200)で計2100円。

以上合計5100円。

★5/8の購入金額・・5100円
★5/8までの購入金額・・133300円
★5/2までの購入金額・・128200円
★5/2の的中金額・・8820円
★5/2までの回収金額・・118490円
★5/2までの回収率・・92%

◆NHKマイルCコメント
★コスモセンサー
咋秋は一連のレベルの高いレースを連続で好走。前走は不利な外枠からさらに二の脚で逃げたきびしい展開。スタミナは問題だがすんなり逃げ
たらかなり渋太そうです。注意。
★ダイワバーバリアン
どのレースも全力投球という印象。先々は?と思いますが、このレースまでは注意です。原則ダービーには出ない流れみたいでココ勝負と考えます。
★リルダヴァル
いずれは強くなりそうですが、ここに照準を合わせてじっくり仕上げてきたようにはあまり感じられません。押さえたいけれども少々割り引き。
★サンライズプリンス
本当に強い馬かも知れないと思っています。とすれば馬の実力がほぼそのまま出ると思われる東京のマイルではまず上位に入ると思っています。有力。
★サウンドバリアー
プレレーティングでは意外な高評価です。内田博騎手騎乗もプラスで、若干警戒。
★ニシノメイゲツ
馬装具を換えたり、陣営の全く実力を出していないというコメントからかなりの期待があるようです。ただこのメンバーで勝負けになるイメージがいろんな展開で考えても現状ではなかなかイメージできません。
★トシギャングスター
二戦目にクロフネの仔らしく、ダートで変身、単勝万馬券であっと言わせ、ファルコンSでも意表をついてあわや優勝でした。まだ奥がありそうで警戒です。
★エイシンアポロン
多分皆さんもこの馬の取捨に困っているのではと思います。京王杯で見せた豪脚は東京でのものです。疲れが残っていなくて、早熟でなければ勝負けのはずなのですが。
★ダノンシャンティ
普段あまり核心をつく発言はしない安藤勝騎手が勝負け発言をしていて、上位に入る確率はかなり高いと考えます。有力。
★ガルボ
前走は外々をまわりきびしい流れになりました。コース実績もありますが、穴予想家たちの格好のターゲットになり穴人気になりそうです。紐では押さえたい条件です。
★レト
ガルボと相反して前走はかなり脚を使ったうえ、ダイワとは内外の差と仕掛けの時期の差くらいと思うくらい内容のあるレースであったと思っています。決して人気になることのない馬ですが、近4走中3回は複勝圏。名前が迫力を感じないという理由もあるのでしょうか。実は穴で狙ってみたい馬です。注意。
★エーシンダックマン
ハイペースのレースガ続いた後の前走は好タイムであっさり逃げ切り。四位騎手が乗ることもあり警戒です。
★エーシンホワイティ
コスモセンサー同様前走はかなりきびしい展開でした。ただ展開に恵まれたレースもあり、外枠も考えると若干割引ですが、エーシンは3頭出しで勝負をかけてきそうなのでここは注意が必要です。

以上ですがプレレーティングを見ると人気ほど評価の差は無く、一部の馬以外はかなりの馬にチャンスがありそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆NHKマイルCで前回コメントしたエイシンタイガーは賞金不足で除外のようです。

◆スモールさんの記事でカネヒキリ骨折のニュースを知りました。残念ですが、優秀な馬の宿命とでもいうんでしょうか?
以前もトウカイテイオー、ビワハヤヒデ、ミホノブルボンなど皆、故障に悩まされたり、早くの引退に追い込まれた名馬がたくさんいました。
私は馬の専門家でも獣医でもありませんので、くわしいことはわかりませんが、一説によると肉体の能力が高すぎて、体がついていかないのでは?というような話を聞いたことがあります。
特にG1の8勝目などという、人間の都合がかかって、かなり無理使いになっていた部分もあるのかもしれないとは思います。
今後の回復を祈りたいと思います。
そういえば、昔、高松調教師が記者会見で、有名な馬がレース前に強い調教をしなかったことに対して、記者からあまり調子がよくないのでは?
と質問攻めにあった時の名言があります。
『休養も調教なんだ』 とのことです。

◆兵庫CSで無敵の強さを誇っていた、スーニが先行したゴールデンチケットに完封されました。皐月賞では先行してつぶれましたが、かなりハードなレースをして相当力を付けてきているようです。毎日杯、皐月賞ではまったく人気薄でしたが、今後が楽しみです。

◆上記のニュースより考えると、皐月賞で比較的前に行って、順位が崩れなかった馬は次走は要注意と思います。該当馬としては、ベストメンバーが揚げられます。今週プリンシパルSか京都新聞杯にダービーの出走権をかけて出走する予定なので注目です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
天皇賞も含め、先週は完敗でした。当初の印通りの馬連では的中していたのを考えると、馬券の買い方や判断力の含め、奥の深い世界であり、やはり人間力も含め総合力が問われる世界だと痛感しました。今後に活かしたいと思います。

またなぜかわかりませんが、中山の時は好調で東京になると全然だめです。
今週もあまり当たる気がしませんが、反面教師としても利用していただければと思います。

天皇賞の1,2着は日経賞の1,2着がそのまま逆になった形でした。その日経賞で4着だった上がり馬のアーネストリーが新潟大賞典に登録してきました。騎乗予定も主戦の佐藤哲騎手で出走出来れば面白そうです。あと有力馬のハンデが結構重い中で新潟記念勝ち馬のアルコセニョーラの53キロや強敵相手に中京記念を強い勝ち方をしたサクラオリオンの55キロなどがハンデに恵まれて注意が必要だと思います。
ただ出走の可否や予定はわかりませんので、あくまでも出走してきたら狙ってみたいところです。

NHKマイルCは皐月賞をパスして出走予定のブレイクランアウトとアイアンルックが実力もありそうで、この両馬をからめて馬券を狙いたいところですが、個人的な趣味ですが、マーガレットSを勝ったラインブラッドを絡めて狙ってみたいと考えています。多分全く人気はないと思いますが、とにかくあのしなやかな身のこなしはまだまだ伸びシロがありそうで、いつかそれなりのレースで上位に入ってくることを期待しています。あと堅実な走りですがいつも少し足りないエイシンタイガーも侮れないと思っています。実績が無いのでこちらも人気はないと思いますが、結構なメンバー相手でもそれなりの走りを見せいていて、こういう馬が穴を出すケースを過去も何度も見ています。

とにかく安田記念までの東京開催を堅実に乗り切っていきたいと思っています。

★5/3の購入金額・・1500円
★5/3の回収金額・・0円
★5/3までの購入金額・・88100円
★5/3までの回収金額・・100580円
★5/3までのの回収率・・114%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ